人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

童謡「雛まつり」には、歌い出しが「あかりをつけましょぼんぼりに・・」と「赤い雛壇、金屏風・・・」、さらに「赤い毛氈敷きつめて・・」の三種あることを知りました。
このそれぞれの歌詞と作詞、作曲者、制作年代について教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:あかり 作曲 作詞 制作 年代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●50ポイント

ひなまつり(赤い毛氈 金屏風)

作詞:水谷まさる

作曲:小松清

発表年はわかりませんが、「赤い毛氈しきつめて」の曲よりも先に存在していたそうです。


ひなまつり(赤い毛氈しきつめて)

作詞:林柳波

作曲:平井康三郎

国語の教科書『よみかた』(四)に出ている韻文教材に曲をつけたものだそうです。

発表年は、ちょっとわかりませんでした。

赤い雛壇金屏風、よりも後だそうです。


ここまで、ソースは講談社文庫『日本の唱歌』金田一晴彦・安西愛子:編



うれしいひな祭り(あかりをつけましょ)

作詞:サトウハチロー

作曲:河村光陽

1936(S.11)年に、レコード発売された童謡です。

http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/i_ureshii_hinamatsuri.htm

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

こうしてみると三者とも、別の作曲家が曲をつけているようですが

一つのもので三人もが作るというのも珍しいこのなのでしょうか。

雛祭には三つを並べて聞いてみたいものです。


2 ● 翅生丸
●50ポイント

作詞: サトウハチロー 作曲: 河村光陽 の「 嬉しい雛まつり の歌詞」だと思います。

3番までではなく4番もあるそうです。

http://listen.jp/store/artword_1170083_69147.htm

上記以外で

ひなまつり(童謡、作詞:海野厚、作曲:三宅延齢)

おひなまつり(童謡、作詞:斎藤信夫、作曲:海沼実)

ひなまつり(童謡、作詞:斉木秀男、作曲:三宅延齢)

ひなまつりの歌(童謡、作詞:与田準一、作曲:河村光陽)

おひなさま(童謡、作者不明)

雛祭(文部省唱歌、作者不明)

ひなまつり(文部省唱歌、作詞:林柳波、作曲:平井康三郎)

雛祭り(童謡、作詞:林柳波、作曲:本居長世)

ひなまつり(童謡、作詞:水谷まさる、作曲:小松清)

雛祭の宵(ひなのよい、童謡、作詞者不詳、作曲:長谷川良夫)

雛の宵(長唄、作詞:松正子(松本白鸚夫人)、作曲:今藤政太郎)

雛の宵(清元)

ミニモニ。ひなまつり!(J-POP、作詞:つんく、作曲:つんく) ←例外??

があるそうです。

質問の歌いだしは「うれしいひなまつり」です。昭和11年にポリドールから出ていますね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

最近はこうした懐かしい唱歌、童謡の類が歌われることも

少なくなりましたが、さらにテレビ、ラジオではこの「雛祭」ばかりでなく

「冬景色」「早春賦」など、多くのものが2番で打ち止めの感じで

これでは感性、余韻もあったものでなく困ったことだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ