人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アートバブルが崩壊したといわれていますが、アートフェアに集まってた金持ちや起業家たちのアートを購入したりアーティストを発掘する目的は何でしょうか?
コレクターとして楽しむとか、投資目的以外に、たとえば自分や企業などのブランドのイメージを高めるための戦略として「現代アート」がもてはやされている、等の事実ってあるんでしょうか?
教えてください。

●質問者: nishiya9
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アーティスト アート イメージ コレクター バブル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● startkit
●35ポイント

節税、脱税 http://www


2 ● tak
●35ポイント

「もてはやされている」ことになるかは

自信ないですが

このような記事などを踏まえてのご質問だったでしょうか?

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/990401/41/videoc/vide...

http://president.jp.reuters.com/article/2008/10/19/BFA5A798-9C0C...

http://reikoyamamoto.blogzine.jp/ynot/2008/06/post_af9d.html

http://excite.co.jp/News/china/20081114/Searchina_20081114067.ht...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「企業や自治体などのブランディングと現代アート」で、日本や中国のアートが世界から注目されたりするんでしょうかね?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ