人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語のものの数え方について教えてください

なぜちょうちんは1張2張 と数えるのですか
鳥居が基 ピアノが台 はしが膳 と数える理由もぜひ知りたいです
わかるものどんどん教えてください

●質問者: mmmmml
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:ピアノ 日本語 鳥居
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● junti
●15ポイント

ちょうちんは、作るとき竹の枠(正式には何と言うか知りません)に

紙を張るから、だと思います。

◎質問者からの返答

なるほど紙を張るの 張 ですか

ありがとうございます


2 ● fraise
●15ポイント

お箸は一膳につき一組つけるものなので、膳を単位にして数えたのだと思います。

膳というのはひとりの一食分の料理をのせる小さな台のことです。

ちゃぶ台とかが普及する前は、お膳にひとり分ずつ食事を用意して食べてたそうなので

その名残として単位が残ってるのじゃないでしょうか。

◎質問者からの返答

なるほど 膳 法事などで出てくるあれですね


3 ● kinnoji7
●15ポイント

みなさんはお箸を数える時、どう呼んでいますか?そう!「膳」ですよね!「一本、二本」でも良さそうな気がしますが、お箸を「本」で数えない理由として、お箸は二本で一つのセットなので「一本、二本…」という数え方はしないという考え方があります。

お箸が「膳」で呼ばれる様になったのは鎌倉時代からで、この頃になって個人用のお膳が発達。一つのお膳に一対のお箸が添えられるようになった事からと言われています。

http://www.nishitetsureform.com/reform_club/club_tokusyuu_vol17....

◎質問者からの返答

ありがとうございます

鎌倉時代からなのですね 勉強になります!

あとは鳥居とピアノを知りたいです


4 ● kinnoji7
●15ポイント

動かないものを数える「基」

実は、この「基」という漢字には、建物の土台や物事の礎となる物という意味があり、簡単には動かされない物を表します。そこから、人間ひとりの手では動かすことができない施設や設置物などを数えるようになりました。普段、話し言葉ではあまり使わない数え方ですが、ニュースや街中でしばしば目にします。例えば、建物に据え付けてあるエレベーターやエスカレーターなども「基」で数えます。助数詞「基」は、大きさや規模に関わらず、地面や建物に据え付けてある物を数える、と覚えておくと戸惑いがないでしょう。建物自体も地面に据え付けてありますが、人間がその中で活動したり生活したりする空間を提供する目的で建てられているため、「基」では数えません。

http://www.japanknowledge.com/nihongo/column_kaz_s061016.html

◎質問者からの返答

なるほど、だから鳥居は「基」ですね


5 ● y_u_n_o
●10ポイント

こんな本があるようです^^

http://www.ebookbank.jp/hochi/ep/item/1-42900/

ページの下の方では、うさぎを何故「一羽、二羽…」と数えるか、抄録が読めます。

目次の一覧を見ていると、とても興味がわきますね!!

◎質問者からの返答

情報ありがとうございます


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ