人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【読みまつがい】
「踏襲」→「ふしゅう」が話題になっています。
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://www.asahi.com/politics/update/1110/TKY200811100225.html
これと同じような、漢字の熟語の「読みまつがい」で、
自分がやってしまった(やってしまっている)ものとか、
ご家族やお知り合いがやっちゃってるもの、つまり実例を投稿してください。

※見易さを保つため、1ツリー1投稿でお願いします。
※「雰囲気」→「ふいんき」のような「音が入れ替わる」ものではなく、
「ほんとは重箱読みの熟語なのに、湯桶読みしている」とか、
「そもそもその漢字はそうは読まない」とかいう例でお願いします。

●質問者: nofrills
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ふいんき 家族 投稿 湯桶読み 漢字
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 118/118件

▽最新の回答へ

[1]【例】既出 nofrills

【例】「きしゅつ」なのに「がいしゅつ」と読んでいました。


[2]>1 こんな感じで、タイトル部分に熟語を…… nofrills

本文部分に「どのように間違えていたのか」を記入していただければと思います。


[3]老若男女 nofrills

昔、学校で国語の時間の音読で、「ろうわかだんじょ」と読んで先生を崩れ落ちさせました。


[4]思惑 syntaxerror

おもわく」なのに「しわく」と読んでいる人がいました。


[5]年俸 nofrills

「ねんぼう nen bou」ではないとわかっていてもつい。

私の中では、これはbagが「バック」になったりbedが「ベット」になったりするのと同種の現象です。


[6]>4 あ、これは nofrills

……やったことあります。(^^;


[7]雑木林 syntaxerror

ぞうきばやし」なのに「ざつぼくりん」と読んでいた人がいました。


[8]>7 むしろかっこいい。 nofrills

例えば、

都心を離れ、武蔵野の雑木林を気の向くままに散策する彼の休日は……

という文が、改行の都合で

毎週末のオフタイムには都心を離れ、武蔵野の雑木

林を気の向くままに散策する彼の休日は……

というようになっていた場合、「ざつぼくりん」という読みがかっこいいと思います。

(意味不明です。)


[9]羞恥 syntaxerror

しゅうち」なのに「さじ」と長いこと読み間違っていました。






以下は難読名なのでついでに書いておきます。

地元の地名で「粟生(あお)」というのを「あわお」と読んだ友人がいました。

「船場吉兆(せんばきっちょう)」というのを「ふなばきっちょう」と読んでいた自分がいました。


京都のバスの中で聞こえてきた会話。

(A)「おまえなぁ、日本には日本橋が二箇所あって読み方が違うんやで」

(B)「へー、そうなん?」

(A)「そうやがな。東京にあるのが『にっぽんばし』で大阪にあるのが『にほんばし』や。」

(B)「へー、勉強になるわ」


(じぶん)「違うって、逆やがな…」


[10]団塊 syntaxerror

だんかい」なのに「だんこん」と読んでいる人がいました。


昔書いたメールのP.S.に下記を発見。

一昨日、家を見に来た不動産屋の兄ちゃんが「これからはだんこんの時代ですから」と言ったのを思わず訂正すべきかどうか迷ったあげくそのまま聞かなかったことにしました。


[11]暴露 offkey

「ばくろ」を「ぼうろ」と読んだ人がいました。


[12]>9 地名は一筋縄ではいかないですよねー nofrills

「粟生」は私も読めません。

東京の「日暮里(にっぽり)」は「ひぐれさと」と読んだことがあります@中学時代、既に東京にいたのに。

(こんな感じになっちゃうので、地名は項目にしないでいただけると全体が見やすくてよいかと。>all)

「日本橋」はかなりツボりますね、これ。(笑)


で、「せんばきっちょー」はニュースになったときに音声で聞いて、

最初は「仙波(か何か)吉兆」だと思ってました。

もちろん、谷崎は高校生で読んでいるので、「船場」という地名があることは知っていました。

言葉と知識って、なかなか結びつきづらいものだなあと思いました。(言い訳)

というところで、

羞恥心(DVD付)

……さじごころのみなさん。


[13]>11 それは・・・ nofrills

……?


[14]>10 金塊 kabatotto

「きんこん」と言っている人もいたよ。


[15]>10 それは・・・ nofrills

「これからはだんこんの時代ですから」

http://blog.livedoor.jp/dankogai/

……ではありません。(すいませんすいません)


これからはれんこんの季節です。

http://cookpad.com/category/622

とてもおいしそうです。しゃきしゃきれんこんの梅しそマヨサラダとか。


[16]>14 微妙につなげます…… nofrills

「まず破壊よりはじめよ」……どえらいdadaもしくはpunkな誤変換が出ましたが、仕切りなおして、

「まずは隗より始めよ」を、「まずはこんよりはじめよ」と読んでる例を知っています。

「隗」が「塊」に見えて、「こん」になったのでしょう。


[17]出汁 akauo

「でじる」とすると、ヒジョーにまずそうな感じ。


[18]>17 お味噌汁ふきました…… nofrills

お昼ごはんの。


以前、印刷物で「昆布で山車をとります」みたいな誤植をつぶしたことも思い出しました。

(「やまぐるま」ではありません。)


[19]教諭 o-ya

大学に入るまで「きょうろん」と読んでいました。知人に正されるまで知らなかった... ^_^;)


[20]自惚れ standard_one

マンガでジボレと読むギャグ?があって、結構ツボでした。


[21]「月極」駐車場 akauo

「げっきょく」って・・・。免許非保有のうちの親父のまつがいでした。


[22]>19 「論」と「諭」、「輪」と「輸」 nofrills

私はこれは「漢字の書き取りテスト」で叩き込まれた感じです。

しかし今も、急いで書いた手書きのメモなどでは極めて曖昧な文字が出現したりします。


[23]>20 このパターンでいくと「自ら」は nofrills

……「ジラ」?(<「みずから」、「おのずから」)


ときに、辞書を見てみたのですが、「自」で「うぬ」と読む例は、「自惚れ(る)」しかないみたいですね……これは勉強になりました。


[24]>21 私は… nofrills

akauoさんのお父さんではありません!

(わかってはいるんですが、気付けば頭の中では「げっきょく」と音声化しているのです。)


[25]装丁 drowsy

「そうてい」ですが、「そうちょう」と読んでおられる方が。

年配の職人さんと印刷のことを話してる場面だったので「丁合い」という言葉もあるので、現場では「そうちょう」って言うんだーとか大人になった気持ちに。

後で他の方が「そうてい」と読んでるのを聞いて間違いに気づきました。


[26]australiagc

地名とかに頻繁に使われる、小さな「ヶ」。小学校低学年の時はそのまま「け」と発音して笑われてました・・・「市ヶ谷」=>「いちや」とか(恥)


[27]>25 これは現場の符牒でありそうな気もします。 nofrills

「現場ではこう言う」という話があったら、「そうなんですね」と納得しそうです。

ローカルでは本当に符牒としてあるのかもしれない……

でも私は「そうてい」しか聞いたことがないです。


[28]倫理と論理 australiagc

自分が書いているときや話しているときにに間違える事はありませんが、急いで読んでいて間違えた覚えがあります。間違えても微妙に文章が成り立っちゃったりするんですよ・・・。


[29]>26 これはかわいい nofrills

小学生なら、「笑われた」のは「あらまあ、かわいい」の意味です、きっと。

私が子供のころの近所の八百屋のおっちゃんは「はい、キャベツいっケ(一個)ね」って言ってました。


紙をやり取りせず、電話で校正の連絡をしたとき、

「5ページの2段落目ですね、ええ、そこなんですが、そこだけ『いっかしょにかしょ』の『か』が、現状、カタカナの『カ』になっていると思うんですが……なってますよね、それを『け』にしてください、カタカナの小さいの……はい、そうですそうです、『いっけしょにけしょ』にしてください」

というような連絡をした覚えがあります。現場の符牒といえば符牒なんですが、言葉としてはちょっと間が抜けていますね。


[30]>28 ああこれは鬼門… nofrills

間違えても微妙に文章が成り立っちゃったりするんですよ・・・。

この「微妙」さ加減が問題になったりするんですよね、こういうのは……。


英語だと、ethicsとlogicだから、どんなに急いで読んでも間違えないんですけどね。

(英語では英語なりの「空目」を起こすことがありますが。)


[31]有斐閣/統帥権 YasudaS

有斐閣を「ゆうがいかく」と読んでいた社会科系の先生が凄かったんだが、もっと凄いのがいたんだな。

明治時代の天皇大権を「統帥権」を「とうしけん」と読んで生徒に「とうし」先生とあだ名を付けられた教生。

こういうレベルのが先生だったり先生になろうってのが、問題だろ?と高校時代に思ったよ。


[32]>31 あだ名化という反応 nofrills

学生ですねぇ……うちらも何かそういうあだ名をつけたことがあったかもしれません。

しかし「ゆうがいかく」も「とうしけん」も、元がカタい言葉であり、

学校の社会科というコンテクストがあるだけに、破壊力が強烈すぎです。

すっかり脱力してしまいました。ほんとに擬音で「ふしゅー」という感じで。


[33]頌春 akauo

「こうしゅん」とかなり最近まで思いこんでました。そろそろ年の瀬が近くなってきましたね。


[34]>33 年賀状発売されましたね nofrills

これを機に、「頌」の項を辞書で見てみました。

(こういうことがないと日本語の辞書を見ないんですよね。)

「頌述」という言葉があったとは!


[35]遵守 w03

結構えらいヒトが「じゅんしゅ」を「そんしゅ」と間違えて読んでたっけ。


長谷川を「ながたにがわ」と思っていたのはヒ・ミ・ツ。


[36]>35 あんまり偉い人のことは nofrills

国家機密漏洩罪に問わ……あら、ノックの音だわこんな時間に誰かし(略

……ということにならないようお気をつけください。


漢字検定だと、3級みたいですね。>遵守


ちなみに私は、「♪おみそしるならながたにえん」の「ながたにえん」が「永谷園」だと気づくまでに時間がかかったんですってことはヒ・ミ・ツ。(「ながた、に、えん」に聞こえたので。)


[37]>17 で、? kabatotto

「だし」って読むんですか!

知りませんでした・・・はじかしぃ (o´_`o)


[38]汎用 carrion-crow

「はんよう」が正しいと知ってからも、脳内では「ぼんよう」と読みかけて、そのあと訂正が入ります。


[39]誤嚥下 chinjuh

誤嚥下と書いて「ごえんげ」が正しいらしいんですけど、

どーやっても「ごえんが」と読んじゃうんです。

頭でわかってるのに、えんげ、よりも、えんがのほうが読みやすいものだから。


[40]>36 こっ、これもやばい chinjuh

油断すると「そんしゅ」って読んでしまう。

ATOK先生が「じゅんしゅの間違いですぞ」とつっこんでくれなかったら

「そんしゅ、なぜか変換できない」とか素で言ってしまいそう。


[41]>22 中学の時まで読んでた気がするー chinjuh

かなり年齢の高い人でも「きょうろん」と読む人がけっこういるものだから、

それが正しく、「きょうゆ」と読んでもよい、くらいに思ってました!!


[42]>29 一箇の略で一ヶと書く人がいて、イッケと読む人も実歳してたような…… chinjuh

そーとー年齢の高い人ですが、

イッケ、ニケって読んでる人が昔はいたような気がします。

それが間違いなのか、許容範囲なのか、あるいは冗談なのか、

いまだに判断のつかない自分がいる……orz


正しい読み方は

一箇=ひとつ、いっこ

二箇=ふたつ、にこ

のような気がするけど実は自信がない(汗)


[43]出自 liquidfish

脳内ではどういうわけか「しゅっすい」と読んでしまいます。

「出穂」につられているような気がしますが、原因不明。。

発音する機会は滅多に無いので、いざ使う時にも間違えそうで怖いです。


[44]>37liquidfish

「でじる」って読んでました。。


[45]号泣 mefor21

「ゴウキュウ」なのに「ゴウショウ」と読んでました。


[46]一期一会 orange100yen

「いちごいちえ」なのに「いっきいっかい」と読んでいました。 高校の先生が繰り返し使っていました。誰も先生に言えませんでした。数年ぶりに文化祭に行ったら、その時もその先生が「いっきいっかい」と言っていました。(><)


[47]脆弱 Takesy1970

「きじゃく」と読む人が意外に多いです。

そういう私も昔は・・・


[48]>8 仕事で Takesy1970

「ざつぼくりん」と呼んでます。

人工林以外はすべてざつぼくりんです。


[49]瀬戸内海 liquidfish

「せとうちないかい」と、かなり長い間言ってました。

「内」を2回読んでたのに気がつかず…。

間違いを知った時は衝撃でした!


[50]河合出版 liquidfish

何故か「かわいでしゅっぱん」と読んでました。つい最近気づきました。


[51]>47 ぐっ……ぐるぢい chinjuh

読んでました(汗)

「ぜいじゃく」という言葉もちゃんと知っているのに

この文字を見ると「きじゃく」と読まずにいられない魔力があるのです!!


[52]>50 ツボりましたwww nofrills

自分でも気付かぬうちに、どこかで、http://www.kawade.co.jp/ に食い込まれていませんか?


[53]>49 なんかわかるような気がしますwww nofrills

「せとうち」と「せとないかい」がブレンドされて、

紅茶とコーヒーみたいになってるんですよwww


[54]>48 オトコマエすぎます nofrills

こんなイメージです。


[55]>38 ・・・と来たら、「凡例」 nofrills

もちろん、「ほんれい」と読みかけます、脳内では。

そのあと訂正が入ります。


[56]>39 「えんが」ではないけど・・・ nofrills

「えんか」の読みもあるみたいです。


私は最初「嚥下」が読めなかったんです。どう読むのかまったく見当つかなくて。

もちろん意味もわからない。

「ツバメの下、ってどういう意味だろう」(ここで既に間違い。「ツバメ」は「燕」)

→「なんかそういう植物があるにちがいない」(ツバメが巣に敷き詰める草がそう呼ばれる)……


まさか「飲み下す」の意味の「えんげ」が、漢字では「嚥下」だなんて。

(「えんげ」自体は、ドラマか何かでちょこっと聞いて、字を見る前から覚えていたんだと思います。)


[57]>43 ていうか nofrills

「出穂」が「しゅっすい」と読めるのがすごいと思います。

「出自」がそれにつられているというのもすごいです。


……と入力しようとしたら、私のパソコン (with MS IME 2002) では「しゅっすい」で「出穂」が出ない。。。


[58]>45 号つながりで nofrills

「雅号」ってありますよね、夏目金之助の「漱石」とか。

たぶん何かにつられたのだと思うのですが、あるときそれを「みやびごう」と読んでしまって、

「は?」、「何それ、電車の名前?」みたいな展開になったことがあります。

「雅号(がごう)」というまとまりのある語として目に入ってこなかったということにしておきたい。


[59]>46 これは困る・・・ nofrills

せんせー!

これはもう卒業生が「いっき先生」とか「いっかい先生」とかいうあだ名を在校生に広めて、

それとなく先生に知らせるしかないと思います。


[60]>51 「危弱」という表記 nofrills

昔、バイトでどこやらの会社の偉い方が書いた金釘流の手書きの原稿を清書していたときに

「危弱な産業構造」とかいう表記が出てきました。そっと「脆弱な……」と清書しました。

つい先日も、あるブログさんで「危弱なポイント」なる例についての指摘を見かけました。


げに、おそろしき「きじゃく」の魔力。


[61]>42 やっぱいましたよね nofrills

八百屋のおっちゃんはこちらが「いっこ」と言っても「いっけ」だったんです。

私:「キャベツ、いっこください」

おっちゃん:「らっしゃい、キャベツ、いっけね」

私:「それと、なすをふたつ」

おっちゃん:「はいよ、なす、にけね……にひゃくごじゅうまんえん……さんびゃくえんからね、ごじゅうまんえんのおつり、まいどー」

……という感じでした。現在はもうとっくに引退されている年齢ですけど。


うちの親やおじも酔っ払ったりすると「いっけ、にけ」って言ってたと思うので、

ひょっとしたらその世代の流行語とかかもしれないですね。


[62]月極 taknt

最初は 読めなかったですね。

げっきょくとか・・・。


[63]松竹 sibazyun

映画会社の「しょうちく」ですが、小学校低学年のころ「まつたけ」と読んでいました。

そのころ、実際には松竹の映画は見せてはもらいませんでした。


[64]>62 申し訳ない、「ガイシュツ」です m(_ _)m nofrills

http://q.hatena.ne.jp/1226370263/191800/

続きはこちらにお願いします。(分散しちゃうと読みづらくなるので)


[65]鍼灸をはりきゅうと読んでしまった peach-i

しんきゅうですよね


[66]>63 あー、そういえば私も! nofrills

言われてみれば私も「まつ、たけ」だと思ってた記憶があります。10歳くらいのとき。

でも何で漢字を知ってたんだろう?

(新たな謎が……友達の名字とかご近所さんの表札とかかもしれません。)


[67]>65 これは俗語で許容されてませんか? nofrills

鍼灸院に「はり灸」の表記の看板・広告もありますし、

許容されているといってOKだと思います。

「鍼灸師」は「しんきゅうし」と読まないと違和感があるかもしれませんが、

これも元々「はり師」と「きゅう師」の2つの資格を合わせた、いわば俗称ですよね。


[68]イチバとシジョウ(市場) EdgarPoe

株式市場などの経済用語としての「市場」を「いちば」と読んでいました。「家庭用ゲーム機イチバではプレステが一人勝ち」なんて。生まれてウン十年、誰も指摘してくれませんでしたが、つい最近後輩が「先輩、それ、シジョウです」と教えてくれました。

「経済用語ではシジョウ、魚とか野菜とか売ってるところがイチバです」

「…。そうなの?両方ともイチバと読んで、使い分けというか判断は、文脈でやるんじゃないの?」「違いますよ。アナウンサーは『シジョウ』と言ってるじゃないですか」

「…。アレは放送だから、格好つけて音読みしてるだけで、みんな口語では『イチバ』って言ってるんでしょ?違うの?」「何を言ってるんですか(笑)」


[69]>55 わたしは「ぼんれい」でした。 sibazyun

平凡(へいぼん)ですから。。。


[70]一期一会 toukadatteba

いちごいちえ。ですよね。いっきいっかい、と読んでいました。ほんとに恥ずかしい。


[71]>22 諭旨免職 ardarim

なんとなく「ろんしめんしょく」と読みたくなってしまう…

遠目に見ると紛らわしい字ですよね…

というかですね、「論旨免職」でぐぐるとたくさん出てくるんですよw

グーグル先生は「ろんしめんしょく」だと「もしかして: 諭旨免職」と教えてくれるんですけどね。


[72]雪崩れ Grani

本当はなだれなのですが、ゆきくずれと読んでました。


[73]脆弱 ahiru_z

なぜかずっと「もうじゃく」と読み間違えてました・・・。


[74]極右 kanan5100

なんか「ごくう」と読みたくなってしまいます。

「おっす、オラ極右」というコピペのせいもあるかも。


[75]>60 私も昔は「きじゃく」だと…。 rouge_2008

今は「ぜいじゃく」と読んでいますが、「きじゃく」の方が正しいと勘違いしてしまうことも…。


[76]>73 申し訳ない、「ガイシュツ」です m(_ _)m nofrills

http://q.hatena.ne.jp/1226370263/191850/

同じ話があちこちに散らばらないように、続きは上記URLでお願いします。


[77]>70 申し訳ない、「ガイシュツ」です m(_ _)m nofrills

http://q.hatena.ne.jp/1226370263/191844/

同じ話があちこちに散らばらないように、続きは上記URLでお願いします。


[78]>68 声に出して読むと楽しい日本語 nofrills

「家庭用ゲーム機イチバ」を声に出して読んでみると、

おっちゃんが「ソフトおまけにつけとくよ」と返してくれそうでいい感じです。

「株式シジョウ」も「株式イチバ」にしてみると、

10月中オーマイガッの表情だったNYSCなどの人々に活気が戻ってきたイメージが湧きます。


結論:EdgarPoeさんも後輩さんも、あまりにオトコマエ。


[79]句読点 liquidfish

何故か変換されない、「くどくてん」。

ちなみに「句ドク点」と「句トウ点」と、2種類あるのだと信じていました。

(「、」と「。」です。)


[80]>71 私もその言葉の意味がわかるまでは nofrills

「ろんしめんしょく」だと思ってたと思います。(←くどい日本語)

「免職」は漢字を見ればわかりますが、「諭旨」は知らないとわかりませんよね。

「諭」は「さとす」、では「旨」は?のようになって、

ひとまとまりで意味を成す語として認識されないような……。


自分がどうやってこういう言葉を覚えたのかを覚えていないのは

隔靴掻痒の感があります。


[81]>72 たぶん送り仮名のせい・・・ nofrills

【例1】昨日午後三時ごろ、なんとか山かんとかルートで雪崩れが発生し……

【例2】昨日午後三時ごろ、なんとか山かんとかルートで雪崩が発生し……


「雪崩れ」だと私も「ゆきくずれ」と読んでしまいます。

「雪崩」なら「なだれ」。

不思議なものですが、こうやってひとまとまりに認識するんですよね。


[82]>74 字の読み方として間違ってないから余計に・・・ nofrills

オッス、おらゴクウ!

Among the Thugs

……ということですね……


[83]>79 これ、実は納得できない読み方ですよね nofrills

「読書」は「どくしょ」、「音読」は「おんどく」、

「読本」は「とくほん」、「読経」は「どきょう」、

なのに「句読点」は「くとうてん」、なぜなのだ、

という小中学生か日本語学習者の素朴な疑問が恒常的にありそうな気がします。


私は「句点」と「読点」のどっちがどっちだったか、わからなくなることがよくあります。

「句点」が「まる」で、「読点」が「てん」、ということは知っているのですが。


[84]戸建 tdoi

仕事関係で「とけん」と読み続ける人がいました。同じ資料を見ていたのですが、どこだ?って思ってしまいました。明確に指摘するのもなんなので、さりげなく、「こだて」の・・・と言ったりもしたのですが、気づいてもらえなかったです。


[85]>34 記憶法は、 rsc96074

訴訟、松竹、頌春らしい。


[86]>40 遵守=順守 rsc96074

逆に、お偉いさんから、「クスッ」と笑われ、直していただいたのを思い出しました。書き込もうと思ったのはみんな出てますねぇ。


[87]百足 ytakan

小学校1年生で習うはずの漢字ですが、読みを知ったのは卒業後orz

まぁ、靴や靴下数えるなら「ひゃくそく」でもいいんだが...


[88]>24 月極ではこんな間違いも orange100yen

Aさん「ゲッキョクさんってかなり大地主なんだねぇー。うちの近所でも駐車場をいっぱい経営しているけど、この前出張先の駅前にも、ゲッキョクさんの駐車場がいっぱいあったよ!」


[89]>59 いっきいっかい toukadatteba

意外といるんですね…!自分ひとりだけだとおもってちらばせてしまいました。すみません…。

お仲間がいて嬉しいです♪ ちなみに自分はフォレストガンプがでるまで気がつきませんでしたよ。


[90]>87 いわゆる「難読」 nofrills

漢字そのものは「簡単な」ものなのに、読みがイレギュラーである、というケースですね。

これは「読みが特殊な例」(その語でしかそうは読まない例)なので、

特別に教えてもらわなければわからないままになると思います。

自分もけっこうそういうものは多そうです。自分が知らないだけで。

(「百足」や「百舌」はもちろん知っていますが……確か試験対策で「お勉強」したはず。

実際の生活の中で知ったわけじゃないんですよね、不思議にも。)


「百足」のほかに、小学校で習う漢字を含むものには、

「時化(しけ)」とか「時雨(しぐれ)」とか「梅雨(つゆ)」とか

……「梅」は小学校では習わないか。(^^;

あと「気質(かたぎ as in 職人気質、昔気質)」とか「反故(ほご)」とか、

魚の名前で、先日ニュースで話題になりましたが「小女子(こうなご)」とか。

考えてみるとけっこういろいろありそうですね。


「靴下を百足仕入れる」と、「百足を駆除する」を機械翻訳に投げてみたくなりました。


http://www.excite.co.jp/world/english/

私は靴下を100足仕入れる。→ I stock with 100 pairs of socks.

私は靴下を百足仕入れる。→ The centipede stocks me with socks.

私は百足を駆除する。→ I exterminate the centipede.

……やはり、「百足」だと「100足」ではなく「ムカデ」でinterpretされちゃいますね。


http://honyaku.yahoo.co.jp/transtext

私は靴下を100足仕入れる。→ I lay in stock of 100 pairs of socks.

私は靴下を百足仕入れる。→ I lay in stock of 100 pairs of socks.

私は百足を駆除する。→ I get rid of the centipedes.

……Yahoo!翻訳の日→英は本当にすごいと思います。


[91]>84 検索してみたら…… nofrills

「新潟県の不動産物件検索/とけん情報」と、

たぶん同じ会社だと思いますが、「探してとけん君」というサイトが見つかりました。

でもこの「とけん」が何を意味しているのかは私にはわかりません。

マンション、アパートや事務所も検索対象になっていて、「戸建」限定ではないし……謎。

いずれにせよ、ウェブ検索では

「戸建」を「とけん」と読んでいるケースがほかにあるかどうか、探すのが難しい!


いずれにせよ、tdoiさんのお仕事で、業界や職場の符牒(ジャーゴン)として

「戸建」を「とけん」と読んでいるわけではないのなら、

単にそのかたの誤読で、周囲も「理解に支障はないから」で流しているのかも、ですね。


[92]前場/詳細/有無/措置 nofrills

「前場」=「まえば」(本来は「ぜんば」)

「詳細」=「ようさい」(本来は「しょうさい」)

「有無」=「ゆうむ」(本来は「うむ」)

「措置」=「しょち」(本来は「そち」)

※「しょち」は「処置」。両者は特に立法・行政の分野では「措置」とは厳密に区別される語のはずです。

例:「応急処置等の範囲拡大と平成4年度財産措置」(自治省消防庁救急救助課による。1992年の『霞ヶ関通信』に掲載とのこと。)

これ↑は「処置」と「措置」を区別した発話および理解が必要なものとして典型例と言えそうな気がします。ちょっとややこしいけど。


※これらはid:adlibさんが立てていらっしゃる別の「いわし」質問でのadlibさんのご投稿からの拾い物です。有益と思われるため、私が勝手に貼り付けます。この枝についたポイントは、質問終了時にまとめてadlibさんに送信します。


[93]>91 戸建屋さん liquidfish

「とけんやさん」ってありませんか?

そういう言葉を聞いたことはあります(うちの親だったかな…)。

普段使う言葉じゃないので勘違いかも・・


[94]大安 MEI-ZA-YU

昔「だいあん」と読んでいました。


[95]>93 あるかも nofrills

言われてみれば「とけんや」、聞いたことがあるような気がします。

(でも、私が聞いたのは今はほとんど使われなくなった「どけんや」つまり「土建屋」かもしれない。)


俗語や符牒では、本来音読みするものを訓読みするといった例はほかにもあるので

(いい例を思いつかないのですが、「卵」を「玉子」にした上で「ギョク」と言う、など)

「とけんや」もそういう例かもしれないですね。

あるいは元々これは「とけんや」と読むのかもしれませんけれども。

(となると、そもそも「戸建」という概念ができて

その言葉が一般に使われるようになったのはいつなのか、という話になりそう。)


「こだてや」なのか「とけんや」なのかはわかりませんが、「戸建屋」で検索すると:

お客さんに喜ばれる商品=戸建を提供することが戸建屋さんの仕事である。

http://www.data-max.co.jp/old/2007/09/post_1571.html

私は小さな戸建屋ですが最近はお金持ちのお客様から内装を漆喰や

珪藻土で仕上げたいというご希望が多くなってきました。

http://www.aiweb.or.jp/sakan/2ch/build1012337561.html

といったものが見つかりました。(前者は業界紙かな、後者は掲示板の投稿のログ。)

いずれも「戸建住宅が専門の建築業者」の意味ですよね。


[96]十手 MEI-ZA-YU

子供の頃「じゅって」と読んでいました。

正しくは「じって」です。


[97]生蕎麦 peach-i

なまそばと読んでしまいましたが

きそばですね


[98]関西学院 sibazyun

これ、「かんせいがくいん」だなんて、関東の人、知らないと思う。

東北出身の私も知らなかった。


[99]長丁場 pir

二十歳こえてもずっと「ちょうちょうば」だと信じていました。

正:「ながちょうば」


[100]>95 確かに tdoi

「とけんや」という呼び名はありそうですね。

「こだてや」というと変ですよね。

僕の場合は、ITシステムの仕事なので、いろんな業種のお客様とご一緒させて頂くのですが、

ある案件で、戸建分譲と書いてあったのを見て、一緒に仕事をしていた人が「とけんぶんじょう」と読んでいました。

都内と、近隣の県の分譲住宅の話かなと最初は勘違いしてしまった覚えがあります。


[101]>84 一戸建て(いっこだて)からの派生語ですね。 miharaseihyou

本来は「一戸建て住宅」(アパート、あるいは長屋と比較して高級住宅だった)だったのが、えらく省略されて、業界用語になってしまっているようですね。まあ、今でもマンションやアパートよりも高級住宅かな?

一戸建てを専門にしている宅建業者だと「戸建屋」かも?

ただ、普通は一戸建て専門ではなくて、主に一戸建てを手掛けている業者さんの意味でしょう。

資材なんかでも「戸建」で使うものと「マンション」で使うものは同じメーカーでも違う系統の商品が多い。

水回りや照明器具なんかだと、マンション向けの資材は古くなってから部品を探すのに苦労する事が多いようです。


[102]>98 関西学園もありますね。 drowsy

こちらは「かんぜい」ですね。

熟語ではないですが…


[103]>94 三重県いなべ市大安町 tezcello

この住所は、「だいあん」と読むそうです。


[104]>96 時代劇で nofrills

小学生のころ、時代劇で「じって」と呼ばれるあの物体が、漢字では「十手」なのが不思議で、

それで親だったか学校の先生だったかに質問して、

こういう場合の「十」は「じゅう」ではなく「じっ」と読むのが日本語の決まりだ、

と教わりました。「十回(じっかい)」とか「十把一絡げ(じっぱひとからげ)」とか。


そういえば先日の文化審議会での常用漢字の音訓追加で、この「十」の読み仮名が追加されましたね。

それでも「十手」は「じって」のままですが、

例えば「十回」は、「じっかい」でも「じゅっかい」でもOKということになりました(「国語」として)。

十=音読み「ジッ」の備考欄に「『ジュッ』とも」と注記


[105]>97 人が nofrills

「きそば」は食べたいが、「なまそば」は食べたくない、と言ってくれたので、

完全に「きそば」でインプットされました。

でも「生そば」という表記だとどうしても「なまそば」と脳内で読んでしまいます。


[106]>99 わかる気がします nofrills

自分の場合、たぶん先に「音」で知った言葉で(たぶんテレビのニュース)

「ながちょうば」→「長丁場」という順番で認識しているはずなのですが、

先に漢字を見ていたら「ちょうちょうば」と読んでいたかもしれません。


[107]>100 この例の場合 nofrills

「戸建分譲」なら「こだてぶんじょう」と言われないと、自分は何のことかわからないと思います。

「とけんぶんじょう」は音だけだと「都県分譲」→「東京都および近県において分譲されている物件」と受け取りそうです。


[108]>103 六曜 nofrills

私も六曜の「大安」を「だいあん」と読んで、親に「はずかしい」と直されて覚えました。

でも、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口は、何かの資料を見ないと、自信をもって全部は挙げられません。

ちなみに、親に「ねー、あかぐちってどういう日?」と訊いて、「何それ」と言われ、紙に書いたら

親がガックリしちゃったこともあったと思います。

「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などと読まれるそうですが、

「あかぐち」はありません。


地名は「難読」がいろいろありますから、その地域外の人には基本的に読めないものだという前提で、全部ルビをつけるのが望ましいと思っています。

「本町」だって「ほんまち」なのか「ほんちょう」なのか「もとまち」なのか……ですから。


[109]>102 固有名は nofrills

固有名は、地名も含め、「難読」がいろいろありますよね。

関西学院は「関西学院大学」(兵庫県)ですが、

関西学園は「学校法人関西学園」(岡山県)で、

学校名としては「関西高等学校」と「岡山中学校・高等学校」なんですね。


いずれにせよ、個人的には固有名の読み間違いは、熟語の読み間違いとはちょっと質的に違うかなと思います。


[110]>88 「月極チェーン」 nofrills

akauoさんのお父さんも、takntさんも、私も、そしてその他多くの方々もおそらく、

涙なくしては語れない「月極チェーン」:

http://kotonoha.cc/no/106561

http://by774.blog73.fc2.com/blog-entry-2996.html

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310511...


ついでに:

ゴランノ・スポンサーの恐るべき実態!

http://news4vip.livedoor.biz/archives/51054724.html


[111]早速 kaka777

「さっそく」と「そうきゅう」のどっちを使えばいいかわかりません。


[112]>111 それは別々の語では nofrills

「さっそく」は「早速」、「そうきゅう」は「早急」です。

これらを混同してしまう、ということですよね。(非常によくわかります。)

「さっきゅう(早急)」という語もありますし。

「早急」と言おうとして「早速」あるいは「早急」と言ってしまう、

ということも個人的にあります。


ただし、両者の「使い分け」についてはこのいわしの質問の対象外です。ごめんなさい。


[113]>92 未曾有 nofrills

「四川省で発生した大震災、みぞうゆうの自然災害というものを乗り越えて……」との実例あり。

発言者は、この投稿をぶら下げる投稿にある例の発言者と同じ。

http://www.asahi.com/politics/update/1112/TKY200811120355.html


[114]松阪牛 まつさかうし orange100yen

「松阪牛協議会」によると、生産地域ではもともと『まつさかうし』という呼び方をしています。

また、登録商標では、松阪肉は『まつさかにく』、松阪牛は『まつさかうし』となっています。との事です。

三重県庁の農水商工部でも「まつざかぎゅう」と呼んでも間違いではありませんが、公的な呼び方は「まつさかうし」との事です。

テレビのアナウンサーも「まつざかぎゅう」が多かったのですが、最近は、「まつさかうし」と放送される事が多くなったらしいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210502...

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091201530704.html


[115]>89 「音」でことばを知ること nofrills

『フォレスト・ガンプ 一期一会』は大きな話題になった映画でしたから、

音声と文字の両方で一度に「一期一会」という熟語に接する機会が多かったかもしれませんね。

そういうことって非常に大切なことではないかと思います。

フォレスト・ガンプ 一期一会 スペシャル・コレクターズ・エデ

フォレスト・ガンプ 一期一会 スペシャル・コレクターズ・エデ


※「漢字はなるべく使わないほうがよい」という考えや、別の言語の話ですが英語で綴りの簡略化をすべきという考えがあることは知っていますが、私は漢字はがんがん使うべき、それらを音声で読むべき、新聞は「破たん」と書かずに「破綻」と書いて、必要なところはルビをふればいいのに、という考えです。


[116]>114 これも「熟語」かどうかが微妙です nofrills

すみません、「松阪牛」は「熟語」といえるかどうか……固有名ではないかと私は思います。


でも「?ぎゅう」が多かったのが「?うし」になっているという現象は、興味深いです。


[117]>86 笑われたおかげで nofrills

私もお偉いさんの「クスッ」で直ったものがあります……かなり前に投稿したもので、「年俸 (ねんぽう nen pou)」がそうです。


「遵守」の「遵」は、「したがう」の意味なんですよね。

http://torokko.sblo.jp/article/5553895.html


[118]>75 「脆」 nofrills

国語辞書を見てみました。オンラインのですけど。

「脆」の字は、「脆弱性」のほか:

脆化 ぜいか(プラスチックなどが可塑性や延性を失うこと)

脆性 ぜいせい(もろさ)

といった「熟語」に出てきますが、それだけなんですね。

もっと使われていそうなイメージがあったのですが。


「脆」という漢字だけについていえば、

脆い もろい

という意味です。(訓読みは「もろい」)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ