人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

iPhoneを使い始めアプリの楽しさを知るうちに、僕も何か作ってみたいと思うようになりました。
私のレベルはHTMLがほんの少し分かる程度です。
全くのプログラミング初心者がiPhone向けアプリを制作するために必要な勉強、そのために読むべき本などを教えてください。

●質問者: takmck
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:HTML iPhone アプリ プログラミング レベル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● munyaX
●35ポイント ベストアンサー

環境面ではとりあえずMacが必要です。

※MacOSXの比較的新しいバージョンが必要です(Leopard?)


言語としては「Objective-C」という物を使います。

こちらはHTMLなどの文書構造を表す物ではなく本格的なプログラミング言語です。「C」とついていますがC言語とはかなり異なる書き方をします。Objective-Cの言語仕様をざっと覚えます。

最初のうちはサンプルなどを見ながら少しずつ変更し、感触をつかんでいけば良いのではないかと思いますが、まだ特殊な環境ですし、プログラミングが初めてということですと、かなり敷居が高いのではないかと思います。

■目指せ!iPhoneアプリ開発エキスパート

http://gihyo.jp/dev/serial/01/iphone/0001



オススメなのはiPhone風のインターフェースのWebサイトを作成されることです。

ライブラリなども出そろってきています。こちらを利用されればHTMLとJavaScript程度でアプリっぽい感じのサービスが提供できます。

■iPhone用Web開発定番ツールのまとめ

http://blog.sohaya.com/iphone%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%B5%E3%82%A...


Macが手元にあって、上記では満足行かない場合や、技術的にもっと難しいところにチャレンジされたい場合にアプリ開発に手を出されるのが目的を達成するにはお手軽ではないかぁと思います。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

お伝えし忘れていました。Mac(OS10.5)は持っております。

Objective-Cというものが必要なんですね。

そもそもC言語も良く分かりませんから、参考書を一度読んでみます。

Webサイトを作るのは面白そうですね。

JavaScriptも全くわかりませんが、この機会に勉強してみます。

まずはJavaScriptを学びながらWebサイト作成 → 同時進行でObjective-Cに触れる

よくばりだと思いますが、年末年始に時間がありますので挑戦してみます!


2 ● australiagc
●35ポイント

水をさすようですが、iPhoneのネイティブアプリの開発は初心者の方が手を出すには時間的にも金銭的にもコストがかかりすぎるかと思います。

munyaXさんの説明とかぶるところも多いと思いますが、まずは開発環境を整えるためのコストがかかります。


http://developer.apple.com/jp/iphone/program/

まず、「iPhone SDK」という開発パッケージ自体は無料でダウンロードできますが、MacOS上での動作シミュレーションまでに限られてしまいます。

iPhoneなどの実機へのインストールを行ったり、ストアでアプリを配布するにはライセンスが必要となり、これは10,800円かかります。


http://www.apple.com/jp/macmini/

また、原則的にMacOS10.5(Leopard)が必要となりますので、お持ちで無い場合はIntel Macの購入が必要となります。

手ごろな物でMac miniですが、最低スペックでも79,800円かかります。


http://wisdom.sakura.ne.jp/programming/objc/index.html

http://developer.apple.com/jp/Documentation/Cocoa/Conceptual/Obj...

http://developer.apple.com/jp/documentation/Cocoa/Conceptual/Obj...

次にObjective Cというプログラム言語そのものがかなりの曲者です・・・。

開発者登録をすれば最低限のサンプルをダウンロードできるので、コードさえ読めるようになっていればその応用で簡単なアプリは作れるでしょう。

しかしサンプルの範囲から離れようと思うと、「オブジェクト指向」や「メモリ管理」などの概念を把握する必要があると思います。


結論から言うと、次の順序でトライしてみるのがベストかと思います;

1.munyaXさんの最後のリンクにあるような、iPhone向けのウェブ開発ツールでiPhone用ホームページを作ってみる

(この時に、ついでにPHPやJavaを一緒に勉強しておくと、少しでもCの勉強に役立つかも知れませんん・・・)

2.Xcode(Objective C用の開発ツール)をインストールして、とりあえずObjective Cで初歩的なMacアプリを作ってみる

3.無料SDK(要MacOS10.5)をインストールして、他の方が紹介しているサンプルコードなどをつなぎ合わせてiPhoneシミュレーターで試してみる

4.独自のアプリを、シミュレーター上で完璧に動作するまで作り上げる

5.開発者登録(要有料ライセンス)をして、実機での動作テストおよびInstruments(開発用のアクティビティモニタのようなもの)でのメモリテストを行う


ちょっと時間はかかると思いますが、がんばってください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

難易度が高いのがなんとなくわかりました!

開発環境についてはすみません伝え忘れていました。

MacOS10.5を持っていますので、iPhoneSDKのライセンス料と将来的に開発者登録が必須ということですね。

そしてObjectiveC。簡単に考えていましたが大分難しいようです。

お二人のお勧め通り、Webサイトを作ることから始めるのが筋道なようですね。

会社のサイト管理(HTMLと少しのFLASHで作ったもの)をしていますので、

それをiPhone対応にすることを第一目標にしてみます。


3 ● motsura
●30ポイント

今月発売のMacFanで、質問主さんのような方のためのiPhoneアプリ製作への取り組み方が特集されてますよ。

http://macfan.jp/magazine/latest/select/index.html

◎質問者からの返答

おおMacFanですか!

もう2月号が出る時期だと思いますし、バックナンバーを取り寄せてみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ