人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【経営・資金調達】
中小企業や零細企業が、銀行や金融公庫、商工会議所などから
1%?3%などの低金利の融資を受ける場合
事業計画書を含む会計計画書類や、ビジネスモデルや経営理念の具体化を経営コンサルタントに依頼したとします。
その場合、融資額の何パーセント程度が経営コンサルタントの取り分として相応しいか、相場など相談にのって下さい。
参考に、融資額は100万円?500万円程度です。

●質問者: galpapa
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:にの コンサルタント パーセント ビジネスモデル 中小企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● cymneve
●35ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1230445779

何のための借り入れでしょうか。

借り入れのためにコンサルタントなんか使うなら、その料金丸々金利と変らないではありませんか。

少なくともそんな依頼を受けつけるコンサルタントはロクナ者では無いことでしょう。

◎質問者からの返答

辛辣なコメントで的確な意見をありがとうございます!

経営に対して何も知らない当方に意見をありがとうございます。

目的は起業資金です。現在、フリーでグループにて制作業を営んでいますが、貯金が無く、法人化する際の費用に充てる目的です。


2 ● marcelweber
●35ポイント ベストアンサー

相場はわかりませんが実際に借入れできたら払う成功報酬にした方が良いと思います

会計事務所を利用しているようであれば、そちらに頼むとより安く済むと思います

http://q.hatena.ne.jp

◎質問者からの返答

なるほど、経営コンサルタントより、会計事務所に依頼した方が、安くお願いできるという事もあるのですね!

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ