人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知らないと損する保障制度や免税、還付金などについて質問です。
利用資格があるのに制度を知らないために、もったいない状態になっているような事を教えてください。

たとえば厚生年金加入者だと、申請が通ればかなり広い範囲の疾患で障害年金が貰えるなどです。
参考:障害年金について必ず知っておくべきこと
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20081111/1226366654

ちなみに私は、確定申告での生命保険控除と医療費控除くらいしかしていません(扶養者はなし)。

利用する場合の手続き方法についても、教えていただけると高ポイントです。

それでは、よろしくお願いいたします。

●質問者: 姉本
●カテゴリ:経済・金融・保険 医療・健康
✍キーワード:もったいない ポイント 制度 医療費控除 厚生年金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● chuken_kenkou
●13ポイント

厚生年金加入者だと、申請が通ればかなり広い範囲の疾患で障害年金が貰える

障害厚生年金の申請は、そんなに簡単には通りませんよ?


障害年金より申請が通りやすいのは、障害者手帳です。障害者手帳には、身体、知能、精神の三種類があります。

手帳の給付が受けられれば、例えば横浜市ですと

などのサービスを受けられます。

横浜市 - 障害福祉(分野別インデックス)

詳しくは、居住地の自治体のホームページ等で説明されていると思います。


「働いているが、収入が少ない」といった、ワーキング・プアの人に対しては、生活保護を受けられる可能性があります。

各自治体により、生活保護の対象となる世帯の収入基準が決められており、その基準より収入が少ない場合、差額の給付を受けられます。

この基準ですが、食費など、世帯人数に比例して増額される部分があります。そのため、子沢山だと、生活保護費が月額40万円といった事例もあるようです。

家や車などの「資産」があると、認められない場合が多いのですが、例えば「仕事を続ける上で、車は必須」と認められれば手放さなくてもいい場合もあります。


2 ● oz8
●26ポイント

傷病手当金というのはご存知でしょうか。

健康保険に加入して6ヶ月以上勤務しているなら

誰でも受け取れます。

任意継続保険の手続きが必要です。

受給期間は1年6ヶ月。

働いていたときの6割の賃金が毎月受け取れます。

しかし、就労不能の医師の診断が必要です。

受付は社会保険事務所です。

社会保険事務所にいけば詳しいことは教えてもらえます。

http://q.hatena.ne.jp/answer


3 ● toitaiki
●26ポイント

株の売却損

3年間利益と相殺できます。

例えば、去年:損100万円

今年:益90万円

申告なし。来年まで10万損が利益と相殺可能額です。

http://www.google.co.jp/

URL=ダミーです。


4 ● touson00
●25ポイント

http://kougakuiryou.sblo.jp/

高額療養費


障害者手帳は関西でも不正取得が横行していて泣けてきます


5 ● exstar999
●10ポイント

>利用資格があるのに制度を知らないために、もったいない状態になっているような事を教えてください。

これはなんとも言えません。

というのも補助金などについては地域や年齢や職業、所得の違いによって制度の利用対象であったり、対象外だったりしますので、これがあるよということは難しいです。

市役所などでこまめに情報を収集していると確かにそういう情報はあるかもしれませんのでお近くの市役所や市民広報で調べてはいかがでしょうか?

1さんが障害者手帳の取得が簡単と書いておられますが、最近はこの障害者手帳の申請を悪用している人や偽造の診断書を書いた医師が逮捕された事もあり、厚生労働省からの通達もあり、ますます厳密になってきています。

同時に社会福祉事務所の対応や診断書を書く医者の「信用」によっても変わる場合があります。医者を選ぶ事、具体的にどのような身体障害なのかを把握するようにしないと通りません。

そのため、両耳で聴力が70デジベルの方が障害者手帳の申請をしても却下された話もあります。

>障害年金について必ず知っておくべきこと

リンク先の内容は間違った認識が多く書かれていますので鵜呑みになさらない方がいいでしょう。

>厚生年金加入者だと、申請が通ればかなり広い範囲の疾患で障害年金が貰える

障害者年金級数の認定は簡単に通りません。

多くが低い級数になっているようで、私も長い間2級でとされていました。

この方面に詳しい社会保険労務士と年金の話になり、見てもらったところ、1級の資格がある事を教えられました。いくつかのポイントがあります。

http://www.sr1.jp/qa/index.html#qa01

長い間厳しく、諦めていただけに本当に助かりました。

近年は開業したばかりの社会保険労務士が障害者年金申請を商売のタネにしている社会保険労務士が出てきているようですが、身体障害や病歴申し立てなど細かい書類作成が必要になる場合がありますので、よく知らない社会保険労務士だと申請が却下される事がありますので選ぶ事も大切です。

闇雲に情報を収集するのではなく、社会保険労務士や税理士、行政書士など公の資格を持つ人と人脈を持つのも手です。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ