人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

tif画像をパワーポイント(2003、2007)に貼り付ける際、貼り方によってアスペクト比が変わってしまいます。
ファイルを一度MSペイントなどで展開し、コピー&ペーストすると、元のアスペクト比のままの画像になります。
しかし、tifファイルをパワポの画面の直接ドラック&ドロップすると、少し縦長になってしまいます。
これはいったいどういうことなのでしょうか。

●質問者: Mad-Tanuki
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:MS TIF アスペクト比 コピー ドラック
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● a_mode
●35ポイント

ピクセル縦横比が反映されているか、反映されていないかの差であると思います。

ソフトウェアによって違いがあります。

例えば、PhotoShopも、以前のVersionでは反映されていませんでしたが、最近の物は色々設定できるようになっています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● ardarim
●35ポイント ベストアンサー

TIFFファイルには、解像度情報が含まれています。そのため、TIFFファイルのまま貼り付けた場合は、解像度情報を参考にしてPowerPointに貼り付けられます。(画面のアスペクト比は通常1:1の正方形として計算されます)

TIFFファイルを作成した環境が1:1ではなかった場合は、貼り付けた際に縦長、あるいは横長になる可能性があります。


MSペイントなどの元のファイルの解像度を無視する画像ソフトでTIFFファイルを展開した場合、画像を表示した時点で元の解像度情報がなくなり、画面のアスペクト比である1:1が適用されます。従って、その後クリップボードにコピーしてPowerPointにペーストすると、アスペクト比1:1として貼り付けられます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ