人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ハードウェアRAID 1で構成した仮想ディスク上に
Linux(CentOS 4.6) をインストール・運用しております。

これを ソフトウェアRAIDまたは非RAID(シングルディスク) 構成に
移行するための方法を教えてください。
既存のOS環境を維持したままで移行する方法を探しています。
-----
<環境>
OS: CentOS 4.6
RAIDコントローラ : SAS 5/iR
RAIDレベル : RAID 1
HDD : SATA II 160GB x 2台

ブートローダ: GRUBを使用
デバイス名: /dev/sda
パーティション:
/dev/sda1/boot
/dev/sda2/var
/dev/sda3スワップ
/dev/sda4拡張
/dev/sda5/
※LVMは使用していない
-----
↑この上記環境から、ソフトウェアRAID または非RAID構成へ
移行しようと考えています。
既存環境を壊さないため、移行用に別途SATAのHDDを用意する
つもりです。

同じハードウェア構成において、Acronist True Image を使って
フルバックアップ/リストアを行った経験はあるのですが
今回のような、ハードウェアRAID → ソフトウェアRAID/非RAID という
構成が変わる場合の方法がよく分かりません。

どうぞよろしくお願いします。

●質問者: jigaku
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:CentOS GRUB HDD IR Linux
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● b-wind
●60ポイント

とりあえず、ディスクを片方抜いて RAID BIOS で起動。

Initiarize してからシングルドライブ(非RAID)ドライブとして設定。

その後元のドライブの片割れを戻せば、RAID1 のデグレート状態とシングルドライブの組み合わせが出来る。

この状態でドライブのコピーツール等で RAID1 の片割れからシングルドライブにデータコピーすれば非RAID 環境のできあがり。


無事コピー完了したら、RAID1 だったものも初期化して単体ディスクとして使えばいい。

Software RAID についてはそのままコンバートする方法はない(単体のディスクからやる方法と同じ)なので手順は省く。

◎質問者からの返答

情報ありがとうございます。ご紹介いただいたのは

ハードウェアRAID ⇒ 非RAID 作成の流れですね。

この場合、移行後にブートデバイス名が変わる可能性は

あるのでしょうか?

条件に書いておりませんでしたが、

ソフトウェアRAID または 非RAID 構成の場合は

内蔵のSATAポートにHDDを接続する予定です。

> ディスクを片方抜いて RAID BIOS で起動

> Initiarize してからシングルドライブ(非RAID)ドライブとして設定

> 無事コピー完了したら、RAID1 だったものも初期化して単体ディスクとして使えばいい

実際の作業時には、既存構成に対する不可逆な変更は怖いので

上記のような作業は避けたく、このように書いております。

| 既存環境を壊さないため、移行用に別途SATAのHDDを用意する

| つもりです。

> Software RAID についてはそのままコンバートする方法はない

> (単体のディスクからやる方法と同じ)なので手順は省く。

出来ましたらこちらの手順も情報提供願います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ