人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

お正月のおせち料理には、いろんな縁起を担いだり 掛け言葉の料理が詰められますよね。
喜ぶで昆布とか黒豆はマメで達者にとか。

こういった御節料理は、江戸時代頃に始まったそうなのですが、
誰からそんな縁起を担いだようなことを始めたのか知りたいです。

いわれは知っているのですが、始まりは誰だったのか。
一説によると、小笠原流が 御節料理を始めたといわれていますが、
それが本当かどうか。 何か手がかりになることがあったら教えて下さい

●質問者: masakingkong
●カテゴリ:グルメ・料理 生活
✍キーワード:おせち料理 マメ 小笠原流 御節料理 料理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● aroma09
●26ポイント

おせちは、「貴族・武士・町民・農民すべての文化が混じり合って誕生した文化」とあるので、

具体的に誰の発案かは、現代人には分からないのではないでしょうか?

http://www.osechi-ryori.com/

◎質問者からの返答

なるほど、いろんな文化が交じり合って 今の形になったのですね。

ありがとうございました。


2 ● sakura19749
●25ポイント

http://www.katsuo.co.jp/oseti/rekisi.html

宮中料理から庶民のほうにも広まったようです。

◎質問者からの返答

江戸の庶民たちが、縁起担ぎの 食材を御節に使うようになった

ということなんでしょうか。

その始まり方の起源のようなことが分かったらと思ったのですが。

ありがとうございました。


3 ● masanobuyo
●25ポイント

おせち料理は平安時代の朝廷行事で作られた節句料理が起源といわれております。


http://www.t-bonvoyage.com/ceremonial-occasions/anniversary-word...

◎質問者からの返答

平安時代の行事から始まっているんですよね。

どんなきっかけで 庶民が御節を取り入れるようになったのかが

分かるといいのですが…

ありがとうございました。


4 ● iio77
●17ポイント

おせち料理

http://www.t-bonvoyage.com/ceremonial-occasions/anniversary-word...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ