人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

サイゼリヤとかがデリバティブで大損こいてますが、そのしくみについて詳しく教えてください。


●質問者: draftand
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:のし サイゼリヤ デリバティブ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● bons5
●19ポイント

豪ドルが想定以上に安くなったため、デリバティブの契約上、1豪ドルあたり最大600円を支払わなくてはならなくなり、損失が発生。

http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/20081122gr01.htm

◎質問者からの返答

もう少し詳しく。本来なら、デリバティブで負けたら、その分仕入れとかで得をして、結局リスクが相殺されるはずなのに、なぜこのようなことになるのか。


2 ● gentle-smile
●19ポイント

デリバティブは通常の為替予約と違いどうにでも条件を設定できるもの、

といってしまっては説明不足でしょうか。

通常の為替予約と異なり、ハイリスク・ハイリターンの契約でした。

こちらが契約内容ですので、見てもらえれば一目瞭然かと思われます。

http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20081121/5dby3z/...

純粋に為替だけの契約ですので、仕入れ等は関係ありません。


3 ● sylphid666
●18ポイント

元々の契約自体がリスクヘッジに対応したような内容ではないようですね。

http://aruconsultant.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-505c.ht...

>2007年11月22日と2008年2月7日に締結され、それぞれの契約締結時の豪ドルの為替レートは105.83円と98.93円でした。サイゼリヤは、オーストラリアから牛肉等の輸入があり、豪ドルを安く入手できれば、豪ドル決済の仕入れ価格も安くなります。そこで、これら2本のデリバティブ契約ではサイゼリヤが豪ドルを78円と69.9円で入手可能な契約としました。

が、

>但し、豪ドル為替レートが万一78円(もう一つの契約では69.9円より豪ドル安/円高になった場合は、比例級数的に逆に豪ドル高/円安の為替レートでサイゼリヤは円対価を支払う契約でした。

とありますので、78円(69.9円)より円高になった場合は円対価を支払う契約のため、本来円高になった場合に享受できる円高差益を超える対価を支払う必要があったのだと思います。

◎質問者からの返答

よくわかりました。ありがとうございます。


4 ● はれる
●18ポイント

http://www.saizeriya.co.jp/ir_info/jp/pdf_jp/release/release20_1...

サイゼリアが結んだデリバティブの契約はFX参照型豪ドルクーポンスワップと言われるものです。

クーポンスワップとは、金利の交換を行うスワップのことです。あくまでも金利を交換するので、必ず交換しなければならなく、今月は1ドルだけみたいな取引はできないものとなっています。

今回の場合、サイゼリアは、1豪ドルを78円の契約を結んでいます。これは、2年間必ず、AUD/JPYのレートが78円で手に入るレートと考えていいでしょう。しかし、条件もあります。FXが78円以下の円高となった場合に、(前回約定レート)×(78.00/FX)のレートで交換しなければならなくなります。この最大のレートが600円となっています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ、上記の説明の内容はだいたいわかるのですが、なぜ「為替」ではなく「金利」をスワップするのかがいまいちわかりません。。


5 ● kn1967
●18ポイント

>デリバティブで負けたら、その分仕入れとかで得をして、結局リスクが相殺されるはず


デリバティブは長期的視点で見た場合に価格を平均化するという役目を果たし、

一時的に大きな損益になっても、長く続ける事によって平均に近づきます。

(おっしゃるように相殺される訳ですね)


ここで問題になるのが「長く続ける事」です。

今回のように短期的かつ一方的に大きく相場が変動した際に

引き続きデリバティブを続ける事が出来るかどうかという点です。

まだまだ続ける事が出来るのであれば、そのうちに平均に近づきます(=相殺される)


話は逸れますが

相場の一方的変動を見切る事が出来て利益だけを確定する事ができたとすれば

それはおっしゃるような形での「勝ち」や「負け」に相当するかもしれませんが

それはリスクヘッジではなくハイリスク・ハイリターンを期待しての金融勝負ですよね。


某大学のようにデリバティブの利用が

「差益で得をして」というような方向であったのだとすれば

勝ち負けで負けたという表現になりますが

仕入価格の安定化が主目的だと思いますので、大きな変動ではありますが

「一時的にマイナス方向に転じただけ(それにつけても大きな波だ・・・)」だと

理解するのが正解かと思います。


デリバティブ - Wikipedia

◎質問者からの返答

うーん、ちょっとよくわからないのですが、デリバティブを使う目的は、どちらかというと短期的なリスクをヘッジするためのものではないんですか?

たとえば、1年間1ドル100円でドルを買いたい、と思ったら、そういうデリバティブ契約をして、1年間という短期においては、為替リスクをヘッジする。ただし、2年後、5年後とかにに1ドル200円になってしまうリスクについてはこれだとヘッジできない、というふうに。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ