人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

薄力粉の語源を教えてください。

小麦粉には強力粉・中力子・薄力粉といった種類がありますが、どうして「濃力粉」や「弱力粉」とは呼ばないのでしょうか。
また、「力」を「りょく」ではなく「りき」と読む理由についても教えていただけたらありがたいです。

●質問者: MayBowJing
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:小麦粉 強力粉 薄力粉 語源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● suinger
●20ポイント

小麦粉も商品ですし、消費者が用途などを想像しやすいイメージの良い名前がつけられたと思われます。

商品名としては、強弱より出来ることをイメージできる名前の方が良いです。

薄力粉は、薄い生地を作れるなど繊細な仕事もできる力をもった軟質の小麦、強力粉はしっかりとした強い生地を作れる力をもった硬質の小麦です。なぜ「リョク」と読まず「リキ」としたのも同様にイメージでしょう。

「キョウリョク」と読まれると粉自身が強い感じがします。「リキ」とすることで粉がもっているチカラが強い感じがします。

◎質問者からの返答

薄い生地を作ることができるから、との説明は胸にストンと落ちます。すっきりしました。

ただ、「りき」の音が持つイメージについては、共感できずうまく想像ができません。

できればソースを示していただきたいと思います。


2 ● Casino-Drive
●20ポイント

薄力粉

粘りが弱いことからでなく、少ないところから薄力といいます。



小麦粉はグルテン(粘りを出すタンパク質の一種)の含有量の違いによって分けられ、薄力粉の他に強力粉、中力粉もあります。

http://www.recipe.nestle.co.jp/from1/cook/word/ha/hakurikiko.htm...

グルテンの分量が少ないということです。




http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/08/01_104045.html



http://www.kobe.coop.or.jp/coopbell/topics/0505/0505Q10.html

◎質問者からの返答

「粘りが弱い」「粘りが少ない」の違いが不明瞭です。

質問とは直接関係ありませんが、3つめのコープこうべのお話は大変おもしろかったです。

興味深いURIを教えていただきありがとうございました。


3 ● kappagold
●30ポイント ベストアンサー

薄力粉の語源を教えてください。

小麦粉には強力粉・中力子・薄力粉といった種類がありますが、どうして「濃力粉」や「弱力粉」とは呼ばないのでしょうか。

また、「力」を「りょく」ではなく「りき」と読む理由についても教えていただけたらありがたいです。


「力」の読みで「りょく」と「りき」の違いは、言葉が中国から日本に伝来した時期により異なります。(中国国内で、読み方が変化しました。)

漢の時代に日本に伝わってきた言葉は、リョク、

呉の時代に日本に伝わってきた言葉は、リキと読みます。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%82%8A%E3%82%87%E3...


薄力は、読み方から、呉の時代に伝わってきた言葉だと考えられます。


中国では、薄力という言葉を今でも普通に使っています。

http://www.epochtimes.jp/jp/2006/02/html/d50750.html

「自由のために殉じることは望みであり、終始拘禁されることに甘んじない…自由が訪れるところ、喜びで日々を迎える」。これは先輩方が獄中で高らかに歌った「自由頌」である。私達は、先輩方の血の跡を踏みながら、薄力を尽くし、公民の自由の権利を守りに行く。私達は「氷点」とともに前へ進む。


中国語サイト(サイトの意味はわかりません。悪しからず。)

http://www.slgtw.com/xueyuan/li/200803/1280.html

http://www.duqiao.gov.cn/show.aspx?id=8162&cid=60

http://xhx.loudi.hunancom.gov.cn/swdt/37325.htm

http://qq.iyaya.com/1863/92461-0.html


なぜ、「きょうりょくこ」と「はくりきこ」という片方が漢音読み片方が呉音読みという形になったのかは、よく判りませんが、今の薄力粉とは違う粉で、中国に「はくりきこ」というものがあって、その言葉だけが入ってきてしまったとか、そう言う背景があるかもしれませんね(単なる想像です)。

魚ではそのようなことが起こった例があります。

同じ漢字で中国と日本で違うものを示すものがあって、「鮭」は河豚(ふぐ)や肴(さかな)を意味し「サケ」は日本での意味です。国訓には、鮎(あゆ、中国ではナマズ)、鮪(まぐろ、中国ではチョウザメ)となっています。

http://www.tp1.jp/trivia/040.html


きちんとした回答にはなっていませんが、とりあえず、知っている事だけ、回答させていただきました。


4 ● chika508
●20ポイント

「弱い」と「薄い」という言葉の意味を調べてみました。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BC%E5%A4%A4&kind=jn&m...

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C7%F6%A4%A4&kind=jn&m...

「弱い」は劣っているという意味合いが強く、「薄い」には濃度・密度が低いという意味があります。

材料小麦の違いからくる特性によって使い分ける小麦粉に優劣をつけるのも変ですし、

たんぱく質が少ない軟質小麦から作られた粉に「薄」を使ったんだと思います。

でも「強い」には濃度が高いという意味は無さそうなので・・・粘弾性の強さの方でしょうね。

「力」の読み方ですが・・・

音読みといっても「リキ」は呉音、「リョク」は漢音だそうで、呉音の方が先に百済を経由して入ってきた音だそうです。

その辺が関係しているんでしょうかね?

http://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%8A%9B

http://ja.wiktionary.org/wiki/%E5%91%89%E9%9F%B3


5 ● くろょ
●10ポイント

ポイント要りません。麦の話だけにコメ欄があいてないので、ここに。


参考になりそうなサイトと思って日清製粉を見たのですが、参考文献の一覧があります。

http://www.nisshin.com/study/library/index.html


日本麦類研究会なんてあるんですね。

http://www.mugirui-kenkyukai.jp/


製粉振興会

http://www.seifun.or.jp/


でも、名称の由来については書かれてないですね…。

ちなみに、法令も検索してみましたが、特に名称に関して法律に規定はないようです。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ