人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

障害者雇用を行う会社が増えているような気がします。
http://www.advantagecareer.jp/cgi-bin/topics/detail.cgi?id=755
http://www.toyota.co.jp/jp/news/08/Apr/nt08_0404.html


このビジネスはどうやって成り立っているのでしょうか??
転職紹介のように高額の仲介料を頂けるとも思えませんので…。

教えて頂きたいです。

●質問者: tai2006
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:ビジネス 仲介 会社 転職 障害者雇用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● idetky
●40ポイント

企業は一定の割合で障害者を雇用する義務があるので、

自分の企業のなかでお仕事が可能な障害者を探す必要があります。

それを自社で行うと大きな人件費がかかるので、

大手の仲介業者が肩代わりするというシステムです。

ので、金額の代償は分かりませんが仲介料はとられます。

しかし、障害者さんのデータベースを持っている仲介業者はまだ多くないと思われるので、

今の時点ならそこそこの仲介料金が取られるかもしれません。

http://yahoo.co.jp

◎質問者からの返答

なるほど。

データベースに価値があるのですね。

どういった仕事・作業ができるのかといったような。

有難うございます!


2 ● zalop
●30ポイント

「障害者雇用の促進等に関する法律」に改正がありました。


特例子会社というのができるようになったので、雇う企業側だけでなく、

グループ就労訓練やなんかにも助成金が出るように。

なので特定子会社を作る会社が増えたのでは。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha01/060401.html

http://www009.upp.so-net.ne.jp/machito/empu/toku2003.html


大企業は一定数障害者雇用を行わないといけないので、いっそビジネスとして

確立し多少なりとも利益が出れば…という方向じゃないでしょうか。

◎質問者からの返答

有難うございます!!

http://www009.upp.so-net.ne.jp/machito/empu/toku2003.html

大変参考になりました。


3 ● peach-i
●10ポイント

http://www.hokkaido-labor.go.jp/9seidokijyun/s_koyou/index.html

障害のある人が適切な職業に就き、その能力を十分に発揮することができる社会は、障害者の方達を雇用する企業、そして、地域社会全体の利益へとつながります。

◎質問者からの返答

申し訳ないですが、

それは障害者雇用の意義的なことですよね…。

ビジネスとして、どう成り立っているかを知りたかったんですよ。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ