人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Rubyの国際標準化が進められようとしています(http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/2008/ruby/koubo.html)。しかし、国際標準になるとどのような良い事・悪い事があるのでしょうか。SIer、受託開発業者、プログラマー、Rubyコミュニティなど立場によって異なってくると思いますが、どのような影響が考えられるでしょうか。


●質問者: nuna
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:Ruby SIer コミュニティ プログラマー 標準化
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]官公庁向けのお仕事 nuna

とりあえず思ったのは、官公庁向けに仕事をするなら標準(ISO、JIS)になっていたほうがやりやすいんじゃないかなと。


[2]肩書きのメリットと近い気がする hatabe

Rubyコミュニティにはあまり詳しくないのですが、PCパーツなどの標準と違って、

言語が標準になることの利点はあまり思いつかないです。

(特にRubyはすでに、それなりのコミュニティが国内外にありますし)

とりあえず肩書きがつくことにより、良いことは、

ということでしょうか。

逆に悪いことですが、コミュニティ的に、

新規提案や既存の変更に対して、手続きや多くの合意が必要になり、面倒になる。

ということはないでしょうか。

国際標準化の過程で、だれがどのくらいのリソース(人、資金など)を投入するのか

分からないのですが、ドキュメント化(+その翻訳)やテスト、スケジュール・資源の管理など、

ボランティアで人が集まりにくいところが整備されるならば、メリットがありそうです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ