人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「死」を「仮」として経験できるものとして、世の中にはどんなものがあるでしょうか?お金がかかっても、全くかからなくても構いません。例とし考えてるのは、バンジージャンプや生前葬などを考えてます。
ただ、経験後でも健康でいられることが条件です(試しに車にぶつかってみる、とかナシ)。

●質問者: domohorun-junkuru
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:お金 バンジージャンプ 健康 生前葬 経験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● ゲフンゲフン
●15ポイント

死の恐怖を味わうというのはどうでしょうか?

毒物を手に入れて、自分が見えないところで他人に2つのコップのうちどちらかに毒を入れてもらい、どちらかの水を飲むというものです。

最悪、死ぬ可能性がありますが、健康でいられる可能性もあります。

ある程度のリスクを負わないと「死」に近い経験はできないのではないでしょうか?


http://q.hatena.ne.jp/1231410970

◎質問者からの返答

最悪、死ぬって(笑)。

50%の確率って!!笑


2 ● eseguitarist
●15ポイント

「名前の無いかいぶつ」というのをご存知でしょうか?

漫画家の浦沢直樹の作品「MONSTER」で引用された絵本です。

Monster (1) (ビッグコミックス)


簡単に内容を説明します。

モンスターが、他人を食べて、その人物になっていく。

それを繰り返すうちに、自分は誰だったのか、わからなくなる。

そんなお話です。


というわけで、外界との関係を完全に遮断するというのが提案です。

正月は終わってしまいましたが・・・


3 ● yazuya
●15ポイント

長期間失踪して失踪宣告をうければ自分が死んだのと同様に扱われます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%B1%E8%B8%AA


財産も処分されてしまう可能性もあり、お金はものすごくかかりますが、一応、自分は健康のまま死後のシミュレーション的なことができます。


4 ● peach-i
●15ポイント

死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録

死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録

  • 作者: マイケル ニュートン
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

催眠術という手があります


5 ● yukitugu
●15ポイント

死と言うより転生ということなんでしょうけど、ま、死も含んでいますよね、「胎内巡り」。

http://www.kiyomizudera.or.jp/tainai.html


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ