人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「年賀状」に関する歴史・ウンチクを調べています。
『年賀状のルーツ』『地域的に変わった出し方・受け取り方』『同じ国内なのに、そもそも、そういった習慣がない地域』等々、幅広く知りたいと思っていますので、情報、宜しく御願いします。


●質問者: tooh22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:ウンチク ルーツ 国内 地域 年賀状
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● syou_m
●35ポイント

年賀状らしきものは、平安時代に詩歌をたしなむ一部の知識人階級(貴族)の間で、新春に歌を詠んでやりとりしたことがあったそうです。

平安期の学者、藤原明衡が著した「雲州消息(うんしゅうしょうそく)」には年始あいさつ状の文例があり、これが現存する最古の年賀状だそうです。

江戸時代には諸大名が三日に年始の挨拶状を将軍に届けさせたとも言われています。

今のような年賀状が普及したのは約130年前の明治時代の事です。

当時は正月に書いて投函されていたため、郵便局は年が明けてからの作業が大変だったとか。

現在のような元旦に届くようなスタイルになったのは、明治時代後半のことです。

明治32年(1899年)に、年賀郵便を年末の一定期間に出すと、元日に配達される制度がスタートしたことがきっかけでした。

初めは指定された郵便局だけが取り扱っていたのですが、徐々に取り扱い局が増え、

明治38年(1905年)には全国すべての郵便局が年賀状を取り扱うようになりました。

http://harmonyatsugi.hp.infoseek.co.jp/kyusoku/nenga.html


2 ● Wannabee
●35ポイント

年賀状の歴史

http://www.nengahaku.jp/history.html





「年賀状」に関するウンチク

変わった出し方・受け取り方


しゅうまい年賀状というのがありました。

http://www.kiyoken.com/campaign/nenga/n_index.html

http://www.kanshin.com/keyword/818797

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ