人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「為替手形」と「小切手」の違いをわかりやすく説明してください。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:小切手 為替手形
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● Ovis
●27ポイント

手形と小切手の違いは支払期日の有る無しです。

小切手は支払期日がないので発行後すぐ現金化できますが、手形は期日がくるまでは換金できません。

小切手=現金引換券

手形=借用証

といった感じでしょうか。

為替手形は発行主がお金を払うのではなく、支払い主がいる手形です。

わかりやすいサイトがありますのでこちらをどうぞ。

http://www.get-boki.com/archives/27/32/000058.html


2 ● kinnoji7
●27ポイント

こちら参考になりますでしょうか。

手形・小切手の知識

http://www.shihooffice.com/sonota/


3 ● rsc
●26ポイント

・小切手とは?

>小切手と違い手形には、支払期日というものがあったのですが、小切手にはないのです。

>小切手のメリットは…

振出人から見た場合は多額の現金が動く取引でも小切手なら安全に簡単に運べることです。

受取人から見た場合は、手形と違っていつでも現金に変えることができるというところです。

http://tegako.jugem.jp/?eid=7

・為替手形とは? ←例が分かりやすい。

>為替手形では、振出人はお金を支払わず、第三者である支払人がお金を支払い、受取人がお金を受け取るということです。

http://tegako.jugem.jp/?eid=3

・違い

小切手と違い手形には、支払期日というものがあったのですが、小切手には支払いの期日がないのです。

・共通点

第三者である支払人がお金を支払う。「振出人≠支払人」。小切手の場合、銀行が支払人。

・参考URL こちらも分かりやすいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1311327...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ