人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?FORTUNE” #021

THEME:「鍵」「アート」「ペットライフ」+「縁起物」

「今日をちょっと楽しく、イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、FORTUNEバージョン。FORTUNEとは「幸運・幸せ」。毎回のテーマに沿って、イエと暮らしに幸運を呼ぶコト、ハッピーにするコトを思いとともにメッセージ下さいね。
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とサプリ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20081112

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は11月17日(月)正午で終了させて頂きます。

1226465838
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:11月17日 theme いね おすすめ はてなスター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 256/256件

▽最新の回答へ

[1]茶柱 helltaxi

あんまり縁起はかつがないんですが

ここ最近は、急に寒くなってきたので

飲み物も日本茶を飲む機会が多くなってきました。

そしてちょうど今入れたお茶に茶柱がたっていたので

書き込みました。

特に何もないんですがちょっとラッキーって気分になります。


[2]ハムスターを飼ってます akauo

ジャンガリアンハムスター×2を飼っています。

ヒマワリの種を手渡しで渡し、そのまま手の上で食べてもらえるのは、家族のなかで私だけです。きっと他の家族は時々ちょっかい出しているのではと想像しますが、この件においてかなり家族に優越感を持ってます!!

また頻繁に脱走します(恐らく机のウラに潜んでいるかと)。ただ、放っておいて、エサをきちんとケージ内に置いておくと、ふと気付くと帰巣?しています。是非、長生きして欲しいものです。


[3]ジグソーパズル akauo

大きめのジグソーパズルを飾るのも「アート」ですね。実家の玄関にジグソーパズルを飾ってあるのですが、母がパズル好きで、今でもふとした機会にジグソーパズルに挑戦したくなるようです。そのため、数ヶ月から半年に1度は、玄関のアートが変わります。後期高齢者の域に近づいているにもかかわらず、まだまだパズルをする気があるとは・・・大変良いことだなと思います。


[4]Aコッカー飼ってます koyama2000

家でダラダラしてる犬を写真撮影して、それをフォトショップで加工しておもしろ写真を作って部屋に沢山飾っています。コッカーは表情豊かなので顔を見てるだけでも幸せになります。


[5]にゃんことひなたぼっこ tibitora

寒くなってきて、日向が恋しい季節になってきました。

部屋のベランダ近くの日向に布団を干していると猫が来て気持ちよさそうに日向ぼっこをします^^

とても幸せそうにしているので、つい一緒にごろごろとしてしまいます・・・猫の寝顔は眠気をさそってくれますよね(笑)


[6]夜の蜘蛛 some1

遅い時間に帰宅してPCをいじっていると、冬場は暖かいせいかハエトリグモがPCラックの周辺をピョンピョンしてます。

時々、スーッと下に降りてきては手の甲でジャンプしたりとか(すぐにどこかに消えますが)

夜の蜘蛛については縁起が良い悪い分かれるようですが、実質は煩わしい小虫を食べてくれる益虫ですし、

自分は割と小さく丸いデザインの愛らしい存在と思ってます。ちょっとしたペットです。


[7]鍵っ子 tibitora

甥っ子が後数日で鍵っ子になります。甥っ子にとっては初めての鍵っ子です・・・といっても年末までの1ヶ月半の間ですが、お母さんが仕事をするので学校から帰っても1人で、土曜日と祝日も1人だそうです。頻繁にいける距離ではないので小さい子の一人での留守番は心配ですが、言いつけを守って(誰が来ても玄関を開けない・電話にも出なくていい・ガスは使わない・とか)きちんと留守番を出来たら「やれた^^」と自信もつくかなと思います。

怒られないのですっとゲームとかをして遊んでいるかもしれないですが(^^;

危ないことをしないで留守番をしていてくれたらなと思います。

がんばれ甥っ子!


[8]イエの鍵がないww akauo

つい最近のことですが、鍵も財布もなにも持たずにフラッと散歩に出かけている間に、家族が外出してしまいました!帰宅してみると、完全にロックアウトされているではありませんか。仕方なく連絡を取ろうとするも、携帯電話もイエの中・・・。

家族も近場に出かけていただけだったのでほどなく帰宅し、笑い話で済みましたが、正直焦りました。


[9]>6 蜘蛛 tibitora

うちにもハエトリグモが居ます^^

蜘蛛は苦手なのですが、もうずいぶん前から居るのでだんだん愛着がわいてきています^^

小さい虫とか名前のとおりハエとかを食べてくれるんですよね。

丸くて小さくて、見慣れるとかわいいです(笑)

冬で寒くなってくるので食べるものはあるのかなとちょっと心配になったりもします。


[10]休日は美術館に。 dankichik

日曜日、久しぶりに美術館に行ってきました。素敵な作品を眺めて、帰りにミュージアムショップでポストカードを買って。ささやかですが、豊かな時間を過ごすことができました。


[11]キーホルダー dankichik

キーホルダーはお気に入りブランドの犬モチーフのものを使っています。けっこう鍵があるので、じゃらじゃらかさばりがちなので、キーホルダーだけはかわいらしいものを探しました。鍵を出すたびにうれしくなります。


[12]>11 キーホルダー tibitora

私も鍵にキーホルダーをつけています。

お気に入りの物をつけていると嬉しいですよね^^

鍵は数個しか持ってないので、一つづつキーホルダーをつけているのですが、よく使う家の鍵は鈴がついている物です。

もし落としてしまっても鈴が鳴るのですぐにわかるかな、と思います。


[13]>9 夜の蜘蛛は、 rsc96074

「よろこぶ」と言って縁起物です。蚊は叩きますが、蜘蛛は益虫だからそっとしておきます。


[14]ポストカード natumi0128

古いモノクロのポストカードを集めるのが趣味で、特に気に入ったのは部屋の壁にペタペタと貼ってあります。

外国の風景だったり、アートだったり、新品のものとはまた違った雰囲気があるのが好きです。

古本屋さんなどで探すのですが、無造作にケースに突っ込んである中から、自分の気に入るものを探すのも、また楽しみのひとつですしね。

それ以外にも、ギャラリーのDMとか、雑誌から切り抜いた写真など、気に入った絵や写真を部屋の壁に貼っています。

高い絵画は買えないけど、ちょっとした楽しみです。


[15]家や車のキーに交通安全のお守り powdersnow

氏神様か、道啓きの神の猿田彦大神を祀っている神社あたりのお守りを1つ。

車のシガーライターなどにつけてしまうより、キーに着けると普段も持ち歩けるので吉です。


[16]>13 蜘蛛。 dadan_dan

朝の蜘蛛も、夜の蜘蛛も、人間が対処しづらい蚊やハエを

とってくれるのは助かりますね。


[17]>14 私も集めています。 dankichik

美術館に行くたびに気に入った作品のポストカードを買うようにしています。思い出になるし、後からお気に入りを何度でも眺められるのがよいです。私はアルバムに保存しています。時々見返すと楽しいんです。


[18]動物病院は飼い主の学校 TomCat

動物の幸せの基本は、まず健康です。そのためには飼い主の勉強が欠かせません。

赤ちゃんを持つお母さんは、赤ちゃんの健康管理や、かかりやすい病気について、とてもよく勉強しています。多くのお母さんが、医師や保健師等の専門家が懇切丁寧に教えてくれる育児学級などに、積極的に参加しています。

動物の飼い主にも、そのくらいの努力が必要だと思うんですよね。最低限、どういう状態が体調の崩れを意味しているのか、どういう状態になったら命に関わる危険の一歩手前なのか、くらいの判断はつくようでなければいけません。

動物は、野生の状態では、ちょっとでも弱味を見せたらそれが命取り。あっという間に敵の餌食になりかねません。だから体調が悪くなっても、ギリギリまではそれを隠し、弱った様子を見せまいとすることが多いんです。病気でペットを亡くした人が「前日までは何でもなかったのに突然・・・・」と言うことが多いのも、そういう理由のことが少なくありません。

だから飼い主は、専門的な目で動物を観察できなければダメなんです。少なくとも日常の観察眼だけは獣医師並みに。解剖学的な知識から病理学的な知識まで体系的に学んで動物の体を熟知している獣医師は、パッと見ただけでその動物の異状を見分けます。飼い主も、自分の飼っている動物に関してだけは、そのくらいの勉強が望まれると思うんです。

前置きが長くなりましたが、そのための「学校」が動物病院なんです。獣医師と懇意になると、色んなことを教えてもらえます。特に病気でなくても、出来れば春夏秋冬、季節の変わり目には、健康診断に連れて行きましょう。その時に、色んな質問をしてみてください。獣医師の多くは教え好きですから、質問されると喜んで教えてくれると思います。

動物が病気になってしまった時も、そういう時こそ勉強のチャンスと考えて、その病気に対する知識から家庭での看護のコツまで、事細かに指導してもらってください。そうすることによって動物の回復が早くなりますし、何よりも、二度同じ病気で苦しませることが無くなります。病気に対する知識を持つことは、予防の手だてを知ることです。そういう勉強こそ大切です。

動物病院は金がかかる、出来るだけ連れて行きたくないからギリギリまで様子を見る、なんていう人もいると思いますが、動物病院を飼い主の「学校」と考えたら、治療代なんて安い物だと思いませんか? 学ぶ姿勢さえあれば、本当にたくさんのことが学べます。

もちろん、良き飼い主を育てるための指導を惜しまない、本当に良い動物病院に出会うことが大前提になりますが、とにかくそういう病院を探してください。そして、そこに通う中で、色々な知識と実技を身につけていってください。

手慣れた獣医師は、錠剤なんかスルンと飲ませてしまいますし、目薬なんか動物が気が付かないうちに投与完了しちゃってますよね。ああいうのにもコツがあるんです。よく教えてもらって、練習してください。投薬だって、飼い主がやってあげれば、動物は安心出来て幸せです。

動物に対する愛の注ぎ方は色々あると思いますが、その中の一つとして、動物の健康を守りきれる知識と技術、そして万が一愛する動物が病気になったとしても、しっかりと家で看護していける知識と技術。これをしっかりと身につけておきましょう。そのための頼れる指導者としての主治医を持った飼い主と動物は幸せです。


[19]ペットの写真で来年のカレンダー powdersnow

犬や猫など、ペットの写真を送ると、それをカレンダーにしてくれるサービスがあります。

サービスを知ったのは、抽選であたって無料でやって貰ったのがきっかけですが、成長の記念にもなり、カレンダーをたびに飛び込んでくる可愛い写真は、元気をくれますね。


[20]>18 飼い主の学校 tibitora

TomCatさんのお話、とてもそのとうりだと思います。

動物は自分で「ここが痛い」「ここが変」「気分が悪い」とか言ってくれずに具合が悪いのを隠そうとするので、飼い主が出来るだけ早くに気づいてあげる事が肝心ですよね。

よい動物病院の先生は、良き飼い主を育てるための指導を惜しまないのもですが、休日でも診療終了後の時間にも対応してくれる先生だと思います。そんな動物のことを大切に想ってくれる先生にかかれていてとても助かりました、最後にも夜で病院がしまった後にも受け付けてくれて、点滴をうってもらえて、気持ちよさそうに数時間眠れていました。

動物のことをきちんと知って、できる限りの知識を覚えていけると、飼い主と動物は幸せですね。

いろいろ思う事はあるのですが、ちょっと思い出してしまって長く書けなくて短いコメントですいません。


[21]>12 鍵単体よりも Zelda

キーホルダーを付けてれば、部屋のどこにおいたかなぁって時に見つけやすいですしね。

結構小物類ってその人の好みが出てて。

私もかわいいもの大好きでキーホルダーもかわいいのに付けてます^^

お気に入りのキーホルダーにつけてれば、大事にするので鍵を外出時に無くすことも少なくなるし。


[22]>21 私も natumi0128

鍵だけより分かりやすいかな、と思って、キーホルダー代わりに手作りのアジアンノットを付けてます。

よく鞄の中で、鍵がどこに行ったか分からなくなるので…。

陶製ビーズ付きのアジアンノットは、手触りでも分かるので、けっこう重宝してます。


[23]>22 キーホルダーって fumie15

可愛いものが多いですよね。

小さい頃集めてました。


[24]ご当地もののキーホルダー fumie15

留学生の友人が集めていました。

インドネシアからの留学生だったのですが、旅行に行くたび集めてて、キティーちゃんが彼女のお気に入りでした。

いまでもみやげものやさんでご当地もののキーホルダーを見ると彼女のことを思い出します。


[25]招き猫 fumie15

招き猫を集めています。そんなに大きなものはおけないので

小指のさきくらいの小さな招き猫ばかりです。

初めはそんなにないかな?と思っていたのですが、

集めてみると結構ありました。


[26]>10 美術館に行くのが好きです fumie15

東京に行くと必ず美術館に行きます。安く時間をつぶせるし、知識はもちろんないのですが、見ているだけで豊かな気持ちになります。

今考えてみると、カタログを買えばよかったと思います。思い出にもなるし、あとで読んで知識を蓄えればよかったなと思います。


[27]>23 クローバーのキーホルダー toukadatteba

私もかぎだけだと確実になくしてしまうので、(筋金入りのだらしなさなんです)キーホルダーをつけていますよ^^

妹が私の就職祝いにくれた四葉のクローバーのモチーフのキーホルダーです。

妹の気持ちが入ってると思うと、大事にしようとなんとなくおもうのか、もう数年たっていますがおかげさまでなくしていません。

鈴もついていて、おとしたりすると、りん、となるので、とってもわかりやすくてかわいいんです^^


[28]>27 キーホルダー fwap

昔は、観光地へ行くたびに買っていましたね。いまでいう携帯電話のストラップのような感覚で集めていました。忘れられないのが、子供が生まれる直前に友人からもらったものが印象的です。それに、結婚する直前に旅行へ行ったときに買ったものも捨ててありません。


[29]布のアートを楽しむ CandyPot

私はアジアの布地が大好きです。たとえばインドネシアのイカット。インドネシアは東南アジアの最大の国で、東西約5000?、南北約2000?という広大な海域の中に、なんと18000以上の島々を擁しています。だからその文化はすごく多彩。同じイカットでも場所が違うと、全然違う模様が伝えられているんです。島や民族ごとに、独特の特色を持っています。

http://homepage3.nifty.com/tomikat/indonesianikat.htm

アートには、飾る楽しみ、鑑賞する楽しみ、そしてコレクションする楽しみなど様々な楽しみがありますが、織物はそうした楽しみを幅広く満足させてくれます。

日本の布地もすてきですよね。伝統の素材や伝統の染め方、伝統の織り方が醸し出す独特の風合い、そして美しい紋様。いい反物は、眺めているだけでうっとりしてしまいます。あれはもう、立派なアート。昔の日本女性はファッションではなくアートを身につけていたんだなぁ、なんて思ってしまいます。

最近私はイエはてなの影響で風呂敷ファンでもありますので、風呂敷をタペストリーのように飾ったりもしています。ただ平面的な飾るだけでなく、何かに掛けたり結んだりして立体的な飾り方を工夫しても楽しいです。そういう飾り方の工夫を考えている時は、自分も造形作家の端くれになったような気分が味わえます。色々楽しめる布のアート。凝ってみると、けっこう奥深い世界だと思います。


[30]うずらの赤ちゃん sayonarasankaku

子供が小さい時に、お祭りでウズラのひなを売っていました。

お祭りで買う鳥は、たいてい弱いものが多いので辞めておくのですが、

あまりに可愛かったのと、

ウズラだったら大きくなっても、ニワトリより小さくていいのではないかと、

2羽、買い求めました。


案の定、翌朝には1羽が、次の日には残りの1羽と、

あっという間に亡くなってしまい、

子供と悲しい思いをしながら、埋めに行きました。


もっと長生きしてくれたら、楽しく一緒に過ごせただろうと

今でも、たまに思い出します。


[31]>16 クモ fwap

家でときどき現われるクモはよほど命に危険を及ぼしそうな大きさでないときは殺さないようにしています。中にはハエトリグモのような私たちの生活にプラスなクモもいるからです。


[32]キーモチーフのペンダント toukadatteba

鍵と鍵穴のモチーフがついたペンダントを誕生日に友人からもらいました。

これには幸せな意味合いがあって、「恋愛の成就」という意味があるそうです。そのころ片思いしていたので、意味をおしえてもらってプレゼントされたそのペンダントは、友人の優しさとおせっかいと、私への応援がつまっているようで、大事にしています。

今でも持っていますよ♪

その恋愛が成就したかどうかは…秘密にしておきましょうか(笑)


[33]彫刻を展示するところ見る機会がありました fumie15

偶然、見せてもらったのですが、台座をセッテングして、像が動かないように固定して毛布でぐるぐるにくるまれた彫刻をあけたとき、思わず拍手をしてしまいました。作る人はもちろん、こういうセッテングする人もいるんだなと思いました。

あの彫刻、見る人に愛されるといいな。


[34]>17 ポストカード fwap

私もときどき集めています。観光地や美術展で販売されているので、旅行気分を味わうことができますよね。中には、季節ごとに地域独自のポストカードを発行している郵便局もあるので、見逃すことができません。


[35]>28 キーホルダー wacm

私も鍵だけだとなくしてしまうので、キーホルダーをつけています。キーケースなど管理する方法は色々ありますが、やはり思い出が残るキーホルダーがいいですよね。私は子供が生まれたときの写真を入れたものを使っています。


[36]>34 ポストカード wacm

私も美術展で気に入ったものがあったら買うようにしています。ポストカードならたいした値段もせず、記念になりますし、たいていどこの美術館・美術展でも売っているからです。遠いところでしたら、近所の郵便局に持って行って旅の新鮮な気持ちをしたためることができますよね。


[37]>31 クモ wacm

私の祖父母の家でも夜のクモは縁起がいいからと言って殺すことはあり得ません。ときどき、10センチ大のクモが出現しますが、ちりとりに上手い具合に乗せて、外へ投げます。


[38]>26 行ってみたいなぁ^^ Zelda

なかなか都合がつかなくていけないですがぜひじっくり見てみたいです。

今は様々な系統の美術館があって、行ってみたいところが沢山。

最近は趣味で絵を描くようになったので、絵画をじっくりと見て回りたい^^

海外の大きな美術館も一度でいいから行きたいなぁ。


[39]>24 つい、集めたくなりますよね。 sayonarasankaku

キティちゃんのは、娘も集めていました。

つい見かけるたびに買ってしまいますよね。


ただ、カトちゃんのは貰っても、ちょっと困ったりしました。(笑)


[40]子供のお土産のキーホルダー sayonarasankaku

子供が修学旅行などでキーホルダーを買ってきてくれることがあります。


いつもならキーホルダーも自分の気に入ったものしかつけないのですか、

子供のお土産となると、話が違ってきます。


そして随分くたびれてしまっても、なかなか外すことができません。(笑)


[41]>38 美術館へ wacm

大学生時代から美術館へ行くようにしています。美術や歴史に詳しいわけではありませんが、それでも一流と呼ばれる作品や長い歴史に耐え続けてきたものを見ると、訴えかける何かがあります。その作品のメッセージを捉えることが感性の涵養なのではないかと思って、美術館へ行っています。


[42]>39 ご当地もの wacm

キティちゃんは日本全国ありますからね。北海道ならマリモだとかキタキツネといったものもありました。中でも同僚から私の地元独自のキティが売られていることを聞かされたは驚きました。言われたとおり、駅へ行ってみるとぬいぐるみが売られていたのです!

sayonarasankakuさんと同じくカトちゃんは困りますよね。


[43]ボディランゲージ choco-latte

ワンコにはたくさんのボディランゲージがあります。

うれしいときは、尻尾を振ったり、嬉しいときは舐めてきたり、飛びついてきたり、怖いときは

耳としっぽが下がったり…。


海外に旅行にいくときなど、家を数日空けなくてはならなくなり、弟夫妻にワンコの世話を頼んでいますが、帰ってきたときのワンコの態度は普段よりも数倍甘えん坊になり、冷蔵庫に飲み物をとりにいくにも、窓をあけるときも私の右足にぴったりとくっついてきたので、「いい子にしてた?」ってワンコに話かけて、ワンコにぺろぺろ舐められる前にこっちからワンコの鼻にチューをしてあげて、「ごめんね、ごめんね。いい子にお留守番してたんだね」とたくさん褒めてあげました。

ワンコのお腹にほおずりしたり、抱きしめてギューッとしたり。おでことおでこをくっつけたり。

他にも怒ったときは、頬を膨らましてグーにした手を上にあげたり、嬉しいときは手を広げたりと、

ワンコには私に体で表現してくれているので、私もワンコに対して

私もワンコに合わせたボディランゲージで愛情表現してあげるようにしています。


[44]鍵を首に掛けて・・・ sayonarasankaku

「鍵っ子」というのかな、両親が働いてて家の鍵を首に掛けている子っていますよね。


勿論、そのこは寂しい想いも、たくさんしているのでしょうけど、

家で商売をしてて、両親が必ずいる家に帰る子供の頃の私にとって、

なんだか、その鍵はとても格好良く写りました。


自分にないものは、なんだか羨ましく思えたんでしょうね。

家に入るのに、自分の鍵で開けて入るのが、とても大人っぽく見えたのです。

私も鍵を下げたいななんて、思っていました。


私が大人になって出かけるときに、子供の帰宅に間に合わないと、

鍵を持たせて出ることもたまにありました。

でも慣れるまでは心配だったり、サイレンの音が聞こえると、

家の方向ではないだろうか、なんて気になったものです。


[45]>36 ポストカード kaka777

美術展のポストカードはいいですよね。何種類かあるけど好みのを選んでポストカード入れに集めています。


[46]>35 キーホルダー kaka777

昔は無くさないように大きめのキーホルダーを付けてましたが、結構じゃまになるので最近はおしゃれな物に変えましたね。


[47]>44 鍵っ子 kaka777

小学校の頃、自分の両親も共働きしていて帰りは遅かったので鍵を首に掛けていました。自分もそうだけどそういういう子ってなんか寂しそうですよね。


[48]>8 ぼくもあります。 atomatom

鍵を持たずに外出してしまうことよくあるんですよ。家に帰ってきてドアに鍵がかかっていることに気付いてから、そこで初めて自分が鍵を持ってないことに気付くんですよね。鍵を持っているのは家内なんですが、今、家内を実家に送っていったばかりとか。まあ実家近いのでそれほどのダメージではないんですが、それでも面倒ですよねえ、引き返して鍵だけ持ってくるの。


[49]>42 ご当地もの kaka777

ご当地ものは自分も好きですね。旅先で手にするとついつい買ってしまいます。今では家中ご当地ものだらけになっています。


[50]>45 ポストカードやしおりも atomatom

美術館や、有名な画家の出身地なんかでも作品を絵葉書にしたものや、それからしおりにしたものもありますね。しおりだと文庫本に挟んで持ち歩けるので、なかなか気分よく利用できますよ。


[51]>41 美術館へ kaka777

あおの静かで落ちついてる雰囲気は癒されますよね。自分もストレスが溜まってるときは美術館へ行って心を落ち着かせたりしています。


[52]>44 小さい頃鍵っ子に憧れてました… choco-latte

家の鍵を持てるなんて、大人だ!って思っていましたが、

実際母が働きに出るようになって、鍵を持ち歩くようになってから

見た目だけで、とても寂しい気持ちでいっぱいになりました。

鍵を持っていても、母のパート先まで迎えにいき、一緒に帰っていました。

今は物騒な世の中なので、家に誰かいても鍵をつねに

かけるようにはしていますが、誰もいない寒い部屋に帰るよりも

誰かしらいる暖かいおうちに帰りたいです。


[53]>29 バティック、タイシルクなんかも。 atomatom

エキゾティックな布、ぼくも好きです。インド更紗もいいなあ。ベッドカバーに昔、使っていました。部屋の中の雰囲気がガラリと変わるんですよね。

うちの母親がもう大の布好き、布オタクなので、海外に行くたびにその土地の布を買ってくるようせがまれます。とうとうタイのバティックやタイシルクを買うためにバンコクにまで連れて行かされましたよ。


[54]>20 前の子もそうでした choco-latte

>動物は、野生の状態では、ちょっとでも弱味を見せたらそれが命取り。あっという間に敵の餌食になりかねません。だから体調が悪くなっても、ギリギリまではそれを隠し、弱った様子を見せまいとすることが多いんです。病気でペットを亡くした人が「前日までは何でもなかったのに突然・・・・」と言うことが多いのも、そういう理由のことが少なくありません。


今飼っているワンコの前にいた子がそうでした。

死んでしまう前までは全然なんともなかったのに…。でも前日に

家族の私たちが留守にしている間にとても悲しそうに

遠吠えしていたよと近所の人に聞いて、我慢していたんだぁって

思いました。


前のワンコのかかりつけの医者はいらぬ検査までして、治療費が

ものすごい高かったのですが、

今のワンコたちからお医者さんを変えたのですが、

ワンコのお腹や足を毎日なでて、

腫瘍とかないかチェックの仕方を教えてくれたり、

爪を切りにいった際に軽い定期健診もついでにしてくれたりしてくれます。

本当にお医者さんによって全然違うなぁって思います。


[55]>46 キーホルダー juic

もちろん何かあるたびによく買うのですが、「キー」をそんなに持ってるわけではないので…。実は1、2個あれば十分なんですね。あとはただの家の飾りになってます。


[56]>50 ポストカード toukadatteba

美術展で気に入るとかってしまいますねー。思い出として残しておきたいなぁ、と思いますから。値段も手ごろで買いやすいです。


[57]ペットライフ to-ching

生き物を飼うと言う事は、責任がありますね。かつて、海水熱帯魚や珊瑚を飼育していました。もうきれいできれいで・・・でも勉強するにつれて、水、海水等々にこだわりが出てきます。もう、こうなれば趣味で始めた物も、負担になってきます、趣味に振り回される毎日。疲れました、かなりのお金を投じましたがギブアップ。負け犬の悟りですが「自然にいる珊瑚、魚」が一番きれいと思った次第でした。懐かしいです。


[58]カードキー to-ching

ホテル等で手に入りますね、これは蒐集すれば立派な趣味になりそうです。男は何でも集めたがります。


[59]>55 瞬間は to-ching

頂けば嬉しいのですが、意外と使い道ないものですね?


[60]縁起物 to-ching

やっぱりお守りでしょうか?毎年新しいお守りを車の中に入れ、または掛けてます「交通安全」ですね。


[61]>37 つい to-ching

殺してしまい何時も反省、今度は逃がしてやろうと思います。


[62]88の鍵 Cocoa

私の部屋には、88の鍵があります。何それ、って、鍵盤です。楽器の鍵盤。

私はピアノが大好きで、子供のころからずっと弾いていました。でも仕事を持つようになってから、なかなか弾く時間が作れなくなってしまったんです。ピアノは音が大きいので、夜はとても弾くことが出来ません。そこで思い切って電子ピアノを買いました。買ってからというもの、もう嬉しくて嬉しくて、毎晩のように弾きまくっています。ヘッドフォンをすればどんなに激しく弾いても大丈夫。狭い部屋に置いたら部屋がさらに狭くなってしまいましたが、家族にもご近所様にも迷惑をかけずに弾けるので、本当に買って良かったと思っています。

電子ピアノの良さは、夜に弾けるだけではありません。ヘッドフォンをしてしまえばどんなに間違えても誰にも聞かれません。何回間違えても恥ずかしくないですから、難しい曲が思いっきり練習できるんです。

それから、変な曲、と言っては作った人に申し訳ありませんが、ねこふんじゃったとか、ラジオ体操とか、演歌とか(笑)、そういうのもどんどん弾いて楽しむことができます。そしてちょっぴり、自分のオリジナルみたいなのも。こういうのは未完成を人に聞かれるとすごく恥ずかしいですが、ヘッドフォンならそんな心配はありません。どっぷりと創作の世界に浸れます。

素晴らしい秘密の音楽の世界の扉を開いてくれる、88個の白と黒の鍵。楽器のある生活はとても潤います。高い買い物でしたが、その価値は十分にありました。


[63]>51 美術館? otayori

とても好きです。ミュージアムショップも面白くて。

ただ時々、すっごく込んでると疲れることもあるので

パワーのあるときにしてます。


[64]peach-i

鯉のぼりというくらいから・・・

何となく縁起ものという連想があります

http://www.shikoku.ne.jp/miike/engi.html


[65]ペット飼いたい? otayori

今はちょっと状況が無理なんですが、私は犬、主人は猫と共に育ったので

二人とも飢えています?。肉球?!


[66]干支の置物 taknt

風水で縁起が良いように作られている 干支の置物を 毎年 買って 飾っています。

縁起物は やはり飾るからには、少しは 効果が期待したいですからね。

今年のも買いました。

[f:id:taknt:20081112205510j:image:w450]


[67]>63 美術館 fwap

最近だと、国立博物館で行われている「大琳派展」に行ってきました。平日にもかかわらず、様々な年代の方が見に来ていたのに驚きです。美術館のおみやげはどれも洒落ていて買いたくなってしまいます。


[68]>56 ポストカード fwap

私も美術展で気に入ったものがあると買いますね。パンフレットが高くて、重く持ち運びにくいときなどは、格好のターゲットです。はがきとして使うのではなく、鑑賞用としてアルバムに加えています。


[69]>48 かばんの中で行方不明 otayori

私の場合は忘れないんですが、荷物が多くてかばんの中で見失うこと多いです。

落ち着いて探せば必ずあるのに。


[70]>59 キーホルダー toukadatteba

確かにおみやげがかぶったり頂き物とかで何個もかぶったりするとつらいですね。だいたい一個で事足りますもの。ふっふ、あまったキーホルダーってみなさんどうしてるんでしょう??(私はしまったきりです)


[71]>69 家のカギがない! toukadatteba

なんどもやりました。懲りたので、キーホルダーにつけています。しかも鈴つきのもので、かなり大きいクローバーモチーフがついたもの。落としてもすぐにわかるし、かばんの中でも見やすいので、一石二鳥ですにょん!


[72]街でペットを飼う taknt

[f:id:taknt:20081109110820j:image:w450]

東京都台東区の谷中は、猫の町として有名です。

ゆうやけだんだんという階段のところには、なんと 猫の家まで あります。

昔は なかったんだけど、いつの間にか 出来てました。

いらなくなった猫は 谷中に捨てよう!なんて ことは しないで欲しいですが、

猫は 街の人にかわいがれ、写真のような木細工まで出来てアピール中です。

いつもペットと一緒に居れる街ってのもいいかなと思います。


[73]>59 キーホルダー otayori

たしかにたくさんあると余るかも。

でも先日、義理の両親が、私たちの旅行のおみやげのキーホルダーを使ってくれてて嬉しかったです。


[74]鍵のかけ忘れ yatmsu

一人暮らしなんですが、前に住んでたマンションに帰宅した時に鍵がないことに気付き、ドアノブを回してみたら・・・・開きました。幸い誰も侵入した形跡が無くてホッとしたのですが、あれは焦りましたね。

それ以来、毎朝出かける前に2度3度と鍵かかかっているかチェックする癖がつきました。


[75]>72 いいですね? otayori

東京にそんなところがあるんですね!散歩にいってみようかな。


[76]>70 猫が反応するキーホルダーの鈴 iijiman

私はキーホルダーに、三嶋大社の、お守りを兼ねた鈴を付けています。

その鈴の音を聞き分ける猫がいまして、私が行くと、どこからともなく現れます。

猫や犬は、人間には分からない微妙な音の違いを聞き分けるそうですから、多分、鈴の音で私だと分かるのでしょう。


[77]>25 小さな招き猫ほしいです。 azaburecipes

夫の実家に遊びにいったら、ちいさな招き猫が戸棚の中に並んでいて、かわいいなと思わず見とれてしまいました。招き猫は大きいものより小粒な方が愛嬌があってかわいいかもしれませんね。招き猫ではないのですが、小さな猫のぬいぐるみを机の上に置いて遊んだりしています。いないと寂しいので、きっと福を呼んでいるのでしょうね。


[78]>71 自転車のカギがない! iijiman

私、だめなんです。自転車のカギって。

家のカギはなくさないのですが、自転車のカギは、どうしても、すぐになくしてしまうのです。

だから、自転車のカギは必ず「番号鍵」にしています。あれだと、カギを持ち歩かなくて済むので、紛失することもないという訳です。

しかし、家のカギは「番号鍵」という訳にはいきませんよね。


[79]>68 写真展を開催、ポストカードを作ってギャラリーに配付 iijiman

過去に何度か写真展を開催したことがありまして、以前は印刷工場に依頼して1000枚くらい作っていました。

1000枚の葉書をどうするのかというと、東京の地下鉄の一日乗車券を買って、写真関係の施設やギャラリーで、DMを置かせてくれるところを巡回します。20枚くらいずつ置かせてもらうのです。

その効果は結構あって、芳名録に全然知らない人の名前が書いてあったりしました。

その頃私は川崎に住んでいました。

今は東京から遠い場所に引っ越しましたので、そこまではしなくなりましたが・・・


[80]>75 某場所で「場所が分からないように撮れ」と iijiman

12年くらい前でしょうか。

首都圏の、ある有名な「猫の多い場所」で、猫の写真を撮っていた時のこと。

飲食店から調理の仕事をしている感じの方(服装から推定)から、強い口調で「場所が特定出来ないように撮れ。猫を捨てに来る奴が多くて迷惑している」と言われました。

そこは確かに、異常と言えるほど多くの猫が居ました。ちょっとした児童公園に入っただけで3匹くらいいたでしょうか。通りを歩いていても、数メートル間隔で猫が居ました。

今も多分そのくらいいると思います。

可愛がっている人も居ましたが、快く思っていない人も居るという事実が、心に突き刺さりました。

谷中のような町が増えるとよいのですが・・・


[81]>74eiyan

田舎では今でも玄関の鍵は掛けない時があります。

短時間の留守や近くへの出掛けはわざわざ鍵を掛けません。

心の鍵さえしっかり守られていれば現実の鍵は不要ですね!


[82]>1 茶柱 eiyan

茶柱が立つのは縁起が良い。

これは滅多にない珍しい事として重んじられるからですね。

でも気分的に気持ちが良いものですね。

ゾロ目の数字が出た時もラッキーって感じますね。

昨日の11月11日は”1111”!

ラッキー!


[83]>2 ハムスター eiyan

ハムスターは可愛いですね。

どんな動作も可愛い。

可愛がってあげて下さいね。


[84]>3 パズル eiyan

ジグソーパズルや他のパズルは良いものですね。

大きいものから小さいものまで多種ありますが、自作のパズルが面白いものですね。

アートは人が気付かない芸術。

皆がそんな能力を持っているものですよ。


[85]>5 ニャンコ eiyan

ニャンコは日向ぼっこがお上手。

人も真似して日向ぼっこ。

自分がニャンコになったつもり。

”ニャ?!”


[86]>79 最近は、あまり買ってませんが・・。 petercrouch15

自分もポストカードを少しコレクションしてます

デザインが映画のポスターのものだったり

かわいいキャラクターのものだったり

値段も手ごろだし、サイズ的にはコレクションをしやすいものですよね

後からまとめて見るのも好きですね


[87]>47 鍵っ子 utoku99

鍵っ子に憧れてましたね。なんとなく鍵を持ってるだけでたくましく見えましたね。


[88]>49 ご当地もの utoku99

ご当地ものはおもしろいグッズや珍しいグッズが多いですよね。つい集めてしまいますね。


[89]ヘビの抜け殻 tehi

こどものころ蛇の抜け殻を財布に入れてました。お金は全然たまりませんでしたがw

なんで蛇の抜け殻でお金がたまるのか全然理由は知らないけどとりあえずいれてました。


[90]>87 ドアポストに鍵 fusuwa

うちは団地住まいでドアポストのところにゴムに鍵を付けて吊るしていました

。当時は今のように空き巣被害はあまりなかったのでそれで大丈夫でしたけど今だとたいへんですね。


[91]>90 鍵っ子でした linne

私も鍵っ子でした。

ランドセルに鍵をつけてたりしてました。

しかし時々つけるのを忘れて(鍵を持っていくのを忘れて)、窓から進入したりすることも……。今思えば怪しい子ですね。(汗)


[92]魔法の鍵 lovelykuma

小さいときに母からもらった魔法の鍵

私も家の鍵をほしいとダダをこねた幼稚園の頃

母がかわいい紐をつけて1本の鍵をくれました

「コレは、魔法の鍵。あなたが大きくなったときにその鍵が合う場所を見つけて開けてね」

毎日のようにその鍵を眺めて、宝物箱にしまっていました。

小学生になっても時々出してきてその鍵がどこにあうのか探偵ごっこをしていました

が、どこにも合わない

中学、高校と進みそのうち鍵の存在を忘れてしまいました

大学に進学するときに、荷物の整理をしていて出てきたのを期に思い出すことに

母に「結局どこの鍵なの??」と聞いても

「さぁね^^ 20歳になってわからなかったら教えてあげるわよ」と、はぐらかされ

成人式を迎えた日、「おいで」と手招きを

何だろう?と母の部屋に入ると「ここ、ここ」と、

母が嫁入り道具にもってきた桐タンスの中の引き出しを指しました

そこには見覚えのあるあの大事にしていた魔法の鍵が!!

なぁんだ、こんなところにあったのかぁ。

ドアが2重になっているのでちょっとわかりにくい上に、取っ手の部分が黒くて鍵穴もよくわからなかったのです。

開けてみると、なんと、私のへその緒と私がおなかの中にいるとわかってから今日までの成長記録を綴った日記がありました。

毎日かかさずつけられた日記。

最初のページには天使が舞い降りた日とかわいい赤ちゃんの絵が描かれていました。

そのあと、こんな言葉を話せるようになった、苦手だった椎茸を一口食べた、高校に合格した、ダイエットをするといって食事の量が減った、髪を切った、将来ずっとお母さんと一緒に住むといってくれた、など小さなことから大きな変化まで詳細に書き記されていました。

毎日、毎日私を見守っていてくれたんだな、嬉しさで胸がいっぱいになりました。

そして今日。

「成人式を迎えることができた。かわいい着物姿をみんなに自慢したい。私の一番の宝物」

と、書かれていました。

魔法の鍵は一生私の宝物。お母さんも、お父さんも、家族みんなが私の宝物。家族っていいですね^^


[93]ポスター代わり petercrouch15

好きなスポーツ選手の姿が大きく写ってる月の

カレンダーの所を切り取って

ポスター代わりに飾っています

きれいな絵とか写真も飾っていいと思うけれど

自分の目を楽しませてくれるし、ありと思います


[94]切手 petercrouch15

使う機会が減ってるかなと思うけれど

切手は、気軽に楽しめるアートだと思います

あの小さなサイズの中に

日本各地の風景を切りとった姿を使ったり

世界遺産や国体、グリーティングなど

デザインが豊かです

親しい人へ送る手紙に使って

相手が喜ぶ姿を想像するのもいいけれど

正直もったいない・・(汗)と思うくらいです

自分は、記念切手を機会があったら買うだけですけど

それを切手帳に入れてみるのもいいですよ?


[95]>91 鍵っ子にあこがれ atomatom

そうなんです、ぼくも鍵っ子にはある種の憧れを持っていました。うちは家で両親が働いていましたし、おじいちゃんもおばあちゃんもいたし、その上、4人兄弟だったので、家には必ず誰かがいました。

鍵っ子は家に帰ったら自分1人。

家を自由に自分の場所に出来るなんて、と憧れていたんですよねえ。

鍵っ子の友達んちに遊びに行ったときには、自分たちでお茶を沸かしたりして、そういうのが楽しかったなあ。


[96]>62 かっこいい鍵ですねえ。 atomatom

ピアノですか。なるほどぉ。子供のころ、2人いる妹のために実家でピアノを買いました。2人ともそこそこ練習していましたが、一番ピアノの前に座っている時間が長かったのは父だったなあ。何種類かのコードを覚えて、演歌の弾き語りでした。

印象に残っているのが何年に1回家に来てくれる調律士さん。

調律が終わったら1曲弾いてくれるんですが、それがまたうまいんです。見た目は失礼ながらパッとしないおっさんなんですが、ピアノを弾くとなると、そりゃもうかっこいい。こんなのが出来たらいいなあとは思いましたが、結局、ぼくは練習しなかったです。


[97]>96 確かに素敵な鍵ですね。 sayonarasankaku

ピアノの鍵盤、確かに鍵ですよね。

私は少しだけ習っていたものの、

すぐ挫折してしまいました。

練習嫌いだったのです。(笑)

ですから、ピアノを弾ける人を、すごいなーと思います。


なにか楽器ができるというのは、とても素敵なことですね。


[98]>77 招き猫 rsc96074

家には招き猫が沢山あります。白や黒や右手を挙げているのやら左を挙げているのやら。それぞれ、意味があるらしいです。


[99]>76 静電気除去キーホルダー sidewalk01

これに毎年助けられています。あのバチンッって静電気がどうにもだめだったのですが、いつも持ち歩く鍵に除去ツールをくっつけられて非常に便利です。


[100]>78 鍵をなくした時、ケータイで鳴らせないかな?って思います。 sidewalk01

そんなToolは無いですかね?


[101]ペットと散歩 sidewalk01

家をでたくない時や、落ち込んだときでも、犬を飼っていると散歩にでます。そこで、人と会ったり、景色を見たりで、気持ちが落ち着くことがあるので、ペットに助けられてたんだなぁと思います。


[102]鍵束 sidewalk01

映画やアニメなどで観る鍵束が、ジャラジャラしていて何だかかっこよくて欲しかったですね!そんなに鍵をかけるもんも無いんですけど・・・。


[103]自分の中で何かを感じるものがアート:溺れる魚 sidewalk01

小説の「溺れる魚」にそんな台詞があった気がします。これをよんで、あまり小難しく考えなくて良いんだなと思いました。


[104]自分の家の自分の鍵 dayday

2年ほど前に、自分の家の鍵を貰いました。

家を購入して自分の家を持って。

マスターキー3本。

主人と私と息子二人の家で、貰った鍵は自分の家だけの鍵です。

賃貸物件の鍵ではなくて、自分達だけの鍵。

なんだか嬉しくなったのを覚えています。

ですが、セキュリティーもちゃんとしなきゃ、自己責任がもっと必要になったと実感しました。

子供はまだ小学生低学年なので、鍵を渡してはいません。

なので、子供が帰宅するときには家にいようと思っています。

『ただいま???』という言葉には、鍵を開けて??!!と言う意味もあると思っています。

もう少し子供が大きくなったら、家の鍵を渡します。

その時に、鍵の重要さをちゃんと言い含めて渡します。


[105]>101 ペットと散歩 adgt

確かに救われることはあったかな


[106]>81 うちの田舎も adgt

鍵があけっぱなしの家が結構あった!


[107]>100 私もよく行方不明にします canorps

急いでいる時や、一人でない時に限ってかばんのどこに入れておいたのかわからなく

なってしまうんですよねえ。

ひどいときは車の助手席においていてもしやとみにいくとあるとか・・・

ずぼらにもほどがあると思う瞬間です・・・


[108]>106 はちあわせ canorps

私も一人暮らしの頃に鍵をかけ忘れたことがあります。

ただし私の場合は自分が帰宅したあとのことです。

オートロックのマンションだったので油断していたのもあるかもしれません。

そして夜中の三時頃

誰かが家の玄関をあけ入ってきたのです。

1roomでしたのですぐに気がつき声をかけるとはじめはすみません間違えました

とかいっていたのに、私が出て行ってくださいと叫ぶと

なんやところすぞ!!!と中にまで入ってきました。

もう殺されると思い本当に怖かったです。

でも、その若者は

俺はもう死ぬとかぶつぶついってて私に何をするでもないけどぶつぶついってるんですね

誰かを殺してきたとかなんとかって。

で、私は隙をついて走って玄関へ。

ホールに出て叫びました。

そしたら犯人は非常階段から走り去っていきました。

本当に何もなくてよかったです。

110番したけど、その電話先まで警察じゃないかも!とパニックになって

やっぱりいいです。と電話を切ったんですが

住所も行った覚えはないんですが(いったのかな?)すぐ女性の警察官がきたんです。

最初はそれすらも偽者かもと疑って、いれなかったんですが・・・

後でわかったのですが隣の部屋の人が夜のお仕事の方で、オートロックを一緒に入ってきた男がいて

ドアの中からスコープで見ていたらほかの部屋をガチャガチャとどあをあけてまわっていたそう。

で、うちがたまたまかかってなかったというわけです。

それ以来鍵には気をつけるようになりました。

が、きをつけすぎて、ちょっとこまるときもあるくらいだったりします。。。。


[109]>105 精神的にもそうですけど standard_one

まったく運動をしなくなっていたので、犬の散歩は自分の健康にとっても良かったです。


[110]>107 鍵をなくした思い出 wacm

私は鍵をなくして、一番ぞっとした思い出は、大学時代に研究室の鍵をなくしてしまったことです。物理の実験室には高価な実験機材や設備があったので、私だけが離れるわけにも行かず、守衛さんが回ってくるまで一人で部屋にいました。翌日、自宅の机の引き出しに入れてあったのを見て安心しました。。あのときは、守衛さんや先輩方に迷惑をかけました。いま、思い出してもぞっとします。


[111]>108 田舎は鍵をかけない wacm

私の祖父母が住む地域では、夜でも鍵をかけることはありません。村落というか街が落ち着いているので、鍵をしていなくても安心できるからです。ただ、最近は外国人による強盗殺人事件が起こったらしく戸締りや施錠に力が入っています。


[112]>94 最初の趣味 to-ching

でした・・・ストックブックなんて買い、〒局に切手が発売されれば並んだものでした。


[113]>98 招き猫 wacm

陶器でできたものが多いですが、自宅にあるのは紙でできた張り子の招き猫です。最近ではカラフルなものが多いですが、やはり白や黒といったベーシックなものが親しみ持てて好きです。


[114]>111 そうですね to-ching

嫁の実家がそうでした、裏の戸に鍵を掛けても、縁側なんかがら空き、のんびりしていたものです。


[115]>95 鍵っ子 wacm

私の友人は鍵っ子がいやでたまらなかったそうです。家に帰っても、弟や妹の面倒を見なくてはならず、なかなか友だちと放課後遊ぶことができなかったらしいです。ですので、私はできるだけ子どもとは接するように心がけるようにしています。確かに、収入は増えるかもしれないですが、子どもの成長の方が大切ですし。。


[116]>110 子供 to-ching

初めての一人暮らし、鍵を実家にわすれてしまい、がっくり・・・それから下痢、発熱等始まり寝込みました。よっぽどがっくり、ビックリしたのでしょう。


[117]>102 そうですね・・・ to-ching

良くあの中からお目当ての鍵を探せるものだと感心します。


[118]>116fwap

私も実家に帰省したとき、下宿先の鍵を家に置いたままにしたことがあります。たまたま、お昼過ぎに下宿先に帰ったので、不動産屋さんも運良くやっていて、臨時のキーを貸していただくことにしました。後日、実家から鍵が送られてきて「あわてん坊」とだけ書かれた母の文字が印象深いです。


[119]>89 これで to-ching

疣(イボ)をこすると取れるという話もあったものです。


[120]>114 鍵なし fwap

田舎では、家には鍵をしないにもかかわらず、蔵には鍵をかけますからね。不思議でしょうがなかったです。それに、玄関は鍵がかかっているにもかかわらず、お勝手口からは入れるという意味不明なうちでした。。


[121]>113 招き猫 fwap

私の妹も招き猫を集めています。ご当地雛が招き猫になっていたりして、その土地ならではの工夫が感じられて好きです。商売をしているとレジに置いてあるので、いいですよね。


[122]>115 鍵っ子 fwap

鍵っ子は自由を満喫できるから、驚いたことがあります。私は塾やお稽古ごとに行く日が多かったので、どうしても鍵っ子の一日を体験することはありませんでした。母親が帰ってくるまでゲームができたり、好きなお菓子を買って食べることなど、信じられなかったですね。


[123]>121 招き猫 tibitora

私は小さな黒い招き猫やおみくじについてきた招き猫がいます。

黒いのは病気をよけてくれる招き猫さんなんですよ(^^)

1円玉より小さいサイズなので、財布に入れて持ち歩くのもできるのですが、落としたら悲しいので家にいてもらっています。


[124]>93 カレンダー tibitora

カレンダーをポスター代わりに^^

私は好きな動物やイラストのカレンダーを飾っています。

毎月新しい絵や写真にかわって、終わってしまった月の物も写真や絵のところを切り取ると

ポスターになりますね^^

自分が好きなカレンダーやポスターを飾るとそれをみて楽しくなったりうれしくなったりします。


[125]>86 ポストカード tibitora

ポストカード、本屋さんなどに行くと、販売促進用のポストカードが配られていたりするので好きなイラストのものとかをもらってきたりしています(^^*

綺麗なイラストの物も多くて眺めていてたのしいです^^


[126]>125 旅館などで peach-i

記念のポストカード。

とてもお気に入りです。

見るたびに、旅行の思い出がよみがえります


[127]>112 スタンプクラブ atomatom

ぼくも専門誌を買うほど切手収集にはまっていました。今はスタンプマガジンという名前に変わっているんですね。

どういうきっかけだったか忘れましたけど、なぜかポーランドの切手をせっせと集めていました。

外資獲得のために国を挙げて美しい切手を発行している国もありますね。アートコレクションとしても小さな面積の中に集約されているのがよいと思います。


[128]>127 切手 kaka777

ものごごろが付いて一番最初に集めたのが切手でした。切手に描かれている絵が好きだったのを思い出しました。


[129]>124 カレンダー kaka777

芸術的な絵が描かれているページは月が替わっても捨てられませんね。1度集めて壁に並べて貼ったことがありました。


[130]>123 招き猫 kaka777

縁起物ですね。なぜか一つあれば充分だとは思うんですがたくさん集めたことがありました。


[131]>15 交通安全のお守り kaka777

うちも付けてますね。車のキーには交通安全、家の鍵には家内安全を付けていますよ。そのおかげで家族みんな健康に過しています。


[132]>84 ジグソーパズル kaka777

素敵なアートの一つですね。芸術的な絵はジグソーパズルなのに1度もばらしたことがないですよね。ずっと飾ったままです。


[133]アニマルライツという考え方 Oregano

アニマルライツ。動物の権利のことです。はたして動物に権利は存在するのか。存在するとすればどういう権利なのか。みんなで考えてみませんか。

一般に権利というと人権や財産権などが思い浮かびますから、そういう権利なら、法が対象外としている動物には存在しないということになりますが、ルソーは「人間不平等起源論」の序文で、人間の出発点は動物であり、動物が感覚を持つ存在である以上、人間と同じように自然権を持つと考えられるべきであり、とりわけ無益に虐待されることのない権利を有しているといった内容を述べています。

ショーペンハウアーも、動物は理性的能力の有無に関わらず本質は人間と同じであり、人は動物に対して道徳的配慮をなすべきだと述べています。また、カントの倫理的価値観を評して、その道徳体系から動物が除外されているのは誤りであると批判しています。

ちょっと話がややこしくなってしまいましたが、とにかく生きている動物には、生きるための努力をする権利がある、虐待されない権利がある、それは命の誕生と共に無条件で与えられているはずの権利である、と考えられると思うのです。

70年代には、オックスフォード大学の哲学者グループが「種差別」という概念を導入しはじめました。猫は殺してはいけないがネズミは殺していいといった考え方を、差別、つまり権利を侵害する不当なものとして扱う考え方です。

反論もあるでしょう。動物の権利なんか認めていたら人間の生活が成り立たないと考える人もいるでしょう。しかし、動物の権利を否定せず、動物にもそれなりの権利があると認めた上で、双方が幸せに過ごせるあり方を考えていくこともできると思うのです。そういう譲り合いの共生の姿が、人とペットの同居という形ではないかと思います。

皆さんのペットライフの中に、ぜひ動物の権利という視点を取り入れてみてください。今までとは違う、新しい動物との関わり方が生まれてくると思います。


[134]>132 ジグソーパズル gden

うちにはイルカのジグソーパズルを飾ってます。毎日見て癒されてるんですよ。


[135]>131 交通安全 gden

キーには小さめのお守りで、車の中は自分の名前を入れたお守りを吊るしてあります。


[136]>129 カレンダー gden

富士山の絵が描いてあるカレンダーが好きですね。縁起もよさそうなんで。


[137]>88 ご当地もの gden

ご当地もので洒落たお守りもありますよね。あれついほしくなっちゃうんですよね。


[138]>67 美術館 gden

美術館には癒しのパワーが満載ですね。ストレス解消に利用してます。


[139]>130 招き猫 gden

いつもお金に困ったときは玄関に置いてある招き猫に向かって拝んでから家をでます。


[140]IDカードがカードキー akauo

会社では、IDカード兼カードキーが支給されていて、入室時や、時間外の入館時には必需品となっています。ただ自分のいるフロアは、定時には受付嬢も守衛さんもいるので常に開けっ放し。ですので

普段は特にIDカードを携行しなくても不都合がありません。

ところが、これに慣れてしまって油断していると、時間外にちょっとお手洗いに行って……なんて時に部屋に入れなくなります。ドアを叩いて人を呼ぶのも恥ずかしいし、聞こえない場合も多いので、だれか同僚が出入りするのを「じぃーっ」と待って、何食わぬ顔をして入室します。


[141]生まれて初めて持った鍵は自転車の鍵 akauo

自分は祖父母・父母と3世代で住んでいた関係で、イエの鍵を持ち歩くのは結構遅かったです(小学校の間は持ち歩きませんでした)。最初に持った鍵は自転車の鍵になります。少しだけ責任を持たされた気がして、はじめのうちだけですが、無くさないようにピリピリしていたように記憶しています。頻繁にポケットの中を確かめたりして…。


[142]>128 切手集め akauo

昔切手集めをしてた時期もありました。

国立公園・国定公園シリーズ!なんて印象に残っています。


[143]>139 うちには紙粘土の招き猫☆ toukadatteba

むか?しむかし、母と工作でねんどでなにかつくろう、という企画があり、小学生の私は、ねんどで何かつくってみたのですが、何を自分が作ったのかはすっかりわすれました。

しかしながら、母が作ったものは覚えています。ちっちゃい三毛猫の招き猫でした。表情がなんともいえずかわいく、にゃ、っと笑っている様子はおかしくもあり、うちの玄関に高校生くらいまでかざってありました。

かわいかったな。

あれはいったいどこにいっちゃったんだろう。


[144]>109 ペットと散歩 toukadatteba

いいですよね^^自分のペットが喜ぶと思うと、一人だとおっくうな散歩もなんだか楽しいです。

私がかっているのは小型犬で、散歩に行くとひとまわりくらいで満足してしまうようで、私としても丁度いいくらいです。

そして散歩、っていっただけで気配を察知して喜びまわる様子がかわいくて仕方ないですね^^


[145]>30 ひよこ akauo

同じように、縁日でひよこを買ってもらったことがあります。

が、なんとニワトリになってしまいました。実家は田舎でもなく、2畳くらいのちいさな庭(というより土間)があるだけで、そこに小屋を造ってもらい飼っていました。

いつの間にかイエにニワトリがいる、ということが皆に知れ渡り、学校の理科の時間に孵卵器で孵したひよこのうち1羽を先生に押し付け?られました。この1羽はあっという間にお亡くなりになりましたが、もし「庭には二羽鶏がいる(ニワニハニワニワトリガイル)」状態になっていたら、と想像すると……残念でした。


[146]>142 私も集めてました! toukadatteba

な、なつかしい?。なけなしのおこづかいでかいました。

水辺の鳥シリーズなんかがとても好きでした。白鳥や鶴なんかの絵柄を見て、ほうっとしていましたね。

最近だと源氏物語絵巻の絵柄や、紫式部、和泉式部の絵と和歌がかいてある美しい金の図案のものもでていて、気に入ったので、まとめて買いました。

ちょっと前ですが、同じく金の背景の花の切手もよかったです。

あ、そういえば最近は、エヴァンゲリオンやパトレイバーの切手なんかも出ていて、なんだか時代がかわったなぁ、アニメの切手を国の(といっても今は民営化していますが)機関がだすようになるとは、と感心しきりでした。


[147]赤富士 staples54

赤富士の写真を家に飾ると金運がUPするからほしいと思っている、という話を聞いて私もほしくなってしまいました。でも赤富士は数年に1度くらいで、めったに見ることはできないらしいです。それだけ貴重なんですね。

またピンクの富士山を見るとツキがまわってくるらしいです。ピンクも見てみたいなぁと思いました。


[148]>136 カレンダー lovelykuma

私も風景のカレンダーを飾っていますが、それだけでオシャレですよね

特に異国のものは情緒豊かでみているだけでリラックスできます

たまにお気に入りのものはずっとはっていたり(笑)


[149]>134 pazuru lovelykuma

昔はまっていて、よくおばあちゃんと寝る前に遊んでいました

動物のものからアニメまで

大人になるにつれ、だんだんピースが小さくなるんですよねぇ?

それが楽しくって。

はまっていましたし、おばあちゃんとのいい思い出です


[150]>126 ポストカード lovelykuma

そうそう。旅館の売店にあるのですよね。

私もそれを集めるのが好きで

よく買っていました

その土地の風景や、旅館の写真がのっていて

どこにいったか思い出せるので、自分でとった写真より大事に保管してあります(笑)

もちろん、その場所から出す手紙もいい思い出。


[151]>137 ご当地もの lovelykuma

私はキティをあつめるのにはまっています

キーホルダーやストラップ

キューピーのおまもりはお土産にしても人気ですよ?。


[152]>138 美術館 lovelykuma

何気ない風景が美術館だとすごく素敵なものに思えたり

こころにひびいたり

静かな環境がまたいいのかもしれないですね

絵だけではなく、立体的なものをみるのもいいですよね

ただの木から作られたものが人の心に深く残る、素敵なことだと思います


[153]>140 IDカード lovelykuma

増えましたね

なんだか、クレジットカードや銀行のカード、ポイントカードだらけで

わかりにくい世の中になりました。

その分コンパクトでいいのかもしれないけれど・・。


[154]>143 招き猫 lovelykuma

小さいものをもっています

お土産コーナーで買ったものですが

小さな座布団に座っていてとてもかわいいのです。

福を呼びますようにとたまにお願いをしています。

叶っているのかどうかわかりませんが、大きな問題もなく幸せに過ごしています^^


[155]>144 わかります lovelykuma

私も1人で散歩なんて絶対いかないのですが

犬がいるから、散歩に出ています

犬のおかげで近所の人とも仲良くなれましたし

知らない人でも話しかけてくれたり、すごく感謝することばかりです。


[156]>145 うずら lovelykuma

売っていましたねぇ?

でも、いつの間にかいなくなったんですよね

多分親がどこかにやっちゃうのだと思うのですが・・・。

小さいうずらが電球の下に集まる風景

今でもはっきり思い出せます。

ぴよぴよぴよと小さな声であっちからもこっちからも聞こえるあの光景が懐かしい。


[157]>155 犬と公園 atomatom

近くの公園では夕方に「犬の散歩タイム」が自然と生まれてきています。みなさん、やはり同じような時間に散歩に連れてくるんですね。

ところで最近、公園なんかでは「リードを離すのは禁止」のところが多いですね。もちろん小さい子供なんかが噛まれたり、追いかけられたりしたら危険なのはわかるんですけど、ちょっと過保護というか。犬だって少しくらい自由に走り回らせてやりたいというか。


[158]>151 ご当地もの wacm

キティのご当地ものはおみやげとして渡してもダブることがないですから重宝しますよね。ただ、最近はペナントに回帰する傾向あり。。年を取ったということなのでしょうか!?


[159]鍵付きの日記帳 atomatom

中学生のころ、短い期間だけでしたが日記をつけていました。鍵付きの日記帳を本屋で発見し、それがなんだかどうにもかっこよく見えて、三日坊主になるのはわかりながらも買ってしまったのでした。

日記を書く人はどなたも経験あると思いますが、最初はかなり気合いが入っているんですよね。

朝起きたときから眠るまでの間の出来事を克明に記録したりするんですが、きっちり3日で飽きました。

これではせっかく買った日記帳がもったいない、と子供ながらに思い、自分でなんとか日記を継続させるための企画を考えたのでした。

中学生男子の考えることですからめっちゃベタです。

好きな女の子ベスト10とか(ちなみに好きな子が10人もいなくて、最後の1人2人は好きでもなんでもないこの名前を書いてました)、好きな野球選手ベスト10、今まで腹の立ったことベスト10など、とにかくベスト10方式が多かったですね。

それでも書くのは次第に間遠になっていき、日記帳の鍵を開くのはよっぽど悔しかったことがあったときとか、絶対に許せないということがあったとき、その怒りを記録するためにだけになっていきました。

今でも実家に帰ればその日記帳あります。鍵はどこかになくしちゃったとは思いますが、まあ無理にこじ開ければ中身見ることはできるでしょう。

読みたい気持ちももちろんあるんですが、過去の自分自身に敬意を表して、そのまま読まないで保存しておこうかなと思っています。


[160]>157 ペットと散歩 fwap

休日、朝早く歩いていると犬と散歩している夫婦がいますが、とてもうらやましいです。健康的であること以上に、犬との絆があって家族の一員のような雰囲気だからです。ただ、残念なのはマナーを守らない飼い主はそれ以上にいる、目立つことですね。


[161]>141 ポケットの中、確かめますねえ。 atomatom

自転車の鍵、小さいですもんね。何回もポケットの中、手探りで確かめます。

ぼくは自転車に乗れるようになったのが比較的遅かったので、子供用のぼく専用の自転車を買ってもらったのではなく、家の大人用の自転車を使わせてもらうという立場だったので、鍵なくしたりしたらえらいことになるって気合入れて用心していました。

懐かしいこと思い出しましたよ。


[162]>99 値段的には安いかもしれないけど petercrouch15

おばさんからもらった小さな丸い時計つきのキーホルダーが一度家の中で行方不明になった時がありました

(時計の部分だけ)

値段的には、たいした価格のものではないと思うけれど

好きなおばさんから

もらったものでほんの少し血の気がひいたものでした

その小さな時計は

洗濯機の中にあった自分のズボンの中にあったんですけど見つけたときにはほっとしたものです

(まだ洗濯してなかったので)

お気に入りのキーホルダーって無くなるとショックですよね・・


[163]>158 ご当地ものキーホルダー sidewalk01

知り合いの苗字と同じ地名のキーホルダーをプレゼントしたりしますね。


[164]デスクトップ壁紙でアート sidewalk01

自分の生活の中で、PCのデスクトップが唯一のアートの場ですね。壮大な景色の写真を今は壁紙にしています。後は、季節の風景写真を壁紙に設定することが多いですね。


[165]>149 昔良くやってた adgt

完成したときの達成感たらないですね


[166]>161 自転車の鍵 sidewalk01

取り外して持っておくのが面倒なので、今では、自転車の鍵はナンバーロック方式にしてます。


[167]金魚 sidewalk01

昔は、お祭りで金魚すくいして、そのまま金魚を飼ってました。意外と長生きしてくれるものですよね。今では、余り金魚を飼うお宅はないと聞くので、時代が変わったんだなと思ってしまいます。


[168]>146 切手 adgt

今では余り使うことがないのでチョット淋しい


[169]>120 鍵なし sidewalk01

うちの実家もかけてませんでした!あの、無用心さは、周囲への信頼の裏返しでもあるんでしょうね・・・。一人暮らしをしていた弟が空き巣に入られたため、こわさを実感しました。


[170]>117 鍵束 adgt

たしかにカッコよくはあったかな・・・


[171]>153 IDカード adgt

トイレに行くとき、忘れた経験あります・・・。残業中に締め出されると、たまんない・・・。


[172]>164 壁紙 adgt

アートの場、ビスタになって色々出来るようにはなったけど、写真使ってます。


[173]>148 カレンダー adgt

毎年タダでもらってます。商店街の名前が入ってるのが良し悪し。


[174]図工・美術の時間 adgt

人生の中で数少ないアートの時間だった。自分が作ったものって、意外と好きで今でも使ってます。


[175]>167 金魚 adgt

昔飼ってた。雨水が入るツボの中でも長生きしてたなぁ。


[176]>133 人と動物との共存の「鍵」 Fuel

たしかに動物には、法律が付与する権利はないと思いますが、持って生まれた自然権は人と同等であると考えることができますね。生きるための努力を阻害されない権利、虐待されない権利は、全ての生き物に本質的に存在すると思います。

もちろん権利は往々にして他の権利とぶつかり合いますから、それをどう考えるかという問題はあると思います。たとえば人に害をなす生き物に対して人間がどう対処するかといった問題です。

これについて今まで人間は、蚊だから殺す、ゴキブリだから殺す、ネズミだから殺すといった「種差別」的な考え方で対処方法を決めていたんですね。動物にも持って生まれた権利があるんだと考えると、種類で一律に決めつけてしまうのは誤りだということがわかります。

そこで、人の権利としての生きるための努力として、被害の状態に合わせた対処をしていくと考えると、殺さずに対処していく方法を編み出していきたいという方向に考えが移ってきます。

そういう考え方への転換が、人と動物との共存の鍵なのかなと考えさせられました。


[177]>135 交通安全 tibitora

うちの父も車の鍵に交通安全のお守りをつけています。

鍵は車のエンジンをかける前、運転する前に目にするものなので「気をつけて運転しよう」と急いでいるときにも気をつけられていいと思います^^


[178]>175 金魚すくい tibitora

子供の頃はお祭りでよく金魚すくいをしていました。

長生きしてくれてかなり大きくなった金魚たちもいます^^

すくうのが楽しいからだけで金魚すくいをしないで、家に迎えた金魚たちも大切にしてほしいです^^


[179]良い意味での「ペット自慢」の勧め Fuel

私はアレルギーの家族がいるので、犬や猫が飼えません。しかし動物は大好きですので、うちの子自慢コンテストのような写真投稿企画をよく見ます。そういうのを見ていて思うのは、「うちの子自慢」ができるのは、責任を持って正しい飼い方に努力している人だけの特権だ、ということです。

動物にも表情があります。動物の表情は全身に現れます。本当に幸せに暮らしている動物でなければ、いい写真は撮れません。

それに、本当に健康を心がけて飼育されている動物は、毛並みも歯も、おしりすらもきれいですねw

血統や購入価格などを自慢するのはちょっといただけませんが、良い意味でのペット自慢は、動物との幸せな暮らしの基礎を作ってくれる、とても大切なことだと思います。

どうか動物を飼っている方は、愛するペットがこの上ない自慢になるように、大切に飼っていってください。そういう幸せな動物を見て、うちもあんなふうに飼っていこうと思う飼い主が増えれば、こんなにいいことはありません。


[180]>163 まりもキーホルダー teionsinonome

「お土産はおいしいお菓子ともらったら困るものをセットであげる」がモットーなのですが、北海道土産にまりも(多分偽者)と水が入った昭和臭漂うキーホルダーを買った記憶があります あの時の迷惑そうな顔、クセになります!

他だと奈良で東大寺の鹿笛がオススメですよ☆


[181]>150 旅先からの便り peach-i

旅先だと心が新鮮になり、自然と出てくる言葉も新鮮。

そこから出す便りは、とても気持ちがよいものです。


[182]>66 干支の置物 staples54

干支の置物は『時の運』を与えてくれるアイテムで

動物ごとに持っているパワーが異なり興味深く思っています。

子(ネズミ)・・・新しい縁をもたらす。恋愛運がUP。特に女性は健康と女性らしい魅力を与えてくれる。

丑(ウシ)・・・強い貯蓄運を持っており転職や転機を向かえている人にはパワーを与える。

寅(トラ)・・・悪い運気を浄化し、次なる楽しみごとを与える。

卯(ウサギ)・・・人気運・社交運をサポート。人から愛されるようになる。

辰(タツ)・・・強力な発展運、若々しさ、行動力、やる気をもたらし運動能力もUPさせる。

巳(ヘビ)・・・人間関係を良くし社交運がUPさせる。 人と人とのいさかいを回避、よい縁だけを運んできてくれる効果が。飲食運もUP!

牛(ウマ)・・・直感力を高めて勝負運、出世運、勉強運をサポートする。ダイエットを成功させたい人・美しくなりたい人にもおすすめ。

未(ヒツジ)・・・恋愛運を強める。恋人や配偶者との縁を深める力が強い。

申(サル)・・・自分自身の土台を固めたり家庭運をUPさせる。気分屋で努力が苦手な人が持つと弱点克服に役立つ。

酉(トリ)・・・人に縁をもたらし人間関係をよくする。社交性が身につく。

戌(イヌ)・・・出世運をUPさせる。ただし玄関先に置くと家の中にいさかいやトラブルが起きやすくなるのでNG×

亥(イノシシ)・・・健康運をUPさせる。また家族運、自立運もよくしてくれる。


[183]>168 記念切手 rsc96074

これの収集やりました。でも、あまり、額面以上の価値がないのがほとんどらしい。当時はすごく価値が出ると思っていました。残念orz


[184]>182 これは験担ぎに欲しくなりますね Lady_Cinnamon

各年の干支の置物が、イエに幸運を運びこむ・・・そう言われると毎年の干支関連の縁起物が欲しくなりますね。来年は丑年ですから、staples54さんの表を見るとなんと貯蓄運!!家計を預かるものとしては、アンテナがピンと張りますね(・▽・)

ちなみに我が家の場合、両親(12歳違いなので同じ干支)と私の生まれた時の干支の置物を、以前セットで頂いたことがあります。少々大きめのものですので、リビングに飾っているのですが、年末年始の大掃除の時くらいしか目にとめていませんでした。ただ、家族が大病・大怪我をした時、干支の置物のその部分(怪我をした所など)を念いりに手入れしました。

そういえば、転職といった転機を迎えている人は丑グッズに注目なのですね・・・気になることもあるので牧場で牛を拝んでこようかなw


[185]鍵の研究 otayori

大学在学中、恩師がこんな研究してたので「鍵」といえば思い出します。

西洋は「鍵文化」、個別の部屋に鍵があって・・・「個人主義(悪い意味でなく)」

日本は「襖文化」で簡単に外せて、隣の部屋とすぐつながる・・・「和」

「鍵」一つでそこまで広がる!と、大学の勉強って面白いんだ、と気づかせてもらう機会になりました。


[186]>156 うずらって可愛いですよね?♪ omotimotitto

うずらは小学校で飼っていたのですが、

ふわふわで可愛かったのを覚えてます♪

なでているうちに、うとうとしちゃうのが可愛かったなぁ?


[187]>74 毎日 kujirax

心配性の小心者なので鍵しめて10メートル歩いて戻って確認するのが習慣になってます。。。


[188]家の鍵と車の鍵を一緒に sayonarasankaku

以前は家の鍵と車の鍵を別々にしていましたが、

たまに主人を朝、車で送ることがあるときに、

一緒に家を出ると主人の鍵で家の扉を閉めて、

私は家の鍵を持たずじまいで出てしまうことがありました。


その後、家の鍵は車の鍵と一緒にするようにしました。

それからは鍵を持たないで締め出されてしまうことがなくなりました。


[189]植木鉢の下に鍵 sayonarasankaku

子供の頃、私の家では家族で出かけるときに玄関に鍵はかけるものの、

鍵は植木鉢の下に隠して出かけるなんてことがよくありました。

泥棒に入られたことはありませんが、

今だと、ちょっと考えられないかもしれませんね。


[190]図工の授業を sayonarasankaku

子供の頃から図工の授業が好きだったのですが、

大人になった今、また図工の授業を受けてみたいです。


絵を描いたり、版画を作ったり、粘土で何か作ったり、

彫金などバラエティ富んでいました。

大人の私たちでも、とても楽しめると思います。


今思うと、図工の授業って、なかなか贅沢だったのではないでしょうか。


[191]>189 私の近所もです?! toukadatteba

今でもそうかもしれません。故郷の友人のうち、そして私のうちも、なぜか植木鉢の下に玄関のカギを隠してました。何かあったらこれであけてね、っていうカギです。

よくよく考えると危ないですよね。ちっちゃいころからなのですが、なんでみんな植木鉢の下にかくしちゃうんでしょう。


[192]>183 記念切手 ba111

子供の頃、記念切手の発売日には必ず買って集めてました。


[193]>177 交通安全 ba111

うちもです。車の鍵に付けてるおかげで今日現在で家族全員無事故を続けています。


[194]>165 ジグソーパズル ba111

そうですね。完成したときの喜びは大きかったですね。部屋にそのまま飾るのもいいですよね。


[195]>173 カレンダー ba111

きれいな絵を選んでもらってますね。やっぱりカレンダーは絵が決め手になります。


[196]心に鍵 futanbo

心の鍵・・前にも出てた気がしますが・・

超恥ずかしい言葉のツリーですね。

鍵・・と聴いて一番初めに浮かんだのがこの言葉。

ある人が言った「心に鍵かけてませんか?」

もちろんかけてます。その人も「いいよ、かけたまんまで。がっちがちにかけとけ」

「触られたくない、大事なやわらかい部分があるんだもんな。・・そのまま鍵かけとけ・・」

「それでも、いつかその鍵を開けたくなる日が来るかもしんないし、自然に「あれ、開いてた」って

日が来るかも知れない。俺はその体験をしてきた。だから、今すぐ無理にあけなくてもいいさ。

何個もある鍵を、一個ずつそうやってはずせる日が来るから・・絶対来るから」

あるミュージシャンがラジオで言ってたのですが、若いリスナーたちは、この人のこのメッセージに泣き、そして励まされているようでした。私も聴きながら泣いてしまいました。


[197]>193 交通安全 futanbo

いいですね。車はやっぱり危険な乗り物ですからね。緊張感を持たせるためにもいいと思います。


[198]>190 図工の授業 futanbo

私は、逆に子供の頃は図工あんまり好きじゃありませんでした。なんか先生も怖くて嫌いだったし、評価されるってゆうのが縛りになって自由に楽しめなかったんです。だから、大人になって誰にも評価されない図工の授業を受けたいなって思います。今なら、自分の好きなように楽しんでできると思うので。


[199]>176 動物の権利かあ futanbo

難しい話ですね・・・文章理解が困難でした(私の頭脳では)。私の理解した範囲内で考えてみます。生きている動物には、生きるための努力をする権利がある、虐待されない権利がある、それは命の誕生と共に無条件で与えられているはずの権利である・・・同感です。そもそも、人間だけが特別ってのがおかしいと思います。人間も動物です。動物園に「ヒト」がいてもおかしくなかったはずです。(もし他の種が人間を制圧する力を持っていたら)いのちの大きさは私の中では、同等・・・ゆうと違うかな?豚肉平気で食べてるから・・。この問題はほんとに深いですね。


[200]>192 切手収集 futanbo

昔、少年たちの間ですごくブームでしたね。お兄ちゃんが集めてたんですが、私にはさっぱりその趣味が理解できず・・。収集は割と男性の趣味のような気がしますね。・・あ、でもうちの母は記念切手に弱いですね。


[201]>195 ポスター代わり futanbo

カレンダー・・・キレイな写真とか、好きなタレントさんとか(^^)、かわいい絵だとか、素敵な絵だとか、いい言葉だとか、もったいなくて、切り取って貼ってしまいますよね。わかります。


[202]>180 ご当地キティやかとちゃん toukadatteba

おもわずかっちゃいます。集めている…といえば集めています。気がついたら。かわいいんです…。


[203]>202 キーホルダー peach-i

旅先で必ず売っていて、ご当地のお土産でついつい気になるひとつですよね。


[204]>196 いつか、 sayonarasankaku

日ごろはかけたままの鍵でも、

この人の前だったら鍵をかけなくて平気という人が

現われるといいですね。


[205]>203 目玉のおやじシリーズ ttz

そもそもキティちゃんから始まったんですかねこのブームは。最近、目玉のおやじシリーズを全国で見ますね。たまに買っちゃいます。


[206]>200 子供のころ集めてました。 ttz

子供のころ集めてました。何のために?ナゾです。途中からは自分で買わず、親が買ってくるようになり、それをただひたすらファイルするという謎の行動に変わっていましたが。そしていつの日かその趣味は消えていました。。


[207]>201 買ったことなし。 ttz

いつももらいもので済ませちゃってます。でも、景色が綺麗なものを使っています。株主優待とかでもらえるものがあるので。


[208]>194 夜景。 ttz

夜景モノのパズルを作って飾ってます。夜景って綺麗なんですけど、ちょっと飽きるかな?。太陽輝く自然の景色の方が最近好きかなと思いますね。


[209]>169 SAGA?? ttz

はなわの歌でも鍵を掛けない、っていう趣旨の歌詞が出てきましたけど、本当なんですね。でもそれでいられる事ってとってもいいことだと思いますね。


[210]>162 お土産といえば。 ttz

子供のころは、お土産(自分への)としては必ずキーホルダーでした。本来の使い方はせずに箱にためてました。キーホルダーをキーホルダーとして使っている人ってけっこう多いのかな?


[211]>154 いいかも。 ttz

招き猫、いいかもと思いました。小さいものならかわいいし、ご利益もありそうだし。。


[212]>118 よく失くしたな? ttz

自転車の鍵、失くしました。駅で途方にくれたことを思い出します。子供のころですけどね。今、自動車の鍵をなくしたりしたらショックだな?。イエの鍵だったらパニック状態??


[213]>61 最近、逃がします。 ttz

昔は殺してましたけど、最近、それが出来ません。かわいそうで。ビニール袋で捕獲して、逃がすようになりました。やっぱり蜘蛛も生き物なので。でも蚊は・・・


[214]コルクボードに写真ペタペタ。 ttz

旅行の写真などをたくさん貼り付けています。すぐに他の写真に変えたり出来るので気に入っています。懐かしくなったり、いろんな感情がわいてくるのでとってもいいです。


[215]>85 ひなたぼっこ futanbo

にゃんこさんは、あったかい場所を教えてくれますよね^^寝姿・・ほんと癒されます・・。

私も思わず、添い寝(?)しちゃいます^^


[216]>172 頻繁に変えています。 mihoko_az

NASAの画像や綺麗な景色など。

見るたびに違うと、会社の人に突っ込まれます。


[217]>214 コルクボード futanbo

私もいろいろ貼り付けてます。手軽にはれるのがいいですよね。好きな俳優の写真や、かわいい絵、友達の子供たちからもらった似顔絵・・つい貼りすぎて何重にもなってしうことも・・。でも我が家の必需品です。


[218]>53 風呂敷を活用して peach-i

風呂敷っていいですよね。

味があって、何だか癒されます

http://www.kyo-wrap.com/tutumi.htm

一枚の布がこんなにも華麗な姿になりますからね


[219]>122 かぎばあさん mihoko_az

という本があって、とても好きでした。

かぎっ子ではなかったので、

時々首からさげた鍵にはどきどきしました。


[220]にゃんこを腕枕 futanbo

寒くなるとにゃんこがお布団に入ってきます。布団に入って、くるっとユーターンして私の腕にちょこんと手と頭をのせた瞬間の、心地よい重みに、心がほわっとなります(^^)。にゃんこが初めてうちに来て(4カ月の子猫)、初めておふとんに、こわごわ入って来たときのことを思いだして、とても愛しい気持ちになります。そのにゃんこも今はもう9歳。。人間だとお年寄り。長生きしてほしいです。


[221]うちのにゃんこの野生ぶり futanbo

うちは2匹にゃんこがいるんですが、後輩のほうは前にも書いたことがある巨大ネコ。先輩のほうは細くて小柄。この小柄ちゃんのほうはさすがに動きが俊敏で、虫取りも大好き。先日、はえを宙で拝み取りしました。「お見事!」と思わず叫んでしまいました。そして、食べてしまいました。・・・今まで捕まえるだけで、食べなかったんですが・・今やってる餌が実は不人気で・・おなかすいてたのだ・・たぶん。

でも、彼女の野性を見て、嬉しくなりました。年齢はもう人間でいうと高齢なんで、人間で想像すると、「すごい俊敏な動き・・忍者のような人だ」って想像してまた笑ってしまいました。


[222]シーサー sayonarasankaku

先日、沖縄に行く機会がありました。

こちらでも、シーサーは目にしたことがありますが、

やはり、あちらで見かけると違うように思いました。

本当に、いろんなシーサーがあって見ているだけでも楽しかったです。


通りがかりのタクシーの運転手が

「雄が口を開けていて、雌が閉じているんだよ。」と教えてくれましたが、

これは反対の説もあるようです。


口を開けているのが福を受け入れて、

口を閉じているのが福を逃がさないのと、災難を家に入れないという意味だそうです。


f:id:sayonarasankaku:20081029025738j:image


[223]>220 猫は布団に入れたくない!! atomatom

うちにも猫がいるんですが、どうにも布団の中に入ってこられるんだけは苦手です。寝返り打つのにも気を遣うし、ぼくがダメなのは毛なんですよね。

いや、そりゃ、寒くなったらにゃんこも人間もお互い、あったかくなっていいんですけど、シーツの上の毛を見てしまうと、ダメなんですねえ。なんだろう、こどものころに植え付けられたイメージなのかなあ。


[224]個室の鍵を家族で持ち合う YuzuPON

中学生の時でした。DIYのお店で見た鍵付きのドアノブがほしくてたまらなくなりました。これを自分の部屋に付けたら、部屋のドアが玄関のようにグレードアップします。つまり部屋が独立した一軒の家になるのです。そんな想像にワクワクしてしまいました。中学生にはちょっと高い買い物なので一ヶ月ほど迷っていましたが、ついに意を決して自室のドアノブのバックセット(ドアの端からノブまでの長さ)を計り、それに合うノブを買ってしまいました。

交換作業は一苦労でした。鍵無しのドアノブと違って、鍵付きのドアノブは直径が大きいので、ドアの取り付け穴を大幅に拡大しないと付かないのです。大穴を開けるドリルを持っていないので、回し曳きという細いノコギリでゴリゴリとくり抜いていきました。手が痛くなるような作業でした。

そんなふうに苦労して改造したドアですから、完成したら親に自慢したくなります。さっそく帰宅した父に、これを見てくれと披露しました。ノブの根元のカバーを外し、苦労して開けた取り付け穴も見せました。父は大変な作業をよく頑張ったと誉めてくれましたが、心の中は、息子が部屋に鍵を付けたことにショックを受けている様子でした。

私はただ部屋のドアを玄関のようにグレードアップしてみたかっただけでしたから、何も隠しごとはないという証明に、スペアのキーを一本ずつ父と母に渡すことにしました。そうしたら父も自分の部屋の鍵を、お返しだと渡してくれました。母は個室はなく、寝室を個室代わりに使っていましたが、母も寝室の鍵を渡してくれました。こうしてわが家は、鍵のかかる部屋が私の部屋を含めて三部屋になりましたが、全ての鍵を家族全員が持ち合うことになりました。それが今でも続いています。

家庭の中に鍵なんて要らないという考え方もあると思います。しかし、部屋に鍵がかかることで得られる満足感、一国一城の主になったような充実感は無視できないものがあります。鍵のかかる個室はとても魅力的なのです。

そこで、部屋に鍵をつけていても、心を鍵で閉ざさない工夫。本当に心を開いているという証明として、家族でそれぞれの部屋の鍵を持ち合っていくやり方がお勧めできると思うのです。わが家はそれで、とてもうまくいっています。思春期のお子さんが部屋に鍵をほしがるようになったりしたら、この書き込みを思い出してみてください。


[225]>223 私は猫と寝る幸せに浸っています YuzuPON

うちの猫はこの前の冬に家に来たばかりですから、本格的に布団に入って寝てくれるようになったのは今シーズンが最初です。猫に腕枕をして寝る幸せに、今、浸りきっているところです。

人によって動物との距離は様々ですね。うちでは母がatomatomさんと同じで、猫と寝るのは苦手なようです。わが家で一番の猫好きは母で、野良だったこの猫を家に入れようと一番熱心に努力したのも母だったのですが、一緒に寝るのは窮屈でちょっと、と言っています。

父は猫と寝たくてたまらない様子ですが、寝相が悪いので猫に敬遠されているようです(笑)。

なお、猫の抜け毛はできるだけ取ってあげた方が猫の健康のためにもいいと思いますので(舌で舐める毛繕いで抜け毛を飲み込んでしまうと毛球症という消化器障害を起こすことがあるようです)、うちでは抜ける毛はとことんブラッシングして取り除くことにしています。ブラシの他、ゴム付き軍手で撫でて抜け毛を取る方法も併用しています。ですからシーツに抜け毛が目立つようなことはありません。


[226]>43 ボディランゲージで語り合う YuzuPON

動物のボディランゲージってありますよね。私の場合は猫ですが、猫と暮らしはじめてこの冬で丸一年になりますので、猫の言いたいことがよくわかるようになってきました。私の意志もよく通じているようで、物言わぬ動物とこんなに意思疎通ができるものかと驚いています。

ワンコには私に体で表現してくれているので、私もワンコに対して

私もワンコに合わせたボディランゲージで愛情表現してあげるようにしています。

動物と一緒にいると、こちらも全身を使って愛情を表現しますから、なんだかとても心が素直になれる気がしますね。動物といる時だけでなく、日常生活や仕事などでも、笑顔が多くなった、明るくなったと感じることが多くなりました。動物と暮らすようになったおかげです。


[227]>199 命の質に違いはありませんね YuzuPON

人も動物も命の質に違いはありませんから、命に関する権利は全く同等だと思います。西洋ではルソーやショーペンハウアーといった思想家が動物の権利について考えていたようですが、日本でも素朴な形ながら、生まれ変わりといった考え方を通して、人と動物は本質的には全く同等なんだというとらえ方をしていたと思います。動物をモノのように扱う風潮は、肉食の習慣が庶民化した明治以降のことだろうと思います。

でも私は、家畜を殺して肉を食べているから動物をモノ扱いせざるを得ないとは考えません。逆に人と何も変わらない存在を殺して食べていることを真っ正面から認識した上で、だからこそ人の生きる権利の行使としての食という行為を逸脱した殺生や虐待を強く否定する立場に立ちたいと考えています。


[228]>54 動物病院で学ぶこと YuzuPON

私も猫を飼いはじめてから、何度も動物病院に足を運んでいます。病気ではなく、健康診断やワクチンなどのためですが、そのたびに色々なことを教えてもらっています。その動物病院では定期的に飼い主勉強用のプリントを作ってくれていて、それがとてもためになるので、用事がなくても、プリントをもらいに立ち寄ります。病気は治療よりまず予防、予防のためには飼い主教育というのが、その病院の考えのようです。いい病院に出会えました。


[229]鍵のお守り staples54

鍵は古くから魔除けとしてチェーンに通しネックレスとして身に付けられていました。

外国のフリーマーケットみたいなことをやっているところを歩く機会があれば、自分の気に入るアンティークな鍵を探していくつか購入したいです。

自分の結婚式のときはブーケトスでしたがシルバーチャームをつけたブーケプルズも捨てがたかったです。もしブーケプルズを選んでいたらセレクトしたなかにきっと鍵のシルバーチャームが入っていただろうと思います。

シルバーチャームについて http://www.rakuten.co.jp/touche/428346/428347/

140種類のシルバーチャームとチャームの持つ言い伝え http://www.rakuten.ne.jp/gold/touche/silvercharm.htm


[230]>179 同感です YuzuPON

前に、よく手入れの行き届いた健康な歯を誇っている愛犬家の話を読んだ記憶がありますが、そういう自慢はいい自慢ですね。うちの猫も毛並みと気だての良さは自慢できます。毛並みは健康の現れ、気だての良さは日々の愛情の現れだと思いますので、いつまでもこれをキープしていけるように努力したいと思います。


[231]何よりも安全を重んずる動物の飼い方を momokuri3

最近、飼っている動物が人に危害を加えたというニュースが続いています。先月末には土佐犬が子供らに重軽傷を負わせた事件がありました。原因は餌を与えた後に鍵をかけ忘れていたことだそうです。

9日には人に飼われていた鹿に体当たりされて、転倒した72歳の人が意識不明の重体になるという事件もありました。原因はつないでいた縄が外れていたことだそうです。

昨日はイノシシ猟のために離した猟犬が公園で遊んでいた一年生の女の子を襲って重傷を負わせるという事件もありました。普通、犬はつないで飼うことが義務で、リードを外して自由に走らせるようなことは一般人が立ち入る場所では許可にならないと思うのですが、猟犬ならいいのでしょうか。犬を放したのは公園から300mの距離だったと報じられています。

こういう事件でかわいそうなのは、被害者の人とともに、加害者にされてしまった動物です。前述の鹿は、地元のハンターらに射殺されてしまったそうです。おそらくその鹿が特別に獰猛で、殺さざるを得なかったなどということはなかったと思います。でも一度人に危害を加えてしまった動物は殺して当たり前という考え方が社会にはあります。前述の土佐犬や猟犬はどうなったのでしょうか。とても心配です。

事故は大型の動物に限りません。いつだったか、飛び出してきた小型犬にびっくりして転倒したお年寄りが重傷を負ったなどという事件もありました。事故を起こしてしまうと動物も大変かわいそうな目にあわなければならなくなってしまうと思いますので、くれぐれも安全第一の飼い方をしてほしいと思います。動物による事故は、飼い主のちょっとした不注意から起こります。飼い主がしっかりしていれば、多くの事故は防げると思うのです。こうした安全への配慮は、社会的責任としてだけでなく、動物に対する愛情の表れでもあると思います。


[232]>231 これは w83

とても大事なことですね。最近では、許可をなしに毒蛇を数10匹飼い、命を落としかけた人がいましたね。あのニュースを知り、とても無責任な飼い主だと思いました。

また最近ペットに限らず、動物の怖さを知らない人たちが増えてきているように思います。クマが近づいてきたので、監視員が追い払ったら、その監視員は観光客に怒られたそうです。「あんたアホか?」といいたいほど、おろかな観光客です。動物にとって、人間なんて敵かエサにすぎないのですから


[233]>230 「ペット自慢」と「趣味自慢」 w83

ペットを大切に飼うことはとても大事なことだと思います。でも血統を自慢することは、趣味であり、悪いことではないと思うのです。むしろ血統を大切にすることは、その「種」の保存につながることなのです。

本来であれば血統を重視する飼い主であればあるほど、その生き物を大事にしているわけです。ただ血統の優れたところを見ず、血統書がついていることだけを重視する飼い主がいることも現実です。残念なことですが。

さて以前私の父は、錦鯉が趣味だと書きました。でも鯉が全て好き、と勘違いされることも多く、鯉を持ち込んでくる方もいらっしゃいます。でも父は全て断っています。それはその鯉がどのような病気をもっているか、分らないからです。もしその鯉が病気なら、我が家の鯉が全て全滅してしまう可能性だってあるのです。だから断っているのです。


[234]車の鍵 w83

自動車の免許を取って2年目ですが、鍵に関してドジをしたことがあります。まず鍵を落としたこと。幸い拾ってくれた方が届けていただき、事なきをえました。

そしてもう一つが、車内に鍵を置き忘れ、ドアのロックをしてしまったことです。このときはさすがに青くなりました。あわててその車を停めていたお店の方に事情を説明しました。するとお店の方がGSにいけばいい、と教えてくれました。

近くになじみのGSがあったので、早速いってみました。ところが、その日は祝日で、開いていませんでした。涙。あとその近くで思いつくGSを当たってみると、電気が着いているGSが!!で、そのお店の方に車のドアを開けてもらい、無事に帰ることができました。

しかしあけてもらう出費が痛かったです。で、その後親に怒られ、合鍵を作りました。でも私は反省をしていなかったようで、その後またやってしまい、右往左往しました。今は反省し、運転席のドアのロックは、鍵でかけるよう、心掛けています。


[235]鶏にもバランスのとれた食事を、 w83

といえば、適切じゃないかもしれませんが。私は毎朝鶏の世話をしていますが、エサをやるのにほんのちょっとだけ、工夫しています。配合飼料だけではなんだか物足りない気がするので、週に2回ほど青菜をやってみたり、消炭やカキガラを砕いたものをやっています。そのせいか鶏は下痢もせず、元気にいます。


[236]>235 バランス eiyan

栄養バランスは必要ですね。

野菜やカキガラを与える事は非常に良いですね。

自然の土を啄ばませるのはその意味ですね。

自由な運動も良いですよ。


[237]>234 ロック eiyan

それはありますね。

時々何気なくしてしまいます。

合鍵は常に財布か車の内緒場所に忍ばせて置くのが良いですね。

最近はリモコン式鍵が流行っていますので、次回の車にはリモコン鍵を採用しましょう!


[238]>229 お守り eiyan

昔はキーホルダーが流行りました。

今は携帯ストラップが流行っています。

キーホルダーの方がしっかりしていてお守りや袋類等の副装品が付け易いですね。

今はパソコンのUSBにもメモ代わりのお守り様を着けていますね。


[239]>7 鍵っ子 eiyan

最近は少子化で鍵っ子が増えていますね。

これからも増えるでしょうね。

ホームアローンみたいな映画のシーンも面白いですね。


[240]>65 ペット eiyan

ペットは当然ですが必ず死にます。

その死んだ時の悲しみは繰り返したくありません。

同じペットとして飼うなら植物が良いです。

花や野菜の栽培は精神の安定と収穫物が得られます。

そして、動物は毎時餌を与えなければなりません。

排尿も処理しなくてはなりません。

アパートなら規制も厳しい所があります。

植物なら規制もなく生ごみは肥料になります。

空気も綺麗にしてくれます。

動物は近所のペット。

植物は自宅のベランダ。

そんな生活が理想ですね。


[241]>159 鍵つきの日記にあこがれて。 peach-i

子供のころ、鍵のついた日記にあこがれていました。

何で憧れていたのか・・・

子供の頃、学校で嫌なことがあっても、誰にも言えなかった出来事。

どこかで吐き出したかったけれど言えなかったこと。

鍵をつけておけば、吐き出せる気がしたのでしょう。

結局自分のお小遣いでは、鍵付の日記帳を買えず。

心の奥に悩みは閉じ込めました。


[242]>240 私はペットがほしいです tough

死の悲しみを少しでもなくしたいからこそ、放置しておけば死が待っている動物を救い出すという選択もあると思います。日本中がその気持ちになれば、この国からどれだけの悲しみが減るでしょう。


[243]>242 今年の4月に愛猫をなくしました fumie15

今年の4月29日に15年飼っていた猫が亡くなりました。(ペットに亡くなったという尊敬語をつけるのはおかしいですが許してください)

苦しむこともなく、5分くらいで逝ってしまいました。お医者さんは心臓麻痺だろうと言っていました。悲しくて悲しくてGW中はずっとそのことばかり考えていました。ご飯のときだけ愛想のよい、普段は愛想がない猫だったのですけれど、思い出すのはホットカーペットの上で寝ていて、呼びかけると尻尾だけをパタパタと動かすかわいい仕草とか、たーまにお返事してくれた鳴き声とかを思い出します。

もう一度猫が帰ってきて、また同じ死のかなしさを味わなければいけないとしても、また15年一緒に暮らしたいです。

ポチ、「虹の橋」で待っていてね。どんなに無愛想でもかまわないから一度だけでもニャーとお返事してくださいね。その時を楽しみにしています。


[244]書道というアート tough

書道好きの父に道具を借りて、初めての書道に挑戦してみました。今までは学校のお習字程度しかやったことがありませんでしたが、今回は白紙の掛け軸に書いていきます。

まずは父がお手本に一幅書いてくれました。父はまず紙に向かうと、筆を持たずにスッと右手を上げ、宙に大きく文字を書いていました。そうやってイメージを掴むのだそうです。何度も宙に文字を書き、文字の形や配分、線の勢いや止める跳ねるなどの調子を調節し、これぞベストというイメージが掴めた所で筆を持って一気に書き上げていきます。父が書いてくれたのはたったの二字でしたが、その二字には綿密な試行錯誤の重みと、実際に書くのはたった一回という、一発勝負の勢いが同居している感じがしました。この奥深さが、ただの文字をアートにしていると思いました。

筆を渡されて、今度は私の番です。私は長く格闘技をやっていましたので、試合の前の緊張感に離れています。が、紙の前で筆を握る緊張感は、それをはるかにしのぐものがありました。大変な緊張感がみなぎります。

目をつぶり、筆を真っ正面に突き出してみました。体の中心がはっきりしてきて、安定感が出てきました。これは試合前と同じ感覚です。私は字など真面目に書いたことはなかったので、閉じた目の中で、イメージだけで文字を書く練習をしていきました。父の真似をして下手に手を動かすと、稚拙な手の動きに引きずられて、浮かんでくるイメージが消されてしまう気がしたのです。その点、イメージの中でなら、邪魔する物は何もありません。

だんだん書きたい文字の形が見えてきました。今だ、と思いました。イメージが新鮮なうちに一気に書いてしまえ、今を逃したらもう書けない、そんな気がしました。目を開けると真っ白な紙が眩しかったですが、筆に墨をたっぷりと含ませて、一気に書いてみました。文字は父と同じ二文字です。「天気」と書いて「あき」と読ませる。父の造語です。

最後の一画、「気」の字の「メ」の所の「ヽ」を書き終えて、ふーっと息を吐き切ると、父が勢いのある字が書けたと声をかけてくれました。

父の作品と二枚並べてみると、私の字は明らかに稚拙でしたが、でも思いの外、イメージ通りに書けてびっくりしました。父がお手本に書いてくれた時にみなぎっていた気を受け止めて、そのエネルギーで書き上げた感じでした。

父も私も白紙の掛け軸に書いていったので、もう書き上がった時点で立派な掛け軸になっています。二幅の掛け軸が並び、それぞれの「秋」が完成しました。久し振りに父と深い心の交流ができ、また思う存分アートが楽しめたひとときでした。書道というアートは奥が深いです。


[245]>243 私は魂の永遠を信じています TomCat

fumie15さん、15年連れ添った猫ちゃんと。15年といったら大変な月日ですよね。中学生だった子供が二十歳代を通り越して三十歳になってしまう年月です。人生を共にした猫ちゃん、といっても過言ではありませんよね。日の愛する猫ちゃんを失われた悲しみは、大変なものがあると思います。

でもfumie15さんの猫ちゃんは大変な長生きでした。天寿と言って間違いのない年齢まで元気でいてくれたのですから、まずはそのことを喜びましょう。そして、15年という歳月を健康に生きてきたということは、それほどに大切にされてきたということですから、幸せだったに違いありません。それも喜びましょう。そしてそして・・・・。

私は魂は永遠だと、本当にそう信じているんです。その理由の一つは、古今東西、あらゆる民族が、場所も時代も全く違うにもかかわらず、判で押したように死後の世界が存在することを言い伝えてきているからです。単なるフィクションなら、こんなに一致することは有り得ません。本当に実在するから、三千年前のインドでも、二千年前のイスラエルでも、同じようなことを言っているんです。私はそう考えています。

だから、愛し合う魂同士は必ずまた会えるに違いありません。永遠の別れなんてありません。死は、再会の約束のあるしばしの別れに過ぎないんです。生きていようが、死別しようが、全力で愛し続けましょう。離れていても、思いはきっと届いていると思います。


[246]>236 バランスが大切ですよね TomCat

うちにもチャボがいました。やはり配合飼料の他に、青菜を刻んだり蛎殻を与えたりしていましたよ。そうすると本当に喜ぶんですよね。配合飼料だけだと、他ならぬチャボが、物足りなさそうにしているんです。やはり本能的に、青菜や蛎殻などが加わって、初めてバランスの良い食餌になると受け止めていたんだろうと思います。

鶏小屋の前で青菜を刻んでいると、もう待ちきれないと言った感じで寄ってくるんですよね。その様子が何とも可愛くて・・・・。鶏にもバランスの取れた食餌と愛情が欠かせませんね。あー、また鶏、飼いたくなっちゃいました。


[247]>233 血統も大切ですが TomCat

純血種に大切なのは、まずその品種に相応しい特徴がどれだけ保持されているかという「個体」の問題であって、血統の記録というのは繁殖に際して望ましいカップリングを選択するための基礎資料に過ぎないんですよね。ですから、どんなに凄い血統書が付いていたとしても、それがその個体の優秀さを証明するとは限りません。

だから、血統のブランドとは別に、品評会とかキャットショー、ドッグショーなんていうのがあるわけですよね。個体の優秀さは、そういう所で競うわけです。で、そういう場で優秀な成績を収めた個体から、新時代を担う血統が育っていったりもするわけです。

ただ、愛猫家の世界では、純血種の素晴らしさが大切にされる一方で、いわゆる「うちの子自慢」的な優秀さこそが猫本来の素晴らしさであって、どんな雑種でも、たとえ野良出身でも、愛情と努力次第で日本一の猫と呼ばれるようになれるんだ、という考え方があります。

そこで、キャットショーには品種別部門の他に、品種を問わず、雑種でも、親が分からない野良出身でも、とにかく猫なら誰でもエントリーできる「ハウスホールド」などという部門が設けられていることが多いんです。この部門は、血統書のブランド価値などは全く及ばない世界ですから、それこそ飼い主さんの愛情の結果が審査される、ということですね。


[248]散策で看板の文字アートを楽しむ vivisan

文字の集まりだけでも立派な絵になりますよね。アスキーアートもその中にはいると思います。

しかし、街の中を歩いているとお店の看板など、いろいろな書体がいろいろな場所に書かれているのを見かけます。

ワンコの散歩をしているときや、ふつうに散歩で歩いているとき、また職場へ向かう道などなど、いろんな看板を見ると、それぞれに味があっていいですね。

例えば花屋さんの「花」という文字ひとつをとってみても、花の文字にお花がくっついていたり、コーヒーという漢字「珈琲」が茶色で太く書かれてあったり・・その書かれている文字の意味をかんがえながら自体や太さ、色などを見ていくと新たな発見ができます。

あと忘れてならないのは看板の材質。木の板だったり、黒板だったり、金属だったり・・。

滋賀県で昔の木でできた看板に文字がかかれているものを見たことがありますが、たくさん集まるとそれは圧巻です。

文字の書かれている場所なんかも色とりどりでひとつの絵をみているような感覚で見ることができますよ。


[249]>211 2つあります petercrouch15

我が家にも2つだけですが

招き猫があります

白と金色のものです

時々手が動くものでかわいいです

意識してずっと見てるわけではないけれどかわいいな?と

たまに思っていますね


[250]>222 シーサー petercrouch15

シーサー。

地元に住んでいるので色々見ますね

それがある家ごとに微妙にデザインが違う気がするし

見てて楽しいですね

家の入り口にシーサーがあると災いから

守ってくれる感じがして安心します

Tシャツにもかわいいキャラとして

シーサーがデザインされてるものがあって

結構気に入ってるんですよ


[251]高齢化社会とペットライフ tough

この記事、見てください。家庭で世話できなくなった犬を有料でケアする施設について報じたもので、飼い主さんのケアハウスへの入居に伴って15年連れ添った犬を預けた事例などが取り上げられています。

http://www.asahi.com/national/update/1116/OSK200811150100.html

以前もこのいわしで飼い主さんの高齢化にともなって世話しきれなくなってしまうペットの問題が取り上げられていましたが、飼い主さんのケアハウスに入所などに伴って愛するペットと離れなければならないというのは、どういうものなのでしょう。高齢という理由で、家族以上の絆で結ばれていた愛するペットと引き離される高齢者。これって、あまりに悲しいことではないでしょうか。

もちろん要介護の状態などになってしまえば、それは若い人だってペットの世話を誰かに頼まなければならないですから、そういう時は仕方がありません。そういう時のためには、この記事にあるような施設がもっとたくさん増えて、安価な料金で利用できるようになることが望まれます。

でも、日常生活に支障がない状態なら、ケアハウスなどでも引き続きペットとの同居を可能としていく社会努力が必要なのではないでしょうか。そのためにはペット専任の職員を配置する必要も出てくるでしょうが、そうした雇用の創出はこれからの社会では好ましいことです。

私たちが高齢者と呼ばれるようになる時代は、少子化と高齢化が一緒にやってきている時代です。老後はケアハウスなどの施設で過ごすのが当たり前になる時代です。その時に愛するペットと引き離される不幸が社会に蔓延するなんて耐えられないではありませんか。今、制度を整備していく必要があると思います。ペット可の高齢者施設。真剣に考えてみたいものだと思います。


[252]>250 シーサーのいわれ TomCat

へぇぇぇ、口を開けている方は福を受け入れる役、閉じている方は入ってきた福を逃がさないとともに良くない物を入れない役、ということなんですね。

でも、シーサーはスフィンクスとも同じ起源の、古代オリエントにおけるライオンあるいは犬のデザインが発祥と言われていて、エジプトのスフィンクスが一匹だけなのと同じで、シーサーも昔は一匹だけを飾るのが普通だったらしいんです。それが日本本土との文化交流の中で、狛犬みたいに二匹並べてみたいということでやってみたのが定着して、今の二匹一対の形式になったそうです。

で、狛犬はなぜ二匹一対かというと、これは仁王像の二体一対に由来するのだそうです。仁王には金剛力士という立派なお名前がありますが、二体一対で祀られることから、二王→仁王とも呼ばれるようになりました。で、この二体のお姿を「阿吽」といいますが、阿吽は要するに「あ→ん」。アルファベットで表せばA to Z。聖書の中に、

神である主、今おられ、かつておられ、やがて来られる方、全能者がこう言われる。「わたしはアルファであり、オメガである。」

(黙示録 1:8 新共同訳聖書 財団法人日本聖書協会 より引用)

と同じことです。

こんなふうに、意匠もいわれも世界的なシーサーさん。アジアどころかユーラシア全体からの文化を受け継いできたシーサーさん。なんか、すごくいいものをもたらしてくれそうですよね。私もシーサー、大好きです。

ちなみにわが家では、猫が偉そうに座っている姿を、シーサーやってると表現します。時々門柱の上でシーサーやってる猫ちゃん、いますよねw


[253]>251 介護界だけでなく不動産業界も TomCat

ここは昨年マンション供給戸数ランキング首都圏第1位の三井不動産レジデンシャルさんがスポンサーですから、敢えて不動産業界もこれについて真剣に考えて欲しいと提案したいと思いますね。

これからの時代、高齢化対応設計のマンションは不可欠だと思うんです。バリアフリーはもとより、暮らしを豊かにする動物との暮らしも考慮された、介護サービス付きマンション。そういう所に、若いうちから住むんです。そしてそこを終の棲家として、たとえ単身で要介護になったとしても住み続けられる。そんなマンション。これからの時代には、求められていくと思いませんか?

若者もいる、動物もいる。そんな一つのマチとしてのマンション。そこが高齢者介護施設も兼ねる。もちろん動物の世話も含めた完璧な介護。そういう終生暮らせる都市型住宅を創出しましょうよ。これは大規模なビジネスチャンスにもなるはずです。

とにかく今後の高齢化社会に備えた、終生愛する動物と一緒にいられることを保証する社会の仕組み作りは、今始めていかないと間に合いませんね。イエはてなでもこれから、高齢化社会に向けたイエのあり方を、色々考えていけるといいですね。


[254]>248 看板をアートとして見る TomCat

かつて、看板は画家を目指す人の職業であったりしたものでしたよね。日本を代表する版画家の一人、斉藤清氏なども、看板屋を経て独学で学んで作品を作りつつ、海外で脚光を浴び始めた人でした。

逆に、初期の手塚治虫さんなどと同時期に活躍していた漫画家が、看板屋さんに転身したという例もありました。漫画の世界は流行に左右されやすいですから、自分の漫画の旬は過ぎたと直感した時、第二の舞台を看板に移したんでしょうね。

今でも、そんなアーティスティックな看板、時々見ますよね。そういう看板を書いている人のお仕事風景も見たことがあります。今の時代ならPCでスパッとカッティングシートを切り抜いて文字にしてしまうような作業を、手書きのレタリングで仕上げていきます。素晴らしい芸術的な作業です。

昔の木でできた看板もいいですよね。時々骨董品屋に、戦前の看板が置かれていることがありますが、分厚い木の板、彫刻の施された文字部分等々、実に凝った作りで、重厚感があります。昔は素材が素朴だった分、仕事に手間を掛けて、本当に良い物を作ってたんですよね。古き良き真面目な手仕事の時代の看板。私もそういうのを見るのが大好きです。


[255]>254 文字 vivisan

そうですね!看板そのものもアートですよね。すごく味があります。江戸時代なんかは字を読むことができない人も多かったので、木にそのお店の内容をもじった絵なんかを書かれてあったりしたそうですね。字を書く人、彫る人などの職人さんが大勢いたとか。

手仕事のよさがダイレクトに伝わる看板大好きです。

さて、文字にちょっと戻りますが、言葉というのは、昔の人たちはとても大事にしていて、それらを残すために、または通信手段として使われたものだったらしいですね。

象形文字も漢字も見ただけで何を意味するのかがわかるように絵(記号)から作られました。

そしてそれがさまざまに改良されて現在に至ります。

こうやって考えてみると文字ってあるデザインがいくつかの時をかけて洗練されて形作られてきたような気がします。これはすばらしいアートではないかと思います。

言葉を発することってなにかのエネルギーのかたまりのようなものを感じますが、それを表す文字も何かしらの力をもっているような気がします。


[256]>245 そうですよね fumie15

Tom Catさん

人生の半分を過ごしたねこだから半身がなくなったようでした。

でも遠く離れていてもきっといつか会えますよね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ