人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

防寒衣料で今はやりの「ヒートテック」とか「ブレスサーモ」ってありますよね?
これってどうしてあったかいのですか?

●質問者: びわこあゆのすけ
●カテゴリ:生活 美容・ファッション
✍キーワード:ヒートテック ブレスサーモ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●16ポイント

ブレスサーモ

人体が発する水分を素早く吸収。その際に発生する吸着熱が衣服内を温かくします。

http://eco.goo.ne.jp/nature/outdoor/autumn/contents/OutDoor_3/in...


ヒートテックとは

1.特殊繊維が体の水蒸気を吸収して素材自体が発熱する

2.繊維の空洞による断熱効果で温かさを逃がさない

3.給水した汗を拡散して体の冷えを抑える

http://blog.goo.ne.jp/pota-q/e/c102f2fc1d127aa599f70551b403b7f4


2 ● sylphid666
●16ポイント

素材の構造に工夫を加え、熱を逃さないようにしているようです。

http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2008/11/110715_08heat...

>繊維と繊維の間にできるエアポケット(空気の層)が断熱効果を発揮。発熱した熱を、外に逃がしません。

http://rakutenhourouki.blog108.fc2.com/blog-entry-3486.html

>体から出た水蒸気を繊維にたくさん漂着させる事ができれば、それだけ多くの吸着熱を発生させる事ができます。だから吸湿発熱素材は、多くの吸着熱を発生させるために、表面積が広くなるように縒った(よった)糸を使用した商品と言えます。


3 ● MEI-ZA-YU
●16ポイント

以下原理が載っています。

http://www.mizuno.co.jp/column/vol3.html

>シベリアで生き延びる動物から"発熱"の原理・・・そしてピンクの新物質に。

「哺乳動物の体毛や鳥類の羽毛、人間の毛髪など、雨で濡れるとその水分を吸って発熱し、

体温低下を防ぐ(体を守る)という摂理、体温保持メカニズムを持っています。

そして人間の体は汗をかかない平静時でも1日に約900cc(成人)の水分を皮膚から蒸発させています。

この水分を繊維が吸収するときに生じる熱(吸着熱)で保温効果を!」

荻野主任技師がこの原理からいかなる気候条件のもとでも快適で温かいウエアを、と数多くの素材テストを繰り返し、

メディカル関係の乾燥素材の試用実験からピンク色の新物質と出会う(1992年)。

「コップに入れた水を、その新物質と羊毛にかけてみました。息をのんで手のひらに。

するとピンク色(新物質)の方が羊毛より温かい。「これだ!と思いました」

'92年2月、北アルプス白馬八方のゲレンデで実験試着してみました。

上衣の左半分が従来素材(ポリエステル100%)右半分が新素材のウエアを制作。

センサーを挿入して、衣服内、綿の中、表地、それぞれの温度と湿度の変化測定(歩行、リフト、スキー滑走)を行った。

その結果、右半分が約3度温度高く、湿度も右半分が20%低い(ドライ効果維持)ことがわかりました。」

(ブレスサーモ原綿の発熱量はウールなど天然素材と比べて3倍以上)


4 ● masanobuyo
●16ポイント

発汗しても素材自体が水分を吸収し、発熱することから(発汗による)冷えを防いでくれるという優れたドライ機能も持ち合わせているから暖かいです。


http://www.degipri-pastel.com/kodawari/post_17.php


5 ● peach-i
●16ポイント

http://www.uniqlo.com/jp/corp/pressrelease/2008/11/110715_08heat...

こちらに機能や仕組みが出ています


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ