人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

死亡生命保険の受領にかかる課税額についておしえてください。
今回、母の死亡保険金650万円が生命保険会社から私の銀行口座に振り込まれました。
確定申告が必要なのまでは、
わかったのですが、一番気になるのは、課税額です。よろしくお願いします。
保険の契約は
・契約者:私
・被保険者:母
・保険受取人:私一人のみ
保険料は、ざっくりですいませんが、毎月1万1千円を約10年間払っていました。
情報はこれで大丈夫でしょうか。足りない場合は、コメントで追記します。
よろしくお願いします。

●質問者: meichi
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:コメント 会社 保険 保険料 保険金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● zzz_1980
●27ポイント

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm

契約者(支払い者)と保険受取人が同一の場合には、相続税の対象ではなく所得税(一時所得または雑所得)の対象となります。

課税対象額は

(受け取った保険金額 - 払い込んだ保険料 - 一時所得の特別控除50万円)/2

となります。

課税総額そのものは他の所得(給与所得等)や控除を勘案してみないと計算できません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。私のほかの収入は給与所得のみです。

昨年の税込み年収は500万ぐらいでしたが、これで計算できますでしょうか。


2 ● M.Mouri
●27ポイント

あまり詳しくはないのですが、

http://souzoku.atzeikin.com/deduction.html

によれば、5000万円以下は申告する必要も、課税させることもないそうです。

実際、自分がもう少し多い額を相続したときもなにもしなかったです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。え! 課税されないって本当ですか。

と見てみましたが、私の場合一時所得税になるので 課税されるのではないでしょうか。


3 ● SALINGER
●240ポイント ベストアンサー

生命保険にかかわる税金は?相続税 ?所得税 ?贈与税 のいずれかです。受取った保険金の種類と、契約者、被保険者、受取人がそれぞれ誰になっているかで、このような税金も変わってきます。

この場合は

?契約者と受取人が同じで被保険者が違う場合…所得税がかかります。

このとき「(保険金受取額?支払生命保険料総額?50万円)×1/2」という計算式で求められた額が一時所得金額とみなされ、他の所得と合算されて所得税が計算されます。

所得税になります。

(650-1.1×120-50)×1/2=234

234万円が一時所得金額となります。

所得税は累進課税なので、この所得と他の所得を合計した金額によって計算されます。

ちなみに所得がこれだけの場合は

234×0.1-9.75=13.65

13万6500円です。

http://www.1st-get.com/hoken/2006/10/post_323.html

http://tax.xrea.jp/tax/zeiritsu.html

◎質問者からの返答

おお、やっと課税金額がでました。ありがとうございます。

私のほかの収入は給与所得のみで、前にもかきましたが、税込み500万程度です。

この収入を勘案して、再度課税額を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ