人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

漫画に出てくるお年寄りが、自分を「わし」と呼んだり、「?じゃのう」と言ったり、広島弁(?)のような言葉を使うのはなぜでしょうか?

●質問者: mmm_omon
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:年寄り 広島弁 漫画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● askvcrdf
●0ポイント

おじいちゃん語だから


2 ● kanan5100
●70ポイント ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E4%BA%BA%E8%AA%9E

古くからテレビドラマやアニメなどでは、一人称「わし」や語尾「?じゃ」、打消し「?ぬ」といった言い回しが「老人の使う言葉」というイメージでよく使われてきた。この老人語は江戸時代以来、セリフの約束ごととして、老人や知識人を表現するための役割語として演劇・小説・漫画等に定着したものと云う。

これらの言葉は現代の広島弁に近いが、広島弁が直接的に老人語とされたわけではない。江戸時代、江戸在住の知識人は京都や大坂など西日本の出身者が多く、西日本出身でなくても知識人はそれに合わせた話し方をしていたとされる(当時近畿地方では「じゃ」を使用しており、現在の「や」に移行するのは江戸幕末期から戦前にかけてである)。当時は「物知り」と云われる人は年配者であり、また当時の文化の中心は近畿地方であったことから、「老人」と「西日本出身」のイメージが結びつき、それらの人の言葉が定着したのではないかと云う。時代劇では、このような話し方を、高齢でなくとも大名などの貴人、学者、医師、僧侶などが用いることが少なくないが、これも昔の知識人の言葉遣いというイメージと関係すると思われる。明治時代になってから、「維新の元勲」や政治家、軍人に長州出身者が多かったことも影響しているとされる。

◎質問者からの返答

すばらしい!長年の疑問が解けました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ