人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

CentOSのレンタルサーバーを使っています(root権限あり)。
WordPressをインストールしてみたのですが、プラグインの自動インストールで FTPの設定をする事ができます。

しかし、CentOSで自サーバーからの接続が許可されていないのか、正しいアカウントを入れても接続ができません。調べていたところ、以下のようなページを見つけたのですが
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/038tcpwrapper.html

inetd.sec というファイルを見つけることができませんでした。
Cent OSで、自サーバーからの FTP接続を許可する設定を行うには、どうしたらよいでしょうか? または、WordPressで接続ができないのは全然別の原因でしょうか? 教えてください。

●質問者: selter
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:CentOS FTP OS root SEC
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● zzz_1980
●0ポイント

手元の環境がCentOS 4.9 なので、最新のものとは違うかもしれませんが、

CentOS では各種 daemon の制御は inetd や tcp/ip wrapper ではなく xinetd が行っています。

(ので hp-ux の設定方法は参考にならない)

/etc/xinted.d に gssftp というファイルがあれば、

このファイルの

disable = yes

disable = no

に書き換えて、kill -HUP xinetdのpid または reboot してください。

これだけで kerberos 認証付き ftpd を xinetd で使うことができます。

ただ、こいつを運用するには kerberos 認証ができないといけないので面倒です。

セキュリティ的に問題なければ vsftpd をのせたほうが設定は楽です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

うぅむ、kerberos認証というのがハードルが高そうですね。vsftpdというのは、新たな FTPサーバーソフトということでしょうか? 確か、今は proftpというのを利用しているようです<最初から入っていた。

私は、多少は Linuxのコンソールをいじったりはできるのですが、詳しいわけではなく、ソフトのインストールとかまでなると若干不安です。。

素人がこの辺りを設定するのは難しいんですかねぇ。。 他にもアドバイスありましたら、ぜひともいただければ幸いです!


2 ● gorogoro563
●20ポイント

そのURLはhp-ux について書かれた内容のようですね。centOSは関係ないかもしれません。

一般にサービスの許可などは/etc/host.allowやhosts.denyなどのファイル、あるいは、selinuxなどの機能を利用します。

Firewallは一般にiptablesが使われることが多いのですがそちらのほうの設定はどのようになっているでしょうか?

今現在利用されているcentosのどのサービスが起動しているかによっても答えが変わってくると思います。

「WordPressをインストールしてみたのですが、プラグインの自動インストールで FTPの設定をする事ができます。」

何をどのように作業したのかこれだけの文章では判断が付かないのです。wordpressはroot以外の1つのユーザで動かすと思いますのでwordpressのプラグインを入れてもftpサーバーの設定は出来ません。

wordpressはblogのスクリプトでftpはサーバーの1つのデーモンですのであまり関連が無いと思います。


/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

root権限があるということは専用サーバーだと思いますが、一般に専用サーバーは管理者にOSやサーバーを管理する能力があることを前提としています。

非常に権限が大きい代わりにそれなりの知識を必要とします。不具合が起きればインターネット全体に迷惑をかけますしサーバーが悪用されれば管理者であるselterさんが最悪FBIに追っかけられることにもなりかねません。

selterさんはどの程度サーバー管理に対する知識があるのかわかりませんが、もし、初めてであれば同じOSをローカルエリア内に立てて色々調べてからインターネット上のサーバーを利用すると良いと思います。

◎質問者からの返答

アドバイスありがとうございます。

「WordPressをインストールしてみたのですが、プラグインの自動インストールで FTPの設定をする事ができます。」

こちらの説明が下手で失礼しました。

通常、WordPressのプラグインをインストールする時は、FTPソフトを起動してファイルをアップロードしなければなりません。しかし、WordPressの設定画面からFTPの各種設定を行うとブラウザだけで「プラグインファイルのダウンロード->サーバーへのアップロード」という作業を行ってくれる機能があるのです。これを使ってみたかったのです。

しかし、私が使っているサーバーではこの設定をしても、「接続できませんでした」と出てしまい、できなかったため質問させていただいた次第です。

とはいえ、ご指摘の通り、このエラーが「恐らくローカルホストからの接続をはねているのだろう」といった程度までは分かるのですが、では具体的にどこの設定をどう変えたら良いのかなどまでが分からない程度の知識なので、設定を変えるのが危険なようであれば先の機能は使うのを諦めようかなとも思っております。

引き続きアドバイスお願いいたします。


3 ● zzz_1980
●60ポイント ベストアンサー

proftpというのを利用しているようです

コンソールから ftp localhost として ftp サーバーにつながりますか。

つながらなければ、/etc/xinetd.d の下に vsftp とか ftp とかそれっぽい(^^;)名前のファイルが

あるはずなので、disalbe = no となっているかどうか確認をお願いします。

たとえばこんなファイルがあるはずです。

# default: on
# description: The proftpd FTP server serves FTP connections. It uses \
#normal, unencrypted usernames and passwords for authentication.
service ftp
{
socket_type= stream
wait= no
user= root
server= /usr/sbin/in.proftpd
server_args= 
log_on_success+= DURATION USERID
log_on_failure+= USERID
nice= 10
disable= no
}
◎質問者からの返答

アドバイスありがとうございます! 探してみたところ、該当のファイルがありました。また、「disable」も、noになっています。

ただ、yesにしてみたのですが、やはりうまく行きませんでした。。

だいぶ諦めモードではありますが、もう少し続けさせていただきますので、もし他にもアドバイスがありましたら、いただけると幸いです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ