人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1月に源泉税を納付しますが、今計算して、逆に返してもらわないとだめなことに気づきました。どうすれば返してもらえるのでしょうか。また、返してもらうときの納付書の書き方もわかりませんので、あわせてお願いします。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:1月 気づき 計算
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kinnoji7
●23ポイント

こちら参考になりますでしょうか。

源泉所得税の誤納額の還付請求

源泉徴収義務者が源泉所得税を納付する際に誤って正当税額を超えて納付した場合に、その正当税額との差額(過誤納金といいます。)の還付を受けるために行う手続です。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_2...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ、私の場合は、「過誤納金」というよりは、正当に払って、12月に結果的に

過大でありました。


2 ● minkpa
●23ポイント

http://www.jusnet.co.jp/kakutei/k-index.htm

還付される場合も基本的に書くことは一緒です。

それプラス振り込み口座などの必要事項を記入すれば返して貰えます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● HOT
●35ポイント ベストアンサー

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_5...

年調で、還付の方が多かったということでしょうか。

また、納期の特例の適用はなく、毎月10日支払い、ということでよろしいでしょうか。

1月は、年調超過額を(引けるだけ)控除して、支払額0円の納付書を作成します。この納付書は銀行では受け付けてくれませんので、税務署に持参します。

2月も、1月と同じように処理します。

2月の支払いが終わっても引ききれなかった場合に、還付請求手続きを行います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。質問文に書かなかったのですが、納期の特例の適用があり、半年に1回払いです。

大変参考になりました。


4 ● kobarin
●35ポイント

ご質問の場合、下記の手続きの方かと思います。

通常は「年末調整還付未済」ということで、1月以降の源泉税と相殺していきますが、相殺しきれない場合は、こちらの請求書で還付してもらいます。


源泉所得税の年末調整過納額の還付請求

[手続名]源泉所得税の年末調整過納額の還付請求|源泉所得税関係|国税庁


夢見る税理士の独立開業繁盛記

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ