人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

従業員(全員)の退職金準備で生命保険を活用しようと思います。
長期平準定期保険か養老保険を利用しようと思うのですが、どちらが良いのかわかりません。
契約形態は、以下のように考えています。
【長期平準定期保険】
契約者=法人、被保険者=従業員、死亡保険金受取人=法人
【養老保険】
契約者=法人、被保険者=従業員、死亡保険金受取人=被保険者の遺族、満期保険金受取人=法人

どちらの保険が従業員の退職金準備に適しているのでしょうか。
それぞれのメリット・デメリットを教えてください。

●質問者: twister_1999
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:デメリット メリット 保険 保険金 契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●60ポイント

長期平準定期保険のメリットは、法人税・事業税・住民税などの負担が軽くなるのと、緊急時の資金調達に使えることですね。


養老保険のメリットは元本割れしないこと。


従業員の退職金準備なら長期平準定期保険を利用するのが一般的です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ