人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

冷奴や料理に下ろしたり千切りにして使う生姜と
漢方薬で使う粉にした生姜末とでは成分や効能に
違いがあるでしょうか。どなたか教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:冷奴 料理 漢方薬 生姜
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Reserwe
●70ポイント

全く同じではないが、似たようなものではある。

東洋医学の考えかたですと、生姜は生姜でも「生の生姜」と、「乾燥させた生姜」では意味が違います。「生の生姜」は「生姜」ショウキョウ、「乾した生姜」は「乾姜」カンキョウ、といいます。

漢方の処方でも「生姜」を入れる処方と「乾姜」を入れる処方があります。乾しただけですが、この二つには大きな違いがあります。「生姜」は浅いところを温めます。「乾姜」は深いところを温めるといわれています。そのため、初期の風邪の時の葛根湯などは風邪が表面にあるので、生姜を入れます。手足が冷えている人などの下痢の処方で人参湯がありますが、これはからだの深いところ、内臓が冷えている状態なので、乾姜を使います。

生姜は天日で干しますと、太陽の陽気を浴びて水分が減り、辛味成分も増えて温める力が強くなることがわかっています。よく干しシイタケも天日で干すとうまみ成分が増えるといいますね。


http://www.ioudou.co.jp/kan/archives/2006/11/post_28.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。実は「生姜紅茶」作って温まろうと

思っているのですが、作り方に「生姜をすって紅茶に入れる」と

あるのですが、体の芯から温めるという意味ならば

ご回答にあるように乾姜のほうがいいようだと思っています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ