人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

行政について質問です。当方素人です。

一定期間をかけて、その県なり市なりを改善するプランを作るとします。
どんな考え方に基づいて計画し、進めていくのでしょうか?

各論の政策ばかり目に付き、総論はオブラートに包んだ奇麗事で、
一般的な企業で行われるプロジェクトと比べると、
ゴールに向けての具体的なステップが見えない気がするのです。

社会インフラを整備するなどの守りの仕事は、漏れなく網羅的にやるべきでしょうが、
例えば貧乏な県が産業を振興させるような「攻めの行政」は
「選択と集中」と「順番」が欠かせないのではないかと最近感じています。

でも、特に細かく説明しないだけで、
ほんとはマトモなプランを練ってるんですかね?
知事や市長の任期の間に一定の成果を出すような具体的なプランを。。

行政に関わっている方、詳しい方、ご意見お聞かせください。

●質問者: にらたま
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:インフラ オブラート ステップ プラン プロジェクト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● kamesannn
●60ポイント

あくまで私的な見解ですが、

いいかどうかは別として強いリーダーシップや権力などがあると、

一定方向に流れます。

たとえば大幅に借金をして公共事業を行ったり、あるいは逆をしたりします。

そうでない限り、各部局から上がってきた政策をとりまとめた

弁当になります。

ただ、基本的には行政には利害関係者が多く、弁当にしない限り、

ステークホルダーがきられ、票を大幅に失うことが予測される場合、

よほどの意思や根性がなければそのままにするでしょう。

首長にとって任期を全うすること、次の選挙で当選することが

真の目的だとするならば、変なことはしないほうがいいという結論に

なることも考えられます。程度の差はあれ、これは国でも地方でも外国でも

同じでしょう。

例えば、教育を良くするために、

公共事業を削り、農業振興を削り、宗教関係者からの税金を増やす

という政策を行ったとすると、その人に対しての票が減る可能性の方が高い自治体の方が

多いのではないでしょうか。

一定の成果を出そうと本気でしており、かつ、資金が多くあり、任期後無職でも

生きていける立場にある人ならば好き勝手できるかもしれませんが、

そうでない場合、自分の家族のこととかも考えなければなりませんから、

そもそも一定分野を除いて(税金ばらまいて公共事業とか)

攻めの行政ができる人というのは少ないのではないでしょうか。(小泉さんとか)

仮にまともに考えているということが前提ですが。

http://www.yahoo.co.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ