人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今、実の父親の子どもがお腹の中に居ます。

質問なのですが、この子が男の子だった場合、生まれてきた子どもの戸籍上の続柄は「弟」となるのでしょうか?
それとも、「長男」となるのでしょうか?

父親の子どもと考えれば弟ですし、私の子どもと考えれば長男かと思うんですが……。
どっちの子でもあるので、やはり両方が併記されるんですかね?

些細なことかもしれませんが、気になるので教えて下さい。

●質問者: Pinako
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:「弟」 お腹 子ども 戸籍 男の子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● harumi2
●0ポイント

はっきりしたことはわかりませんが、一番いいのは戸籍相談したほうがいいと思いますが、お近くの区役所に相談されたほうがいいと思いますよ。でも生まれてくる子供にお父さんは誰なのか、かくさずに話すのかそれとも、かくすのかどうされるのでしょうか。どちらにせよ区役所とかに相談したほうがいいですね。些細なことかもしれませんが・・とありますが、とても大切なことです。

◎質問者からの返答

確かに、役所の回答の方が信用できますが、役所では聞きにくいから、まずはてなで聞いているんです。

==

法律相談したら「弁護士に聞いたほうがいい」、経営について聞いたら「経営コンサルに聞いたほうがいい」・・・etc、でははてなの意味が無くなると思います。勿論、「誰に聞くと適切な回答を得られるのか」というのも有益な情報ではありますが、「区役所」という回答は一般的すぎてそれにも値しませんし・・・。

残念ながらポイントは差し上げられません。


2 ● winbd
●15ポイント

「長男」になります。


近親だと出生前も出生後も婚姻が出来ないため、父親が認知することは出来ません。

よって、その子供は「母親の長男」にはなりますが、父親との関係を戸籍上に明記することは出来ません。


つまり法律上は「父親がわからない子供」として扱われることになります。

◎質問者からの返答

検索してみたところ、複数のサイトが見つかりましたが、全てのソースにて近親でも認知はできると書かれていました。

例えば、http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%AA%E7%9B%B8%E5%A7%A... には、「近親姦によって出生した子を非嫡出子として認知することは可能」とあります。

==

この回答は間違いでしたが、コメント欄に正しい回答がされていたので、ポイントは差し上げます。


3 ● I0l1O
●0ポイント

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1043744...

3親等内の婚姻は一生涯にわたってすることが出来ません。

そして婚姻をしなければ認知することは出来ません。

ですから父親の子供であっても、それを父親の子供として届け出ることが出来ません。

なので母親にとっては長男、父親にとっては孫ということになります。

◎質問者からの返答

提示していただいたURLのページによると、「『父親』が認知しないとその子の父として戸籍に名前が載ることはありません。」(つまり認知すれば父の戸籍になる)とのことですし、『男が認知すれば「実子」となります。』とも『昨日みのさんの番組でやってましたけど姉―弟間で生まれた子供も、弟が認知できるそうです。』とも書かれていました。

特に「婚姻をしなければ認知することは出来ません。」の部分に関しては、絶対ありえません。

婚姻せずに認知した人を知っていますし、そういうケースは沢山あるでしょう。


4 ● WATAO71
●40ポイント ベストアンサー

http://www.ism-research.net/Knowledge/07.html

この「名欄」をはさむように左手に「生年月日欄」、右手に「父母欄」と「父母との続き柄欄」があります。養子の場合はこの父母欄のとなりに新たに「養父母欄」を追加します。

戸籍に記入される続柄は「父母欄」「父母との続き柄欄」ですから、兄弟であることを表示されることはありません。


戸籍上では「兄弟」という表記自体が無く、親から見た「長男・次男」という区分になります。


そうじゃないと、法律上でも6親等以内4親等以上の血族同士の婚姻は出来るわけですから、例えばいとこ同士で結婚した場合でも「はとこでもあり長男でもある」などと複数の続柄を得ることになってしまいます。

だから親から見た続柄のみを記載することになっているのです。

◎質問者からの返答

戸籍上の続柄は父母から見たものなんですね。

納得です。


5 ● master-ryu
●15ポイント

・通常、子は婚姻関係のある夫が父親とされます。

・婚姻関係の無い場合、父親は「認知」することによって初めて父親の欄に記載されます。

つまり、父が認知しない限り「弟」になることはなくあなたの「長男」になります。父が認知すれば非嫡子の「弟」を兼ねることになります。

母が子を産んだことの事実には疑いようのない事が殆どですのでこのような形になっています。

ケースが逆の場合(母が息子の子を宿した場合)には、まず「弟」として認知されることとなり、

息子が認知した場合に初めてその息子の非嫡子の「長男」となることになります。

◎質問者からの返答

大変分かりやすい例示ありがとうございます。

おかげで理解が深まりました。

| ケースが逆の場合(母が息子の子を宿した場合)には、まず「弟」として認知されることとなり、

| 息子が認知した場合に初めてその息子の非嫡子の「長男」となることになります。

例示のケースの場合、「母」の戸籍に入るのは配偶者と未婚の子のみなので、産まれてくる子供の生物学的な父親は同一の戸籍にならないので、筆頭者基準での「長男」という続柄のみとなるわけですね。

そして、生物学的な父親の方に戸籍にも「長男」と載るけど、2つの戸籍は関連付けされていないので矛盾は生じないわけですか・・・なるほど。


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ