人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

AmazonSQSをわかりやすく説明してください。

とても丁寧に説明しているブログを見つけました。
http://d.hatena.ne.jp/takuya_1st/20080104/1199415316

しかし、こののサイトを見てもピンときません。

例えば、掲示板プログラム、チャットプログラム、動画サイトなど具体的にイメージしやすいものを使って説明してください。

例:書き込みが同時に100人行ったとして、サーバA、サーバB…など

●質問者: dingding
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:100人 いもの イメージ サイト サーバ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● uniluq
●60ポイント

http://aws.amazon.com/sqs/

に動画投稿サイトでの使用例が載っています。本当に【超】意訳します。


動画投稿サイトでは、投稿された動画を一旦ストレージサーバーに格納した後、例えばwmv形式からflv形式に、変換しますが、この処理には時間がかかるため、一度に複数の投稿があった場合、1つの変換処理用サーバーでは全てを同時に処理することはできません。高い負荷のかかる変換処理用サーバーは、多くの場合複数用意されているでしょう。


SQSを使うことで、複数の変換処理用サーバーへの処理分散を、非常に簡単に行うことが出来ます。

動画が投稿されると、WEBサーバーは、SQS(in)にキューを追加します。このキューにはストレージサーバーに保存された変換前動画へのpointerが格納されています。変換処理用サーバーは、自分の処理が終わり次第、SQS(out)に処理の完了を伝え、SQS(in)を参照し次の仕事を始めます。SQS(out)には、変換後動画へのpointerが格納されています。

SQS(out)を監視するサーバーは、SQS(out)にキューが追加されると同時に、変換された動画の情報をDBに格納し、WEBサイトへ反映します。


さらに、Amazon EC2ではインスタンスの数を動的に変化させることが出来るため、SQS(in)の待ちキューが増加した場合、変換処理用インスタンスを増やすことで、ユーザーの待ち時間が長くならないようにすることができます。

◎質問者からの返答

なんとなくわかってきました。ありがとうございます

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ