人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

エジプトの麺料理【「コシャリ」の起源】を教えて下さい!

エジプトの麺料理「コシャリ」という料理がいつ頃から食べられているか調べています。
できるだけ専門家の人などが解説をしている所があれば教えて下さい!

●質問者: hiha11
●カテゴリ:グルメ・料理 旅行・地域情報
✍キーワード:いるか エジプト 専門家 料理 起源
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● nawatobi_penguin
●45ポイント ベストアンサー

コシャリはもともと(キリスト教)コプト教徒が宗教上肉を食べない期間に食べた料理です。ビタミンB1、B2が豊富なので、これとお米を組み合わせたコシャリは栄養的にもバランスのとれた一品と言えましょう。

http://yaplog.jp/sarah/archive/92

コプト教について

起源 キリスト教を受け入れた古代エジプト人のうち、イスラム教へ改宗しなかった人たち。

ギリシャ人や、ローマ人の血も、混じっているのだろうか?

2世紀ころまでには、キリスト教が、エジプト全土に広がっていたようだ。

15世紀までには、他のエジプトは、イスラム教化、アラブ化が進み、残った、少数派は、コプト族として、民族が確立した。

習慣 年7回、菜食主義週間がある。

http://wee.kir.jp/egypt/egp_copt.html

この菜食週間は斎(ものいみ)に期間の内の一定期間に行われるもので

斎については

最も厳格な斎は次の時になされる。

* 斎解禁時を除く、水曜日と金曜日

* 降誕祭前日

* 洗礼祭前日

* 大斎・復活祭前、赦罪の主日の晩課後より復活祭までの期間の平日。西方教会の四旬節に相当。ただし生神女福音祭のときを除く。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E6%95%99%E4%BC%9A#.E6.96....

内容については

(1)「税更とファリセイの主日」と「放蕩息子の主日」の間の週には、一般にすべての斎が免除される。肉や、動物性の食品は水曜、金曜でも食べてよい。

(2)それに続く週、しばしば「カーニバル(謝肉祭)の週」と名付けられる週は、通常期の斎が水曜、金曜に守られる。言い変えるなら特別な斎はない。

(3)大斎の直前の週には肉食が禁じられるが、卵やチーズなど酪農製品は水曜、金曜を含み毎日食べてよい。

(4)大斎の七週の平日(月曜から金曜)には、その日にとる食事の「回数」も、許された「食べ物の種類」も制限される。しかし、食事することがが認められる時、食べる食物の「量」の固定された制限はない。

http://www.orthodox-jp.com/nagoya/meaninglent.htm

具体的に紀元何年からかはいえませんがコプト教の修道士が食べていたのがはじまりとのことなので

少なくとも紀元200年以降と思われます。

追記:今のコシャリには日本原産のお米が使われているようです。

http://www1.news24.jp/blog/ny_townwatch/2008/04/post_142.html

◎質問者からの返答

かなり詳しい所までありがとうございます!

参考にさせていただきます!


2 ● Breakpoint
●25ポイント

http://e-food.jp/map/nation/egypt.html

上のサイトほか、いろいろ調べました。

しかし何年目からという数字が出ません。


中国と同様に、あまりにも歴史の長い外国です。

5000年の歴史といわれています。

また、東西交易の中間点であり、いろいろ混ざり合っています。

専門家でもはっきりしたことが分からないのでは?

下に問い合わせると質問者も納得の、良い回答があると思います。




http://www.embassy-avenue.jp/egypt/index-j.htm

http://www.egypt.co.jp/

http://www.noguchi-ken.com/message/index.html

◎質問者からの返答

そうですね。

ご確認ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ