人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

行政書士の業務についてご教授下さい。

ネット等で調べる限り、
雇用関連の各種助成金にまつわる業務は行政書士が取組む事が出来ない業務のようなのですが、
例えば、これら各種助成金の申請に必要な書面を行政書士が作成し、
その提出を本人、又は社会保険労務士がするという形で、
行政書士がこれらの業務に関与する事は可能なのでしょうか。

なお、当該行政書士は一ヶ月単位の法務顧問契約を当該依頼人と締結しているものと仮定します。

何卒、ご教授のほど、お願い申し上げます。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:ネット 作成 助成金 単位 契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● らいず
●35ポイント

社労士がいるのであれば、最初から社労士にお願いしたほうが費用は抑えられるし、スマートだと思いますが。

それに、社労士法で制限されている分野であれば、その方が社労士を取得していない限りは業務を行うことはできないので、依頼しても難しいでしょうね。

ばれた場合は、その方の今後の業務に影響しますのでね。

ただ、行政書士としてではなく(無報酬ということですが)やっていただけるのであれば、その範囲ではないと思います。

まあ、ありえない話ですね。契約している以上…


2 ● BANO
●35ポイント

業務コンサルという形で報酬をお支払いするようにして、

書類についての責任は会社側がとる仕組みならさしたる問題もないのではないでしょうか。

よくある、会計事務所に記帳代行、申告書作成してもらって、印だけ税理士が押しているけれど

基本的に作業は事務員がやっているようなパターンも普通ですし。

ただ、問い合わせがあった場合に対応できる人が社内にいないなら、やめておきましょう。


誰が書類作成したかなんて、わざわざバラさなければバレないですよね。

一応簡単にチェックしてもらって顧問の社労士に印を押してもらい、

必要な時だけ対応してもらえればそれが一番いいですが。


その辺のアウトソースをされているなら、大企業の話ではないであろうという前提で書いています。

コンプライアンスの問題云々気にする規模ならやめておいた方がよろしいでしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ