人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

星新一さんが、昭和20年の終戦の日に皇居に行った話を「物見高き男」などのエッセイで度々書いていたと評伝「1001話をつくった人」に書いてありましたが、それらのエッセイは何の本で読めるのでしょうか?

●質問者: maruseppu
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:1話 エッセイ 星新一 昭和20年 物見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kanan5100
●35ポイント

「物見高き男」は『きまぐれ星のメモ』で読めます。

きまぐれ星のメモ (角川文庫 緑 303-2)

きまぐれ星のメモ (角川文庫 緑 303-2)

  • 作者: 星 新一
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ところで、このエピソードは「物見高き男」以外でも「たびたび言及していた」と『1001話をつくった人』にありましたが、それはどのエッセイなのか、もしご存知でしたらお教えいただければ幸です。


2 ● nawatobi_penguin
●35ポイント

物見高き男は「きまぐれ星のメモ」(角川文庫)に収録されているようです。

http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/kima.htm

amazonでは在庫がないようですがとりあえずお近くの図書館で検索されることをお勧めいたします。(あとは古本屋で)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。読んでみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ