人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

速読のできる知人(20代前半、♀)がいます。
・3冊の本を2時間程度で読む
・ウォーリーを5秒で見つけられる
といったレベルです。
彼女は現在薬剤師として働いているのですが、個人的にはその能力を生かして何かもっといい仕事ができるんじゃないかと思っています(今の職業でも十分恵まれてはいるのですが)。本人も将来別の仕事に挑戦することには興味あるそうです。
そこで、この能力を生かしてできそうな職業・副業・資格がありましたら教えてください。

●質問者: shelfin
●カテゴリ:就職・転職 生活
✍キーワード:20代 レベル 副業 彼女 現在
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● u00
●30ポイント

単に「速読」だけだと辛いと思います。

読んだ結果を要約する、翻訳する、添削する、といったプラスアルファが必要です。というよりもこれらの仕事にプラスアルファになるのが「速読」になります。

目が良くてちょっとちた違いなどを見つけることが素晴らしくよく出来るなら企業の製造現場での製品の目視検査員などが適していますが薬剤師の方が収入面では有利だと思います。

http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1504.htm

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

なるほど。確かにうまくアウトプットできる技術があって初めて生かされてくる能力なのかもしれませんね。


2 ● 岩川ありさ
●40ポイント ベストアンサー

眼球の運動がはやいのですね。

>この能力を生かしてできそうな職業・副業・資格


1,職業


職業としては可能性はたくさんあります。

最近、乗りに乗っているエコノミストの勝間和代さんは、速読を身につけることの重要性を説いています。

・勝間和代さんブログ

http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/


・勝間和代『効率が10倍アップする新・知的生産術自分をグーグル化する方法』ダイアモンド社

http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-00203-2


■技術(6) 本代をケチらず良書を読む――ウェブ全盛時代に本でなくてはならない理由

■月100冊、15万円使う私の読書投資法

■すき間時間に、パッパと読む

■技術(2) フォトリーディング、親指シフト、マインドマップなど、自分ならではのOSを整える

■私が本を書くきっかけとなった、フォトリーディングの秘密


などなど、「目次・解説・著者紹介を見る | 立ち読みをする | コメントを書く」からお確かめ下さい。


何を何処まで目標とされているのかわかりませんが、ひとまず、相当なアドバンテージがあります。

あとは、ご本人が目指すところが問題となります。


2,副業・資格


副業・資格としても、すでに、薬剤師さんということで、資格を保持なさっております。

視覚的な情報を探す能力が高いわけですから、それを活用することがいいでしょう。

ただし、記憶力と情報検索力が一致するわけではないですから、その点には注意する必要はあるかと思います。

行政書士さんなどは、情報処理能力が求められます。これからは医療とのクロス分野での仕事も増えそうです。

薬剤師事務所と兼業で、行政書士や司法書士もよいかと思います。

もちろん、司法試験(これに関しては、再来年から、ロースクールに行かねばとれなくなります)などもよいでしょう。

・司法試験について

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/answer.html#01


医療×法律系は案外相性がいいです。もちろん、人によりけりなところはありますけれども。


・医療コンサルタントなど色々ありそうです

http://www.ideal.ne.jp/yomi-search/yomi.cgi?mode=kt&kt=01

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

勝間和代さんの著書は私も少し拝読しました。同じ女性として勝間さんをロールモデルとしてみるのもいいかも知れませんね。他人がけしかけるよりも本人に目標を自主的に持ってもらう方が良いと思いますし。

>医療×法律系は案外相性がいいです。

なるほど。今後需要が伸びてきそうですし、これはいいかも知れませんね。

参考にさせていただきます。ありがとうございます。


3 ● ninnin631
●30ポイント

頭の回転が速い方なのだと想像します(うらやましい。。。)

角度を変えて速記者は如何でしょうか?

http://www.13hw.com/job/02_03_14.html

職業となると、それなりのトレーニングが必要だと思いますが。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。(僕も正直うらやましいです。。)

URL先のサイトが大変参考になりました。

なるほど速記者ですか。仕事が家庭でもできる、というのはかなり魅力的ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ