人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

太宰治の『東京八景』に「板橋脳病院のコスモス」が挙げられています。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1569_23528.html
この「板橋脳病院」の当時の所在地(板橋であることはわかりますが)や、現在どうなっているかといった情報を教えてください。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:いるか コスモス 八景 太宰治 所在地
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●40ポイント

太宰はバルビツール中毒で、昭和11年に東京武蔵野病院に入院しています。

現在もコスモスがあるかどうか知りませんが、おそらくは、この病院を指しているものと思われます。


東京武蔵野病院


(東京都板橋区小茂根4-11-11)

◎質問者からの返答

なるほど、条件には合っているようですね。


2 ● ぱる子
●40ポイント

おそらく「板橋脳病院」という固有名詞ではなく、板橋にある

精神病院、という意味ではないでしょうか。

太宰治を巡る(船橋時代と病院を歩く・上)

によれば、太宰は1936(昭和11)年10月、麻薬中毒治療のため

東京・江古田の東京武蔵野病院に入院しています。この病院を

指すのではないかと。


で、現在の東京武蔵野病院のサイトで沿革のところを見ると、

1928年(昭和3)年の開院以来とくに移転などの記事はないので、

現在の所在地(東京都板橋区小茂根4-11-11)に当時から建って

いたものと思われます。昔と現在の建物写真、近辺の航空写真

などもこの沿革のページに載っています。

◎質問者からの返答

固有名詞ではないか、あるいは通称だったのかもしれませんね。


3 ● kanan5100
●50ポイント ベストアンサー

「板橋脳病院」という病院はありません。これは、太宰がバビナール中毒で入院していた東京武蔵野病院のことです。

同病院で太宰の主治医だった中野嘉一は、のちにこのように書いています。

ずっと後になって、太宰は「東京八景」という作品を書いているが、この八景の中に、「板橋脳病院のコスモス」というのが出てくる。これは、あの病棟の鉄格子にサルがするようにすがって、「出してくれ、出してくれ」と叫んでいた彼の目に映じた赤や白のコスモスの花であったと思う。殺風景な、花ひとつない廊下の暗さ、そして鉄格子の窓。これらと対照的に、中庭のコスモスの花が彼の脳裏に強く印象づけられたせいであろう。

太宰治―主治医の記録

太宰治―主治医の記録

  • 作者: 中野 嘉一
  • 出版社/メーカー: 宝文館出版
  • メディア: ?

東京武蔵野病院は、現在も同じ場所にあります。

http://www.tmh.or.jp/

◎質問者からの返答

これは決定的な証言ですね。それにしてもよくご存じです。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ