人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

消費税で、仮受消費税と仮払消費税を相殺するところまではわかるのですか、さらに差額分を税金との雑収入、雑損失に振り替えるのがわかりません。仮受消費税と仮払消費税の差額が税金の納付だと思うのですが。

●質問者: perule
●カテゴリ:インターネット
✍キーワード:収入 消費税 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●60ポイント

他サイトからの転載になりますが、

http://qanda.rakuten.ne.jp/qa3506284.html

>仮受消費税や仮払消費税は仕訳毎で消費税が分配されていくことになりますが、実際に消費税を計算するときには合計額で計算することになるため、各仕訳で切り捨てされた金額の誤差の合計額が雑収入や雑損失になります。

>さらに#4の方のいわれるように、消費税は1,000円未満切り捨てで計算しますので、そこでもまた誤差がでることになります。

peruleさんの質問文を補足すると

>差額分を税金との雑収入、雑損失に振り替える

ではなく、

1,000円未満切り捨てで計算し、納付すべき消費税額を出し、その額を未払消費税(未収消費税)に振り替え、その額との差額分を雑収入、雑損失に振り替える

と言うことになるかと思います。

◎質問者からの返答

そういうことだったんですか。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ