人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社の金融債権を処理しようと思っています。
一番は、自宅の売却ですが、根抵当権が、4件ついています。
おそらく、競売に進めていって、その前で、任意売却になるでしょう。
抵当の内容は、
1番は、住宅ローン会社の保証協会。
2番は、県の保証協会。
3番は、金融公庫。
4番は、地方銀行。
質問は、任意売却をしたとすると、1番は、全額返却できますが、
2番の根抵当の半分が残るという状況です。
その場合の処理の順番とか、方法を教えてください。

●質問者: jennie3740860
●カテゴリ:ビジネス・経営 人生相談
✍キーワード:会社 住宅ローン 保証協会 地方銀行 根抵当権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kanebun
●60ポイント

抵当権者の2番・3番は任意売却での場合、一部返済では抵当権の解除は絶対にしてくれません。 それ故先ずは競売による処理となり、落札者がいない場合に特別売却(裁判所管理の任意売却)になります。(当然1番が全額優先的に返済されます。)

公的な2番・3番は公的な処理(競売)でないと減額処理には応じません。そして返済不足額は借主の会社及び、連帯保証人に将来にわたり請求がなされます。(かなり執念深いです)

http://q.hatena.ne.jp/kanebun

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ