人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「文明の飽和」
「自然破壊」と並んで、この言葉が実際によく使われる言葉とします。
その内容をわかりやすく要点をまとめて、ご説明ください。
自分の言葉で、3〜5行前後が目安です。
お手数ですが、宜しくお願い致します。

●質問者: fablies2007
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:前後 文明 破壊 自然
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● adlib
●10ポイント

文明の飽和 ? 歴代フォードの世紀 ?

「労働者が歩いている!」と叫んで、ベルトコンベアを開発した(1913)。

Ford, Henry I 18630730 America 19470407 83 /19030616創業

「マーケティング史上に残る最大の失敗」クレジットを導入した。

Ford, Edsel 1893‥‥ America 1943‥‥ 50 /Iの長男/1919社長

「高賃金の工場労働者が、高級車で通勤し」マイホームまで建てた。

Ford, Henry II 19170904 America 19870928 70 /Iの孫/1945社長就任1960会長1980辞任

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

検索等はすでにしております。

記載にもある通り、ご自分の言葉で要点をまとめた説明をお願い致しております。


2 ● kokada_jnet
●5ポイント

>「自然破壊」と並んで、この言葉が実際によく使われる言葉とします。

この仮定がまず、よくわからないのですが。。。「自然破壊」と比べると、圧倒的にマイナーな言葉ですよね。

もしも、「文明の飽和」がしょっちゅう、使われるような社会に将来なったら・・、その時点での「文明の飽和」の説明を求められているのですか?

質問があいまいすぎて、答えられませんが・・。

◎質問者からの返答

たしかに、わかりづらくてすみません。

「自然破壊」と比べると、圧倒的にマイナーな言葉である「文明の飽和」ですが、

これが、「自然破壊」と同じくらいメジャーだったと仮定した上で質問です。

例文が、てきとーですみませんが、下記のような感じで説明してほしいのです。

----------------------

「自然破壊」

地球上には、かつて豊富な自然とそれを支える生態系があった。

しかし、人類が自己の利益の為に、自然を好き勝手に貪ったため、それらは多いに破壊された。

今、一部の人々の間で、自然回復の試みが行われているが、元通り戻る見込みはほぼ無い。

自然破壊は、我々と地球にとって、最も深刻な問題であり、全力で解決しないといけない重要な課題である。

とか・・・


3 ● sibazyun
●30ポイント

昔は技術の進歩で、「社会が良くなること」が「悪くなること」をはるかに上回っていた(と信じられていた)。例えば蒸気機関の導入、電気の導入。(煤煙の害や、感電の危険性よりも良いことが多い)。

最近は技術が進歩しても「社会がよくなること」が「悪くなること」よりさほど上回らない(か、改悪になる)。例えば、原子力発電で、原子力汚染。

・・・てなことかしら。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

方向的には近い感じがします。


4 ● aoikisha
●45ポイント

機械の利便性に頼って人類は進歩、発展を続けてきた。ものを生産し、それを消費することで経済は活性化し人も豊かさを享受できた。ところが、人口の過剰、資源の枯渇、地球環境の悪化などによって文明の進歩の限界性が見えてきた。進歩発展が総体として行き着くところまで行き着いてしまって閉塞感が生じて来ているということ。

◎質問者からの返答

だいぶ近くなってきました!そんな感じです。

ご回答ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ