人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スペースオペラ(スタートレック等)で2つ以上の宇宙船が登場するとき、何故、宇宙船の天地が同じ向きになってるのでしょうか?

例えば、併走して移動するときも背中合わせだったりしてもいいはず。

科学的な根拠はありますか?映像製作者の都合以外の回答でお願いします。(見た目がキレイ等の回答は無しでお願いします。)

●質問者: 海音寺五十二
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:キレイ スタートレック スペースオペラ 宇宙船 映像
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 22/22件

▽最新の回答へ

[1]作品によっては Gay_Yahng

天地がひっくり返ってすれ違うって描写もありますけどね。

最近だとアニメのマクロスフロンティアの戦闘機。

スタートレックってすれ違うシーンなんてたくさんありました?


[2]宇宙船自体の所為 Volfeed

宇宙船の人工重力装置が、宇宙船同士を反発させ、丁度磁石のように向きが合う

……こじ付けがきついですね……


[3]>1 スターウォーズ goodvn

STAR WARS でも,天地バラバラの描写があると思います


[4]科学的というか、こじつけ的には Gay_Yahng

・その世界では銀河を水平に見て例えば、北極星方向を上にしておく と国際法とか、交通法規のようなもので「決めている」から。

・艦隊戦だと人間の上下感覚を揃えておいた方が指示しやすい。

「下に回り込め」とか「微速前進」とか

(宇宙で戦争するような人たちが空間把握力が無いとは思えないですが。)

・たまたま同じ方向だったシーンだった。

当然ひっくり返っている場合もある。


[5]三つの根拠 I11

宇宙には天地が無いはずなのでなぜ宇宙船に天地があるのかについては、すでにいくつかの議論が存在します。それによると、主に次の三つの理由が指摘されます。

1 科学的な根拠

宇宙の通常空間といえども、航行している場所は銀河であり、恒星間航行です。また、舞台の多くはどこかの恒星の太陽系内です。

つまり、まったく重力が存在しないわけではなく、なんらかの重力が存在する場=天地が存在する場で宇宙船は航行していることになります。銀河系では銀河の中心方向が地、銀河の外縁方向が天。恒星系では恒星の外縁方向が天、恒星の方向が地です。

スペースオペラでは、通常空間と亜空間という異なる空間を表現することがありますが、その場合、通常空間では天地を明確に表現し、亜空間ではあえて天地を不明確に表現するという具合に、表現の差異によって空間・状況の違いを表現することがあります。

2 外交的慣行

異なる文明・知的生命体とのファーストコンタクトは、互いの種族を戦争などの破滅に導く可能性があるため、そのような不慮の文明的事故を回避するために、地的生命体の多くは恒星間航行において外交的慣行(プルトコール)を実行していると考えられます。

たとえば、宇宙船からつねに「わたしは平和と異文明との共存方法をを知っている知的生命体であり、これはその宇宙船です。現在のこの宇宙船は武装していますが、武器使用の準備はしていません。本船と乗員に交戦の意思はありません」という意味の信号を発信する、などがその例です。

その際、船の位置や種族、交戦意思の表示などとともに、船の天地情報も発信し、「相手の頭に足を向けることによって発生する文明の衝突と戦争」を回避しているものと推測されます。

3 文化・文明的帰結

多くの知的生命体は惑星などの重力圏で発生し進化を遂げてきたと考えられるので、天地の情報を持ちその情報を共有していることは、高度な知的生命であることの証明でもあります。

異なる文明がその文明の違いをのりこえるための共通項として、重力、天地の情報はその基本的な要素であり、天には天、地に地という具合に共通項で行動することによって、文明の衝突による種族の破滅を回避しているものと推測されます。

人間同士でも、名前も知らない相手と最初に出会ったとき、相手と同じ行動をしてみせる、ということがありますよね。知らない相手でも、笑顔を向けられたら、こちらも笑顔を向ける。宇宙でも同じです。


[6]>1 スタートレックの場合 kaionji

相手の宇宙船と向き合って交渉してるときは、だいたい天地が同じだと思います。

あと、戦闘機は天地がバラバラなのは普通な気がしますね。


[7]距離を測ったりするのに、上下左右などの関係が必要になるのでは? chuken_kenkou

距離などを測る時、前方や後方、上下左右など方向が決まっている必要があるように思います。


[8]>1 スタートレックでは SALINGER

ネクストジェネレーションやボイジャーなんかだとよく他の宇宙船と並走することがありまして、当然のように上下が一緒です。

このことは、ミクシィの「スタートレックのここがおかしい」でも話題になったことがありますよ。

まあ、ボーグキューブなんかどっちが上だか下だかわからないけど、一辺が水平になってることは確かだね。

抵抗の関係ない宇宙船なのに、戦闘機形体なのはどうしてかとか疑問もあるけど、それは一応大気圏に突入して着陸したことはあります。

そもそも、スタートレックでは出会う宇宙人が地球人にそっくりなヒューマノイドばかりなのはおかしかったりする。


[9]>8 どっちがリアルに感じるかですね。 Gay_Yahng

私はひっくり返っていたりしたほうがリアルを感じるのですが・・・・。

>ネクストジェネレーションやボイジャーなんかだとよく他の宇宙船と並走することがありまして、当然のように上下が一緒です。

なるほど、私のスタートレックは古いんだな。エンタープライズと併走する宇宙船ってイメージが無いもんで。

>そもそも、スタートレックでは出会う宇宙人が地球人にそっくりなヒューマノイドばかりなのはおかしかったりする。

いや、いや、知的生命体はヒューマノイドタイプに進化しやすいという論証かもしれない。または、同じ先祖を持つ分化した生命体かもしれないし。

クリンゴンの先祖はあからさまに人間と違うんでしたっけ?


[10]>9 これについては SALINGER

>クリンゴンの先祖はあからさまに人間と違うんでしたっけ?

これについてはネクストジェネレーションで、地球人とクリンゴンとロミュランが遺伝子的に同じ種族に行き着くという考古学を題材にした話がありました。

まあ、他の宇宙人が背丈や文化に共通点が多いことの苦しい理由にした感じもしますが。

たぶん、地球と少しでも重力が違うと背丈が違ってくるのが普通でしょうね。


[11]>4 銀河座標 fuk00346jp

本当に座標系があったり^^

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E5%BA%A7%E6%A8%9...


[12]ゲーム理論 ita

戦闘を行う場合、相手から見た面積が小さいほうが有利なので、宇宙船としては円筒形にして常に相手に前面だけ見せているのがよいでしょう。そして攻撃する場合は相手の側面を見られるような位置に移動することになるでしょう。すると互いに相手の側面を取ろうとして飛行機のドッグファイトのような機動になると思われます。

相手に前面を見せつつ側面を取るには船体下面に強力なスラスターを付けて加速することが必要です。上下左右4面全てにスラスターを付けてもいいですが、一面だけ付けて他の方向に加速する場合は姿勢制御スラスターで前後方向を軸に回転してスラスターを別の方向に向けてから噴射すればメインの機動用スラスターは一個で済みます。

こうやってドッグファイトしていると双方ある面の中での機動に落ち着き、その場合は上下方向が同一平面内にあることになります。


[13]宇宙気流があるとからと言うのは冗談ですが。 pascal7

真面目な答えだと制作側の都合でと言う以外の回答はないと思います。


こじつけの話を作ると

宇宙は真空だと言うのは間違いです(これは本当です)。

分子密度が極端に低いので真空と呼ばれているだけです。

現に上層大気中を飛ぶ(通常飛ぶというでしょう)人工衛星は、

上層大気との摩擦で、減速し、地球へ落下してきます(これは本当です)。


超高速宇宙船も星間空間の分子の摩擦を受けます。

その星間物質との摩擦を軽減するため、高速宇宙船は流線型に作られます。


上下は、作る必要性は無いのですが、上下を作らないと人間の感覚が狂ってきます。

例えば左舷から敵襲来という時(えーと彼のいるデッキは、ここと上下が反対だから…)

と、変換して考えていたのでは迅速な動作が出来ないという結果をうみます。

全員が同じ方向に立つということは必要なそちです。


並走をするときも同じく、同じ感覚を共有するために通常同じ上下関係で行動するという

慣習があります。

もちろん、必要があれば上下逆の状態も使用します。

と書くとほんとみたいだと思います。


[14]情報伝達の都合。 filinion

まず、両船が味方同士であった場合。

宇宙空間には上下左右がありません。

だから逆に、「どちらの方角であるか」という情報を2つの船が共有していないと、とっさの時の意思疎通に支障を来すのだと思います。

「未確認機接近、本船直上!」

「えーっと、あっちにとって直上ってことは、本船にとっては10時方向の……」

とかやってると死にます。

だから最低限「上下」について統一しておくことで、意思疎通を容易にするのではないでしょうか。

敵同士であった場合。

回避運動などの短時間には、「上下」がぐるぐる回ることもありますから、回ることは不可能ではない、と考えます。

逆に言うと、上下を敵とそろえるのは何かの意図がある。

まず、宇宙空間における個人間の格闘戦を考えてみましょう。

相手が、自分と同じ向きに立っていたら、たとえ宇宙空間であっても、なんとなくどう戦えばいいか心構えができます。

でも、相手が自分に対して135度の角度にいたり、足をこちらに向けていたりしたら、ちょっとどう対応すれば良いかとまどうかも知れません。

重力を前提とした生活・思考というのは、単なる慣れだけではなく、三半規管などの器官設計や、おそらく脳の情報処理のあり方にまで組み込まれているはずで、そこから脱却するのは難しいと思います。

だから、敵と「上下」をそろえることで、敵がどう出てくるかを予測し易くし、敵の行動にとっさに対応しやすくなるのだ、と考えます。

屁理屈ですが。

もちろん、「苦手だからできません」というのは軍事的には許されない話で、逆に、敵と天地をずらした戦闘に熟達すれば、敵の虚を衝くことができる、という考え方は当然生まれるでしょうし、それを訓練する「宇宙軍」も表れるかも知れません。

(「エンダーのゲーム」だと、「進行方向が“下”」という発想が求められていました。

まあ、それとて重力下環境での思考から逃れてはいないわけですが)

でも、敵がこっちに合わせて「天地」をそろえてくればそれは無意味になってしまいますし、それを回避しようとすれば、こちらが味方同士で上下をばらばらにして、合わせられなくするしかない。

そこまで苦労して訓練するなら、もっと他のことに力を入れた方がいい……という判断があるのかも知れません。

また、「天地ずらし戦術」は、こちらが相手より熟達していないとむしろ不利になってしまいますから、「こちらの方が多く訓練を積んでいる」という確信がないと、なかなか採れない方針だとも言えます。

まあ、時代的に「天地ずらし戦術」の戦術研究が進んでおらず、惑星空軍や海軍のドクトリンを引き継いだ戦術が依然として採用されている、という話かも知れませんが。


[15]>13 これはちょっと Gay_Yahng

>超高速宇宙船も星間空間の分子の摩擦を受けます。

>その星間物質との摩擦を軽減するため、高速宇宙船は流線型に作られます。

流線型にしたからってよけられないよね?


[16]>15 流線型 ita

空力における流線型は後方で発生する渦による抵抗を減らすためですね。

宇宙だとあまり関係なさそう。

それよりも推進剤となる物質は積極的に取り込んだほうがいいかも。

エネルギーがいくらあっても後ろに何がしかの質量を噴射しないと前向きの運動量を稼げませんから。推進剤を全部自前持ちだと船の質量のほとんどが推進剤に。

トランペットみたいな形状でかき集めながら進んだほうがいいかも^^;


[17]>16 SFの言葉遊びでしかありませんが SALINGER

実はそのとおりスタートレックでは推進剤となる物質を集めながら航行しています。

通常エンジンはワープナセル(棒状に2本ついてるやつ)の先端から星間物質であるデューテリウムを採集し、核融合させ高エネルギープラズマを生成してエネルギーとしています。

また、ワープエンジンはデューテリウムを反応剤として、ダイリチウム結晶を利用した技術により制御しながら物質/反物質反応を起こし、ワープ航行に必要な亜空間フィールドを作り出します。

亜高速で航行する船体において宇宙塵などの物質が船体にぶつからないように、デフレクターによって進路上に力場を発生させて、摩擦になるような物質はコース外に押しのけます。その為摩擦を軽減するために流線型である必要はありません。


[18]対称形と並行形 miharaseihyou

純粋に美的見地からすると上下あるいは左右が対称形か並行するかが見栄えがする。

併進するか接敵ですれ違う場合は機位に角度差があっても当たり前だとは思います。

進行方向の角度差はあまり当たり前ではない気がする。

二機同時に現れる場面では方向だけは並行するでしょう。


[19]行動の基準として…… tad8210

相手と天地を合わせることで、互いの動きを把握しやすくなるからではないでしょうか?

味方同士が同じ方向へ進んでいる場合、例えば「こと座ベガを基点に9時方向へ進路変更」という指示も、背中合わせだと左右に反対方向になってしまいます。

これが頭上方向に移動となると、待っているのは致命的なクラッシュです。

敵対勢力との戦闘時でも天地を合わせておけば、相手の通信なんかを傍受した場合、その行動の予測もしやすいのではないでしょうか?

一瞬で判断をしなければならない戦闘時などに、その情報を得てから「相手の船はこっちから見て85度右に傾いているから、左に30度の針路変更すると……」などと考える暇はないはず。

なら、最初からお互いに天地をそろえておけば、考えることは少なく、決断は速やかになるのではないでしょうか。

なのできっと、相手の姿勢は光学観測機器や電子観測機器で判断して自動修正しているのでしょう。

艦隊ならば旗艦の動きに連動して動く感じですかね。

というか、現代空軍なら接近してきた相手が背面飛行とかだったら、挑発行為と受け取るだろうな……なんて思ったり。


[20]>1 キャプテンハーロックでは takomasa

松本零士作のマンガ「宇宙海賊キャプテンハーロック」での敵マゾーン艦隊との戦闘描写の話です。

最初はマゾーン艦隊もアルカディア号も同じ上下で向かい合い、いざ戦いが始まる間際に

キャプテンハーロックがいきなり舵輪を大きく回し、アルカディア号の上下を反転させて

「宇宙には上も下も無いからな。敵さん、今頃あわてているだろう。これが海賊戦法だ!」

と言い放っていました。でも、アルカディア号の乗組員も「わっ、わっ」と声を上げてたと思う。

そのページは、絵もセリフの写植も上下逆さまに印刷され、

「このページはわざと上下反対に印刷されています」という注だけ正常な向きになっていました。


[21]>20 すげー SALINGER

ページ自体が逆さまなんて。

敵があわてるということは、キャプテンハーロックの世界では宇宙船は上下同じ向きというのは暗黙の了解ということなんだろうか。

因みに、宇宙戦艦ヤマトでは向きとか関係無しにきりもみ飛行をしながら戦ってる印象がありますね。


[22]星の近くでなら parrotfish

完全無重力じゃない、星のそばでだったら、多分噴射口を重力の来る方に向けないと落ちてしまいますね。軌道に乗ってれば別ですが。

恒星があったら、そちらに窓を向けると危ないので、おそらく窓はできるだけ船体の陰に入るようにするのではないでしょうか。


結果として向きが揃うのではないでしょうか。

ホントに何にもないところで、ランデブーしないでしょうし。


行動心理学的には、プールや海のビーチベッドが本職が並べなくてもなんとなく平行になっているのと同じ理由で、結局並ぶように思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ