人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「逆引き」(reverse lookup)が使われるかどうかはアプリケーションに因るものなのでしょうか?


例えば…
【現在】 URL http://aaa.com IPアドレス 1.1.1.1
【将来】 URL http://aaa.com(現在と一緒) IPアドレス 1.1.1.2
DNSには【現在】のIPアドレスのみが登録してある状態です。

上記のようなWeb Applicationがあります。【現在】と【将来】の2つのサーバどちらも利用出来る状況です。「http://aaa.com」とすればDNSは【現在】の情報をひくので、1.1.1.1にアクセスされます。

「http://1.1.1.2」とした場合、DNSを使わないので【将来】のサーバにアクセス出来ますが
PTR(逆引き)が使われてしまったらどうなるのだろうか!?と心配しています。
逆引きでDNSを観にいってしまうと「1.1.1.1」【現在】のほうが登録されているからです。

逆引きが利用されるかどうかは、そのWeb Applicatonに因るといえるのでしょうか?または上記のような場合逆引きは利用されることはないといえるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。


●質問者: Pooh_san
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:application DNS IPアドレス URL Web
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●100ポイント ベストアンサー

逆引きが利用されるかどうかは、そのWeb Applicatonに因るといえるのでしょうか?

はい、その通りです。


セキュリティ関係のアプリケーションで逆引きが利用されることが多いようです。当該ホストの有効性をチェックするために逆引きを行います。

たとえば、迷惑メール対策の一環としてメール受信サーバ(SMTP)で、相手側が逆引きできなかったり、正引きと異なる結果の場合にはメールを受け付けないというプロバイダがあります。

これについては、「DNS逆引きチェックによるスパム対策は百害あって一利無し」と反論しているブロガーもいます。


いずれにしても、逆引きするかどうかはアプリケーション次第です。正引きと逆引きの結果を同じにしなければならないというルールもありません。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

やはりアプリケーション次第なんですねー。

セキュリティー要件!!なるほです。

大変勉強になりました。ありがとうございますーーー


2 ● y-kawaz
●30ポイント

アプリケーションごとに異なる、はいその通りですね。

ただWebアプリケーションでは逆引きを気にすることはめったにないんじゃないでしょうか?

逆にメールサーバ関係ではSPAM対策で逆引きをチェックするとことも多いのできちんと設定しておくべきだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ