人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

車検切れで車庫にずっと保管してあった自家用車を部品取車としてオークションに出品しました。車が落札された後、譲渡に関してかかってくる諸費用はどのようなものがありますか?また、どのような事に注意をして引き渡しをしなければなりませんか?

●質問者: omekoganuretru
●カテゴリ:インターネット 趣味・スポーツ
✍キーワード:オークション 自家用車 落札 譲渡 費用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● spyglass
●35ポイント

先方が諸経費を持つのであればこちら側の諸経費は必要無いかと思われますが廃車の費用はこちら側になるかと思います。

陸送会社もナンバープレートが付いていない車体でも引き取る事が出来ます。

http://www.zero-group.co.jp/

オークションの場合の問題点は先方の対応です。

譲渡するのであれば名義変更が完了するまで保証金を取っておくのも手かも知れません。


2 ● seble
●35ポイント

通勤用(要は自家用)の自動車なら譲渡所得課税はありません。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3105.htm

あとは名義変更などの問題です。

車検切れでもナンバーがあるなら登録済みで毎年の自動車税がかかっていると思います。

相手に任せる事もできますが、まずはご自身で一時抹消として廃車手続きをしておくほうが無難です。

ナンバーの陸運事務所で、実印、車検証、ナンバープレートの実物(自分で勝手に車から外してしまって良い)

住民票などでもって手続きします。

必ず「一時抹消」にします。

それが済んでいれば、後は相手へ一時抹消の書類、譲渡証明書(陸運局書式)と印鑑証明を渡せばOKです。

相手が車検を取る際には自身の名義でしか取れませんし、取らないでそのまま保存しておくのもこちらには関係ないです。

(印鑑証明の有効期限は3ヶ月)

一時抹消せず、ナンバーが付いたまま相手へ車両を渡してしまうと、相手が名義変更なり、車検なり取るまでずっとあなたの名義のままで、自動車税も毎年課税される事になってしまいます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ