人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ゆうちょ銀行の学資保険についてお聞きします。
単純な疑問ですが、払い込む金額に比べ払われる金額が少ないように感じます。
その分、そのまま貯金した方が良いのではないかと・・・。
漠然とした質問で恐縮ですが、メリットは何なんでしょうか?
よろしくお願いします。

●質問者: tacoru
●カテゴリ:学習・教育 経済・金融・保険
✍キーワード:ゆうちょ銀行 メリット 学資保険 漠然 貯金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ytakan
●35ポイント

貯金じゃなくて保険ですので。

かんぽ生命(元日本郵政公社)の学資保険は、子供の生存時には一時金などが支払われ、死亡時には死亡保険金が支払われる子供の生命保険を兼ねた「新学資保険」と、新学資保険に親の死亡時には育英年金が支払われる「育英年金付学資保険」の2種類があり、保障は充実していますが、どちらの学資保険も返戻率が100%を下回りますので、貯蓄性を重視する方には向いていない商品といえます。

http://www.kodomo-hoken.com/010/ent809.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ちなみに返戻率はどれくらいなのでしょうか。

貯蓄重視だとどのような保険、または積み立てが有利なのでしょうね。


2 ● kappagold
●35ポイント

その時のレートで多少変りますので正確には出せませんが、かんぽの場合、基本は90%以上の返戻率です。


貯蓄重視ですと、ソニー生命は100%を超えるので、有利だと思いますよ。

アフラックの方は、詳しく調べたことが無いので、判りませんが、100%を超えるということです。


しかし、単純に積み立て貯金にするのが一番貯蓄率は高いのではないかと思います。(それも色々だと思いますが・・・・。)

積み立ての場合の十数年後の利子と、保険に加入した場合の満期時の返戻額の差額が、保険料に当たると考えるといいと思います。



http://qukiany.com/back/

◎質問者からの返答

なるほど!

分かりやすいご説明ありがとうございます。

しかし、子育てにはお金がかかりますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ