人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最高2000ポイントです。

質問が入りきらなかったのでこちらに詳細を書きました。内容を追加するかもしれないので注意してください。
http://hatenaiine.exblog.jp/

簡単に説明すると大学生の私は所属しているサークルの大会強制参加の方針に反対し、それをやめさせようとしています。

結果的に問題を解決することにつながった解答には2000ポイント差し上げます。
また、そこまで至らなくても素晴らしい解答には+αのポイントを差し上げます。

●質問者: ゲフンゲフン
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:サークル ポイント 大会 大学生 差し
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● yazuya
●44ポイント

1、弁護士による意見書のようなものは存在するのか?(それに法的効力はあるのか?)

弁護士の名前が入った内容証明を出してもらうという手段はあります。

それによって、あなたが参加したくないという意思を示したといういうことが証明できる、という意味では効力があります。

ただし、別に弁護士の名前が入っていなくても効力は同じです。(弁護士がついているという意味で本気を示せることと、ちゃんとした文章で書いてくれるというメリットはあります。)


弁護士が法律ではこうなってますよ、という意見書を出してくれるかというと、もしかすると頼めば出してくれるかもしれませんが、それに法的効力はありません。


2、この手の問題に詳しい弁護士はいるか(ただし、メールor電話で相談可)

こんな小さいレベルの揉め事に詳しい弁護士は多分いません。

それではご飯が食べられません。

電話やメールでの相談をしてくれる弁護士に限ればもっと厳しいです。


ちなみに、弁護士に相談したところで「大学の部活のことなんだから部活内で解決しなさいよ。相談料はいいから。」とあしらわれてしまう可能性が高いです。


相談すべきは弁護士よりもまず大学の担当部署だと思います。

(もっとも、大学の担当は特に国公立だとまったくやる気がありませんが。私立だと学生のトラブルに敏感になっていて、きちんと対処してくれるとこともあります。)


3、相手をやりこめるいい法的根拠もしくは裁判の判決例

そもそも、参加を強制する根拠がありません。

ただ物理的に参加をしなければいいだけです。

もし、力ずくで連れて行かれたら警察を呼んでください。


4、もしやるとしたらどれぐらいのお金がかかるか。(弁護士への相談や書類の作成費用など)

無駄だと思いますが、どうしても相談したければ市役所等の無料相談会に行けばただです。

内容証明は弁護士が作ると3?5万円というところでしょうか。


※裁判を起こすつもりはない

※あくまで大会を強制するのを止めさせる法的根拠が欲しいだけ

※退部する気はない

どうせ空気の読めないことをやるならとことんやらないと負けます。

そんな部はやめてしまって同種のスポーツで違う部を立ち上げてしまうというのが一番賢いと思いますが、どうしても今の部にいつつ、大会の参加だけは拒みたいというなら訴訟も辞さず、くらいの覚悟でやるべきです。


そもそも弁護士でどうこうする問題ではないように思えます。

もし、部長が強制的に大会参加費用を徴収してきたのであればそれは刑事事件であり、いくべきは弁護士よりも警察です。

◎質問者からの返答

弁護士に相談してもあまり効果はなさそうですね。

最終的にボイコットも考慮します。

解答ありがとうございます。


2 ● hijk05
●0ポイント

・大学の学生課にクレームを入れる

まともな大学なら改善されるはず。

◎質問者からの返答

やってみます。


3 ● Ryuzee
●26ポイント

弁護士に相談することをお勧めします。

とはいえいきなり弁護士事務所に電話したりするのではなく、各自治体の法律相談窓口や、各県の弁護士会が開いている相談窓口にコンタクトされるとよいでしょう。

相談費用については、初回相談は無料というところもあるようです。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/consultation/houritu7....

あたりが参考になると思います。(主に2に関する回答になりますかね。)

本事案だと、明確な脅迫行為・暴力行為・監禁行為がないと法的な争いは難しいのではないかな。

(たとえば大会に出ないことについて、部室等で長時間拘束され、自由意志で帰る事ができなかった、とかが証明できれば、監禁にはなりますね。)

そういうのがなければ、弁護士による仲裁のあっせんという形になると思います。

なお、退部される気はないということですが、サークルという組織の中での争いは、必ず感情的なしこりは残ることになります。

従って出来れば法的根拠をもとに相手をやりこめるような形より、円満に解決した方が良いような気はしますね。

◎質問者からの返答

1さんの解答とは真逆ですね。ダメ元でもいいので相談も考慮します。

解答ありがとうございます。


4 ● eseguitarist
●20ポイント

法的な根拠は提示できないので、ポイントはいらないです。


たぶん質問者の方は、リンク先に書いてあることの他に

・他のサークル仲間にも、強制参加に疑問を持っている人が居る

・返金は求めていない

ということではないでしょうか?


サークルという形態でしたら、法的な意見を持っていっても、議論は平行線だと思います。


ぼくでしたら、同志を募って、ボイコットですね。

それで議論を活発化させるのがいいかと。

それでダメだったら、同志みんなで、スピンアウトしてしまうのがいいかと。


というのは、結局団体というのは、すなわち構成員だと思います。

構成員が変われば、団体も変わります。


法的な議論を持ちかけるバイタリティがあるのであれば、新しい団体を作って、新たに活動場所を確保するのはできるんじゃないでしょうか。

◎質問者からの返答

>法的な意見を持っていっても、議論は平行線だと思います。

そうかもしれませんね。裁判を起こさないなら意味がないですよね。

ボイコットも考慮します。解答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ