人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“イエコト・ミシュラン” #027

THEME:「美味しい鍋レシピと工夫を熱く語る!鍋奉行コンテスト」

日々の暮らしとイエの中で、こんな時どうしてますか? “イエコト・ミシュラン” は、暮らしに楽しいサプライズアイデアを語らい、★(一ツ星)?★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナーです。ハウスキーピング、ハンドメイド、エコロジー、ヘルスライフ…毎回の質問に、あなたのアイデアをご投稿下さいね!
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20090106

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は1月13日(火)正午で終了させて頂きます。

1231216988
●拡大する


●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:1月13日 theme あなた いね おすすめ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 305/305件

▽最新の回答へ

[1]我が家のおでん sayonarasankaku

我が家のおでんは、決して煮立たせないように弱火で作ります。

蓋も閉めません。

沸騰すると具が大きく膨らんで、また萎みますが、そうなったら駄目とテレビで見てから、

じっくり弱火で煮込むようになりました。

確かに、弱火で作った方が美味しいような気がしますよ。


あと、つみれはいわしの冷凍のすり身を練って入れます。

すり身と一緒に必ず入れるのはネギとしょうが、あとは三つ葉やゴマや大葉、味噌など、

その時の気分によって変えますが、とても美味しいです。


[2]塩味の鍋 raigou

最近自分の中での流行りの鍋。

具はキャベツと鶏肉・鶏団子。

出汁やスープはウェイパーと鶏皮ベース。

味付けは薄めの塩味。

食べる際に柚子塩を振って食べる。

好みで大根おろしを鍋に入れて軽く煮ると、

カセットコンロがなくても冷めにくいさっぱりした鍋が出来上がります。

醤油・味噌味も良いですが塩鍋はいかがでしょうか?


[3]色々いれちゃうポトフ nakki1342

最近自分がよく作るのはポトフです

味は、コンソメスープの素を使ってコンソメ味

市販されてる袋のポトフ用のスープの素は

使わないです

(ほんの少し高いから)

中に入れる具材は・・

たまねぎやにんじん、じゃがいも、こんにゃく、ちくわ

肉団子とか、キャベツ

他にもえのきだけやミニアスパラも入れたりもします

それ・・合わないだろう?と家族からは

突っ込みも入るのですが野菜嫌いの私でも

ポトフならそれなりに食べられるので

組み合わせはあまり気にしていません


[4]>1 つみれおいしいですよね helltaxi

昨夜もつみれ汁を食べましたがいろいろと材料を変えてみてもおいしそうですね。

おでんも煮込み料理も弱火でコトコトと時間をかけて作った方が味がしみておいしい気がしますね。


[5]どて煮に卵 natumi0128

どて煮というのは、名古屋近辺だけのものなのかな…?

牛スジやモツを味噌で煮込んだものなのですが。

家のどて煮は、牛スジとモツ(なければどちらかだけ)、大根、卵を入れます。

味噌の味のよく染みた卵は、なかなかおいしいんですよ。

卵はさすがに煮すぎると硬くなるのであれですが、大根などは、味がよくしみた2日目以降がまたおいしくて良いですし、家ではいつも大鍋にいっぱい作ります。

…でもこれ、名古屋の味噌文化がダメな人はダメなんだろうなあ…。


[6]チゲ鍋 helltaxi

寒い季節は辛い鍋で体の芯から温まっておいしいですよね。

市販のキムチ鍋の元だけだとちょっと物足りないのでキムチを入れたり

辛さが足りない時は豆板醤を入れたりして味を調整しています。

鍋もおいしいですけど鍋の後のおじややラーメンを入れて鍋ラーメンも

大好きでついつい食べ過ぎてしまいます。


[7]>4 2日目の大根! some1

味が染みて美味いですよね。

カレーも自分は二日目が好きです。


[8]キャベツと豚肉の鍋 helltaxi

汁のある鍋料理とは違いますが鍋にキャベツを敷き詰めて

その上に豚肉を載せて蓋をして土鍋で蒸し焼きにして食べるのが

最近のお気に入りです。

キャベツの水分で豚肉が蒸し焼きになってまた、豚肉の脂が

キャベツに落ちて、これをゴマだれをつけて食べるのが

とってもおいしいです。


[9]キムチ鍋 lovelykuma

やっぱり、体の芯から温まるのはキムチ鍋

キムチのスープの素をいれて、野菜をたっぷり。

鶏肉もヘルシーでおいしいし、

豚キムチとあるように、豚もおいしいです。

でも一番のおいしさは、キムチをそのまま入れること。

キムチは少し古くなって酸味が出ているものの方がおいしいようです

2日連続でキムチ鍋をしたりします(笑)


[10]手作り水餃子、雑炊もおいしい iijiman

水餃子と鍋は本来別物ですが、うちでは鍋料理のようにして食べます。

1.餃子を作ります。具は、挽き肉にみじん切りにした野菜や椎茸を加え、豆板醤を少し足すのが我が家流。

2.鍋にお湯を沸かし、鶏ガラスープの素を加え、白菜や春菊、エノキダケ等を加えて茹でてスープを作ります。

3.スープに餃子を加え、餃子に火が通るまで茹でます。

4.うしゃうしゃと食べます。熱いのでヤケドに注意。

5.スープが残ります。これが、餃子と野菜の旨味が出ていて美味しいので、ご飯を加えて雑炊にします。

・・・鍋なんだか餃子料理なんだかよく分かりませんが、好きです。


[11]味噌ミルク鍋 teionsinonome

このほど味噌ミルク鍋を開発しました!

どうやって作るかと言うと、名前のまんま味噌と牛乳でスープをつくるのです

クリームシチューのような味ですがクリームシチューほど重くないです

そして和素材が合う!

ゴボウ、大根、油揚げが最高でした もちろん洋素材もイケます

さて、締めですが、我が家には締めの文化がないので煮詰まった鍋として食べきってしまうのですが、次回があるならご飯とチーズでリゾットにしてみたいです! きっとおいしいはずです

しかしながら味噌ミルク、保守的な父には不評でした こういう冒険メニューもたまにはいいですよねぇ?


[12]>8 白菜で、 sayonarasankaku

うちは、これを白菜でやります。

白菜の間に、バラの薄切りを挟んで蒸して作ります。

うまみの溶けたスープも美味しいですよね。


[13]>10 これおいしそう! teionsinonome

わーー おいしそう!

野菜もたっぷり食べれていいですね

何より最後まであつあつで食べれるところが最高です

今度やってみます!


[14]湯豆腐 lovelykuma

土鍋であっつあつに煮る湯豆腐は絶品です

こんぶのだしがほんのり豆腐にしみわたり

ほこほこした、ふんわり豆腐を一口!

たまらないです♪

隠し味はほんの少しのめんつゆ。

うすーく色づく程度にいれるだけでおいしくなります。

ヘルシーだし、ダイエットにも最適の料理でした。


[15]すき焼きは父の役目! fumie15

普段は母にまかせっきりの父ですが、すき焼きだけは自分で作ります。

なんでも祖母の実家が料亭で、うちのすき焼きはその料亭の味なのだそうです。

一度だけ母が作ったときがあるのですが物足りなかったです。

父は男ばかりの4人兄弟の末っ子で兄達に食べられてしまうことが多かったそうですが

祖母がきちんと別に取り分けてくれていたそうです。

耳にたこができるほど聞かされましたが、思い出を語る父の目は少年のようです。

おかげで私達家族は普通のすき焼きを食べたことがありません。


[16]>14 にんにく醤油でもおいしいですよ fumie15

次の日が休みだとにんにく醤油で湯豆腐を食べます。めんつゆとも違っておいしいですよ。

そのままでは濃いので昆布のスープを入れて食べます。風邪引きにもいいですよ。


[17]オリジナル ちゃんこ鍋に入れるもの teionsinonome

何を入れても大概イケるのがちゃんこのステキなところですが、私が特に好きなのはニラと油揚げと厚揚げです

油揚げは1枚を半分に切ったぐらいのかなり大きめにするのがポイントです

ニラと油揚げは以前タモリさんがジャングルTVでやってらしたのをマネしたのですが、私、厚揚げ大好きなので油揚げがいいなら厚揚げもいいんじゃない?と入れてみたら大正解でした!

汁を吸ってて噛むとジュワーって出てくるところがうまいです


[18]>9 やっぱり豚ですよね fumie15

キムチなべにはぶたですよね。野菜も多く取れるし暖まるのでキムチなべは最高です。


[19]>7 おでんであればちくわぶ raigou

おでんの具はちぐわぶが一番好きです。

でも関西(だったかな?)では食べないらしいですね。

以前に見た際には関西の方はちくわぶを出されても試食もしない。

試食しても粉っぽいなどの評価だったようでした。

ちくわぶ好きとしてはかなりのショック。

でもうちの嫁もちくわぶ嫌いなんですよね・・・


[20]カニ鍋 cherry-pie

やっぱり、この時期の鍋といえばカニ!!

おいしく食べるにはカニの足を縦に切れ目をいれます。

味がしみこむんですよ。

で、余計な味付けは一切なし!

何で味を出すのかといえば、カニミソ。

ズワイガニ(松葉ガニ・越前ガニとも)のミソってたっぷりありますよね

それを鍋のなかに溶かしちゃうんです!

もったいな?い、という気もしますが、コレが一番おいしいです。

最後の1滴まで残さず雑炊にして食べつくしちゃいますヾ(=^▽^=)ノ


[21]>19 ちくわぶ、美味しいですよねー。 sayonarasankaku

わたしもちくわぶ大好きですけど、

離れたところに住む友人は、ちくわぶを知らなくて、

ちくわの親戚のようなものと思ってたみたいです。

「美味しいから、1回、食べてみたら。」と言ってるのですが、

なかなか、その気にならないようです。


美味しいんだけどなー。(笑)


[22]>19 おでんは cherry-pie

大根とたまごさえあればそれでいい?(笑)

からしをちょっとのせて大人の味。

味がしみた大根なんて最高ですよね。


[23]>18 キムチは cherry-pie

発汗作用があるので、冬の脂肪を燃焼するのによく食べます。

辛いものはそんなに好きじゃないけど、キムチ鍋はおいしく食べられます。

味がマイルドになるような気がします。

野菜もたっぷり食べられて、ダイエットにいいビタミンB6、B12を含む豚も食べられて、とってもいいお鍋じゃないでしょうか。


[24]水炊き鍋 miyupie777

福岡生まれなので、大人になるまで「鍋=水炊き」でした。

こんぶだしに骨付き鶏と白菜とえのき茸を入れてポン酢でいただきます。

個人的にはゆずポンと紅葉おろしで食べるのが好きです。


[25]しめは、うどん。 sayonarasankaku

我が家では、寄せ鍋でもモツ鍋でもすき焼きでも、しめはいつもうどんです。

でも、おなかいっぱいになりすぎてしまいます。(笑)


[26]ヘルシーな豆乳カキ鍋 cherry-pie

女性にお勧めなのは豆乳鍋。

豆乳は美肌効果抜群!

そこに、同じく美容にいいというカキをいれます。

カキの産地にいったときに食べた鍋なのですが

びっくりするくらいカキの甘みがでました。

少しアクセントがほしいときは、春菊を。

カキだけで鍋もしますが

そのときは、庭からとってきた柚子を小さくスライスして

ポン酢にいれて食べます

冬のカキは身がぷりぷりでおいしい?♪


[27]鴨なべ miyupie777

♪かもがネギしょってか〜もねぎ♪ってぐらい、鴨とネギって相性がいいんです。

昨年の大晦日は、夕ごはんに鴨なべをして、残ったスープにお蕎麦を入れて年越しそば、と期せずして一石二鳥になりました。


[28]>23 キムチ鍋 sidewalk01

良いですね!すごく温まるし、代謝もよくなりそうです!


[29]>24 水炊きとポン酢 sidewalk01

いいですよね。あっさりしていて、歳をとるごとに好きになってる気がします。


[30]カレー鍋 sidewalk01

スープを最近買いました。この週末にでも試してみたいです!実際にやられた方の感想などお聞きしたいです!


[31]ほうとう鍋 miyupie777

数年前に山梨で食べて以来すっかりハマりました。

お店では丼や一人用鍋ですが、我が家では大きな土鍋でいっぺんに作ります。

味噌ベースのスープにミンチ肉と里芋としめじをたっぷり入れていただきます。

太くて平べったい麺と里芋のほくほくがたまりません。


[32]ギョウザ鍋 cherry-pie

水餃子のようになりますが、

あったかいスープもおいしくって、たくさん食べられちゃいます。

具は白菜とギョウザのみ。

自家製ギョウザをいれて、中華スープで味付けをしています。


[33]>25 ちゃんぽんめん sidewalk01

モツのしめはちゃんぽんめんですね。ツルッと食べられて締めには最適です。


[34]>21 おでん sidewalk01

寒い時期のおでんは絶品ですね!


[35]>27 鴨鍋 adgt

あの深みのあるスープがたまらない!蕎麦を入れるというのはナイスアイデアですね!


[36]>28 野菜も沢山食べられる yoshigyu1318

我が家でもキムチ鍋はよくやります。夏に家庭菜園で栽培した白菜を冬まで貯蔵しておいて、冬になるとそれを使って鍋をします。

キムチ鍋は辛さで体があったまるところがいいです。私は北海道に住んでいるのですが、冬は寒くなるので、キムチ鍋を食べて、暖まっています。

豚肉や野菜を沢山食べれるので、栄養のバランスも良さそうです。

〆は、ラーメンです。キムチラーメンはおいしいですよ。


[37]>15 すき焼き adgt

うちでご馳走というと、すき焼きか焼き肉かのどちらかだったなぁ。牛肉をたっぷり食べるのはやっぱり幸せ。


[38]>16 湯豆腐 adgt

あのアツアツの豆腐は最高!


[39]ホタテ adgt

これを鍋に入れるだけで、カナリ良いダシが取れるので高頻度でうちの鍋には入ってます。魚貝もののスープはスゴイ!


[40]最後のしめは、ラーメン!! yoshigyu1318

私の家ではラーメンをしめに入れます。

麺も普通のラーメン用ではなくて、鍋用ラーメンというのを使います。

この麺は細麺ですぐに煮えるので便利なんです。

塩鍋やキムチ鍋、カレー鍋にもラーメンを入れます。(すき焼きには入れませんが…)

塩鍋だとあっさりした塩ラーメンになりますし、キムチ鍋だとピリ辛の味になります。カレー鍋でもおいしく食べられます。一番ラーメンに合うのは、キムチ鍋だと思います。


[41]>30 カレー鍋 adgt

最初はエー!?っておもったけど意外といける!


[42]>41 食べるまでは違和感がありましたが helltaxi

食べてみるとおいしいですよ。

具も、ウインナーやジャガイモ等、普通の鍋には入らないものを

入れて食べますがなかなかおいしいです。

〆にラーメンの麺を入れてカレーラーメンにするのもおいしいですし

ご飯を入れてカレー雑炊もおいしいですし、うどんを入れてカレーうどんも

できますし非常に迷います。


[43]みかん鍋 haruyo_koi

山口県からでてきた鍋のようです

焼いたみかんを皮ごとそのまま鍋にいれます。

みかんの風味がダシにうつり、ほんのり甘い香り

ゆずをいれるかわりになるのかならないのか

同じ柑橘系ですのでいい味がでますよ


[44]トマト鍋 haruyo_koi

変り種といえば、トマト!

完全にイタリアンな味になります(笑)

オリーブオイルでニンニクをいため、白菜や輪切りのイカ、ホタテ、アサリなどをいれて少し焼きます

色がかわったところで、トマトの缶詰をいれ、チキンベースやコンソメスープもいれます。

味付けは塩・こしょうなど。

仕上げにパセリをちらして、プチとまとも浮かべれば、出来上がり。

これぞ、地中海風鍋?(笑)


[45]>43 初耳です raigou

そんな鍋があるんですね。

具は何を入れるのでしょうか?

出汁のベースは?

なんだかうどんが合いそうなイメージですが。

みかん好きなのでとっても気になります。

ちょっと調べて挑戦してみようかなぁ・・・


[46]>42 餃子で raigou

専用スープではなく、

一般のカレー用の固形ルーを和風出汁のスープで

のばすような感じに作ったことがあります。

その時のメインの具は餃子。

これがなかなかおいしいです。


[47]>45 私が知っているのは・・・ haruyo_koi

普通の水炊きや、昆布ダシのはいったシンプルなお鍋です。

ゆずをあわせられる鍋なら大丈夫そうです。

去年ひとから聞いて試してみたのですが

おもしろかったですよ?

お父さんやお母さんの世代は焼きみかんがおやつだったりしたそうです。

懐かしい味になるといっていました。


[48]>38 にんにく醤油 haruyo_koi

こういうものが売っているのでしょうか?

ちょっと気になりました。

にんにくはこれからの季節風予防に活躍してくれます

鍋の中にめんつゆをいれて味付けというのもお手軽でいいですね。


[49]タッキー鍋 Kumappus

ジャニオタのかみさんがテレビで滝沢秀明が喋っていたレシピを作ってみたら結構うまかった。

http://swoo.exblog.jp/6953074/

http://bruce7.blog75.fc2.com/blog-entry-923.html

など「タッキー鍋」でググると結構出てきますね。

簡単に説明すると

【材料】豚肉(薄切りバラ肉おすすめ、脂身が多少ないとおいしくない)、ニラ、もやし、ごま油少々

1)鍋にごま油を垂らし、もやしを入れ、その上にニラを入れる。

2)1)の上に豚肉を広げて乗せ、塩コショウ。

3)その上にもやし→ニラ→豚肉→(塩コショウ)と重ねる。最後にまたごま油。

4)鍋にふたをし、蒸し煮にする。ポン酢などお好みのタレでいただきます。

うちではかみさんがレシピを(タッキーに夢中で?(笑))うろ覚えしかしてなかったので、最初に水+酒を入れて煮込んでしまっていました。

それでもおいしかったですよ。うちのレシピだと最後に雑炊が作れます。

よく考えたらこれ

ピェンロー

http://oisiso.com/pyen_ro.html

http://anond.hatelabo.jp/20071207170751

にもちょっと似てますね。


[50]>48 湯豆腐 wacm

湯豆腐はありきたりで小さい頃は、冷奴で食べる方がさっぱりしていて味付けもショウガと醤油とシンプルなので美味しかったのですが、30を超えたあたりから脂っこいものが若い頃と比べ、食べることができなくなり、湯豆腐が好きになりました。ニンニク醤油やポン酢で冷え性も退治できるかもしれないです。


[51]>46 カレー鍋 wacm

カレー鍋はキムチ鍋と同じくどの素材の味も一緒になってしまい、工夫の使用のない料理だと思っていましたが、一度食べてみたいという家族内のからのリクエストで作ってみました。鶏ベースでヨーグルトを軽く入れてみて、インド料理をベースにしてみました。カレーなのでゆで卵やニンジン、ほうれん草などの野菜も入れることができて汁っぽいカレーというよりはペーストタイプの鍋になりました。余らせないように食パン、できればナンがあるとよいと思います。


[52]>37 すき焼き wacm

すき焼き自体は自宅であまり食べることがなくなってしまったものですが、家族の思い出が詰まった料理だと今でも思います。生肉にシフトが移ってしまいましたが、やはり溶き卵に熱いお肉を絡ませたときの美味しさは格別です。また、高価な肉を使った方が後から作るおじややうどんを煮るスープの味が違うので多少の出費は毎回我慢です。いまでは、今半のようなところで家族そろって食べるようにしています。


[53]>36 キムチ鍋 wacm

ビタミン不足になりがちで、乾燥肌の冬に、野菜をたくさん食べるためにキムチ鍋はありがたいそんざいです。豚肉や白菜などをジャンジャン鍋に入れて食べています。シメはご飯を入れてクッパのようにして食べています。季節外れですが、デザート代わりに梨を食べると熱々の口の中があっさりとして、一事の休息となります。ただ、食べすぎて太りすぎに注意したいです。


[54]>34 おでん wacm

最近ではレトルトセットなどがありますが、近所で有名な黒はんぺんを入れて食べるようにしています。黒はんぺんはカルシウムが豊富で、子供が小さい頃から食べさせていました。幸いにもいずれの子供が好きになってくれたので、おでんは我が家の冬の定番メニューになりました。他にも、こんぶやがんもどきが私は好きでした。家族それぞれが好きなメニューを選べるのがおでんのよいところですね。


[55]>37 すき焼きといえば chinjuh

最近、どうでもいいことに取り憑かれています。すき焼きの由来として、

農具の鋤で焼いたから、という話があるんですが、

日本人が牛肉を食べ始めたのなんて、たかがしれた最近のことです。

だったら「わしが子供の頃、すき焼きは鋤で作ったんじゃ」というお爺さんや

「そういや、幕末の生まれだっていうひい爺さんが、そんな話ししてたっけ」

なんて生の体験を語る人(語る人を実際に見たという人)はいるのでしょうか。

先日、すき焼きを食べながら思いつき、

もう気になって気になって(^-^;;;


[56]>53 キムチ鍋 fwap

最近の我が家の定番はキムチ鍋です。一時期、食品の安全性を問う、寄生虫の問題があったのですが、日本のものを使って鍋にしています。冬は野菜を取らない食事に偏りがちなので、どうしても鍋料理は貴重で、その中でもキムチ鍋は我が家の味となりました。豚肉や野菜など大抵は余り物を鍋に入れることができるので、たくさん野菜を食べることができます。カプサイシンで身体が熱くなり脂肪の燃焼効果も期待できますね。ただ、食べ過ぎには注意です。


[57]>51 カレー鍋 fwap

カレー鍋は地元のソーセージや豚肉のかたまりを豪快に入れて食べています。作りすぎになってしまうので、ご近所さんにお裾分けしてます。ご近所さんとは違う味を楽しむことができるのもカレー鍋の楽しみの一つです。カレー粉、ヨーグルト、野菜など入れるもの次第で味が大きく変わるのもカレー鍋の不思議な魅力の一面でしょう。


[58]鍋には肉団子 iwavan

私は、鍋に必ず肉団子を入れます。

昔、木村祐一さんがテレビで言っていたレシピを元に少し改造して作っていますがこれが鍋に入れるとおいしいので紹介します。

ちなみにどんな鍋に入れてもおいしいので知っておくと便利ですよ。


準備するもの(これで4人分くらいです)

鶏ひき肉 200g

豚ひき肉 200g

卵 1個

万能ネギ 1本

にんにく(チューブで売ってる市販のもの)10cmくらい

しょうが(チューブで売ってる市販のもの)10cmくらい

塩・コショウ 適量

一味 いっぱい(私は10ふりくらいかな?)


1.万能ネギを細かくカットしておきます。

2.鳥ひき肉、豚ひき肉、カットしたネギ、卵、にんにく、しょうが、塩・コショウ、一味を入れ、よくこねます。

ここで注意なのが、こねるのが少ないとおいしくないので、よくこねてください。

こねてるうちに弾力が出てくるのでそこから、さらにもう少しこねればOKです。

これで肉団子は完成です。


あとは、ダシの入った鍋に、肉団子をスプーンですくって丸めて入れて、浮いてきたら食べごろです。

※肉団子をスプーンですくう際に、水の入ったお椀を用意して、その中に、スプーンを一度水につけてから、入れると、肉団子が丸くきれいに取れますよ。


余ったら、すまし汁に入れて楽しむなり、冷蔵庫に保管しておけば、しばらくは肉団子鍋が楽しめます。


毎回やる度に家族には好評なんですが、ここまでやるってマメやなーといつもツッコミが入ります(笑)


[59]キャベツ鍋 fwap

私の家では昨年からキャベツ鍋がブームです。キャベツ鍋なら脂っこくなく、野菜も簡単に食べることができますし、調理もただ茹でるだけとシンプルなものだからです。キャベツはたくさん鍋の中に敷き詰め、キャベツの上に豚バラあるいは薄切り肉を入れます。そして、キャベツを豚肉の上に見えなくなるまで重ねて、ぐつぐつ煮込みます。あとは、ポン酢やショウガ醤油、あるいはカラシを付けて食べると美味しいです。


[60]>52 すき焼き fwap

すき焼きは熱々の卵にお肉を絡めて食べることが最大の魅力だと思っていましたが、シメのうどんも最近の楽しみになりました。家族全員で食べると野菜からなのか、お肉からなのか各人の性格が出てとても興味深く、観察しがいのある面白いものでした。すき焼きなら肉と卵の鮮度だけが勝負なのでその日に買ってきて、その日に調理して食べるようにしています。


[61]きりたんぽ鍋 powdersnow

東北には美味しい鍋が多いですが、きりたんぽが好きです。

基本的にパンより米が好きなこともあってか、あの米っぽいツブツブの食感がたまりません。

雑炊も良いですが、きりたんぽでご飯分のお腹は満たす方がいいですね。


[62]>54 おでん kabatotto

やっぱりおでんは2日目が最高ですね。

当然我が家も鍋いっぱいの出来上がりからスタートです。


[63]>54 おでん fwap

いわしのつみれなんて地元の美味しい料理ですので、たくさん入れて食べています。おでんは家族それぞれで味や好みが変わるので、独特な料理ですよね。我が家では練り物が人気なので、はんぺんやちくわなどたくさん入れていました。あと、大根もじっくり煮ることでだしを吸うので好きです。


[64]豆乳+チゲ鍋 H-H

私の得意な鍋は豆乳チゲ鍋です。

まず味噌とコチュジャンと唐辛子とコンソメでスープを作ります。

入れるものは、豚肉、豆腐、白ねぎ、もやし、菊名、白菜、大根、青梗菜、にらといろいろです。

そして仕上げにだいたい100ccくらいのの無調整豆乳を入れると出来上がり!

普通のチゲ鍋よりまろやかになります。

豆乳は牛乳でも大丈夫です。(どちらにしても入れ過ぎはチゲ鍋の辛味パンチが無くなるので注意が必要です。)

そして最後はラーメンでシメます。

うちはこれでスープまでぺろりとなくなります。


[65]タレを敷くのではなく、煮る感じの「すき焼き」 powdersnow

すき焼きは基本、鍋にタレを敷く感じで、具は「焼く」感じなものが正当と思いますが、

家によっては、汁をそれなりに満たして、煮る感じで調理していることがありました。

味は、普通のすき焼きのタレな感じなのですが。

普通のすき焼きとは別物といって良いですが、これはこれで美味しいですよ。


[66]>62 おでん aekie

おでんは2日目からがおいしいですよね。ですので、1日目に入れる具と2日目に入れる具が違ったような気がします。1日目にはつみれやこんぶなど、2日目は大根やはんぺんなどでした。ダシをおいしくすると味がいっそう引き立つので注意しています。


[67]>60 すき焼き aekie

すき焼きはとても美味しいですよね。一度、外で食べた米沢牛のすき焼きが忘れることができない味でした。お店で食べるのと自宅で食べるのでは、鍋が違うのか、火力が違うのか、不思議でなりません。ただ、どちらも家族で美味しく食べたのが共通して、思い出深い出来事です。


[68]>56 キムチ鍋 aekie

キムチ鍋はおいしいですよね。私は友人と鍋パーティーをするときは、特別な工夫もいらないキムチ鍋にしています。豚肉も野菜もたくさん食べることができて、その上ヘルシーなので好きです。ただ、最近キムチ鍋一辺倒なので、キムチ鍋に工夫を加えたいです。


[69]>68 キムチは haruyo_koi

体の芯から温まる感じがして好きですね。

食べ過ぎると・・・ですけど

適量ならたまにはこんな辛い鍋もいいんじゃないかとおもいます。

今晩はキムチナベだ!

生牡蠣もキムチにあいますよね。


[70]>66 おでんを煮込む際の注意点 iwavan

おでんはあまり作らないんですが、知り合いから聞いた話によると、なんでも、煮込む際に鍋を蓋してしまうと、練り物が膨らんでしまってダシが濁っておいしくなくなるそうなんで、蓋はしないほうがいいそうですよ。


[71]>59 キャベツ鍋 aekie

浅草キッドの水道橋博士がキャベツ鍋を食べているので興味を持ち食べるようになりました。一人暮らしだと野菜を食べなくなってしまうので、キャベツ鍋は貴重な存在です。それに、豚肉はあくまでサブなので肉の食べ過ぎもありません。それに、キャベツは安いのでたくさん食べても財布に痛くありません。ただ、薄味ばかりのキャベツ鍋にそろそろ工夫を加えたいと考えています。ポン酢などで食べるのも飽きてしまいました。ロールキャベツのような味にしたいと思っています。


[72]ミソでも塩でも美味しい「海鮮鍋」 powdersnow

海鮮鍋は、具材が美味しい出汁を供給してくれる、非常に美味しい鍋ですよね。

サケ、タラ、カキ、カニ、ホタテetc……

白菜、ネギ、豆腐といった基本の具とあわせて、ぐつぐつ煮ます。

味に癖のない魚を選べば、結構、ごった煮してしまっても、味にあまり影響がないのも楽でいいですね。


[73]>58 ゆず胡椒も入れて作ってみたい! H-H

肉団子おいしそうですね。私はいつも市販の肉団子をいれていましたが、自分でつくると好みの味にできるのもよさそうですね。

ゆず胡椒も入れて作ってみたいなと思いました!


[74]>70 おでんには powdersnow

以外にもマヨネーズが合うらしい。


[75]>72 海鮮鍋 aekie

本当海鮮鍋なら具そのものがダシを出してくれるので、どんどん鍋に素材を入れるだけで美味しいスープができますよね。キムチ鍋ならタラなどの白身を入れると美味しいですし、野菜を中心にしたければ、サケやホタテを入れることができ幅のある鍋ができますよね。魚を煮て食べることは余り好きではありませんが、野菜も一緒に食べることができる上、味があまり変わらないことを考えると海鮮鍋が一番の選択かもしれないです。ただ、お金が掛かりますね。


[76]>67 お麩 sayonarasankaku

学生の時に、京都に修学旅行ですき焼きが出たときに、

お麩が入れて食べたのが新鮮でした。

食べてみたら美味しくて、家に帰ってからもお麩を入れてと頼んだものです。

今でも、すき焼きにはお麩を入れています。

きっと関西だと、当たり前なんでしょうね。


[77]>71 とっても経済的な鍋 H-H

キャベツ鍋、実は初めて聞きました。

キャベツと豚肉だけでお鍋ができるんですね。とっても経済的なのでぜひ試してみたいです。

ググッてみるとツナキャベツ鍋なんていうのもありました。

どんな感じなんでしょう?これもすごく経済的ですよね。


[78]【煎餅から手作り】あったか北国の「せんべい汁」【謎の伝説にも迫る】 TomCat

「せんべい汁」とは、青森県八戸市周辺の郷土料理で、南部煎餅を具材として使った鍋のことです。最近は農水省主催の「農山漁村の郷土料理百選」の一つに選ばれたり、

好きだDear!八戸せんべい汁

好きだDear!八戸せんべい汁

こんなCDまで発売されて一躍全国区になってきました。今回はこの「せんべい汁」を、具材の煎餅から手作りしてしまおうというプロジェクトをご紹介してみましょう。

【1】煎餅を作る

せんべい汁に入れる煎餅は、米粉ではなく小麦粉を使った「南部煎餅」です。今はご馳走のせんべい汁ですが、昔はこれ、飢饉食だったんですよね。稲の不作を蕎麦粉や小麦粉で補い、さらに汁で増量して飢えをしのいだ。そういう食べ物だったんです。

煎餅から手作りすることで、そういう時代があったことを心に刻みつつ、歴史を感じながら食べてもらえるといいなあと思います。

◆材料(16枚分)

ボールに薄力粉と塩を入れ、冷水50mlを注ぎ、よく捏ねて、しっかりとしたコシを引き出してください。ただし、水は限りなく0度に近い氷水を使い、過度の粘りを防止します。捏ねる手も氷水で冷やしておいてください。煮くずれしにくいようにしっかりグルテンを引き出しつつ粘らせない。この二律背反の真ん中の、ベストコンディションを見極めながら練り上げていくのがコツです。頑張って会得してください。

生地が滑らかによく捏ねられたら、まとめてラップで包んで、冷蔵庫で2時間ほど寝かせましょう。

さて、生地ができたら焼きにかかります。

rakuten:manmaru:10017399:detail

本格的な南部煎餅はこうした煎餅焼き器で焼いていきますが、そういう手持ちがない場合はホットプレートで焼いてしまいます。

生地を16等分し、南部煎餅の一般的な大きさである直径9cmの円に伸ばし、150℃のホットプレートに乗せて圧力をかけながら5分ほど焼き、ひっくり返して圧力をかけながらさらに5分。両面焼いてパリッとしたら出来上がりです。すぐに食べない場合は、粗熱が取れたら密閉容器に入れて保存しておきましょう。提示した分量で作ると、これで鍋が3?4回くらい楽しめます。

圧力は、お好み焼きのコテなどで抑えて加える方法もありますが、それでは手が疲れますので、分厚い電話帳を3冊くらい重ねて重石にしてしまいましょう。直接乗せては汚いですから、オーブンシートを被せて、その上から重石をします。

【2】鍋を仕立てる

一口にせんべい汁と言っても、その内容は千差万別です。せんべい汁の地元では、様々な素材と作り方の鍋料理に、小麦粉の煎餅が使われます。ここではその一例として、鶏肉と豚肉を使った醤油味の物をご紹介してみましょう。

◆材料(4人分)

だし汁には、いわゆる二番だしを使います。一番だしを取った後の節と昆布を鍋に入れ、一番だしを取った時の半量ほどの水を加えて火にかけ、2?3分ほど沸騰させて火を止め、節が沈んだ頃合いで布巾で漉して出来上がりです。それに醤油、酒、好みで味醂を適宜加えてつゆとしてください。だしを取るのが面倒なら、好みの市販の鍋つゆを使います。

具材は、ゴボウとニンジンは乱切り。あとは適当にザク切り。ゴボウは少し水にさらしてアク抜きします。アクを抜きすぎると味気なくなりますので、ほどほどに。しらたきも少し水にさらしておくと、美味しくいただけます。

鍋は土鍋より南部鉄鍋が適しています。鉄鍋の場合はまず鍋を熱して胡麻油を引き、ゴボウ・ニンジンを炒めてしまいます。しんなりしてきたら鶏肉・豚肉も入れて軽く炒め、予め調味しておいただしを張り、煎餅・三つ葉・セリを除く具材を全て入れて煮立てます。浮いてきた油やアクはすくい取りながら煮ていきます。煮えてきたら三つ葉やセリを入れ、ぼちぼち食べ始めて構いません。

食べ始めて少しお鍋に空間が出来たあたりで煎餅の出番です。煎餅は適当な大きさに割って入れていきます。すぐに汁が滲みていきますから、あまり煮込みすぎないアルデンテくらいの所で食べてしまいましょう。この食べ頃の見極めが、八戸藩鍋奉行の腕の見せ所です(笑)

こうした、具材が少なくなった頃あいで煎餅を入れていく食べ方は、最初から煎餅を入れて煮込んでいく方法に対して、特に「せんべいかやき」と呼ばれます。これは主に八戸地方の山間部に伝わる食べ方だったそうですが、今ではせんべい汁というと、この「せんべいかやき」が主流ではないかと思われます。

【おまけ】せんべい汁のルーツはイスラエル?

せんべい汁は、以前ご紹介したすいとんの元祖、ひっつみを具だくさんの鍋にしたような物であり、元々すいとん食が盛んだった南部地方らしい料理と言えますが、南部煎餅に関しては、妙な言い伝えもあります。

キリストの墓がありヘブライ語で歌われる盆踊り歌があると言われる戸来(へらい→Hebrew)村のある青森県のことですから、この南部煎餅にも、イスラエルの人達が「過ぎ越しの祭」で食る酵母の入らないクラッカー状のパン「マッツァー」がルーツである、という説があるのです。

「マッツァー」とは、エジプトに捕らえられていたイスラエルの民が、モーゼの導きによって脱出した時に食べていた、発酵させないパンのことです。非常事態下の食べ物でしたから、ゆっくり時間をかけて発酵させている暇などなかったんですよね。その時のことを忘れないようにと、イスラエルの民は、過ぎ越しの祭の時には、今でも粉と水だけで作るパンを食します。

南部煎餅も基本は小麦粉と水だけですから、たしかによく似てます。このことは、キリストの墓が日本にあるか無いかという問題以前に、遥か離れた地における食文化の類似性という観点から注目できることですよね。イスラエルの民も、日本の民も、生きるだけで精一杯だったような困難な時代に、同じような食文化を築いていったのです。

今、イスラエルはイスラーム抵抗運動(ハマース)と激しい戦闘を繰り返しています。しかしユダヤ人とパレスチナ人は、マッツァーと南部煎餅より近い文化を共有する民ではないでしょうか。なぜ殺し合う必要があるでしょう。せんべい汁を食べながら、はるかユダヤ・パレスチナの地に思いを馳せるのも、今の時期には意義深いことでしょう。一日も早い停戦と和平の実現を望みます。


[79]>76 お麩 iwavan

俺の家でもすき焼きやる際には入れますね。

入れるタイミングとしては、割り下を入れてしばらくすると、野菜に含まれている水が出てくるのでその時にお麩を入れます。

お麩を入れるとダシを吸ってくれるのでちょうどいい感じの量になります。

お麩を入れた後さらにダシが多くなってきたときはうどんをいれると、いい感じにダシを吸ってくれます。


[80]ビール鍋! tadatarai

ビールを飲まれる方には申し訳ないのですが、拙宅には飲む人がいないのに、頂き物が…。ありがたいことなのですが、オークションなどで二束三文で売るよりは…とビール鍋。

鍋にビールをどばどばいれます。

具はシンプルなものに限ります。

拙宅では白ネギ、エノキ、水菜、豚バラ、人参、生麩など。

多分、鶏やほうれん草、つみれもいけるはず。

あとはポン酢+大根おろしで、じゃぶじゃぶ?って頂きます。

アルコールは飛んでしまうので、お子様でも大丈夫。

ちょっと苦みがあって、少々アレなお肉でも柔らかくなって、美味しいですよ?。

ビールが余っている方はお試しあれ。

一鍋で4?5缶はいけます。


[81]闇鍋(やみなべ)でサプライズ! fusakogane

パーティー形式で食品持参のお知らせだけで大鍋に全部入れてしまいましょう・・・チョコ味だったり、あんこが入ったり・・・美味しい鍋はいくらでも他で食べられるので、いっときみんなで笑いながら大酒を飲みたいです!


[82]>74 おでんの後に、残った(残した?)おでんを「和風カレー」に tibitora

冬にはよくおでんを作ります。

ことことと煮込んでよく味のしみたおでんはおいしいですよね。

ちくわやこんにゃく、焼き豆腐にもち巾着にたまご、時にはロールキャベツが入ることもあります。

野菜もたっぷり入れて、大根にんじんジャガイモがごろごろ入っているおでんになります。

そして何日かおいしくおでんを食べた後には、残っただし汁(具も残しておいてください)の中にカレー粉を入れて和風カレーを作ります。

その和風カレーの具は残しておいたおでんの具なんですが、おでんのだしのしみた大根とかちくわや他の具もカレーの具にしてもとてもおいしいんです^^

小さくくだけてしまったジャガイモや焼き豆腐、たまごもカレーにするとちょうどいい大きさの具になったりします(笑)

味もやわらかくなりますので辛いのが好きな方は七味とかをかけるといいかなと思います^^

寒さが続いているので体のあたたまるおいしいご飯は大好きです(*^^*)


[83]鍋に魚のつみれ tibitora

うちでは鍋を作り時には魚のつみれを入れます。

つみれは魚の皮と骨も身と一緒にすりつぶして作っている物なのでおいしくて、カルシウムとかの栄養もたくさん入っているんですよね(^^)

食べやすいので普段焼き魚とかの苦手な甥っ子もおいしいと言って食べているようです^^

おいしくて出汁もとれてお勧めの具財です。

スーパーの魚売り場に丸めていないすりつぶしただけのつみれが売っていたりするので箸で好きな大きさに分けて入れたりしています。

お味噌汁の具にしてもとてもおいしいんですよ(笑)


[84]調味料の味ではなく素材の味を楽しむ「魯山人風すき焼き」 momokuri3

すき焼きのツリーがいくつかありますが、濃い味付けの調味料の味で食べる一般のすき焼きと、素材の持ち味で食べていく「魯山人風」は別物だと思いますので、独自のツリーとさせていただきます。

魯山人風すき焼きは、かの北大路魯山人が創作したとされる鍋料理で、そのオリジナルのレシピは不明ですが、様々な情報を総合すると、概ね次のような特徴を持つ料理のようです。

・割り下や味醂や砂糖等の甘味は加えない。

・溶き卵も使わない。

・鍋は沸騰させない。すなわちレアの状態で肉を食す。

・肉以外の食材は豆腐と長ネギのみを使い、余計な物は入れないシンプルさを楽しむ。


まず手始めにダシをとります。ダシ昆布10cm角に切れ込みを入れ、5カップの水で中火でゆっくり煮立てていき、沸騰したら昆布を取り出し、差し水をして若干水温を下げたところで削り節20gを入れ、10秒後に火から下ろして漉します。極めて上品な和食のダシです。

材料の下ごしらえについては、魯山人風はネギを全てすき焼き鍋に立てて並べますので、鍋の水深よりちょっと長く切りそろえてください。汁の上からネギが少し頭を出すことで、煮えたネギの味に生のネギの味がほんのり合わさった旨味が楽しめます。水深より短いとダシを張った時にネギが泳いでしまいますので注意してください。

豆腐は焼き豆腐ならそのままでいいですが、普通の豆腐の場合は重石をして水切りをしておいてください。大きさは、ダシを張った時に頭が出ない大きさに切ります。

鍋にダシを張り、ダシ500mlに対して薄口醤油大さじ1の割合で味を整え火を点けます。ダシの量は鍋の大きさによって加減してください。沸騰前にネギと豆腐を並べはじめ、沸騰直前に弱火にして沸騰させない状態を維持します。これで準備完了。

主役の肉をダシの中に上手に広げながら入れ、好みの加熱加減で引き上げて食します。絶対に煮すぎてはいけません。しゃぶしゃぶと似た食べ方になりますが、グラグラと沸騰したお湯に肉をくぐらせないところが違います。つまり、お湯の中に牛肉の旨味が逃げないのです。上品な和風のダシが牛肉の旨味と合わさって、これこそ日本の料理という感じの上品なおいしさが味わえます。


なお使う肉ですが、焼き肉と違って脂肪を味わう料理ではありませんから、霜降りである必要はありません。赤身の旨さを重点に選べばいいので、価格帯の安い肉でも十分おいしく食べられます。ただしあまり煮すぎないレアの状態で食べていきますから、衛生管理のしっかりした肉を選んでください。


[85]>69 キムチ鍋 tibitora

キムチ鍋、あたたまっておいしそうだなと思います^^

私は辛いものが苦手なのでたくさんは食べられないと思うのですが、一度野菜たくさんのキムチ鍋を食べてみたいです^^


[86]>57 カレー鍋 tibitora

カレー鍋、食べたことが無いです。

普通のカレーをだし汁でうすめても作れるんですね、作ってみたいなと思います。

ゆで卵とかおいしそうですね^^

甥っ子もカレーが好きなので作ったらよろこんで食べそうです(笑)


[87]>86 カレー鍋 kinnoji7

最近話題になっていますね。最後の締めはうどんなんか入れたらカレーうどんとしても楽しめますね。


[88]>85 キムチ鍋 kinnoji7

毎年、冬になると一度はお世話になるのがキムチ鍋ですね。額の汗を拭いながらおいしく頂いております。


[89]>79 すき焼き kinnoji7

すき焼きは鍋料理に絶対はずせないですね。自分の中のご馳走ランキング10に入ってます。


[90]>6 チゲ鍋 kinnoji7

チゲ鍋を食べると寒い冬でもあっという間に温まりますね。5日連続で食べたことがありますがぜんぜん飽きないのがチゲ鍋です。


[91]>87 カレー鍋にはキャベツ yoshigyu1318

鍋に白菜というのは定番ですが、カレー鍋にはキャベツというのが我が家の常識です。なんといってもカレー鍋のキャベツはおいしく食べられます。

やわらかくなるまで煮たキャベツはとてもおいしいです。

我が家のカレー鍋の他の具材は、鶏肉、にんじん、白滝などシンプルです。


[92]>50 湯豆腐 kinnoji7

アツアツの湯豆腐をフーフーしながら食べるとおいしいですよね。


[93]>92 今日も食べました to-ching

はっきり言って無味なんですが、美味しいんですよね?


[94]>89 時代は変って・・・ to-ching

今日は食べるものが無いので「すき焼き」にしよう!ですものね・・・


[95]>39 飽きた飽きた! to-ching

確かに良い出汁も出ますね!でも地方柄飽きましたね?


[96]>88 キムチ鍋 juic

失敗がないのがいいですね。キムチを入れれば必ず美味い!

なべなら何でもそうそう失敗はないかもしれませんが。


[97]>61 トリがね・・・ to-ching

本当の比内鳥でしたら本当に旨い!でもあの事件からトリがなぜか消えた、高かったですよ?


[98]隠し味は地域奉仕・夜回りの後のナンチャッテ「しし鍋」 YuzuPON

落語に、冬の夜回りの寒さを、しし鍋でねぎらう話があります。落語では番屋で酒盛りになってハメを外している所にお役人がやってきて大騒ぎになりますが、全てが終わって帰宅した後ならいくら飲んでも大丈夫ですから、わが家では特に父が町内の夜回りで出かけた日は、温かなナンチャッテしし鍋を作って帰りを待つのが恒例になっています。普通の夜回りはちょっと町内を回ってくるだけですが、父の場合は自治会の役員なので、何かと時間がかかるのです。

さて、わが家のナンチャッテしし鍋は、イノシシの肉など当然手に入りませんから、豚肉を使います。そのかわり量はたっぷりです。男をねぎらう料理ですから、量で勝負です。部位は背ロースが適しています。薄切りを使います。

その他の材料は、ゴボウ(粗めの笹掻きにして水にさらしてアクを抜く)、白菜、春菊、下仁田ネギ、シイタケあるいはシメジやエノキ、そして焼き豆腐などです。このうち最も大切なのはネギです。関東人は鍋といったら下仁田のネギが欠かせません。

以下、作り方です。

まず適当な鍋に、土鍋一杯に相当する日本酒をなみなみと注ぎます。しし鍋の日は、飲む分を含めて一升空けるつもりになります。

底に出し昆布を敷き、よく洗って付着物を落とした豚骨を、ラーメンのスープを取る時のように叩き割り、10cm程度物を2本くらい、1時間ほど土鍋の酒の中に漬けておきます。

鍋を火にかけ、弱火で1時間ほど煮出します。出し昆布は鍋が煮立ったら取りだしてください。大量のアルコールが飛びますので、この作業は食卓ではなく台所で行います。換気を良くして、グラグラ煮立てると鍋に火が入るので、火は強くしないように注意して出し汁を取ります。鍋に火が入ったら、まずコンロの火を止め、続いて蓋を被せて消火してください。

1時間ほど煮込んだら出し汁を漉して土鍋に移し、味噌を溶いて味付けをして、食卓の卓上コンロに運びます。肉と野菜を適宜入れ、火が通ったら食べられます。

タレというか、付けて食べる物は、わが家では手作り柚子果汁を使ったポン酢醤油に紅葉おろしと刻みアサツキを散らしたものを使っています。まったりとした味噌味に爽やかさが加わり、とてもおいしくいただけます。

よく空腹は最高のスパイスであるなどと言いますが、このしし鍋の場合は、地域のために寒空の下で頑張ってくるのが最高の隠し味になります。父もたまに私が夜回りに出る晩にこれの用意をして待っていてくれますが、冷え切った体には最高のご馳走です。


[99]>20 家では・・・ to-ching

タラバ蟹なんですが・・・勿論冷凍なんですがね。やけに白菜も旨いのです!


[100]コンソメ鍋 otayori

普通のコンソメスープじゃん!みたいだけど、和風っぽい野菜でも魚でもOK。

風邪引いてるときはニンニクも入れます。

急いでるときに固形スープでよくやるので、しっかり炒めなくて適当です。

色んな食材を食べるのがモットー。変じゃなければ何でも入れます。


[101]>3 なるほど otayori

アスパラもいけるんですね!栄養価高そう。

味見をよくするからか、慣れなのか、けっこう個性の強い野菜でも

コンソメで大丈夫ですよね。


[102]>97 きりたんぽ鍋! otayori

そういえば食べたことありません。

一度やってみます!


[103]>80 あ、美味しそうです otayori

うちもほとんど飲まないのにビールあるので、試してみようかな。

お肉と合いそう。


[104]>83 つみれ otayori

母が初めて作ってくれたとき、すごく美味しかったのを覚えています。

いわしってこんなに美味しいのかって。

料理下手な私は、スーパーで買いますが、丸めてないのが売ってるのって良いですね。


[105]>75 北海道や港町で powdersnow

地元にしかないような、名前を初めて聞くような魚の中から、鍋向きなものを聞いて、買って帰ってみたりします。

小樽で買った、外見は不細工な魚が、とても美味しかったのですが、名前はもう覚えていないですねぇ。


[106]>96 キムチ鍋 canorps

我が家のキムチ鍋は、キムチはもちろん入れるのですが桃屋のキムチを使うスープが一番好評です。

ストレートのキムチ鍋すーぷなどもためしたことがありますが、いまいちなんですよね。

自分地の好みの辛さに調節できるキムチの、もとが一番です。

5歳7歳の子供もこんなに辛いのに食べれるのはすごいと思ってたんですが、韓国の子供は日常的にキムチをたべますものね。

うちの子達は、親が子供に合わせてないのでなれちゃったのかしら。

でも、さすがにちょっとから過ぎるかな?

って時は子供の器に溶き卵を流しいれるとマイルドになるので問題なく食べれるようです。


[107]>33 モツなべ canorps

本場福岡?なのかしら。

福岡の持つなべはちゃんぽん麺が必須だそうですね!

おいいしいですよねえ。


[108]>82 おでんにはすじ肉 canorps

すじ肉を、おでんのために前日から煮込みます。

やわらかくなったすじ肉をおでんに投入。

なので、鍋って基本その日に割りと楽できる料理が多いですが我が家では本気で取り組む料理の一つですねー。

すじ肉の入ってないおでんはおでんにあらず!というくらい。

必須です!


[109]しらたきを たくさん入れます。 taknt

麺類が好きな私は、しらたきをたくさん入れます。

しらたきって 麺みたいで、つるつる食べれて おいしいからですね。

それなら ラーメンでも入れればいいやんとなりますが、

しらたきは ラーメンやうどんなどとは またちょっと違ったおいしさがあるので、いいのです。


[110]>108 納豆のからしをおでんに流用 iijiman

うちの奥さんは、納豆についている「からし」を使いません。辛いものが苦手です。それで、彼女が納豆を食べるたびに「からし」が残って行くわけですが、それを冷蔵庫で保管しておきます。

そして、おでん。

おでんの時にも奥さんは「からし」を使わない訳ですが、私は使います。その時、日頃から蓄えておいた「納豆のからし」が大活躍します。

類似の例に、崎陽軒のシウマイを食べた後のからしの残りというのも、よく使います。


[111]>109 しらたき、入れますよ? nakki1342

我が家ではすき焼きをするときに

しらたきは、絶対に入れますね

出来るだけ多く。

お肉もたくさん食べるのですが

しらたきもとっておなかの中を掃除する意味で(苦笑)

日頃繊維質なものをあまり取る食生活を

自分が出来ていないと思うので

とるときは多くとるようにしてるんです

あ!効果も狙って食べていますが

すきやきの中に入れる食材としても食べやすいので

好きなんです


[112]>106 キムチ鍋に豆腐 iijiman

うちは「キムチ鍋の素」も「キムチの素」も、どちらも使います。

そして、「豆腐」を入れます。これが熱くて、冷ましながら食べるのに一苦労する訳ですが、美味しいです。絹ごしより木綿ごしの方が崩れにくく、焼き豆腐ならなお崩れにくいですが、何でもいいです。白菜と一緒に食べる豆腐が美味しいです。


[113]>104 つみれ、さつま揚げ、ゴボウ天など練り物系 iijiman

いわしのつみれ、美味しいですね〜。

うちもよく使います。

さつま揚げやゴボウ天など、魚の練り物をよく使います。というか、このあたりのスーパーに行くと、色々売っているのです。他のエリアより多いような気がします。小田原が近いからだろうか?それとも「静岡おでん」の文化圏だからだろうか?


[114]>26 牡蠣の味わいは格別ですね iijiman

私は生牡蠣も好きですが、鍋の、火を通した牡蠣の味がまた、大好きです。

何と言うか、味が膨らむような気がするのです。

豆乳との組み合わせたことは考えたことがありませんでした。なるほど〜。


[115]>65 牛鍋ですね・・・好きですよ! fusakogane

煮るので焼き豆腐に味がしみ込んで最高! 我が家では〆に正月なら餅、普段ならうどんを入れ煮込んで食べますね・・・


[116]シンプルなしゃぶしゃぶ fusakogane

お湯を入れた専用の鍋に昆布茶を少し入れたらあとは牛をしゃぶしゃぶして白ゴマのタレに「もみじおろし」かラー油に細ねぎをいれるだけ・・・具は長ネギか水菜でじゅうぶん・・・豚ならポン酢にゆずをちょっと・・・一番簡単な鍋でしょうね・・・ひとりでもやる鍋です!


[117]きのこ鍋 peach-i

きのこ鍋が大好きです。

えのき、しめじ、エリンギ、しいたけ、まいたけ・・・

様々なきのこを入れて食べます。

良い出汁が出るのでお気に入りです。

これこそ、しめの雑炊が美味なのです。

少し柚子の皮を入れて・・・風味を楽しむ鍋です


[118]ホルモン鍋 モツ鍋 peach-i

味噌味で頂きます。

ニラをいれて、牛もつ、ごぼう、キャベツ、生姜、にんにくなどなど。

シメはラーメンがとても合います!

モツはコラーゲンも多く、お野菜と取ることでバランスもいいですよね^^

我が家では、最後にたっぷりの長ネギの刻みをのせて食べます!

久しぶりに、モツ鍋作りたくなりました。


[119]鍋に使うポン酢やゴマダレを手作りで peach-i

うちでは、ポン酢は購入してこないで、自分で手作りします。

ポン酢だけではなく、ごまダレなども・・・

これが美味の秘訣です。

漬けダレが美味しいとシンプルな出汁の鍋でも非常に美味しく頂けます。

柑橘のものは柚子にしたり、レモンにしたり・・・好きなもので作ります!


[120]おでん 素は使わずオイスターと塩のみで。 peach-i

http://cookpad.com/recipe/198480

このレシピに出遭ってから、我が家ではおでんに素を使わなくなりました。

このレシピではほんだしも入ってますが、うちでは、ほんだしも入れず(おでんの材料に昆布が入るのでほんだしが無くても美味しいです)、オイスターと塩のみです。

最初は、これで本当できるのかな?なんて思ってたのですが、なんと!本当に美味しいあのおでんの味になるんです。

だまされたと思って一度やってみてください。

数年前から我が家のおでんは、このシンプルなレシピに落ち着きました。


[121]>119 手作りポンズ eiyan

ポン酢を手作りは素晴らしいですね!

材料は柑橘かな?

自然の原料で調味料は健康にも良さそう!


[122]>120 シンプル eiyan

おでんはおでんの素を使うのがセオリーなのに使わずとは粋ですね。

これからの季節にオリジナルなおでんというものも良いですね。

シンプルイズオデン!


[123]>100 コンソメ eiyan

コンソメは良いですね。

何にでも会う感じ。

それが美味なのですね。


[124]>117 きのこ eiyan

最近はきのこが流行ですね。

多種のきのこの組み合わせ。

何か楽しそうで協奏楽が聞こえてきそうですね!

ラン!ラン!ラッラ?ン!


[125]>116 シンプルイズシャブシャブ! eiyan

本当にシンプルなシャブシャブですね。

簡単過ぎて味の方も淡白な感じ。

それでも”シャブシャブ?ン!”


[126]シンプルだからそれぞれの個性や好みが仲良く同居できる、その名も「家族鍋」 TinkerBell

家族それぞれが自由に伸び伸びと個性的に振る舞えるイエ。

みんなやりたい放題なのに誰にも迷惑がかからない。

それどころか一人一人の個性がほかの家族を楽しませてくれる、

なんていう家族が作れたらすてきですよね。

そんな家族の理想を鍋料理にしたのが、わが家自慢の「家族鍋」です。

全ての具をただの水で煮る。このシンプルさがポイントです。

基本は水炊きですが、出汁は取りません。塩味も付けません。

最初にお鍋に入るのは、本当にただのお水なんです。

この徹底的な簡素さが味の干渉を共演に変え、多彩な具の同居を可能にするヒミツです。


具は本当に各自自由に選び、用意して、入れていきます。

闇鍋ではありませんからゲテモノはお断りですが、

およそ鍋に使えると考えられる物なら何でも自由です。

とにかく何でも、その時の気分で入れてOKです。

そしてそれを、それぞれ好みのタレや薬味でいただきます。

あえて何の味も付けない水で煮るから、どんな調味料も自由自在。

白子をポン酢で食べている人の横で、豚肉をゴマだれで食べる。そんな混在も自由です。

この自由な鍋の守るべきポイントは、

・鍋に蓋はしない

・沸騰したら弱火

・アクや脂はこまめにすくう

ということくらいでしょうか。


こうして各自自由な具を楽しんでいると、お鍋のお湯がいつのまにか、

それぞれの個性が渾然一体となって溶け込んだ、すてきなスープになっています。

最後はそれで雑炊。ただのお水が、一人一人の個性の発揮でこんなに味わい豊かなスープに成長。

私たち家族もこんなふうに時間を重ねていきたいよね、なんていう気持ちになりながら、この締めくくりを楽しみます。


他にもわが家には鍋のラインナップがたくさんあります。

準備に時間をかけ、お出汁もしっかり取るなどして作ります。

でもけっきょくいつのまにか、一番シンプルな、本当にただの水から始める「家族鍋」に戻ります。


[127]>78 これが噂のせんべい汁! TinkerBell

元はごく狭い地域の郷土料理だったらしいですが、

最近は東北ならかなり広い地域でこの鍋用煎餅が手に入るらしいですね。

でも東京では、少なくとも私の住んでいる周りでは、鍋用煎餅は見たことがありません。

やるとすれば通販で買うしかないのかなぁと思っていました。

でも、こんなに簡単にお煎餅から作れてしまうんですね。

すごく作ってみたくなりました。

東北の鍋料理とすいとんとの関係も興味深いです。

そういえばすいとんの元祖のひっつみは東北の郷土料理なんだって、以前紹介されていましたよね。

南部煎餅とユダヤの種なしパンの関係も、こちらはちょっとトンデモ歴史が入ってきそうですが、

窮状を救う食べ物として、あるいは携帯に便利な食べ物として、

はるか離れた二つの場所に似たような食べ物が誕生したと考えると、

大きな人の歴史のロマンに触れる気がします。


[128]>115 割り下の入ったすき焼き atomatom

すき煮、ともいいますよね。関西では割り下、つまりはダシで割って、そうですねまさに煮る感じの鍋になることが多いです。

もっともうちは奥さんが「すき焼きは砂糖と醤油とちょっとの酒と、あとは白菜の水分だけで焼くのよ、割り下なんてとんでもない」という人なので、それに引きずられています。


[129]>113 つみれで味に奥行きが。 atomatom

うちにはフードプロセッサーがないのでつみれを作るときは本気を出さざるを得ません。大きなすり鉢もあるにはあるのですが、洗う手間を考えるとお手軽に包丁とまな板とビニール袋だけで「なんちゃってつみれ」にしています。

フードプロセッサー、買おうかなあ。

あ、つみれには大量のショウガを混ぜるとおいしくなりますよね。


[130]>5 どて焼き! atomatom

関西ではどて焼きというほうが多いかな。砂糖と味噌と酒で弱火でトロトロと煮込む牛すじ。居酒屋の定番メニューにもなってますね。居酒屋では串に刺してるところが多いかな。

うちではコンニャク、大根、牛すじ、それにnatumi0128さんも書いておいでのようにモツもたまに入れますね。牛の小腸ですね。

これを冬場の仕事休みの日曜なんかに大なべにかけてはおろし、また中身が冷えたら火にかけ、を繰り返して煮込んでいくのは実に幸せな作業ですよね。


[131]>99 お客が来たときにかに鍋 atomatom

うちは2人暮らしなのでどうも家族だけでかに鍋にすると微妙にカニが余っちゃうんですよね。ですからお客さんが来たときにかに鍋することが多いです。

どうもね、かに=高い、っていうイメージが定着してるのか、かに鍋を出すとお客さんのテンション上がりますねえ。定番の「かに鍋って無口になるよねえ?」ってセリフも必ず誰かが口にして。

一つだけかに鍋のいやなところ。

どうしても手を使って食べるので手が汚れて、その手でビールのグラスを触るのでグラスの外側がベトベトになっちゃうんですよね。

それくらいは我慢しないといけないんでしょうけどね。


[132]>17 チャンコにはゴボウ! atomatom

この冬、いわゆるちゃんこ鍋、お店で2回も食べました。

どちらにもゴボウ、ニラ、油揚げは入っていましたよ。

ゴボウから出るダシというかほのかなエグミ、香りはチャンコになくてはならないものだと思います。

ゴボウさえ入っていれば鶏肉や魚の臭みが苦手な人も大丈夫。〆のうどんや雑炊にまでもゴボウの味は残っていますよね。


[133]簡単・手軽・安価・でも本格派、俺流モツ鍋 Fuel

料理の素養のない男でもこれならOKというモツ鍋の作り方です。

材料は4人前で考えるとだいたい以下の通り。

◆モツ 大腸、小腸を中心に、センマイ、赤センマイ、ハツなどある程度バラエティに富んでいるのが望ましい。800g?1kgくらい。

◆豆腐 1丁。

◆ニラ 2束くらい。多めが良い。

◆キャベツ ザク切りにして入れる。量は適当。

◆ごぼう ささがきにして入れる。量は適当。

◆しめじなどのキノコ類 量は適当。

◆にんにく 量は適当。

◆鷹の爪 1本

???

◆つゆ材料

・関西風うどんスープ 3人前(うどんスープと言えばあのメーカーというやつです)

・薄口醤油 適当


ここからは下ごしらえ編。

豆腐は軽く重石をして水切りの後、味噌汁に入れるくらいの大きさの賽の目に。

ニラは5センチの長さ。あまり短くしすぎない方がモツとのバランスがよい。

キャベツは4センチ角くらいのザク切りをどっさり。

ごぼうは存在感のある大きめのささがきにして軽くアク抜きをしておく。

キノコ類は石づきを取り除き、あまり小さくしない程度に束をバラす。

ニンニクはまな板に置き、包丁を寝かせて上に乗せ、手を切らないように注意しながらバンと叩いて潰す。包丁が恐い人はニンニクをラップで挟んでまな板に乗せ、カマボコ板などを乗せてバンと叩く。鍋に入れる直前に行うと匂いが気にならない。

鷹の爪は種を取り除いて小口切り。好みで辛味には豆板醤なども加える。

モツは、冷凍物を使う場合、あるいはモツ特有の臭みが苦手な人の場合は、沸騰したお湯に一度くぐらせておくと良い。ただしこの段階では煮てはいけない。


いよいよ作るぞ編。

うどんスープを3人前の分量で作り鍋にはり、沸騰させてまずニンニクを入れ、モツを入れる。再沸騰後1分半でいったんモツは取り出してしまいます。これは煮込みすぎてせっかくのモツをカスカスにしないための工夫です。

モツを取り出したら代わりにごぼうを入れ、3分煮たら豆腐、キノコ類、キャベツを入れてスープを味見。薄ければ薄口醤油で味を調え、モツを戻してニラを入れ、鷹の爪を散らして適宜煮込んで出来上がりです。

文章で書くと複雑そうですが、手順を覚えてしまえばとても簡単。ダシは市販品、あとの味は全て素材が醸し出してくれるので、誰が作っても必ずおいしく出来上がります。


最後にモツ鍋の持つ健康効果について触れておきましょう。

まずモツは各種アミノ酸とコラーゲンの宝庫です。もちろん口から入れたコラーゲンがそのまま体内でコラーゲンとして使われるわけではなく、消化吸収された成分が体内で再びコラーゲンとなるためには、各種アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの応援を必要としますが、鍋ならそれらの成分もセットで揃うわけですね。

モツ鍋のもう一つの主役はゴボウとキャベツですが、ゴボウの注目成分は何といってもセルロース、リグニンなどの食物繊維です。これらには整腸作用があるほか、コレステロールの生成を抑制する働きもありますから、とかく飽食になりがちな鍋には大変有り難い材料です。キャベツも各種ビタミン、ミネラル分をバランスよく含む、いいお野菜ですね。

そしてニンニクの健康効果は言うに及ばず、ニラもこれに含まれる硫化アリルが食欲増進、消化促進、風邪の時の発汗・解熱・消炎・制菌などにも役立ってくれます。

さらに鷹の爪の辛み成分カプサイシンで体ホカホカ。ここまで読むと、ちょっとの風邪気味くらいはここでご紹介した簡単モツ鍋で一発撃退OKって感じになってくると思います。モツ鍋はお酒が進みますが、風邪気味の時のお酒は体力を消耗しますので、それだけ気を付けてくださいね。


[134]>132 ゴボウは欠かせませんね Fuel

モツ鍋の方でも書かせていただきましたが、ゴボウに含まれる食物繊維のリグニンには、腸内のLDLコレステロール(いわゆる悪玉)を減らし、HDLコレステロール(いわゆる善玉)を増やす効果があるんです。

またゴボウの食物繊維には糖尿病を予防する働きもあります。ゴボウに豊富に含まれる不溶性の食物繊維は腸内にゆっくり滞留しながら水分と共に腸内のブドウ糖を吸収します。つまり食中食後の血糖値の急上昇を抑える働きをするということです。血糖値の急上昇は膵臓に高い負担をかけますが、ゴボウがそれを防いでくれます。

そのほか、ゴボウには免疫力を高めてくれると言われるイヌリン、クロロゲン酸、アルクチン酸などが含まれています。ちゃんこはスポーツ食の一種でもありますから、こうした健康効果を意識して、ゴボウがたくさん使われているのではないかと思います。

家庭でも、とかく食べ過ぎになりがちな鍋料理へのゴボウの利用は、家族の健康を守る大切な暮らしの知恵ではないかと思います。


[135]>11 これはうまそう、そして温まりそうです Fuel

クリームシチューのようでありながら、それよりあっさり、そして和食材とも良く合う、ですか。これは試してみる価値十分ですね。

ゴボウ、大根、油揚げが最高とのことですが、ここに彩りよくブロッコリーやニンジンも加えてやるといいかも。動物性素材は鶏団子なんてよさそうですね。寒い冬の夜に本当に温まりそうな様子が目に浮かびます。これはおいしいに違いありませんね。

ふと考えたのですが、豆乳味噌鍋ってのもどうでしょう。焼き豆腐なども入れて、健康豆三昧鍋。実験してみたくなりました!


[136]>64 仕上げに豆乳ですか Fuel

唐辛子の辛味で体の芯から温まるチゲ鍋は私も大好きですが、ここに豆乳が入るのはとてもいいアイデアですね。

辛味を豆乳でまろやかには、カレーに牛乳でコクを出すのにも似た技と言えそうですが、大豆イソフラボンの美容効果とカプサイシンの代謝アップで、美人になる鍋と言える組み合わせでもありそうです!!


[137]>84 これが魯山人風 Fuel

これが噂に聞く魯山人風すき焼きというやつですか。伝説の料理と言う感じで実態がつかめませんでしたが、具体的なレシピでとてもよく理解できました。つゆはあくまで上品な薄味のダシ。加熱もソフトにまろやかに。濃い味付けで食べるすき焼きとも、グラグラ煮立ったお湯にくぐらせるしゃぶしゃぶとも違う、本当にやさしく牛肉の旨味と語り合いながら食していく料理と言えそうですね。

ネギを立てて鍋に並べ、全体をお湯に沈めないというのも独特のアイデアで感心しました。こんな所にまで食材の恵みを最大限に生かす工夫が行き渡っているんですね。魯山人風、恐るべしです。


[138]>102 きりたんぽ tibitora

きりたんぽおいしいですよね、私もあのお米のつぶつぶ感が好きです^^

最初にきりたんぽを食べた時はおでんに入っていたのですが、一瞬ちくわと見間違えました(笑)

太さも形も似ていたので「あれっ?」と間違えて(^^;

ご飯とお餅の中間位のもちもちつぶつぶがおいしいです(*^^*)


[139]カムジャタン choco-latte

カムジャタンとは韓国の料理で豚の背骨をじゃがいものお鍋です。


本当は豚の背骨のお肉を使うのですが、

家では簡単にスペアリブ用の骨付き肉を使っています。

<材料>


ジャガイモ

もやし

長ネギ

しょうが


(A)コチュジャン

お砂糖

しょうゆ

擦ったにんにく

(B)味噌

コショウ



作り方は

ジャガイモ、スペアリブはあらかじめ

軽くゆでて下ごしらえをしておく。


鍋にお水をいれスペアリブとしょうが、ねぎとお酒を入れ加熱。

お肉を一旦取り上げ、(A)を入れる。

そして(B)で味を調え、その後もやしを入れて出来上がり。



うちではこの中にトッポキや餃子を入れたりします。



韓国だと、シメに、この出汁にご飯と、韓国のリと、キムチを

入れてチャーハンを作りますが、

うちでは出汁にご飯を入れて、韓国のリを細かく切って、まぶし、卵でとじて雑炊にして食べます。

とってもウマイ!!寒い日には辛くてあたたかい鍋が一番ですよね。


[140]>91 カレー鍋、美味しく頂きました。が・・・・。 an_shoku_panman

うどんを入れて食べたのですが、食べ終えた感想は

思ったより美味しいということでした。

忙しい時にはありがたいですね。


[141]とり鍋 azaburecipes

シンプルに鶏肉と野菜でつくる鍋は、結構おいしいですよ。渋谷で食べた「とり鍋」がおいしかったので、まねをして作ったりします。お鍋の最後に残ったスープでおじやを作るのが定番です。寒い日や風邪ぎみのときなどに、簡単にできてとても温まるので重宝しています。


[142]>125 しゃぶしゃぶにごまたれやシソドレッシング tibitora

うちはしゃぶしゃぶは豚肉で作ります^^

たれはゴマたれやごまドレッシング、シソドレッシングとかで食べます。

キャベツや白菜の野菜も一緒にいただきます、シンプルで手軽に作れておいしいですよね^^


[143]>93 湯豆腐 tibitora

湯豆腐、おいしいですよね。

ポン酢をかけたり、鰹節とお醤油で食べたり味付けなしで食べてみたり(笑)

温まります^^

にんにく醤油はみたことが無いです、お醤油ににんにくを漬け込んだものなのでしょうか・・・?すりおろしたにんにくを入れたものでしょうか・・・?


[144]>129 つみれ wacm

atomatomさんの言うように、味わいに奥行きというか深みがましますよね。ただ、つみれは自分で作らなくても、スーパーなどで売っている市販のものでも十分に鍋はおいしくなり、楽しめると思いますよ。つみれの魅力は魚を肉団子感覚で簡単に食べることができることが最大のメリットですよね。子供たちも好きでよく買ったり、自分で作ったりしていました。おでんだねを作るお店が近くにあるところはうらやましいです。


[145]>111 しらたき=糸こんにゃくでいいでしょうか? tibitora

しらたきと糸こんにゃくは同じと思っていいでしょうか?

私のうちも鍋物のときは糸こんにゃくがたくさん入ります。

白いものではなくて、コンニャクと一緒の黒いぽつぽつのある糸こんにゃくです^^

(あ・・・もしかしてぽつぽつの無い白い糸こんにゃくがしらたきでしょうか?違いがよくわからなくてすいません;;)

味もよくしみておいしくて、食物繊維も多くて体にも優しいですよね^^


[146]>118 もつ鍋 wacm

狂牛病騒動で一時期は完全にもつ鍋の素やもつ自身がスーパーの陳列棚から消えてしまっていましたよね。もつが復活して喜んでいるのは我が家だけではないはず。モツはいったんゆでて脂肪分さえしっかり落としてさえいれば、とてもヘルシーで長ネギ、キャベツ、唐辛子、ニンニク、それにシメはうどんが定番です。もつ鍋はもつ焼きと違い嫌いな人がいないので家族でも友人同士でも食べることができるので冬の食事として話題にものぼります。


[147]>145 しらたき wacm

しらたきは小さい頃、とても嫌いな食材の一つでキノコ類とともに鍋料理で食べることのできなくて両親に叱られていた思い出があります。ただ、年をとってきたせいか、お肉もたくさん食べられなくなり、健康を意識するようになったため、ノンカロリーのしらたきや糸こんにゃくを以前より食べるようになりました。子供の頃にあった苦手意識もいつの間にか消えてしまい、鍋には必須の素材です。ただ、時代は変わっても自分たちの子供たちは嫌いあるいは苦手のようです。。


[148]>144 つみれ sidewalk01

私も買うことが多いんですが、実際に作った方が味わいは増しますよね!健康にもよさそうです!


[149]>95 ホタテ sidewalk01

確かにいれると、スープがグッと美味しくなりますね。中々買う機会が無いですが、今度いれてみます。


[150]>90 チゲ鍋 wacm

チゲ鍋はキムチ鍋以上にどれも味が一緒になってしまって嫌いだったのですが、かつて大阪・神戸へ旅行したとき友人に案内してもらったとき、カキやホタテ、タコ、エビなど海産物が入ったものを食べたのですが、味わいが豚肉とは違いまろやかでとても受け入れやすい味になっていて驚いた記憶があります。熱々で食べるのがチゲを味わうのに一番の食事ですよね。ただ、やけど、翌日の口内炎が・・


[151]>147 しらたき、くずきり、マロニー、糸コン sidewalk01

この3つのうち1つは必ず鍋に入ってます!チュルッといけて美味しいですね!


[152]>146 もつ鍋のキャベツ sidewalk01

甘くて大好きです!


[153]>149 ホタテ wacm

ホタテは多少の出費を覚悟しても鍋に入れると味わいがさっぱりというか、深みの出る味になります。ホタテと言ったらお寿司の時くらいしか食べませんが、生でないホタテも食感が繊細で食べがいあるものだと思います。息子がホタテを好きで鍋一面に敷き詰めて、ホタテ鍋のようになってしまったことがあります。ホタテは味に主張がないので、どの海産物ともマッチします。


[154]>107 雑炊 adgt

なんだかんだで雑炊でしめるのが一番好き。


[155]>124 えのき sidewalk01

特にえのきが好きですね!あの食感がたまりません。


[156]>150 チゲ鍋とキムチ鍋の違いって adgt

なんなんでしょう?良く分からずに食べてる。。。


[157]>142 しゃぶしゃぶ adgt

肉をたらふく食べれる幸せ!!!ゴマだれがいちばんしっくりくるなぁ。


[158]>130 広島で食べたカキのどて鍋 adgt

おいしかった?!


[159]>81 闇鍋 adgt

高校時代に友人とやって痛い思い出が・・・、調子の乗りすぎには注意ですね。。


[160]>127 せんべい汁 tibitora

鍋用のお煎餅があるんですね・・・固焼きの小麦粉煎餅・・・ひょっとしたら瓦煎餅を使っても代用できるかなと思ってしまいました。

http://www.rakuten.co.jp/tamachi/593860/494487/#523813

こちらですが堅い小麦粉のお煎餅です、そしておいしいです^^

砂糖が入っているので甘めになってしまうかなとは思うのですが(^^;

ゴボウやにんじんの入った煎餅鍋おいしそうです、それにしてもCDまで・・・すごいです、どんな歌なんだろうととても気になります。

お鍋のお風呂に入っているみたいで、楽しそうなお煎餅たちがかわいいです(笑)


[161]>154 そのときに食べたいもので^^ tibitora

お鍋の〆はうちではその時の食べたいものでしています、うどんや雑炊・・・両方食べたい時は最初にうどんを入れて食べて、そのあとでご飯を入れて雑炊にして食べています(笑)

おなかがいっぱいすぎるくらいになることもありますがおいしくて幸せです(笑)


[162]>156 チゲ鍋 fwap

私もキムチ鍋とチゲ鍋の細かい違いは分かりません。ただ、チゲ鍋の方は海産物がふんだんに入っていて辛みがきついような気がします。一方、キムチ鍋は豚肉や白菜を中心に辛いながらも味付けを重視しているように感じます。ただ、どちらも寒い時期に身体を温めるのにはうってつけな食材ですよね!


[163]>161 しめはうどん fwap

我が家では、うどんがシメの中心です。うどんならどんな鍋にも合いますし、味付けも簡単に染まりやすく最高の炭水化物です。雑炊やラーメンもいいですけれど、やはり卵やだし汁に合うのはうどんです。うどんは実はカロリーもそばやご飯と比べて低く、ダイエットしている人にはいいと思います。


[164]>158 土手鍋 fwap

私も名古屋の知り合いがいて、名古屋へ行ったときはきしめんや天むす、うなぎとたくさん食べてしまいました。その中でも土手鍋は極めつけで、一見つくりはおおざっぱですが、味噌の味が濃厚で具材の良さを引き立てているようで感心しました。名古屋の文化を知らなかったので初めてで名古屋の味を知ることができてよかったです。


[165]>157 しゃぶしゃぶ fwap

しゃぶしゃぶなら誰でも簡単に食べることができますし、自宅なら友人を呼んでパーティー形式で食べることができていいですよね。私も何年かに1度は友人を呼んでしゃぶしゃぶを食べています。高校からの友だちなので最近では子供の話題で持ちきりです。余ってしまっても、しゃぶしゃぶサラダにできるので、箸が進みます。


[166]>152 もつ鍋 fwap

sidewalkさんの言うように、もつ鍋のキャベツって不思議と甘くて美味しいですよね。冬のキャベツのしゃきしゃき感をたくさん味わうにはキャベツ鍋かあるいは、もつ鍋がうってつけですよね。もつ鍋のスープがキャベツの甘さを引き立てているのでしょうか?!


[167]>166 もつ鍋 aekie

もつ鍋たくさん食べることができて大好きです。もつ鍋は安い上に案外ヘルシーですし、うどんも合うので友だちとパーティ使用と計画を立てています。もつ鍋なら入れる野菜も自由で、毎回味を変えることができてバラエティに富んでますよね。


[168]>122 味は、本当に正真正銘のおでんになるんです^^ peach-i

コンビニのおでんにも負けないです。

オイスターソースと、塩だけで、あの美味しいおでんの味になるわけない!と思う方のほうが多いと思います。

でも、このシンプルな材料だけで、本当におでんの味が出来上がってしまうのでビックリします。

家でおでんを作るとどうしても、コンビニのおでんみたいに味が美味しいものが出来ない?なんて悩んでいたときに出逢った、プロの味のレシピでした。

化学調味料などで人工的に出来上がった味ではなく、優しくも、でも旨みがあり、屋台のおでんにも市販のおでんにも、何にも負けない味になります。

最近は、美味しさを出すために、人工的な調味料で誤魔化しをして作るものが多いですが、体にも優しい美味しいおでん鍋を味わってみてください!

一晩寝かせると、これまた美味です。


[169]>165 しゃぶしゃぶ aekie

しゃぶしゃぶは家族でよく食べていました。私の両親は念入りに脂を落としてから食べていましたが、自分は一瞬湯にくぐらせて食べていました。また、タレも何がいいかで家族内で揉めていたので母と私、父といったようにそのときどきでバラバラだった気がします。冷しゃぶサラダも好きです。


[170]>163 うどん aekie

うどんが簡単で食べることができますよね。鍋料理で厄介なのが中途半端に残る具と野菜、これを食べてしまうためにもうどんは必要です。残り物次第でうどんの中身が変わるので、ある程度残しておかないとうどんも食べることができませんよね。そのため、雑炊のように卵を入れるのも一計かと…


[171]>159 闇鍋 aekie

高校生の時にしました。友人がイチゴやリンゴなど果物をたくさん鍋に入れてしまったので、砂糖の入っていないジャムを煮詰めているかのような異臭が立ちこめました。その鍋には頭のついたエビやタラなど豪華な海鮮品もあっただけにもったいなかったです。ただ、友人たちと楽しい時間を過ごせるのはどの鍋にも共通のようですね。


[172]>148 つみれ aekie

イワシのつみれ、アジのつみれ、どれもおいしかったですね。肉団子とは違った味わいになるので冬の鍋もたくさんの種類を食べることができてよかったです。つみれは買うことが多いですがなるべく高級なものを買うようにして、だし汁などはケチってもつみれだけはリッチにしてます。


[173]>155 ヤマブシタケ peach-i

Oisix ダシがうまい!サンゴやまぶしたけ

最近いれたキノコでは、おすすめが「ヤマブシタケ」です。

お鍋にも、味噌汁にも美味しいです^^

天ぷらにすると、香りがとても良くて美味しいです。

シンプルなお出汁の鍋に、ヤマブシタケも仲間入りさせると、またお鍋も賑やかです。

こういった機会に、あまり聞きなれないキノコを食してみるのも食育に良いですね!


[174]>138 美味い鳥の入手は難しい powdersnow

きりたんぽそのものも、扱っているお店は多いわけではありませんが、それ以上に確かにトリのねらい目が難しいですね。

牛肉ならまだしも、本当に良い鶏肉を扱っているお店は、数少ないですので……


[175]>128 豆腐と白滝などは、断然こちらが美味い! powdersnow

牛鍋やすき煮と言いますね、確かに。

汁が多めのメリットは、じっくり煮込んで、味をしみこませられる点でしょうか。

本当に美味い高い肉でなくとも、こちらの調理の仕方ならOKというイメージも……

高価な肉ですと、焼きすぎor煮過ぎという感じで、もったいないのでしょうけども。


[176]>31 うどんでもなく、きしめんでもなく powdersnow

山梨の鍋、麺といえば、ほうとうですね。

具を鍋でごった煮みたいな感じですが、あの素朴さが何とも言えない味わいがあります。

県内の有名なお店では、猪肉入りもあったので、先の亥年の折には、縁起を担いでそれを食べてきました。干支を食べていいのか、謎ですが……


[177]子供のパーティーにチョコフォンデュー! fusakogane

誕生会に盛り上げてあげました! イチゴ バナナ りんご マシュマロ バウムクーヘン等を用意して串刺しでワイワイ・・・みんな口の中をやけどしてましたけど・・・・


[178]>175 すき煮でコッテリなら牛肉・・・サッパリなら豚肉でいってます! fusakogane

煮込んでゆくと脂の香りが立ってきますので、さらにどんぶり飯が食べたければ牛肉で卵かけて! さっぱり酒のつまみには豚肉でしょうか・・・・


[179]>121 手作りでゆずのポン酢・・・寄せ鍋に最高! fusakogane

ゆずは皮ばかり使っていましたので、果汁をたっぷりでポン酢作ってみます!


[180]>176 ほうとう鍋 kinnoji7

2年前、ほうとうをはじめて食べてハマりましたね。うどんとは違った歯ごたえがあっておいしいですね。


[181]>174 きりたんぽ鍋 kinnoji7

まだ食べたことが無いのでものすごい興味があります。ネットでレシピを調べてから料理したいと考えています。


[182]>171 闇鍋 kinnoji7

罰ベームのようで楽しそうですね。今度親しい友人を家に呼び闇鍋で楽しんでみようかなと思います。


[183]>169 しゃぶしゃぶ kinnoji7

しゃぶしゃぶはポン酢とゴマダレで2回も楽しめるよくばりな鍋料理ですね。そんなしゃぶしゃぶが大好きです。


[184]>151 しらたき kinnoji7

味が染み込んだしらたきはホントおいしいですね。すき焼きなんかには絶対欠かせませんね。


[185]>77 キャベツと豚バラはおいしそう! fusakogane

キャベツの料理法がひとつ増えました! 豚の脂ってうまみになりますよね。タレは大根おろしでも試してみます・・・


[186]>170 ラーメン to-ching

も結構最近流行ってますよ!


[187]>162 この手のもの to-ching

日本人の味覚を混乱させます、皆同じ味、辛さになってしまいます、

私としてはこの手の食べ物は反対です!


[188]>168 こりゃ・・・ to-ching

いいかもしれません!素材の味を大切にする、基本と思います、


[189]>29 食べたい! to-ching

鳥臭さが無ければ美味しいでしょうね、福岡に行って、今日はフグ、明日は水炊き・・・良いなぁ


[190]>184 肉のそばには・・・ to-ching

置かぬこと!肉が硬くなります・・・すき焼きの場合


[191]>164 モツの煮込みが好きなので・・・ fusakogane

八丁味噌に馴染みが少ないですが近々トライしてみます。まず手もとにある合わせ味噌でやってみますね・・・・


[192]>177 串刺し eiyan

串刺しは良いですね。

色んなものを串刺しして運ぶのは日常でもしてますね。

誕生会でも鍋をするのも良いですね。


[193]>2eiyan

流行り鍋は塩味。

あっさりした風味味。

塩味はさっぱりして良いですね。


[194]>44 トマト鍋 eiyan

トマトの鍋は風流ですね。

外国では当然の事でもトマトの鍋はまだ馴染みが薄く、手探りですね。

地中海鍋も時には良いですね。


[195]>32 餃子鍋 eiyan

餃子の鍋は良いですね。

ゆっくり煮込むと中身が出汁の基になり、鍋中の味がぎょうざ色になる。

意外な味の味覚も良いでしょうね。


[196]>126 家族鍋 eiyan

昔は家族数が多く、多数人で同じ鍋をつつく。

そんな光景が当然の時代でした。

今は核家族で大勢の家族で同じ鍋をつつく事は殆んどなくなりました。

そこでそんな思い入れの鍋も楽しいのでしょうね。

昔の様なシンプル鍋を囲んで見たい気がします。


[197]>73 肉団子っておいしいですよね? nakki1342

すき焼きとかに入れた事はないのですが

ポトフを作るときには肉団子は絶対に入れます

但し、自分も市販のものを購入してですが・・

今度ポトフ以外のときにでも肉団子を入れて食べてみたいですね

自家製の肉団子を鍋をするとき以外に

時間をうまく作って食べるのもやってみたいですね

好きな料理なら難儀な事だって

頑張れそうな気がします


[198]ダッカルビ鍋 韓国鉄鍋料理 peach-i

何気にお気に入りの鍋です。

鶏肉、野菜、コチジャンなどなど。

少し変わった鍋ですが、美味しいです。

ご飯にとても合います!

日本だけでなく、こうして、違う文化の下で生まれた鍋も何だか良いものです。

その土地により、鍋というものは形を変えても、愛されているのだなーと。

何より、皆で囲んで食べるという、お腹以外にも満たすものがある、鍋料理。

大事にしていきたいですね


[199]>179 自家製ポン酢 atomatom

ぼくの場合は外で買うのがもったいないから、というセコイ理由で手作りポン酢始めました。

要するに酢と醤油とかんきつ類のさわやかさ、あと一味、うまみが入っていればもう立派なポン酢ですもんね。

おすすめは昆布ポン酢。

ダシを取った後の昆布でも大丈夫です。昆布を酢醤油に漬け込んでおきます。で、鍋を食べるときにかんきつ類をしぼる。それだけ。

レモンやユズはそうそうイエの中に転がっていないので、みかんでもぼくはよい風味に感じますよ。


[200]>167 もつ鍋 atomatom

もつ鍋いいですねえ。ちょっとぜいたくなんですが、ダシをおごって、しっかりかつおと昆布でうまみを出すと、もう、お店のもつ鍋! って感じになりますよ。

ただでさえもつからいい味が出るのに、そこにかつおと昆布!

野菜に味が染み込んで、至福のときを味わえます。


[201]鍋は水炊き、味は梅酢で tsukikage1325

鍋は昆布でだしをとって、野菜いろいろ、きのこ、鶏肉、タラ、豆腐、しらたき、の水炊きです。そして、つけ汁はだしに梅酢を溶いて作ります。梅酢がない時は梅干しの果肉をたたいてだしに溶きます。梅の酸味が程よく利いていて美味いです。


[202]>200 もつ鍋 futanbo

おいしいけど、お店でしか食べたことないです。もつ高くなりましたしね?。でも、もつ鍋最高ですよね。しめのラーメン・・美味しそうですね。

家でやってみたいです。


[203]>199 手作りぽんず futanbo

うまくできますかね?。私は酢が苦手なので、酢の配合がきついと

ちょっと辛いですね。市販のより美味しいものなら、試してみたいです。


[204]>197 肉団子にゆず胡椒 futanbo

先日、外で食べたちゃんこ鍋に入ってた肉団子が、なんか

ゆず胡椒的なものが入ってる味で、かなり美味しかったです^^

まめじゃないので、自分で肉団子は全然作ったことないです^^;

でも、美味しかったなあ・・・。


[205]>194 トマト鍋 futanbo

おいしそう?ですね。。。

イタリアン大好きなんで・・(前世イタリア人だったんじゃないかと思うくらい・・)

最後はゴハン入れてチーズ乗せたりしたらリゾット風みたいじゃないですか?

これはやりたい!


[206]>191 どて煮の卵 futanbo

おでんの卵がこの世で一番スキかもしれない

私ですが、どて煮の卵も超美味しそうですね?。

どて煮も大好きなんで、ちょっとこれは

やってみたいですね^^


[207]>186 ラーメン派 futanbo

私も最近、ラーメンをゴマだれで食べると美味しいことを

発見し、最近のしめは雑炊より、それが多いですね。

試したことない方はやってみてください。

まあ、あったかい冷麺みたいな・・?


[208]>185 キャベツ鍋 futanbo

初めて知りました。

キャベツは胃にもいいし、繊維もたくさんだから、

胃腸にいいですよね。

カレー味とかもありかも?


[209]>153 ホタテ futanbo

北海道で食べたお鍋のほたて最高においしかったですね。

あれはほたて鍋だったのだと思いますが、味噌味ですごく

いいおだしが出ていました。

貝はいいだしでますよね?。


[210]>140 カレー鍋 futanbo

うちもカレーの残りをうすめてやりました。

ほんとは、今人気の市販の素を一度は食べてみたい

ですが。テレビでしめはごはん入れて上にとろける

チーズをのせたら、ドリアみたいになって美味しそう

だったので、それも真似しました。イタリアン好きな

私には最高な味でした。


[211]>135 味噌ミルク鍋 futanbo

すごいですね?。味噌と牛乳・・・全然思いつきません・・。

牛乳鍋は食べたことあるので、想像つきますが・・。

これは一度やらねばですね。何回もかぶってるけど、チーズリゾット

大好きなのでシメも魅力的です^^


[212]ネギは最後に入れるのがポイント、風邪予防に効果大の鶏ネギ鍋 Oregano

前のいわしに、アメリカではチキンスープが風邪の民間療法として根づいている、という書き込みがありました。この鶏スープの効用に、ネギの風邪予防効果を組み合わせた鶏ネギ鍋は、冬の健康管理にも最適な鍋料理だと思います。

作り方はとても簡単。鍋に水を入れダシ昆布を沈め、火にかけて、沸騰したらもう昆布は引き上げてかまいません。

醤油と酒でだいたいの味を付け、鶏肉を入れます。鶏肉は何でも構いませんが、わが家ではもも肉のぶつ切りが人気です。

しばらく煮込んだらスープの味を見て、ちょっと洋風に塩・胡椒で味を調えるのがわが家のやり方です。

鶏肉がいい感じに近くなってきたら、白菜、春菊など好みの野菜(まだネギは入れません)、豆腐、きのこ類、その他の具を入れ、煮えてくるまで待ちます。

さぁ食べるぞ、と鍋奉行様のお達しが出たら、ここで初めてネギが登場です。ネギは1cm厚くらいに斜め切り。できれば食べる直前に切ってください。それをドバッと投入して、まだ生っぽいネギの新鮮さと共に、アツアツの鶏肉などをいただきます。

なぜネギは1cm厚なのか。なぜ食べる直前に切るのががいいのか。なぜネギにあまり火を通さないのか。それは、ネギに含まれるアリシンという成分をたっぷり食べたいからです。

新聞にこんな記事がありました。

http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY200901070247.html

チンパンジーの風邪予防にネギが大活躍している、というニュースです。そこにも書かれていますが、アリシンという成分の抗菌効果が風邪予防の立役者なんです。

アリシンはアリインという成分が酵素によって変化して出来る物質で、この酵素は組織を切ることによって働きます。だから鍋料理としては異例の、まるで薬味のような1cm厚なんです。もっと薄く切ればもっとたくさんのアリシンができますが、この物質は熱に弱いので、薄切りにしすぎるとすぐに火が通ってうまくありません。そこで、1cm厚に斜め切り、ドバッと入れて煮えないうちにガバッと食べるというスタイルになるわけです。またアリシンは不安定な物質ですから、切ったら早めに食べるのが効果的です。


[213]>98 豚肉でも本格的! Oregano

これは料亭で供されるボタン鍋などの作り方に近い感じですね。豚骨で取った出汁で仕立てるなど、すごく本格的な作り方です。味付けは味噌なんですね。たしか落語(『二番煎じ』ですよね?)でも味噌で味付けをしているシーンがあったと思います。江戸で味噌仕立ての鍋というのは珍しいと思いますが、獣肉そのものが江戸を離れた山間部の食べ物でしたから、そちらの流儀に従っていたのでしょうね。

地域奉仕が隠し味というのがすばらしいです。ここのところ太平洋側を中心に乾燥した日が続き、連日のように尊い命が失われる火災のニュースが続いています。火の用心の一言で防げる火災はたくさんありますよね。この時期の夜回りで、どれだけの人の安全が守られるかわかりません。その活動を応援するこの鍋は、街の幸せの味と言えそうですね。


[214]>212 ネギは。。 haruyo_koi

私も最後にいれます。

あんまり好きじゃないので、小さくきったものを風味付け程度に。

これでも十分ネギの味を堪能できます。


[215]>210 カレー鍋 haruyo_koi

カレー鍋にキャベツ・・・・ですか。

確かに、カレーライスにはついていますよね^^;

しらたきは・・・・。

びみょうな感じ(笑)

でも食感が楽しめそうですね。

シーフード系ならなんでもいけそう。


[216]>206 どて鍋 haruyo_koi

あんまりやったことないのですが、これを見たら食べたくなりました。

ミソ+たまご、あいそうです。

カキをいれたどて鍋もおいしそうですね?。


[217]>203 ポン酢 haruyo_koi

うちでは買っていますが、手作りポン酢っていいかも!!

買ってきたポン酢にゆずを削ってゆずの味を更に出したものをいつも使っています。

昆布ポン酢、よさげです!!


[218]>180 ほうとう haruyo_koi

そういえば、食べたことがないかもしれないです・・・。

うどんもきしめんも好きなので、これ気に入るかもしれない。。

ちょっとしらべてみます。

ミソベースってところが、味噌煮込みうどんを思い出して

おいしそうに思えました^^


[219]>133 医食同源モツ鍋 Oregano

誰でも簡単に作れるようによく考えられていながら、素材の持ち味を大切にする気配りが行き届いた本格レシピですね。これはもう鍋奉行というより、実質的に藩政の舵取りをしていくご家老クラスとお見受けいたします。いよっ、鍋家老!w

そうしたレシピもさることながら、モツ鍋の健康効果の考察がすばらしいです。コラーゲンは美肌の基本でもあると思いますが、風邪などで痛めた喉や鼻などの細胞を修復する材料としても欠かせませんから、モツ鍋は本当に冬に最適ですね。たっぷりのニラでいただきたいと思います。


[220]>189 〇白菜とポン酢! nanairokamen

〇よく煮えた白菜にポン酢をからませたら最高!に美味しい!・・


[221]>143 〇湯豆腐にポン酢! nanairokamen

〇鍋にして湯豆腐にポン酢もよく合うよ!・・これは美味!・・


[222]>220 ゆずこしょうをいれても omotimotitto

水炊きは美味しいし、コラーゲンもたっぷりで

お肌にも良いですよね?♪

ゆずこしょうをちょっと入れて食べるのも、

香りがよくてピリッと美味しいですよ?♪


[223]>207 雑炊かな omotimotitto

うちではだいたい雑炊になります。

あとは、最後におもちっていうのもとっても美味しいですよ♪


[224]>112 I LOVE キムチ koume-1124

キムチしか、考えらんないですー!!

鍋と言えばキムチです♪


[225]>221 醤油と tsukikage1325

鰹節と刻みネギで熱々をハフハフ言いながら食べるのが好きです。


[226]>221 湯豆腐 atomatom

うちでは鶏皮をダシに湯豆腐します。たいてい刻みネギとポン酢で食べます。関西ではおぼろ昆布をトッピングすることも多いですね。

にんにく醤油はペットボトルなんかに粒に分けて皮をむいたにんにくを漬け込むだけ。それだけで醤油に香りが移りますし、にんにくも薄くスライスしてトッピングに使えますよ。

しかも半永久的に保存できるんじゃないかな。何十年も漬けたにんにくがあるそうです。


[227]>208 キャベツ鍋 atomatom

キャベツの芯の部分まで使えるのでいいですね。カラシ醤油というアイデア、いいですねえ。味にアクセントが付きますし、豚の油と相性がよさそうですね。

そろそろ春キャベツも店頭に並びます。まずはサラダでシャキシャキ感を楽しんで、冷蔵庫の置物になりかけたタイミングで鍋!ですね。


[228]>225 嵯峨豆腐など powdersnow

各地に名産豆腐みたいなのがあって、食べ比べるのも楽しいですよ。

湯豆腐向きであるのと、そうでないのもありますが。


[229]>222 意外と通じない・・・ powdersnow

肉屋の人に、切る大きさを聞かれて、水炊き用といっても通じなかった……

水炊きは、美味しい鶏肉さえあれば、あとは好きな野菜で楽しめて、お手軽ですね。


[230]土鍋でご飯を炊く peach-i

鍋のレシピということで・・・

土鍋でご飯を炊く!というのがこれまた美味しいです。

http://www.donabegohan.com/html/fukkura_gohan.html

鍋料理だけではなく、ご飯を土鍋で炊くと、ふっくら美味しい!

土鍋は熱の伝わり方がとてもいいので、炊飯器よりずっと美味しいご飯が出来上がります。

我が家では、普段から炊飯器を使わずに、ガスで炊いています。

それをランクアップさせて土鍋で炊くとまた美味。

おかずが無くてもご飯だけでも美味しいー!

なんて思ったりもします。

おこげが美味しいですね。

また、この方法を覚えると、土鍋で炊き込みご飯や、パエリアなんていうのも出来てしまいます。

皆さんも是非お試しください!

これから春のお野菜が美味しく出回ってくるでしょうから、味わいたいですね!


[231]>230 土鍋炊き toukadatteba

確かにおいしいですよね!私も学生時代、炊飯器がなかったので、土鍋で炊いていました。

炊き方は、実はすっごく適当でした。そもそも先輩が、

「ご飯は鍋に水を適当にいれて、足りなかったら途中で足して、適当に30分くらいで炊ける」

といって、それを実演して見せてくれて、意外と適当に簡単にできるんだなぁと感心したので、その通りに作っていました。

(普通においしかったです)

なんていうか、水はあとから足してもいいんですよ。ええ。

適当すぎかなぁ。


[232]>223 うどんにお餅! toukadatteba

確かにおもちはおいしいですよね^^

うちも普通はうどん、ときどきおもちです。


[233]>160 食べてみたい sayonarasankaku

せんべい汁、聞いたことはあります。

南部煎餅を入れるんですよね。


ごま油にごぼう・・・、美味しそうですねー。

ちょっと試してみたいです。

子供は、入れる前の煎餅も楽しんでしまいそうです。(笑)


[234]>195 鍋に冷凍餃子 atomatom

うちでは冷凍の餃子をよく鍋の具にします。

ちり鍋の具の一種として冷凍餃子。これ、お手軽でいいんですよね。

煮えたら餃子の皮を破かないようにれんげですくってお椀へ。皮が破れてしまっても最後の雑炊のときにちゃんと中身のニラなんかがご飯と混ざっていい感じになりますし。


[235]>231 玄米を炊く時は、 tsukikage1325

土鍋を使います。

今の炊飯器は玄米も炊けるのですが、

土鍋で炊いています。


[236]菜も七、薬味も七、締めの雑炊も七の、わが家の七草鍋 SweetJelly

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七種。今年の七草は過ぎてしまいましたが、正月七日を祝って食べる七草鍋のご紹介です。

七草というとお粥が有名ですが、なぜお粥なのかというと、昔は「七“草”粥」ではなく「七“種”粥」だったから。延喜式によると、後世の七草粥に相当する望粥は、米、粟、きび、ひえ、みの、胡麻、小豆の七種の穀物を炊いてお粥にしたものでした。

一方、「草」の方の七草は、古典を紐解くと、枕草子に「七日の若菜」の名で登場します。これは「子の日の遊び」という新年最初の子の日(十二支のねずみの日)に野原で若菜を摘んで楽しんだ習慣のことです。

ここに鳥追い行事が結びつき、お粥を炊きつつその横で、地面を叩く鳥追い行事そのままにまな板をトントン叩きながら「七草なずな 唐土の鳥が 渡らぬ先に…」などと歌いつつ七草を刻む習慣が生まれました。こうしてみじん切りになった七草をお粥に乗せて食べるようになったのが、現代に伝わる七草粥と考えられます。

わが家の七日の粥は、草ではなく種の方。正月七日の朝は、七種類の穀物を炊いたお粥を戴きます(ただし「みの」は手に入らないので世界の食とつながる気持ちで小麦に置き換えています)。そして草の方は夜を待って「七日の若菜」のお鍋。鳥追いの「七草なずな 唐土の鳥が トントントン」はわが家ではやりません。

わが家の七草鍋の基本形は鶏だしの水炊きです。まず鶏ガラでおだしをとります。ぐらぐら煮立てるとおだしが濁りますので、沸騰ぎりぎりの火加減で澄んだおだしを取ります。おだしがとれたら漉して土鍋に注ぎ、昆布を入れて一煮立ち。あとは鶏肉を入れ、すずなすすしろは根っこもおいしいので短冊切りにして加え、火が通ってきたら七草を加えてできあがりです。若菜は煮すぎないほうがおいしいと思います。

七草鍋には薬味も七種。基本のポン酢醤油に、

・もみじおろし

・柚子皮

・柚子胡椒

・あさつき

・胡麻

・山椒

・生姜

の薬味が並びます。

さらに締めの雑炊には、朝の七種の穀物のお粥をちょっと残しておいて加えます。これで若菜も薬味も雑炊も全てが七。おめでたさ三乗の七草鍋でお腹いっぱい幸せもいっぱい。わが家ではこんなふうに、朝のお粥から夜のお鍋まで、一日中七草(種)を楽しみつつお正月を締めくくります。


[237]>47 なるほど raigou

シンプルな鍋なら何でも大丈夫そうですね。

薄めの味付けて風味で食べるような鍋が良さそうです。

焼きミカンは食べたこともないので想像つきませんが、

今度試してみようかと思います。

ありがとうございました。


[238]>137 なんて上品なすき焼きでしょう SweetJelly

書家を志して上京し、大陸に学ぶなどして研鑽を重ね、書の他に篆刻や絵、陶芸、漆芸など幅広い美術に才能を発揮し、その美学を料理にも傾けていった魯山人の心が伝わってくるすき焼きですね。

私がこの人をすごいと思うのは、ただの食べ物評論家ではなく、自ら厨房に立って料理をしていたと伝えられる点です。現代のグルメブームは外食の食べ歩きばかりで、作る楽しみの視点が欠けていてます。与えられる食ばかりで、創作の楽しみが忘れ去られています。でもやっぱり魯山人は違っていたんですね。すき焼き一つにもこんな創作心を注ぎ込んで、全く新しい料理に生まれ変わらせています。

美食とは、贅沢な食事という意味ではありませんね。こういう素材の持つ美しさを最大限に引き出した料理。そしてその味の奏でる美を感動しながら味わうこと。それが美術家魯山人の目指す美食だったのだろうと思います。私が作っても足元にも及ばないと思いますが、そんな心を学びつつ、魯山人風すき焼きを作ってみたいです。


[239]>139 うわぁ!おいしそう! SweetJelly

ジャガイモが主役のお鍋って、とても珍しいと思います。ほくほくジャガイモに骨付き肉のコク、そしてコチュジャンやにんにくやお味噌などの体を温めてくれるお味が溶け合って…。わぁ、想像しただけで温まってきそうな料理ですね。特別な材料は一つもないので、これならすぐに作れそうです。お味噌は信州味噌みたいな茶色のお味噌でいいのかな。早速作ってみたいです。


[240]>196 理想の家族像の哲学を煮込むお鍋 SweetJelly

水だけで始めて、そこにみんなが選んだ食材の個性が溶け込んで、食べ進むごとに美味しくなっていくお鍋なんですね。お鍋の温かさと家族の温かさが両方煮込まれていく、すばらしいお鍋だと思います。

私もいつかは結婚して新しい家庭を築くと思います。その時、このお鍋をぜひやってみたい。そして、このお鍋が表現している家族像を一緒に目指そうって言ってみたいです。


[241]>213 火の用心鍋 SweetJelly

私も落語でしし鍋が出てくるのを聞いたことがあります。私が聞いたのには、しし鍋はどんなに熱くても舌をやけどしないから寒い夜にはこれが最高に温まる、みたいなせりふがありました。だから冬の火の用心の夜回りの後にはしし鍋なんですね。

今年の冬は本当に火災のニュースが多いです。それも、小さな子供やお年を召した方が犠牲になられる火災が多いようで、本当に心が痛みます。うちの方でも町内会の人や自主防災会の人たちが夜回りをしてくれています。そうだ、この豚肉を使ったしし鍋での炊き出しを提案してみようかなぁ。お酒を使って煮込むとのことですから、これなら作る段階でも火の用心の心構えが学べます。回る人にもそれを支える人にも防火の心構えが育つ火の用心鍋として、地域でもいかしていきたいお鍋だと感じました。


[242]>214 すばらしい薬膳鍋 SweetJelly

薬膳鍋というと薬草を何十種類も煮込んだ物などがありますが、これはシンプルな素材でも効果を最大限に引き出す工夫がされていて、立派な薬膳鍋と言える料理に高められていると思います。風邪の季節にはネギがいいとは聞いていましたが、有効な成分を効果的に取る方法がとてもよくわかって、ためになりました。そしてネギの効果が動物園でもいかされているとは驚きでした。みんなの冬の元気を守ってくれるお鍋として、ぜひ多くのご家庭に広めたいですね。


[243]>224 キムチ! toukadatteba

キムチ鍋はおいしいですよね。

私も先日初めていただきました。またやりたい?!


[244]>242 ネギか? toukadatteba

薬味につかっていますが、煮すぎてはいけないんですね。しらなかったです。

今度使うときは、うすぎりさっと煮をこころがけよう。勉強になりました。


[245]>235 玄米も土鍋炊き toukadatteba

できたのですね。しらなかった!

今度やってみたいですね^^


[246]>209 ホタテ toukadatteba

確かにあれはおいしいだしがでます!

ホタテに限らず、貝類は本当においしいダシがでますよね。たまらない?。

でもあさりすらちょっとびびって買えない身分でなかなかホタテに手が出ません。うう。


[247]>183 しゃぶしゃぶ toukadatteba

おいしいですよね?!

うちは外食でよくたべます。食べ放題で…(笑)

友達、家族と食べてもわいわいと騒ぎながら食べられるので、とても楽しいですよ?。


[248]>218 ほうとう toukadatteba

私も食べたことないです?。

どんな味わいなんでしょう。しめに関してはいろいろ試してはいますが、いまのところうどん系が好きなので、これもよさそうですね?。

どこに売っているんでしょう!?


[249]>228 男前豆腐 toukadatteba

先日男前豆腐なるものをいれて食べて見ましたが、とてもおいしかったです。最近はいろんな豆腐がでているので、なべにいれるのも迷います・・!


[250]>202 もつ鍋 toukadatteba

私もお店でしか食べたことがないです?!

もつ、スーパーでもなかなか高くなってしまって手が出ません。

あと、お店の方がおいしくて…(笑)何がいけないんだろう。


[251]>247 仕上げは・・・きしめん!にしていますけど・・・ fusakogane

ちょっと塩とコショーを加えて細ねぎで、きしめんを投入します。ごま油かラー油で香りを中華風にして・・・ひと玉ふた玉をペロリといっちゃいます!


[252]>215 和風にしょうゆとカツオだしはどうでしょう・・・・ fusakogane

カレーライスやカレー南蛮に近づいてしまうから仕上げはうどんで食べたくなりました!


[253]>252 賛成です tsukikage1325

シメに和風だしを加えて、カレーうどんにしても美味しくいけそうですね。


[254]蒸し鍋 peach-i

お野菜(もやし、キャベツ、白菜など)をしいて、お肉や海鮮をのせて蒸します。

蒸すことで、栄養の損失が少ないので、効率的に栄養を摂取できるのがいいです。

旨みや素材の大事な部分をしっかり残して、味わえます。

IH対応型ヘルシー蒸し鍋「優」(白釉)(小)

蒸し鍋の鍋も出ているので、上手に使うと、鍋の楽しみが増えますね!


[255]おでん・お鍋に、お袋さんを入れます Lady_Cinnamon

以前にも紹介しましたが、我が家のおでんやお鍋のネタに、お袋さんがあります。

簡単に言うと、油揚げに具を入れた物が、お袋さんの全貌です(笑)。

おでんや醤油ベースといった薄味の鍋は、ちょっと手間をかけます。

お袋さんの中身の材料が豊富になるんです。

●軽く灰汁抜きした、糸こんにゃくのざく切り。

●鶏肉を細かく切ったもの。

●椎茸のみじん切り。

●人参のみじん切り。

●そして銀杏!

これらの具を合わせて、油揚げの中に入れて包みこみ、干ぴょうで巻きます。

そして鍋にドポンと入れて、くつくつくつくつ煮込み、汁を吸わせます。

おでん汁やちゃんこ鍋のお汁をたっぷり含んだお袋さんは、とっても美味。

もう一つのお袋さんは、どんな鍋料理にも合うシンプル版。

油揚げにお餅を入れて、干ぴょうで結ぶか楊枝で留めて、お鍋にドボン!

包んで煮込む方が、お餅を入れても、鍋が焦げ付かなくて便利なのも嬉しいところ。

鱈ちり、水炊き、キムチ鍋・・・、もちろんおでんにも。

とろ?んとなったお餅を、ほっくほっくしながら食べるのが旨いんです。

正月のお餅料理に飽きた人でも、このお袋さんのお餅はペロリと食べれますよ。


[256]コツは塩水にあり・秋田の郷土料理「だまこ鍋」 watena

ダ・カーポというアニメがありました。その第一話で、なんと昼休みに学校の屋上で鍋をしている姉妹がいて、その二人が作っていたのが「だまこ鍋」だったのです。

「だまこ」というのはご飯を粒々が残る程度に潰して丸めたお団子のことで、きりたんぽに似ていますが焼き目を付けない所が異なります。別スレにきりたんぽ鍋や煎餅汁が紹介されていますが、こういう主食となる穀物食が最初から入るのが、東北地方のお鍋の特徴ですね。

だまこ鍋を上手に作るためには、鍋の中で煮溶けないだまこを作ることが大切です。このために、若干の塩分を用います。具体的にはボウルや小鍋などに炊きたてのご飯を取ったら、塩水にくぐらせたしゃもじで潰すのです。この時の塩水はかなりしょっぱ目。飽和塩水とまでは言いませんが、海水よりはずっと塩辛いくらいの塩水を使います。

前述のように粒々が残る程度の潰し加減でしゃもじは終了。続いてこのご飯をピンポン球くらいの大きさに丸めていきますが、この時も手に塩水を付けながら行います。これで小麦粉に塩を加えて練るとしっかりとしたコシが生まれるのと同じ原理で、煮溶けにくいだまこが作れます。

本体のお鍋の方は、やはり山間部の料理ですから魚介類ではなく鶏中心のことが多いようです。私は鶏肉団子をよく使います。

4人分として300g位の鶏挽肉をよく練って粘りを出し、

・しょうゆ??大さじ1

・ショウガ絞り汁汁??小さじ1

・小麦粉??大さじ1

・溶き卵??半個分

を混ぜ、さらに水を適宜加えて、スプーンですくうとポタッと落ちるくらいの柔らかさにします。

土鍋の方にはあらかじめ水と出し昆布を入れておきます。これはだまこを作り始める頃から用意しておきます。こうして昆布がよく馴染んだ鍋を火にかけるとそれだけでいい出しが出ますから、くどくならないよう、沸騰したら昆布は取り出します。そして濡らしたスプーンで鶏挽肉を鍋の中に滑らすようにしながら落とし、煮ていきます。弱火で15分くらい煮ていると鶏肉のいい出しが出てきますから、そうしたら醤油、味醂、酒、塩などで適宜味を付け、ゴボウ、だまこを入れて5分間。最後にネギやキノコ、セリなどの好みの具を加えて一煮立ちしたら完成です。

だまこ作りに塩水。これだけ守れば必ず上手くいきます。本格的な寒さはこれからですから、こういう季節には、昔から寒さ厳しい地で人々を元気づけてきた北国の鍋が最高です。どこにでもある材料で作れますから、ぜひ皆様もお試しください。


[257]>255 お袋さんよ、お袋さん watena

♪鍋を見おろしゃ? 鍋にある?♪と歌いたくなってしまいます(笑)

椎茸、人参、そして銀杏の味わい深いお袋さんは、お前もいつかは世の中の、人の心を温める鍋になれよと教えてくれそうですね。銀杏が入る所に惚れました。

お餅バージョンは、こうすると煮溶けなくていいですね。お餅の方にも銀杏をしのばせてみたくなってしまいました。トロリとなったお餅の中に銀杏が入っていたら、ちょっとした宝物を掘り当てた気持ちになれそうです。


[258]>254 イタリアン鍋 watena

一昨年の暮れに、イタリアン鍋というのがこのいわしで紹介されていました。キャベツとオニオン、ベーコンを何段にも重ねて、一番上にピザ用チーズを乗せて蒸し煮にしていくという料理です。私も作ってみましたが、チーズと鍋蓋の二重の蓋で蒸されたキャベツは甘味があって、本当に美味しく頂けました。蒸すことで素材の旨味が凝縮された感じです。他の方の書き込みに勝手にリンクを貼っては失礼かと思いちょっと遠慮させて頂きますが、“イエはてな イタリアン鍋”で検索すればすぐ見つかります。

蒸し土鍋は普通の蒸し鍋の機能にプラスして、焼き物特有の遠赤外線効果が加わるので本当に良いですね。私が買ったのも伊賀焼きですが、IH対応ではない普通の土鍋なので1万円くらいで買えました。


[259]>201 酸味を梅酢で watena

普通、水炊きの付けだれはポン酢が定番ですが、代わりに梅酢を使うのですね。これは目からウロコのアイデアです。早速試してみようと思います。わが家では最近梅干しを漬けていませんが、親戚で漬けているので、お願いすれば梅酢を分けてもらえると思います。電話してみよう。これは本当に美味しそうですから、お鍋に使うといいらしいよと、親戚にも教えてみようと思います。


[260]>219 レシピが具体的で素晴らしい watena

モツは煮込めばいいっていうわけではないんですね。なんとなく煮込めば煮込むほど柔らかく美味しくなりそうな気がしますが、煮すぎてカスにしない配慮が必要とはとてもためになりました。

健康効果の考察の内容の濃さも医食同源を名乗るに十分すぎますね。Oreganoさんが書かれていた「風邪予防に効果大の鶏ネギ鍋」にはネギのアリシンの効果が述べられていますが、アリシンはニラにも含まれていますから、私もニラたっぷりで頂きたいと思います。


[261]>110 おでん ttz

おでん、そういえばまだこの冬一度も食べて無かったかも。ちくわぶとかつみれとかが大好きです。逆にイマイチ好きになれないのが、大根、です・・・。


[262]>253 カレー鍋 ttz

我が家も去年の流行はカレー鍋でした。最後にうどんを入れて食べたりしてました。ソフト麺が懐かしくなったりして。


[263]>258 イタリアン鍋 ttz

イタリアンと鍋っていう意外な組み合わせですけど、美味しそうですね。チーズも好きだしベーコンとかオニオンは王道だし。我が家もチャレンジしてみます!


[264]>233 東北の鍋 watena

私も秋田の郷土料理「だまこ鍋」を紹介させて頂きましたが、これらは一つながりの文化に位置する鍋料理ですね。貴重な穀物を汁で増量して大切に大切に食べつないでいった、そんな歴史背景が見えてきます。お米やうどんが鍋の終わりにデザート的に用いられる現代の鍋とは、スタートラインがちょっと違いますね。

でも現代はそんな飢饉を救う食事がご馳走に高められる時代になりました。本当にありがたいことだと思います。そういう感謝を噛みしめつつ、私も煎餅汁を作ってみたいと思います。


[265]>35 鴨そば ttz

我が家も去年の年越しそばに鴨そばを食べましたよ!もちろん焼いたねぎも入れましたよ。美味しくってオナカ一杯の年越しでした?。


[266]>251 しゃぶしゃぶ ttz

最近、焼肉からしゃぶしゃぶに徐々に移行しています。油を考えるとしゃぶしゃぶの方が断然健康的!だからです。味は、う?ん、焼肉のほうが好きですけど。


[267]>250 もつ鍋 ttz

そういえば自分もお店でしか食べたことの無いメニューです。なかなか家庭で作るものじゃないんですかね??


[268]>243 キムチ鍋。 ttz

去年、カレー鍋にハマる前までの王道でした。去年もたくさん食べましたけどね。鍋といえばキムチ、は同意見です。


[269]>234 餃子ですか。 ttz

餃子鍋はやったこと無いですね。水餃子とは違うでしょうけど、水餃子は正直それほどおいしいとも思わないかな。焼き餃子のほうが圧倒的においしいので。でも、食べたこと無いだけなので、今度やってみます。


[270]>236 味も縁起も温かさもラッキーセブンの鍋ですね watena

この七草鍋は創意に満ちた本当に素晴らしい鍋料理ですね。しかも深い考察で伝統にかなっています。七種類の穀物で炊くという本当の七種粥の話もとてもためになりました。

この七草鍋はとても縁起が良さそうなので、ぜひ旧暦の七草にやってみたいと思います。今調べてみたら、旧暦の1月7日はちょうど2月1日であることがわかりました。この日に七草鍋(もちろん七種類の穀物のお粥も炊きます)、そして一日置いて節分、立春と、2月第一週は季節の行事が連続で楽しめそうです。


[271]>237 えー! ttz

みかん鍋、衝撃です。ちょっと勇気がいりそうです。山口県ではポピュラーなんですか??


[272]>123 これもいい感じ。 ttz

コンソメ鍋+ニンニク。ベースは美味しいものの組み合わせだから絶対おいしいでしょうね。


[273]>269 冷凍のあまえびシュウマイを peach-i

お鍋のときにたまに入れるのが、冷凍シュウマイ。

某冷凍食品の、あまえびのシュウマイを入れるのがお気に入りです!

え??って思う人も多いかもですが、やってみると美味しいです。

いわゆる、冷凍のあまえびシュウマイって、すり身的な成分だと思うので、肉があまり入ってないことにより、お魚のすり身を入れているようなお味です。

よく煮込むと、柔らかく、とても美味しいので、お鍋にとても似合います。


[274]>192 おとぎの国からやってきたスイーツ鍋・ジャムフォンデュはいかが TomCat

こちらはアフタヌーンティーなどと組み合わせて、大人の食事にもなるスイーツ鍋プランです。

用意する物は、フォンデュ鍋3つくらい。極小のホーロー鍋でもいいですよ。そして、何でも好みのジャム+α。「α」はジャムに加えてさらに香りを豊かにし、同時に固さを調整する液体状の何かです。たとえばストロベリージャムに加えるなら赤ワイン。ベリーはベリーでもブルーベリージャムなら白ワインが似合います。オレンジマーマレードならコアントローがいいかな。そのほか、アプリコット、アップル、ラズベリー、etc. ジャムなら何でも手当たり次第。ワインやリキュールなどを様々に加えて、好みの味を開発してくださいね。紅茶などを加えてもまた味わい深いジャムになります。

こんなふうに調整したジャムをフォンデュ鍋に入れて温め、一口大に切ったフランスパンやブリオッシュを漬けて戴きます。ジャムに加えてチョコフォンデュを同時開催してもいいですね。

箸休めには同じく一口大にカットしたフレッシュなフルーツやチーズ類を。飲み物は香り高い紅茶が似合います。

鍋に付き物の締めは、アイスなんてどうでしょう。グラスにバニラアイスクリームを盛り、その上にお鍋に残ったジャムをかけて食べるんです。冷たいアイスと温かいジャムのハーモニーが、素敵なお茶会のフィナーレを飾ってくれますよ(^-^)v


[275]>270 これは素晴らしい!! TomCat

七草、七福神、七五三など、七という数字が喜ばれる理由の一つに、「なな」の「な」を「生る」「成る」などになぞらえて、健やかな成長の象徴とする考え方があるらしいですね。さらに「生る」「成る」に「鳴る」を加えると、生まれ、育ち、そして音にも聞こえる成功を成すということで、七の三つ並びは大変喜ばれるようです。

その七の三つ並びが正月七草にお粥と鍋で表現されるとは、これ以上の吉祥を呼ぶ料理はないというくらいおめでたいですね。

これ、私もぜひ、旧暦1月7日に楽しませて頂きたいと思います。本来は七草も旧暦でやっていましたから、2月なら場所によってはもう、野の草が顔を出し始めるんですよね。新暦では冬のど真ん中ですから人口栽培された七草セットをお店で買うしかありませんが、旧暦なら野に出ての「子の日の遊び」も可能かもしれませんね。


[276]>238 幻のレシピが今ここに!! TomCat

これ、私はマンガ「美味しんぼ」で初めて知ったんですが、なんせマンガですから、いまいち詳しい作り方は謎のままだったんですよね。かなり詳しいレシピでとても参考になりました。

ちなみに魯山人も若い頃は、普通のすき焼きに近いすき焼きを食していたと伝えられています。ただし、やはり味付けは極めて薄味で、牛肉の持つ自然な味わいを大切にしていました。

若き魯山人のすき焼きは、鉄鍋に牛脂を引き、霜降りの入った牛肉をサッと焼き、その上に酒を注ぎ、わずかの味醂と醤油で味を付けて食べます。この時点で鍋に入っている具は牛肉のみ。

牛肉を食べ終わったら、そこにネギ、春菊、椎茸、豆腐などを入れて食べ、それを食べ切ったら空になった鍋に再び牛肉を入れる。とにかく牛肉は他の具と独立した扱いとすることを常としていたようです。

この時期はまだ、魯山人も溶き卵を使っていたようですが、次第に牛肉の味を覆ってしまう卵は避けるようになっていったようです。一時は大根おろしにつけて食べる、なんていうこともしていたようですね。

こういう試行錯誤の末にたどりついた究極のすき焼きが、おそらくmomokuri3さんの教えてくれたバージョンなんだろうと思います。

使う肉について、momokuri3さんは霜降りではなく赤身の旨さを重点に選ぶとお書きですが、魯山人も後年は霜降り肉から離れて赤身の肉ですき焼きを楽しんだと聞いています。

いやー、このツリーは、ちょっと興奮してしまいました。いつか皆さんと、魯山人風すき焼きについて、一晩語り明かしたいものですね。もちろん魯山人風すき焼きを囲みながら、です。


[277]>239 骨付き肉がいいですね TomCat

スペアリブ用の骨付き肉を利用するというのがとてもいい工夫ですね。手に入りやすいし、食べやすいし、そして骨の周りの肉独特の濃厚な旨味もちゃんと引き継いでいます。本当に、特別な材料を一つも必要としないレシピで、これなら家庭ですぐ再現できちゃいますね。

ぜひ私も作ってみましょう。ジャガイモが入りますからこれだけでもお腹が一杯になりそうですが、シメのチャーハンや雑炊も本当に美味しそうですね。

なお、お味噌ですが、うーーーん、韓国の味噌には日本の田舎味噌によく似た物もありますから、普通の茶色のお味噌で大丈夫じゃないかと思います。


[278]>241 「二番煎じ」と「池田の猪買い」 TomCat

いやー、YuzuPONさんのしし鍋は、ナンチャッテ鍋といいながら、本当に本格的ですね。これなら料亭で出してもおかしくない料理です。

落語のしし鍋は、二番煎じでは、夜回りの合間に大急ぎで作りますから、具は猪肉とネギだけ。それを湯で煮て、ただ味噌を溶かしただけの鍋だったようです。でも本当に温まって美味しそうですよね。

上方落語の「池田の猪買い」に出てくる会話を聞いていても、猪肉の他は根深ネギと醤油と砂糖だけで作るようなことを言っています。もっともこれは、猪の肉を大阪まで持って帰るのがもどかしい、猟師の家で鍋と必要最低限の材料を借りて帰りしなにちょっと作って食べたったろ、みたいな話なんですけどね。

こんなふうに落語に出てくるしし鍋は、江戸も上方も大急ぎで作って食べるバージョンばかりなんですが、それだけ焦って食べたいほど、しし鍋はうまいという事なんだと思います。それをYuzuPONさん流にこんなに丁寧に作ったら、もう最高ですね。

ところで火災ですが、本当に今年はいつにも増して大きな被害の出るものが多い気がしますね。

天気予報で「乾燥注意報」と言ったら、それは空気の乾燥によって火災の危険が大きいと予想される、という意味ですから、風邪に気を付けなきゃ、お肌の保湿をしなくっちゃ、だけじゃダメなんです。この気象警報の本来の意味は火災に注意ということですから、注意報が出ていたら、みんなで声を掛け合って、火災予防の心構えを再確認していきましょう。


[279]>256 これも北国の鍋ですね TomCat

私のせんべい汁の方にも書き込みを頂きましたが、すいとんのルーツであるひっつみ、せんべい汁、きりたんぽ鍋、そしてこのだまこ鍋と、主食である炭水化物が最初から鍋の主役となっているのが、東北の汁物の特色ですね。やませなどの過酷な気象条件の中で、豊作もあるけれど、常に凶作とも背中合わせで生きてきた東北農民の歴史が、料理の中に刻み込まれている気がします。

さてさて、だまこ。ダ・カーポでは「だまっこ」と発音されていましたよね。塩水がポイントとのことで、こういうワンポイントテクニックの光る書き込みが、すごくミシュランらしいと思いました。このコツのご披露だけで、私なら三ツ星です。

鶏肉団子の作り方も本格的で、とても参考になりました。まあるいだまこと、まあるい鶏肉団子。このバランスがとてもいいですね。私もぜひやってみます。この冬は北国の鍋で決まり、って感じですね。


[280]>248 ほうとう fumie15

私も食べられなかったです。

去年山梨に行ったというのに行列のすごさに負けて、向かいでパスタを食べました。

今考えてみると、並んでもいいから本場のほうとうを食べればよかったです


[281]>260 おいしそう! canorps

我が家は持つなべ大好き一家ですので、チャレンジしてみたいです。

大好きなのに自分ではあまり作らないのですよね。失敗するのが怖いから。

以前関東に住んでいたころ、福岡の友人が材料からスープからを空輸して持ってきてくれまして、もつなべを作ってくれましてそれがものすごくおいしかったのです。

けれど、自分でするのは自信が持てなかったのですよね?。

しかしこのレシピは本当においしそう。

Fuelさんの書かれている健康効果も、夫や子供たちに伝えつつ、

ぽかぽかな夕食を囲んでみたいと思います。


[282]>280 ほうとう canorps

お土産にほうとうのセットをいただきました。

きちんと説明が気とおりに作ったつもりだったのにあまりおいしく作れなく残念に思ったものです。

やはり本場のお店でまずは食べてみたほうがいいかも。

どうしたら成功かもわからなくって・・・。


[283]>262 カレー鍋 linne

カレー鍋は美味しいですよね。

具材も色々と試せますし、それで味がおかしくなることもない。

うちではキノコを中心に入れて楽しんでいます。


[284]体が温まるレンコン鍋 vivisan

お正月用に用意したレンコンがあまっていました。レンコンは足がはやいのではやめに食べたほうがよいのですが、そこで思いついたのが鍋にいれちゃう方法です。

大根をすりおろして鍋に入れるみぞれ鍋。本当にお鍋の中に雪がつもっているようだし、体にもいいので大好きなんですが、これをレンコンでやってみたらどうだろう?

レンコンをすりおろしたときのとろみをいかした鍋です。


●材料

・レンコン 1本

・白菜 適量

・豆腐 適量

・しいたけ 適量

・ネギ 適量

・豚肉 適量

・ニンジン 適量

ベースのだしは、鰹と昆布でとりました。

そこにすりおろしたレンコンをいれます。

あとは具材をいれていくだけですが、白菜をいれた場合、芯をシャキシャキさせたい場合は、最後のほうにいれるとシャキっとします。白菜のかわりに水菜でもOKです。水菜のシャキシャキ感を出すにも同様です。

すりおろす作業が時間がかかりますが、楽々です。

つけタレは好みですが、我が家では自家製柚子胡椒を入れていただいたり、七味や梅醤油をすこし薄めていただいています。市販の梅肉をいれるとさっぱりします。

葛湯のようなとろみが熱を逃がさないので、本当に体が温まります。お鍋だけで暖房がいらないぐらいですw

このあっさり感が消化不良にいいんだなぁ・・と実感しました。お正月で疲れた胃を休めるには本当に抜群です。しかもレンコンは11月から3月あたりが旬の野菜です。旬の野菜をおいしく健康的にいただいてみてはいかがでしょうか?

今回はあっさり系にしましたが、キムチ鍋風にしてもおもしろいと思います。

また、すりおろしたレンコンはシンジョとして鍋にいれてもおいしいですね♪


もともと冬至のときのツリーにもレンコンについて書きましたが、レンコンは縁起のよいものといわれています。

レンコンがおせち料理などに縁起がよいとして使われています。これは、穴があいていて「先の見通しがきく」こと、濁った泥の中で美しい花を咲かせるため「周りの悪に染まらない清らかなもの」だから。そしてハスには、花弁、実、葉などすべてに薬効があり、中国では広く使われています。

レンコンそのものの効能もすばらしく、です。

含まれているビタミンCの量が豊富なのです。100gで一日に必要な量のビタミンCがまかなえます。水溶性の性質と熱に弱いため、加熱のしすぎには注意ですが。

レンコンを切った時に出る糸状のものはルチンと言いますが、これが胃腸の粘膜を保護する働きをします。また消化不良にもよいのです。

また含まれているタンニンは止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍にも効くとか。


「常陸風土記」の中には、「神世に天より流れ来し水沼なり、生ふる所の蓮根、味いとことにして、甘美きこと、他所に絶れたり、病有る者、この蓮を食へば早く差えて験あり」と書かれています。

古くから薬用としてもとりいれられていたレンコン。寒い冬にはもってこいですね♪


[285]>281 たっぷりのもやし♪ vivisan

モツ鍋のメリットは、ヘルシーなところとコラーゲンが摂取できることですね♪私がモツ大好きなのでイエではモツがはいった鍋をすることが多いです。

ハリハリ鍋のつもりが最終的にはモツ鍋になっていたというのもあります。

イエではもやしを大量にいれます。シャキシャキ感がなんともいえないですよ♪

あとキムチ系の味にしてもなかなかいけたりします。


[286]>284 すいません。 vivisan

レンコンを切ったときに出る糸状のものは、ルチンではなく、ムチンです。


[287]>94 すきやき canorps

すき焼きっておいしいですよねえ。

しかしふとわれに返るとなんと贅沢でコレステロールの高い食事なのか!とぶるぶるぶるっと身震いしてしまったり。

卵に砂糖がたーくさん。

でも、おいしい。

我が家は夫が関西人、私が関東人のため、すき焼きを食べるプロセスがちがうんですよねー。

たしかに関東のすき焼きは、すき「焼」というよりも

すき「煮」という感じ・・・。

以前三重県に住んでいたとき

お伊勢さん参りに行ってすぐそばにあるおかげ横丁にてすき焼きを食べたのですが、おいしかったです。

まさに すき「焼」

松阪には和田金さんという老舗のすき焼きやさんがあってお店の方がつきっきりですき焼きを作ってくれるそうです。

私は行ったことはないのですが、夫が仕事関係で言ったことがあって、感動したそうです。

松坂といえば松阪牛。やっぱりきっとおいしいんでしょうね?。

おうちでもお店に負けないくらいおいしくすき焼きが作れたらいいのですが、いつもいつもすき焼きの時は何から焼けばいいの???と慌てふためいてしまいます。


[288]>266 しゃぶしゃぶ canorps

しゃぶしゃぶおいしいですね??!!!

熱の伝導率からしゃぶしゃぶ専用鍋を使いたいところですが、しゃぶしゃぶだけのためにいえにおいとくわけにもいかず。。。。

中でも銅のお鍋が伝導率もよくおいしくできるそうですね。

我が家のように普通の鍋でする場合(専用鍋でもそうなのですが)

お酒を少し入れると、お肉も柔らかくおいしくできるそうです。

冷しゃぶを作る時もしゃぶしゃぶした鍋の中で汁ごと冷ますと、ぱさぱさにならずおいしいそうです。

しゃぶしゃぶの場合のしめに麺類を入れたことは今までありませんでした!こんどしてみようかなあ。


[289]>287 すき焼きに葛きり fumie15

以前、友人とすき焼きを囲んだ時に、買い出しの時、かごの中に葛きりが。デザートにでもするのかな?と思っていましたが、鍋に(別にゆでたのかは覚えてません)葛きりを投入。びっくりしました。彼女の家ではしらたきの代わりに葛きりを入れるそうです。初めはえー!と思いましたが味が染みていておいしかったです。

それとも彼女の家が普通なのでしょうか?


[290]>286 レンコンはホクホクしますね Lady_Cinnamon

我が家でもみぞれ鍋を大根以外にレンコンで食べることがあります。大根はかなりアッサリしていますが、レンコンのすりおろしだとホクホク感が出てきますね。これだと煮物のレンコンが苦手、というお子さんにも癖もなくて食べやすいと思います。

そうそう、レンコンでみぞれ鍋をした時の失敗談。大根の時よりも水を吸うのか、レンコンを入れすぎてしまったのか、鍋からモッチリレンコン汁が膨らんで溢れてしまいました。おまけに焦げてしまった(苦笑)。

そんな事もあったので、みぞれ鍋をされる方には、水加減は大目にして、火加減も底が焦げないよう気を付けて楽しんでくださいね(^^)


[291]>271 つみれ団子にミカンの果皮も Lady_Cinnamon

みかん鍋、その名前だけみて、私も「えーーーー!」って思いました。でも検索して写真を見たら、結構おいしそうですね(^^)

http://www.asahi.com/komimi/TKY200710290106.html より引用

「みかん鍋」は(1)焼いたミカンを鍋に浮かべる(2)ミカンの果皮を地場産の魚に練り込んだつみれ(団子)(3)青唐辛子とミカンの果皮の香辛料を使うことが条件。味付けはしょうゆが基本だが、地元で水揚げされる魚が入る。

リンク先にあるみかん鍋の写真が、おそらくharuyo_koiさんが試された焼きみかんも浮かべていて、ミカン・つみれ団子も入れているようです。醤油ベースで魚が基本的に入るようなので、魚からのお出汁も出て美味しそうですね。

ネーミングでは驚かされますが、こういった地元アイデア鍋が広がってくれる喜びも大きいと思います(^^)


[292]>114 豆乳でとはヘルシーですね♪ vivisan

カキはわたしもダンナも大好きです。ただ、鍋の具として使うときは、味噌ベースで作ることが多いのですが、これを豆乳ベースで食べるというのは初めて聞きました。

さっそくためしてみたいです!

鍋の中に入れて場所がわからなくなってしまって、気づいたときには身が縮んじゃっていてちょっと寂しい思いをすることもままありますが、やっぱりお鍋は日本の身が脹らんだものがおいしいような気がします。

そういえば、カキにはグリコーゲンが豊富に含まれていますが、グリコのキャラメルって、キャラメルの中にカキの煮汁からとりだしたグリコーゲンを加える方法をうみだしたからなんだそうですね。

カキとグリコのキャラメルにこんな関係があったのはびっくりでした。


[293]>49 もやしがたくさんたべれそう! vivisan

おおー!これはすばらしい!もやしがすごくたくさんたべれそうです!しかもこのお鍋って、具材を切る手間がかなり省けますね。キャベツや白菜で蒸し鍋することはありますけど、もやしを使うことで、準備に手間がかからないのがいいですね。思い立ったときにすぐできるみたいな。

蒸し鍋にすると、素材そのままのおいしさを引き出すことができますよね♪

Kumappusさんのレシピ(水+酒)でしめを雑炊にするのもおいしそうです!

これは是非やってみたい!明日にでもやりたいです!


[294]>259 水炊き otayori

普段味付けるんですが、たまに水炊きすると美味しいんですよねー

ポン酢にするかゴマだれにするか、とか。梅酢メモしておきます!


[295]>292 豆乳鍋 otayori

まろやかですよね。なんか美容に良いというから気分だけでも美味しい。

牡蠣が合うとは初めて聞きました。グリコーゲンが豊富なんですね!


[296]>244 ネギ! otayori

良いお話をありがとうございます!鶏の鍋は好きだけど知らなかった。。。

虚弱ですぐ風邪気味になる私なので、今度そうします。


[297]>141 コラーゲン鍋 vivisan

この鍋、本当にシンプルでよく作りますが、体があたたまりますね♪また鶏肉も手羽肉を使うことで、たっぷりのコラーゲンを取ることができますね♪

あと私はとり鍋に最近生姜をいれています。この生姜がまた体をあたためてくれる力をパワーアップしてくれるので、風邪ひいたときにはいいですね♪


[298]>277 スタミナ抜群で美味しそう Lady_Cinnamon

カムジャタン、これも初耳レシピ。キムチ鍋やチゲとはまた違って、豪快でスタミナもつきそうですね。他の方も注目されていますが、ジャガイモがドンと入る鍋料理は珍しいですね。下ゆでしているところから、味もしみてホクホクお芋が美味しそう。

また今頃ですと、正月用のお餅が余っているお宅もいらっしゃるのでは?(我が家は親戚から送ってもらったお餅が、大量に余って冷凍庫で眠っています)。トッポギの代わりに日本のお餅を入れても美味しそう(焦げ付きが心配なら、油揚げでお餅を包めばOK)。

あとお味噌も、我が家でもろきゅうにつけるのに作っているニンニク味噌も役立ちそうです。ニンニク味噌を作る時は砂糖も入っていますので。一言でカムジャタンとまとめつつも、味や〆方など各ご家庭で違った楽しみがありそうです。


[299]>279 北国の鍋文化 Lady_Cinnamon

せんべい汁・すいとん・きりたんぽ、ときて「だまこ鍋」ですか?(・▽・)。お餅をたまに入れるお鍋もありますが、ここまで米・主食をメインにする鍋料理が北国に集中しているのを知ると、その土地にあった食文化は似るものなんだとつくづく思いますね。

さて、だまご鍋ですが、ご飯で作るだまこ団子と鶏団子がメインで、とてもシンプルなお鍋ですね。でも、最初にコンブ出汁をとり、鶏団子からの出汁も出るあたりが、海と山の幸を両方大切に味わう、きっとありがたい鍋料理なんだなと想像させます。

また醤油ベースの出汁に、あくの強めなゴボウやセリなど入れるあたりが、山間部の鍋料理だな?と風土を感じさせてくれる所もにくい。他にも名の知れた食べ料理が挙がっていますが、知られざる郷土料理を知れた喜びが大きいです。


[300]>13 手作り餃子のお鍋 Lady_Cinnamon

他のツリーでも餃子など点心を鍋に入れるアイデアがありましたが、手作り餃子というのに惹かれました。

つい最近テレビでも見たのですが、とあるお店の鍋料理に餃子が入っていました。その餃子はかなりゴロっとしていまして、皮も中身もだいぶしっかり目に作ってありました。そうですね、皮の見た目はスイトンに近かったです。

鍋のスープはかなり味付けの濃い味付け(辛)で、グツグツ煮込まれており、ご飯が進むのは間違いなし。見ているだけでお腹もすきそうな鍋料理でした。

そう考えると、煮込んでも煮崩れしない餃子のためには、やっぱり各ご家庭で鍋用に手造りするのが1番なのかもしれません。

もちろん、手軽に手に入る冷凍餃子やワンタン、シュウマイを入れるのも美味しそうです。濃いめのスープ、あっさりスープ、グツグツ煮込む派、サッとくぐらす派と、具に合わせて楽しみ方も変わってきそうですね。


[301]>289 1人で食べたくないな。 nakki1342

最近、家族ですき焼きを食べました

牛肉と豚肉

2種類の肉を入れてです

(豚肉の方を好む家族がいるため)

しらたきやウインナー、

肉団子など色々入れておいしく食べたのですが

皆でわいわいガヤガヤしゃべりながら

楽しかったですよ

でも・・

すき焼きって好きな料理なんですが

1人では食べたくないなと

ふと思ってしまったものです(苦笑)


[302]>295 おいしそう食べてみたい。 canorps

のに。

牡蠣は大好きで、豆乳鍋もまだ試したことがないのでいつも試してみたいと思いつつ。

なんとも惹かれるツリーなのです・・・。

が、我が家の主人がかれこれ10年前。生牡蠣にあたってしまい急性腸炎になってしまい、おいしいのはわかっているのに主人は腸炎の恐怖が忘れられずたべれず。

私はその時の主人の苦しみようが恐ろしく食べれず・・・。

でもやっぱりおいしそう・・・。

主人は絶対食べないだろうから(カキフライでも怖がって逃げます)

一人でこっそり・・・と思ったり。

でもやっぱり鍋はみんなで囲みたいですよね?。


[303]鍋焼きうどん canorps

小さな土鍋で一人分作る時もありますが

どんっと、家族用の土鍋でうどんを作ります。

鍋焼きうどんといいつつ、焼いてないなあとおもいつつ。

野菜をたっぷり入れてぐつぐつと。

うどんが完全に主役ですが、寒い日に家族ではふはふいいながら食べるのが好きです。

普通の鍋の具を取るときと違いうどんを取るとき麺が長いのでいつまでも

すくってるようになる時は子供の笑いも絶えません。

どんな鍋よりも主婦の手抜き料理なのが申し訳ありませんが・・・。

最近はせっかく東海地方に住んでいるのだし。ということで

味噌煮込みうどんをしてみました。

土鍋に大量のうどんです。

正直飽きる・・・と思いましたが体はあったまりおいしかったです。


[304]>300 手作りなのがいいですね。 canorps

餃子を作る作業は大好きです。

具を包むのは子供たちと一緒にするのですが、以前キムチ鍋に

餃子を投入したことがあり非常においしかったのですが

子供の包んだ分が皮の押さえが甘かったようでぱっかり開いて

中の具が鍋に広がってしまったことがありました。

それはそれで、雑炊にした時においしかったんですが。


[305]>272 コンソメ味好きっ nakki1342

他のとぴでも書いてるのですが

私もコンソメ使います

色々あいますよね

みんなで突っつくような鍋で使った事はありませんが・・

固形のコンソメ味の物を使うので楽だし

お勧めです

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ