人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

◎ こんな気持ちありませんか

実はさきほどオークションの発送準備をしていました。
たまたま大きめの封筒が見つからず、文献が入っていた封筒を
カッターで切って、裏返し、両面テープで「リサイクル封筒」を作成しました。

私は原則「リサイクルなんてエゴである」という立場です。
ところが、この封筒作りをしながら、妙な高揚感を覚えるのです。
私は祖母が百貨店の包装紙を丁寧に取っておくのをみて育った世代です。

このことに対してあなたの考えあなたの体験談をある程度詳しく教えてください。

●質問者: WORRYDOOL
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:あなた たまたま エゴ オークション カッター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● sylphid666
●11ポイント

再利用の過程において自分の手で行っていることが高揚に関わっているのでしょうね。

いわゆるリサイクルは紙やペットボトルなどの資源だけを提供しますが、その際に分解して再生するまでに元々の資源を加工する以上の燃料が必要になったりということで問題視されています。

この場合はご自分の労力は使っていますが、ごみも減らしていますし、出来上がった達成感、最後まで見届けた満足感もあると思います。

タオルを縫い直して雑巾にしたり、米のとぎ汁を植物にやったり、パンの耳をおやつにする感覚でしょうか。昔の日本の生活の方がよっぽどエコだった気がします。

◎質問者からの返答

なるほど。

ここには、「手作業の高揚感」があるのですね。

ありがとうございます。


2 ● ただたらい
●20ポイント

ああ、よくわかります。

当方もオークションの発送をよくするのですが、そのときに手元の包装紙や百貨店の買い物袋、楽天ブックスのプチプチ付の袋を漁ります。

ぴったりの大きさのがあったり、大きめのを工夫しながらぴったりの大きさに仕上げると、

「ああ、なんか、作った?」

という気持ちになります。


それは、当方が物作りを生業としていないから、かもしれません。


たとえば、料理を決めて買い物に行って作る料理より、冷蔵庫の残り物や缶詰なんかを駆使して

「ごめんね、あり合わせで」「いや、美味しいよ♪」

と、言われる方が百倍嬉しい、そんな気持ちと似ているのかもしれません。


リサイクル、というより、手元のもので作った喜び、かな。

買っちゃうと意味がない、というか、できて当たり前、みたいな。


老婆心ながら、オークションの発送では、こういう手作りの包装は、喜ばれる場合と、嫌がられる場合がありました。後者の方は、どうも、お店かなんかと勘違いしてるんじゃないかと思いますが。

◎質問者からの返答

そうですか。やっぱり。

うれしいです。

今日は「いつもお取引している安心できる人」でしたので、

そのようにしました。

きっとすてきな物作りをしているのでしょうね。


3 ● coga
●11ポイント

詳しくならないですけど・・・

つまり、再利用であれ、どうであれ、自分でものを作ったという・・・子供がブロックでいろいろなものを作ったり、工作で単純だけど自作したりすると嬉しくなる、、、そういうものを作るという人間の欲求を多少なりとも満たしているから、その満足感=高揚感を感じてらっしゃるのではないでしょうかね。

◎質問者からの返答

大人になっても同じなのですね。

火を見るとなつかしい・・、ちょっと違いますか?


4 ● サディア・ラボン
●7ポイント

ぼくは昔、数学か嫌いでしたが、

たまたま読んでた本に、三角関数の式が載ってたのを見て、

電卓にsin, cos, tanのボタンがついてたから、

その式を電卓でやったら、妙にわくわくして、

答えが出た時は嬉しかったです。

◎質問者からの返答

できることはうれいですよね。


5 ● oboobo
●34ポイント ベストアンサー

普段「リサイクルなんてエゴだ」と思っていても、今回妙な高揚感があったのは、、、質問者さまの行った行為が「環境のためリサイクル」したわけではなく「自分のためにリサイクル」した「そしてそれが思惑通りに上手く行った!」からではないでしょうか?地球のためにリサイクル封筒造りしても、そこまで高揚感はないかもしれません。今回は、「オークション取引決定したーーー( ^ω^ )」→「あ、封筒ない、、、」→「これ、使えないかな、、、」→「ペタペタ」→「思いのほか良い感じ!!!!!!ラッキー!!!高揚感!!」 という流れがあるというか、、 「あ、封筒ないよ」というがっかり感、「どうしよう、、早く発送したいのに、、」という不安感、合いそうな封筒見つけたときの喜び、作成しながら持つ希望、、、 色んなものが合わさって、高揚感につながったんだと感じました。

「自分、ナイス!!」と思ったことがある経験としては、例えば料理とか、、、冷蔵庫にあった完全残り物で相当なおかず作れた時や、「○○ないけど、●●で代用できないかな」なんて作り方して想像以上のもの作れた時、、、 質問者様が感じられたような高揚感を、自分も感じたように思います。

◎質問者からの返答

すてきな回答者様ですね。

これからもよろしくお願いします!


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ