人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

20代男性です。
就労不能と医師に判定されるには遠く及びませんが、精神に疾患を抱えています。
働くこと自体が凄まじく苦痛なので、できれば働かずに生きたいと思います。
しかし、親や親族には資産が無く、私自身にもありません。
どうすれば働かずに生きられるでしょうか?

●質問者: arukichigai
●カテゴリ:就職・転職 人生相談
✍キーワード:20代 医師 男性 精神 苦痛
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● harumi2
●19ポイント

http://www.seiho110.org/

精神疾患がよくなるまで とりあえず生活保護の申込してみたらどうですか?審査が通るかわかりませんが・・もし通った場合 病院へ行った領収書出すようになるまもです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ただ、私の疾患の状態だと、生活保護は通らないと思います。


2 ● kurupira
●19ポイント

お金持ちの女性のひもになればいいと思います。

気にいられるよう多少かっこよくなければなりません。

http://jp


3 ● chuken_kenkou
●18ポイント

就労不能と医師に判定されるには遠く及びませんが、精神に疾患を抱えています。

働くこと自体が凄まじく苦痛

主治医と、この辺のことについてもっと話し合ってみては?

公的な支援などを受ける上で、医師の診断は必須です。

そうでないなら、「お金を持っている伴侶を見つければ?」といった、具体性のないアドバイスをせざるを得ません。

できれば働かずに生きたい

まず、現在まで就労していたなら、健保組合から傷病手当が給付される可能性があります。

給付額は標準報酬月額の6割で、最初の給付から18ヶ月目までです。

医師により就労が困難との診断を得られれば、障害年金の給付を受けられる可能性も出てきます。

ただし、厚生年金か共済年金に加入していた時に発症したことが前提であり、認定される可能性がある3級では、月額で5万円弱程度です。

(国民年金の場合は、2級までで、3級がありません)

親や親族には資産が無く、私自身にもありません

「仕事をしたくない」という理由では無理ですが、「仕事をしているが収入がかなり少ない」、「病気等で就労に制限がある」といった理由であれば、生活保護を受けられる可能性が出てきます。

生活保護は、「働けず、まったく収入がない」という場合だけでなく、「収入があるが、生活保護レベル以下」といった場合にも、生活保護レベルとの差額を給付してもらえます。

生活保護の給付額は、地域により異なり、物価の違いなどで都市部が高く、地方は安くなっています。

持ち家があった場合でも、高額での売却が困難で、賃貸住宅に住み続けるよりは安価と認められれば、家を持ち続けることを認められる場合があります。車も、仕事をする上で必要と認められれば、所有を認められる場合もあります。


以上、かなり真面目に考えてみました。


http://q.hatena.ne.jp/だみー


4 ● Marnier
●18ポイント

働かずにすむ方法...こっちが知りたいですww




ではなく...働くこと自体がすさまじく苦痛とありますが、

色々な要因があると思います。まず、あなたの中で、それを整理して出していただけますか?

そこから、あなたの生きていく方法について何かヒントが見つかり、わたしも力を貸せるかもしれません。



あなたが、なにをしたいのか(したくないのか)、なにができるのか(できないのか)、まずは、ここをハッキリさせてから問題を解決すべきと思います。



あと、個人的に気に入ったURLを。

http://d.hatena.ne.jp/essa/20070131/p1(ホンマかいな?)

http://tekigi.hiho.jp/blog/archives/2004/03/post_3.html(桃源郷の末路です)


5 ● der_freischutz
●18ポイント

道徳的な問題を無視するならば…

刑務所に入ってみる。

ある意味働かされますが、くいっぱぐれはないのでは?

懲役

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E5%BD%B9


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ