人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

せっかく発売再開にこぎつけた蒟蒻畑にイミフな難癖をつける団体が出てきてます。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081202_mannanlife/

こんにゃく入りゼリーより他の食べ物が危険なのに…。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081001_chissoku/
これについてユニカねっとに連絡しましたが、担当者不在で無視されました。

ところがユニカねっとに加盟している賢者弁護士さんに意見したところ、「こんにゃくゼリーより危険とされる食べ物の
年間消費者数(危険度の分母)がわかれば、ユニカねっとに進言してあげる」と言って下さいました。

こちらのブログでもち米と蒟蒻畑の危険性の単純計算が出ていますが、もう少しいろんな食べ物との比較が欲しいところです。
http://phn.ti-da.net/e2382118.html

餅、パン、ご飯、すし、あめ、おだんごなどの年間消費量(一人当たりの場合、日本国民を何人とするかが問題になるので、統計の方がいいです。)がわかる情報ソースか、そういった比較資料があれば、お教えください。

1228217819
●拡大する

●質問者: motsura
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:こんにゃくゼリー こんにゃく入りゼリー イミフ ソース ユニカねっと
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/4件

▽最新の回答へ

1 ● powdersnow
●0ポイント

農林水産省・米の1人1か月当たり消費量(平成19年9月分)

http://www.maff.go.jp/j/press/soushoku/keikaku/071119.html

◎質問者からの返答

質問にも書いているのですが、一人当たりを国全体にするとなるといくつを×といいのでしょうか?

資料には「全国8,340世帯」と書いてありますが、単純に8340を×といいのでしょうか?

それがわからないと答えになりません。


2 ● yamadakouzi
●0ポイント

質問で要求されている情報ソースは提供できませんので、配点は不要です。

食べ物には、食べ方のルールがある。それを無視した食べ方をしたものが悪い。

特にコンニャクゼリーを凍らせて孫に食べさせた(お爺さんかお婆さんか忘れたけれど)事は、「殺人罪」か「過失致死罪」に相当すると思う。また、パンを早食い競争で喉につめて死んだ子には申し訳ないが「自殺」モドキの「死亡遊戯」であった事を認識すべきである。そう言うことは「常識のある人間」正しく教えるべきである。

餅の飲み込み競争のような危険な競技こそやめさせるべきである。

故意に毒を入れた食品を流通させた業者及び官庁や、詐欺で金集めをした団体と一緒にするとはとんでも無い言いがかりだ。

http://q.hatena.ne.jp/dummy


3 ● hokuraku
●80ポイント ベストアンサー

とりあえず家計消費から探ってみたいと思います。

まず、今回使う統計データは総務省の家計調査です。

このうち、最新版に当たる平成19年の結果を用います。

また、必要なのは品目別の消費数量ですので、このデータが載っている二人以上の世帯のデータ(つまり、単身世帯は除くもの)を用います。


さて、次に品目別の世帯ごとの消費量を調べてみます。

このページの各品目の世帯ごとの年間消費量から、ご所望の品目のうち掲載されているものを抜き出すと以下の通りとなっています。

なお、このデータにおける平成19年の平均世帯人員数は3.14人です。

品目 世帯消費量(g/年) 一人当たり消費量(g/年) 国内総消費量(万t)
85,330 27,175 347
パン 45,238 14,407 184
うち食パン 19,115 6,088 78
うち他のパン 21,492 6,845 87
もち 2,703 861 11

なお、国内総消費量は日本人口を人口推計月報平成20年11月概算値より12,770万人としています。


一方、別の統計を見るとまた違った数字になったりします。


「米」については、powdersnowさんも引き合いに出されている統計(20年3月版が最新になります)だと一人当たり月当たりの消費量が約4.8kg(1日あたり160g=ごはん2杯くらい)ですが、前述の統計だと約2.2kg(同ご飯1杯)です。


「もち」については、包装もち(サトウの切り餅みたいな、お正月に良く食べるアレです)の生産量は年間53,000トンと上記の推計の約半分です。

ただし、これはもちろん製品として販売されるものなので、もち米をついて作るようなお餅は含まれておりません。(それにしても差が大きい気はしますが…)

(切り餅のサイズは「サトウの切り餅」でひとつ50gだそうなので、包装もちの一人当たり年間消費量は約8?9切れということになります。自分で餅をつくことがない都市住民だと大体こんな感じでしょうかね。)


同じ統計から、パン類の生産量も見られます。

これによると、年間のパン類生産量は約121万トン。前述の統計だと1日1人当たり約40g(8枚切り食パン1枚弱)で、こちらの数量だと1日あたり8枚切り半分くらい。うーん、どちらとも言いがたいですね。


なお、これ以外の品目については統計が見つかりませんでした。すみません。


回答とは関係ないですが、私もこんにゃくゼリーの件はなんだかなぁ、とは思います。

が、上に挙げたように統計もものにより数字が違うので、その中身まで見比べて論拠にしないと余り意味がないでしょう。今回の回答のために検索した範囲でいくつかの推計を行っているブログや2chなど見ましたが、消費対象や廃棄量なども含めて精緻に分析できれば面白いのでしょうね。


?質問者さんへの3つのお願い?

※先日より、回答にはこのリンクをつけることにしました。よろしかったら一度ご覧になってください。

◎質問者からの返答

おおおおおおお!

完璧な回答ありがとうございます!

ていうか、昨日からユニカねっとへの電話が全く通じないみたいです。

2chを見ると、電話をかけたほとんどの人が「かからない」と言っています…

何コソコソ逃げてるんだか…

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ