人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ノック式ではなく、キャップをするタイプのボールペンの「お尻」(?) のところにはまっている部品(写真参照)は、日本語で、一般的に、何と呼ばれるのでしょうか?

英語の文章にbouchonと書かれていて、研究社の『新英和大辞典 第六版』には「《時計》穴金、ブション、ブッシュ」という訳語があるのですが、ペンの部品についてそう言うのかどうかが確認できません。bouchonという元の語にはこだわる必要はないので、全然別な表現をするのならそれをご教示いただければと思います。

※もし添付写真が表示されていないことがありましたら、下記にもアップしてありますのでそれをご参照ください。
http://f.hatena.ne.jp/nofrills/20081210172935

1228898136
●拡大する

●質問者: nofrills
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:はまっている キャップ タイプ ノック ブッシュ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● europeo
●35ポイント ベストアンサー

「尾栓」だと思います。

以下の、ボールペンの材質のところを見て下さい。

http://www.ohto.co.jp/html/product_lineup/soft_ink_pen6.html

上記以外のメーカーの材質を見ても、同じように「尾栓」と書かれています。

◎質問者からの返答

ありがとうございますー!

なるほど、「尾っぽのところにはめる栓」で「尾栓」、納得です。

この言葉を見たことがなくても、文字だけで簡単にイメージできますね。


おかげさまで質問を投稿してから30分もかからずに解決しました。多謝です。


2 ● newmemo
●35ポイント

http://joshinweb.jp/contents/pen/

http://www.penshop-risa.com/guide/f_info.html

http://www.rakuten.ne.jp/gold/penroom/grounding.htm

万年筆ですと、尻軸と呼称されている部位です。ボールペンでは部位の説明では上がっていないようです。但し、以下のようにボールペンでもその箇所を回す動作に対して尻軸と呼んでいます。

http://www.pen-info.jp/senatorqlever.html

そこには面白い仕掛けが隠されている。

どうするかと言うと、

尻軸をクルクルとひねるというものだ。ちょうど吸入万年筆のように。

http://www.nomado1230.net/shopping/outlet_03.html

備考欄

初期装着はボールペンです。

尻軸を回転させるとペン先が収納されると同時にクリップが出ます。

http://molbie.way-nifty.com/moji/2008/09/065-1d16.html

一見、尻軸の部分がノックパーツに見えるんですけど、ここを押しても芯は出てきません。

◎質問者からの返答

たくさんの参考サイトをありがとうございます。

万年筆は安いカートリッジ式のしか使ったことがないので (^^;)

「尻軸」ということばも初めて知りました。検索して感動してます。


おかげさまで30分もかからずに解決しました。多謝です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ