人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

当方飲食店を20年営んでいます
店舗は賃貸契約なのですが10年ほど前に所有者が(大家)変更になったというお知らせがきましたが
契約書は以前の所有者(大家)だけのものしかありません
現所有者との間では契約書を交わしていないのです
前所有者との間では数年ごとの更新手続きもあり新しい契約書もありました(全部保管しています)
要するに古い契約書しかなく現所有者の名前が入った契約書が存在しません
今後トラブルなどにはなりませんでしょうか?

●質問者: tommys
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:のし トラブル 名前 大家 契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●17ポイント

トラブルになる可能性が大いにあります。


ポイントは、新しい大家さんになってから今日まで、

の2点です。

いずれも無い場合は、不法占拠者と見なされる恐れがあります。

◎質問者からの返答

家賃は新しい大家にちゃんと払っています

更新は自動更新と不動産の方に言われただけです

書面としてあるのは所有者変更のときのお知らせだけです


2 ● pahoo
●17ポイント

大家さん(貸主)が変わった場合、賃貸借契約を結び直さなければなりません。自動更新されることは考えられません。

なぜなら、入居時に支払っているであろう敷金、権利金の類は tommysさん(借主)の財産ですから、いったん旧貸主は借主に払い戻さなければなりません。そのうえで、新しい貸主との間で、新しい賃貸借契約を結びます。(このとき、あらためて敷金を払うことになります)

逆に考えると、敷金などが新貸主に移管されていなかったり、賃貸借契約の内容が勝手に変わっているというトラブルが起き得ます。


ご質問の状況から仲介業者の不手際と考えられますので、速やかに賃貸借契約を結び直すことをお勧めします。とはいえ、10年前に遡ってというのは無理な話なので、契約日は現時点とし、遡及契約であることを覚え書きとしておけばよいでしょう。


参考サイト

◎質問者からの返答

ありがとうございました検討してみます


3 ● type9
●16ポイント

何年毎の更新(契約)でしょうか?

通常はトラブルがないように

更新のたびに、契約書同士が割印の入った契約書の書面交付をするのが

一般的だと思います。

媒介されている不動産業者へ確認されたほうがよいのではないでしょうか。

http://www.hatomarksite.com/


4 ● cherry-pie
●16ポイント

場合によりますが、基本的には再度契約書を交わす必要があります。

今からでも遅くありません

過去の変更になった時点での契約書を交わすといいでしょう

そういう事例はいくつもありますので

特に問題はないです。http://q.hatena.ne.jp/


5 ● どうもと
●16ポイント

オーナーチェンジ物件の短期賃借権でしょ?不法占拠は飛躍しすぎで。(´ー`)y-~~。

http://www.bird-net.co.jp/rp/BR990222.html

出て行って欲しければ、賃借権の更新をしないだけなので、出て行けといわれるまで使用してて問題ないと思うけど。ましてや、不動産屋の仲介が入ってるわけだし。

もっとも、物件が事件物で所有権に争いがある場合、賃料支払い先が真の所有者でないとなるとメンドウなことになるかと思うけど、不動産屋が入ってれば供託の手続きをしてるだろうし、いずれにしても気になるのであれば、不動産屋に話を通して、新オーナーと新規に賃貸契約書を交わせばいいかと。敷金や保証金も再度確認しておくほうがスッキリするだろうし。ただ、仲介手数料だの礼金だの、不要な出費が必要になるかも。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ