人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

経済統計学の無償労働の問題が分からなくての質問です。
次の1?5の正誤を答え誤っているものについてはその理由を述べよという問題なのですが
?経済企画庁が1990年代に行なった無償労働の貨幣評価額の推計は1995年の第4回世界女性会議(北京会議)で家事、育児等女性によって担われる事
の多い無償労働を貨幣評価し、GDPに参入すべきであるということが行動綱領に含められたことを契機としている。
?通勤時間は無償労働時間にカウントされるべきであるが、上記の経済企画庁推計では考慮されていない。
?経済の発展とともに、家事労働等の無償労働は減少する傾向があるから、先進国の無償労働評価額のGDO比率は一般的に低い。
?わが国の無償労働の貨幣評価額の推計作業は、家計調査と賃金構造基本統計調査を主たる資料として行なわれた。
?機会費用(OC)法を利用すると、代替費用(RC)法より、女性の労働時間を高く評価することになる。
という5項目です。考えてみてもやはり私では全く分かりませんでした。よろしくお願いします。

●質問者: jyurokuyu
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:1995年 GDO GDP OC RC
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● mulloo
●60ポイント ベストアンサー

家事は経済学的には労働とは言えないですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ