人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

都会の人が原野をたまたま相続する事例は結構あるはずです。そういった原野を理科の学習等に提供している事例はないでしょうか? 想定しているのは、広さが1万坪くらいの人里から近い低い森林地帯です。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:たまたま 原野 学習 提供 森林
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● numak
●27ポイント

松戸市にある「関さんの森」ということを

テレビで取り上げられているのを見ました。

屋敷林だったところを自然保護団体に寄付し、

地域の児童などが学習できるように解放しているようです。

http://homepage3.nifty.com/matsudo/seki/seki.top.htm

http://www.tbs.co.jp/uwasa/20081005/genba.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはりあるんですね。他にはないでしょうか?


2 ● kappagold
●27ポイント

学習林で検索すると、色々と出てきます。

学習林という性質上、学校、自治体、地域の人々が協力しているものがほとんどだと思います。また、基本的に場所は学校の近くです。

管理も必要なので、個人の所有地を提供してもらって、地域住民やボランティアなどで管理をする会を作っているものも多いようですが、自治体の施策として行っているものもあるようです。

都会の人が相続したかどうかについては良く判りません。すみません。


秦野

http://satochi.net/hadano/archives/2005/09/post_15.html

http://www.hadano.ed.jp/sibp/gakusyuurin/index7.htm


酒田市立十坂小学校

農林水産大臣表彰受賞後の平成14年度には、森林所有者や地域の協力を得て、学区内の民有林に「学習林」を設定し、児童の呼びかけでPTAや地区住民などが参加した森林整備を行っている。

http://www.rinya.maff.go.jp/puresu/h17-7gatu/0726ryokakourou2.ht...



千葉県 里山条例

http://www.chiba-shinrin-instructor.com/kaihou/no0004.pdf


立高田小学校の2年生と4年生計130人で“竹の子掘り”が行われました。市内在住の方が所有し、学習林として整備されている竹林で“地域の方々・自然とのふれあい”“学年間交流”を目的に毎年行われているものです。

http://www.city.bungotakada.oita.jp/dekigoto/takenokohori.jsp

◎質問者からの返答

なるほど、学習林ですね。ありがとうございます。


3 ● chinjuh
●26ポイント

関さんの森同様、原野ではなく屋敷林ですが、

足立区に「佐野いこいの森」というのがあります。

http://adachi-machi.net/index.php?%A4%A4%A4%B3%A4%A4%A4%CE%BF%B9

佐野いこいの森は敷地面積7,481平方メートル。「かまえ堀」に囲まれ、屋敷林に覆われています。昭和49年 4月 1日、この屋敷林は区保存樹林の第一号として指定されました。

まわりは住宅地で、そこだけ鬱蒼とした森になっています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ