人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://q.hatena.ne.jp/1229978442
のつづきです。
どうやらプリンタにデータを送るさいに、csrss.exeというものがCPU使用率を99%使ってしまっているようです。
プリンタは、HPのpsc2450を使用しております。
調べてみると、このcsrss.exeは、ネットワークに関するものとわかりました。
しかし、プリンタの接続は普通にUSBを使って接続しております。
これはどういうことなのでしょうか。

●質問者: sasetch
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:exe データ ネットワーク プリンタ 接続
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kimudon
●35ポイント

http://www.casupport.jp/virusinfo/2003/win32_ciadoor12_a.htm

http://www.google.co.jp/search?q=c:csrss.exe&lr=lang_ja

ウィルス(トロイの木馬)に感染している可能性があるのでは?


2 ● pahoo
●35ポイント

csrss.exeは、ネットワークに関するものとわかりました

ちょっと違います。

csrss は Client/Server Runtime Subsystem の略で、Windowsサブシステム(ユーザー・モード)全般を司ります。

具体的には、グラフィックや16ビット仮想DOSのサポートや、プロセスとスレッドの生成/消滅、テンポラリファイルなどの関数提供など、じつに多彩な機能を提供しています。このため、一概に crss.exe のCPU占有率が高いといっても、どのスレッドで消費しているのかは分かりません。


プリントアウトの際にCPU負荷が起きるということなので、まず思い浮かんだのが、プリントデータをアプリケーションからデバイス・ドライバ(カーネル・モード)へ送る部分で crss.exe の処理に時間がかかっていることです。

しかし、前の質問によると、他のアプリケーションでは正常に出力されているということなので、この可能性は低いと思われます。


次に考えられるのが、アプリケーションによるヒープ領域あふれです。

プリントアウト自体またはプリントデータを作成するスレッドが並行して走り、各々のスレッドがヒープ領域を開放するのが間に合わない場合、この現象が起きます。

この場合の原因はアプリケーションの作りにあるのですが、対症療法として「デスクトップ・アプリケーション・ヒープ不足エラーに対処する方法」があります。ただし、これは、レジストリを操作する作業の中でも最も危険な部類に入るので、お試しになる場合には自己責任でお願いします。


また、可能性は小さいのですが、csrss.exe と同名のウイルスがあるようです。念のため、フルスキャンをかけてください。

その他、下記のような対処が考えられます。

◎質問者からの返答

もし、前者のほうであったら、解決方法はありますか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ